みんなのシネマレビュー Menu

武士の一分

2006年【日】 上映時間:121分
平均点: / 10(Review 109人) (点数分布表示)
ドラマ時代劇小説の映画化
[ブシノイチブン]
新規登録()【V】さん
タイトル情報更新(2016-12-29)【イニシャルK】さん
公開開始日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Google映画にて検索 ・Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督山田洋次
助監督平松恵美子
キャスト木村拓哉(男優)三村新之丞
檀れい(女優)三村加世
笹野高史(男優)徳平
坂東三津五郎(十代目)(男優)島田藤弥
小林稔侍(男優)樋口作之助
赤塚真人(男優)山崎兵太
近藤公園(男優)加賀山嘉右衛門
綾田俊樹(男優)滝川勘十郎
北山雅康(男優)
ささの貴斗(男優)波多野の息子
岡本信人(男優)波多野東吾
大地康雄(男優)玄斎
左時枝(女優)滝川つね
桃井かおり(女優)波多野以寧
緒形拳(男優)木部孫八郎
原作藤沢周平『盲目剣谺返し』
脚本山田洋次
平松恵美子
山本一郎〔プロデューサー〕
音楽冨田勲
撮影長沼六男
製作大谷信義(製作代表)
早河洋(製作代表)
松竹(「武士の一分」製作委員会)
朝日放送(「武士の一分」製作委員会)
テレビ朝日(「武士の一分」製作委員会)
博報堂DYメディアパートナーズ(「武士の一分」製作委員会)
ジェイ・ドリーム(「武士の一分」製作委員会)
製作総指揮迫本淳一
プロデューサー深澤宏
山本一郎〔プロデューサー〕
配給松竹
美術出川三男
衣装黒澤和子
編集石井巌
録音岸田和美
東京テレビセンター(オプチカルレコーディング)
西尾昇(デジタル光学録音)(デジタル光学録音)
照明中須岳士
その他松竹衣裳株式会社(協力)
東京現像所(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
109.《ネタバレ》  姉妹作とも言うべき「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」については、何年も前に観賞済み。
 何となく観そびれていた本作にも、ようやく手を出してみたのですが、上記二作と変わらず楽しむ事が出来ましたね。

 とにもかくにも主演に「現代のアイドル俳優」というイメージが強過ぎる為、最初の内は「武士という割には軽過ぎる」という違和感もあったのですが、それが中盤以降の悲劇的な展開との落差を生む事に繋がっており、結果的には良かったと思います。
 妻の加世、中間の徳平に軽口を叩く姿も、ちょっぴり嫌味なのに何だか愛嬌がある辺りなんかは、正に木村拓哉という存在だからこそ、という感じ。

 また、真っ当な殺陣の魅力に関しては一作目の「たそがれ清兵衛」で存分に描いている為、二作目と三作目においては「隠し剣」「盲目の武士の戦い」という、一種の変化球で攻めた辺りも正解だったのではないでしょうか。
 歴代の中でも、間違いなく本作が一番不利な状況下での戦いであった為、前二作と同じ流れで最後は主人公が勝つだろうと安心しつつも「本当に勝てるの?」という緊張感を、適度に抱く事が出来たと思います。
 あえて言うなら「決闘の場所の下調べくらいはしておくべきじゃないか」とも思えましたが、それをやるのは卑怯という価値観なのかなと、何とか納得出来る範疇でした。

 それよりも個人的に残念であったのは、タイトルにもなっている「武士の一分」の使い方について。
 復讐の動機は、妻が辱められた事にあると言い出せず「武士の一分としか申し上げられません」と絞り出すような声で訴える場面は凄く良かったと思うのですが、その後も「武士の一分」という言葉を繰り返し用いるものだから、ちょっと重みが薄れたように感じられてしまったのですよね。
 全ては「あの御仁にも、武士の一分というものはあったのか」という台詞に繋げる為だったのかも知れませんが、それならせめて使用は二回までに留めて欲しかったなぁ、と。

 脇役に関しては魅力的な顔触れが揃っており、本人に悪気は無くとも傍迷惑な叔母さんは妙に憎めなかったし、意外な名君であった殿様の存在感も良かったですね。
 特に後者に関しては、主人公の失明後も「大儀」と一声掛けるだけであり、所詮は家臣の事など軽く考えている天上人なのだと示す場面があっただけに、その後に真相が明かされる場面には、完全に参ってしまいました。
 家老の結論を覆し、藩主自ら主人公を庇ってみせたのだと判明する、あそこの件が、この映画のクライマックスだったのではないでしょうか。

 結局、決闘については周りに知られぬまま、主人公の仇討ちが咎められる事も無く、離縁した妻とも再び結ばれるハッピーエンドを迎えた本作。
 ですが、あの殿様であれば、たとえ事情を知ったとしても、きっと公明正大な処置を下されたのではないかな、と思えました。
ゆきさん [DVD(邦画)] 6点(2016-11-17 12:10:58)(良:1票)
108.《ネタバレ》 これはよくあるパターンのあなたごめんなさい作品ですね。
私は旦那の上司と…時代劇版って感じでしょうか。
濡れ場はカットされてたけど、妙にエロい。
1回目は騙されて、2回目は脅されて、3回目は…
ほんとよく出来た構成に感心させられます。
しかも、身寄りもないのに家を追い出されて、行き先はもうあそこしかないじゃないですか。
そして、三津五郎が死んだ途端に戻ってくるというしたたかさ。
これキムタク目線じゃなくて、壇れい目線だったら満点でもよかったかも知れない。
壇れいが濡れ場NGということなら壇蜜主演で撮り直してもらってもいいですよ。
あと、どうでもいいことだけど、食うだけなら目が見えなくても出来るんじゃないかと思いました。
もとやさん [DVD(邦画)] 7点(2014-07-25 10:52:08)
107.笹野高史さんのバイプレーヤーぶりと、三津五郎の悪人スケベ顔(褒め言葉です)が圧倒的で、別に展開的には大したことないはずなのに、なんだかんだ見入ってしまう作品でした。木村さんはこういう作品にもっとチャレンジしていけばいいのになーと。もったいないですね。やっぱり華があってカッコいいし「キムタクが演じてる○○」に見えなかったし。しかし御毒味役って仕事楽そうだけどやりたくねーなー。
まさかずきゅーぶりっくさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2013-07-09 15:22:55)
106.《ネタバレ》 起伏があまりないせいで、やや盛り上がりに欠けますが普通に面白いかな、ハッピー風味な終わり方も悪くないですね。
ないとれいんさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2013-02-26 15:56:53)
105.脇役にしっかり守られていましたでがんす。30石でお家を継いでいがねばな。。。
HRM36さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2013-02-04 10:12:40)(良:1票)
104.山田洋次監督の時代劇映画は、他の映画監督と違ってすごく心情面が重視されているように思う。この映画は「たそがれ清兵衛」には及ばないかもしれないが、私には十分感動できる映画だった。貧しい下級武士、一歩間違えば死と隣り合わせの毒見役というのもよく表されているし、何と言っても夫婦愛が良い。また主人に忠実な下男を演じる笹野高史も良い。人物を丁寧に描き、人間味を感じるところがやっぱり山田監督映画だ。
ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 7点(2013-01-13 23:15:27)
103.人物描写も美術関係も撮り方も、ガラスかプラスチックのように安っぽい。すべてにおいて、ひたすら無難に無難にと作ってしまったら、このようになります。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2012-12-28 02:12:32)
102.キムタクはまあキムタクだったけど、そんなに悪くはなかったよ。ちょっと退屈だったかな。
ケンジさん [DVD(邦画)] 6点(2012-11-27 13:31:40)
101.木村拓哉さんが思ってたより良かったでがんす。ただ主役夫婦が綺麗過ぎて出来過ぎ感により感情移入はしずらかった。平侍は辛いですな。
movie海馬さん [テレビ(邦画)] 6点(2012-10-07 17:16:29)
100.なんとも後味が悪い話でした。
Kさん [DVD(邦画)] 4点(2012-07-01 13:51:08)
99.《ネタバレ》 2008/1 鑑賞。山田洋次監督の時代劇は下級武士の実生活がリアル?に描かれいつもビックリ。今回は毒味役の話だが楽しめた。下級武士は結構貧しいものだなあ。

ご自由さんさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2012-03-21 21:46:09)
98.後半からラストにかけての展開は出来過ぎだが、
「武士の一分」というタイトル内容から逸れることなく、お話は小綺麗にまとまっていた。
キムタクの演技に関しては、何とかそつなくこなしているものの、
心情表現のシーンになるとやはり力量不足で、それは妻役のヒロインも同じ。
ラストはもっとグッとくる見せ場のはずなのだが、あっけらかんと終わってしまった。
単純明快でわかりやすいので、時代劇の苦手な人でも違和感なく鑑賞できると思う。
MAHITOさん [テレビ(吹替)] 4点(2011-08-23 19:12:12)
97.アイドルはいつでも同じ、何に出ても同じ。同じく空虚。ストーリーもよくない。『たそがれ清兵衛』が良かったので、期待してしまった。
ひと3さん [映画館(邦画)] 2点(2011-03-17 07:25:06)
96.山田監督の作品を初めて観た。いったいこの映画が描きたかったものは何なのだろう。私には監督のコマーシャリズムに迎合する姿勢しか伝わってこなかった。主役のアイドルには意味無く大仰な演技をさせてヒロイックに撮っておきながら、下男を(重要な狂言廻しであるにもかかわらず)魅力的に撮る気がぜんぜん無いことが全てを物語っているのでは。一度も推敲しなかったのではと思える脚本(例:罵倒には「糞○○」ばかり3度繰り返される)も気に入らない。大好きな作曲家である冨田勲氏の衰えを感じたのも寂しかった。
皮マンさん [DVD(邦画)] 1点(2010-10-11 19:07:20)(良:1票)
95.《ネタバレ》 うん、なかなか良かったですよ。ラストもほのぼのしてていい気分で見終えました。でも毒見役って何かビミョ~ですねぇ。変な毒とか食中毒さえなけりゃいい仕事に思えるけどなぁ(笑)
イサオマンさん [テレビ(邦画)] 6点(2010-02-28 23:17:59)
94.『たそがれ~』と比べてしまうのは仕方のないことだとは思いますが、正直言って面白くなかったです。前半は眠くなるわ、後半の薄くて浅い展開には「えっ?」と思ってしまいました。キャストが豪華でそこに見応えはありますが。
Kの紅茶さん [テレビ(邦画)] 6点(2010-01-02 18:14:39)
93.見ているときは割と面白く見ていたはずなのに、終わってみるとあまり記憶に残っていません。ただ、木村拓哉はそれなりに格好よく、見ごたえもありました。
lalalaさん [DVD(邦画)] 6点(2009-12-31 13:17:32)
92.失明後のキムタクの演技が良くなった気がする。しかし、キムタクって武士の役には向いてないですね。方言で必死にカバーしてるように見えましたけど。最後のみえみえの展開は好きでも嫌いでもなかった。
真尋さん [テレビ(邦画)] 6点(2009-12-29 15:09:40)
91.内容が現代にも通じるものだけに、たそがれよりは共感できます。でもそれだけかなあ。
nojiさん [テレビ(邦画)] 5点(2009-12-29 00:55:58)
90.《ネタバレ》  ちょっと点数甘いかなって気もしますけど、とにかく木村拓哉さんが、きちんとした侍の格好をして、きちんと役に成りきってるだけで、まったく期待しなかった分、ある種感激で。
 壇れいさんも素敵でした。
決闘シーンで何故勝てたか、もう少しわかりやすかったらもう少し高い点をつけられたかも。道場からの流れじゃ、なんか精神力で勝ったみたいでちょっと嫌です。
 ラストもベタだな。「料理を口にした主人公がつっと顔を上げる。その頬にうっすらと涙が流れる。その姿を影から妻が見守る」くらいの終わり方のほうが余韻が残るような。
平成23年6月13日点数のみ変更7→6
rhforeverさん [DVD(邦画)] 7点(2009-11-28 11:53:09)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 109人
平均点数 5.97点
000.00%
121.83%
232.75%
343.67%
4109.17%
51211.01%
63733.94%
72321.10%
81412.84%
943.67%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.55点 Review9人
2 ストーリー評価 6.06点 Review15人
3 鑑賞後の後味 6.26点 Review15人
4 音楽評価 6.54点 Review11人
5 感泣評価 4.92点 Review13人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS