みんなのシネマレビュー Menu

世界最速のインディアン

The World's Fastest Indian
2005年【ニュージーランド・米】 上映時間:127分
平均点: / 10(Review 106人) (点数分布表示)
ドラマアドベンチャー伝記ものロードムービー
[セカイサイソクノインディアン]
新規登録()【みんてん】さん
タイトル情報更新(2011-07-17)【イニシャルK】さん
公開開始日(
公開終了日(2007-07-16)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Google映画にて検索 ・Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ロジャー・ドナルドソン
キャストアンソニー・ホプキンス(男優)バート・マンロー
クリストファー・ローフォード(男優)ジム・モファット
ダイアン・ラッド(女優)エイダ
ポール・ロドリゲス[男優・1955年生](男優)フェルナンド
ブルース・グリーンウッド(男優)ジェリー
ジェシカ・コーフィール(女優)ウェンディ
パトリック・フリューガー(男優)ラスティ
クリス・ブルーノ(男優)
ウォルトン・ゴギンズ(男優)
石田太郎バート・マンロー(日本語吹き替え版)
てらそままさきジム・モファット(日本語吹き替え版)
脚本ロジャー・ドナルドソン
音楽J・ピーター・ロビンソン
編曲ジョン・キュール
J・ピーター・ロビンソン
撮影デヴィッド・グリブル
製作ロジャー・ドナルドソン
製作総指揮バリー・M・オズボーン
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特撮ウェタ・デジタル社(視覚効果)
美術J・デニス・ワシントン (プロダクション・デザイン)
編集ジョン・ギルバート[編集]
その他J・ピーター・ロビンソン(指揮)
ピーター・ジャクソン(thanks)
あらすじ
1960年代のニュージーランド。自分のバイクで最速を目指すバート・モンローは、スピードの聖地ユタのレースに出る金がない。年金暮らしで若くもない。自ら合金を作ってシリンダーを鋳造し、タイヤもチューンし、改造に改造を重ねた愛機インディアンもツギハギだらけの47歳。だが病院で狭心症を告げられたその日、彼は銀行に行って家を抵当に金を借りた。今こそ地球を半周して、広大な塩平原で愛機をぶっ飛ばすために…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
106.《ネタバレ》 アンソニー・ホプキンスと声優の石田太郎の好演は認めるが、こういう厚かましい糞ジジイはまったく好きになれない。
なんで周囲の人たちはここまで優しくするのか?
脚本が悪い。
クレイジー・アスさん [DVD(吹替)] 5点(2016-12-15 11:55:56)
105.《ネタバレ》 レクター博士の印象が強いアンソニーホプキンスが
笑顔でダンスを踊るのが良い意味で滑稽であり面白かったです。

良い人がいっぱいいて世の中捨てたもんじゃないと思いますね。
リアルでは相当騙されそうですが。
とむさん [DVD(字幕)] 6点(2016-06-13 23:32:09)
104.《ネタバレ》  印象深いのは、レース前に主人公が薬を二錠受け取って「俺が一錠、こいつに一錠」と愛車の燃料タンクに薬を放り込む場面。
 ちょっとした冗談のつもりなのかも知れませんが、それ以上に、主人公がバイクを独立した人格、本当の意味での相棒として扱っている事が窺えました。

 バイク乗りは孤独なんて言葉もありますが、この映画の主人公に限っては、そうではない。
 様々な人に優しくされ、その結果として夢を叶える事が出来た姿は、たった一人で夢を実現させた姿よりも、眩しく感じられるものがあったと思います。

 老いだの若さだのといった線引きを超越して、観る者に純粋な感動を与えてくれる名作ですね。
ゆきさん [DVD(字幕)] 10点(2016-04-03 06:28:07)(良:2票)
103.《ネタバレ》 スローライフの権化のような田舎の爺様が、バイクのスピードレースで夢を叶える意外性。
ただ、ストーリーはのんびりと緩い。
マイルールで突き進む厄介なおじいさん。
悪気が全然ないだけに余計に始末に終えない。
おじいさんより、優しく接している周りの人がいい。
ルールを柔軟に運営するのはいいけど、安全性や公平性を軽んじるとトラブルになることもある。
事故もなく記録を更新できて、結果オーライではあったけど。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 3点(2015-03-29 23:46:56)
102.《ネタバレ》 すごく爽やかで気持ちのいい映画だった。やっぱりハッピーエンドなのが何よりだよね。下手なホラー映画よりヒヤヒヤさせられますが。
暴走族に絡まれて怪我…しません。入国できずに出場停止…になりません。積み荷のマシンが壊れて出場停止…になりません。警察に連行されて出場停止…になりません。出場条件を満たしてなくて出場停止…になりません。心臓発作で死…にません。レースで燃え尽きて死…にません。
ありとあらゆる嫌な予感を片っ端からブチのめしていくおじいちゃんパワーに感服。嫌な予感がことごとく的中する『ファイナルデスティネーション』シリーズと対極にある映画といえよう。
portさん [DVD(字幕)] 8点(2014-11-25 21:11:20)
101.皆の評価ほど楽しめるものがなかった。残念。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 5点(2014-08-20 01:49:59)
100.《ネタバレ》 主人公の周りの人たちが彼のためにいろいろ良くしてくれるのですが、もう少しその理由というか魅力を描いてほしかったなと。なんというか爺さんは威張ってばっかりな気が笑でも終盤に出てくる若い軍人との交流は良かった。
ポン太氏さん [DVD(吹替)] 5点(2014-02-03 18:06:58)
99.《ネタバレ》 とにかくでてくる人物がいいひとばかり。色々ハラハラする部分はあったけれどもハッピーな終わり方に満足です。
とまさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-12-23 13:46:15)
98.《ネタバレ》 本当に善人だらけのロードムービーなので安心して鑑賞できる。それにしても欧米人(具体的にはニュージーランド人とアメリカ人)というのは、あの年でガールハントやボーイハントをするのか?でも熱くていい映画です。8点。
la_spagnaさん [DVD(字幕)] 8点(2013-11-03 15:53:29)
97.《ネタバレ》 実話を基にフィクションで味付けしたようです。善人しか出てこない(笑)。爺さんがスピードに挑むだけで十分な映画的見応えがありますが、その挑戦が生を受けた意義や人生を意味づける営みに昇華されていて心地良いです。ユタ州の塩の平原で、同じくスピードに挑む者たちが主人公を讃えます。同じ地平に立つ者だけが分かる偉大さや勇気があるのだと思いました。
鑑賞中に「いい歳した大人が…」と云うたしなめの言葉が浮かびました。本作を観ていると、それは凡庸を肯定したツマラナイ言葉とも思えます(もちろんルールを外れて他人に迷惑をかけることは除く)。やりたいことがあるなら、真摯に、貪欲に、我儘に。年齢は関係無いのだと思います。世間体や常識に捉われているいい歳した大人たちに示唆と勇気をくれる映画です。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-04-09 21:12:00)
96.見知らぬ土地を旅する不安感、バイクに乗っての世界最速記録に挑むスリル感、全体的に主人公に共感して一緒に旅をしているような感覚を覚える映画だった。
misoさん [DVD(字幕)] 7点(2013-02-06 03:07:59)
95.《ネタバレ》 本題の前に私自身が一人のオートバイ好きな為、本作の題材となったバート・マンロー氏について書かせて頂きたい。今や素人でもアクセルを捻れば300km近いスピードを出す事が違法ながら可能なオートバイが生産・販売されている時代だが、マンロー氏は何と今から約50年前(!)の1960年代に公式記録で時速295kmを達成している。ボンネビルと言う特殊な環境下で、しかも最高速仕様に特化したオートバイを使用したものでは有ってもそれが一つの偉業で有る事は揺るぎ無く、本作の公開により普段はオートバイに興味の無い人に対してもマンロー氏の事が知られる事となったのは嬉しい限りだ。 【本題】 "Offering to the Speed of God"の文字と共に並べられた数多くのピストン、メカ好きには堪らないオートバイと工具達で埋め尽くされたガレージ、その中で目覚めた主人公は近所の事などお構いなしに朝の挨拶よろしく愛車のエンジンに火を入れてやる。当然、改造したエンジンは爆音だ。一見は近所迷惑な親爺の行為でしか無いが、特に目くじらを立てる事も無くそれを暖かく見守る近所の人達の対応が、マンロー氏が愛されるキャラとして受け入れられている事を示しており、この一連のシーンだけで私は本作が好きになってしまった。 基本的に悪い人が出てこないのも好印象で、飄々と自分の目標に挑む姿はお茶目で且つ凛々しい。 アメリカでのロードムービー的展開も楽しく、丁寧にまとめられた良作だと思う。
たくわんさん [映画館(字幕)] 9点(2013-01-17 10:11:07)
94.《ネタバレ》 「会社を定年退職後に、昔からの夢を実現するために~」なんて話を想像してたんだけど、全然違った。
あらゆる意味で「現役」なの。しかも結構危なっかしい。
整備不良のオートバイで出たらマズイでしょう。命に関わるし。
主催者側も「ルールは大事だが、ルールを破るのもまた大事だ」なんて言っちゃうし。
それでいて「憎めない奴」だから許されちゃう。
こういうジジイ像は、邦画じゃちょっと考えられないけど、アメリカ映画だから、見てるこっちも許しちゃう。
作品のテイストは、ボブスレーを扱った「クール・ランニング」に近いかな。
なんかほのぼの見られる感じが。
あっちもカルガリー五輪の実話ベースだし。
ちなみに、このカルガリー五輪において、メダリストしか出場できないはずのフィギュアスケートのエキシビションで、5位の伊藤みどりが出てきたのを思い出した。それも最後の最後で。
試合では観客総立ちの演技だったので、「ミドリはなぜ出ないのか」という外人観客の抗議が殺到したためだという。
こういう「粋なルール破り」ができるのもまた、外人ならではなんだよな~。
まかださん [DVD(吹替)] 6点(2012-08-26 23:20:52)
93.《ネタバレ》 う~ん。おじいさんの話をみたような気がしないんだ。ただ、真っ当な大人の冒険譚をみた気分です。かっちょいい。ジブリの「紅の豚」のテイストだったと思います。(赤いインディアン号とかもね)。で、もちろん、好きです。
なたねさん [DVD(字幕)] 8点(2012-03-31 06:18:04)(良:1票)
92.《ネタバレ》 心地よい映画だと思いました。なんせ意地悪な人、悪い人がほぼ出てこない。主人公のなんとかなるさ、という持ち前の明るさと強さがそうさせるんでしょう。ちょっとやそっとのトラブルは、怒らずにまず自分でなんとかしようとするし、できなかったら素直に人に頼る。 厚意は下手に断わらず、感謝の言葉を口にする。自分もこうありたいものです。アンソニー・ホプキンスってやはりレクター博士のイメージしかないんですが、こういう全然違う魅力的な役もいけるんですね。最後はなんか事故るフラグが立ってましたが、ハッピーエンドでよかったよかった。あんなボロいバイクでスピードの記録を作ることもすごいけど、猛スピードでコケたのにヤケドしかしてないとか、ゴーグルが吹っ飛ぶ風圧の中、頭をあげるとか、やってることも何気にスゴイ。
来た別府さん [DVD(字幕)] 8点(2012-03-19 23:52:05)
91.DVDパッケージにあるA・ホプキンスの笑顔に若干違和感を感じて敬遠していた作品だったが、このサイトで好評価だったので視聴。なるほど、人気の訳が分かる作品ではあった。短い人生、特に50をすぎた自分は生涯の夢を果たすためには、そろそろ我が儘に生きることも大切だと感じる昨今ではある。悪人がほとんど登場しないストーリーには爽快感もあり、やや物足りなさもありか。
kaaazさん [DVD(字幕)] 8点(2012-01-22 03:42:46)
90.《ネタバレ》 ○すがすがしい作品。あざとい演出もなく、スマートな仕上がり。映画館でレイトショーなんかに見たい作品。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 7点(2011-12-10 11:31:48)
89.ロードムービーとしては極まってますね!非常に清々しい映画で見終わった後も良い余韻があります。
アフロさん [テレビ(吹替)] 8点(2011-11-03 04:06:47)
88.《ネタバレ》 とてもいいですね!彼に出会った人すべてが笑顔になり、最後には映画を観た人まで笑顔にしてしまう・・・。これもすべて彼のキャラクターのおかげですね。特に、モーテルの受付の女装している男性に「あなたはとても素敵で魅力的だ」という意味のことを言って、彼(彼女?)が喜ぶシーンがとても印象的でした。
ramoさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2011-10-27 16:14:49)
87.《ネタバレ》 観てて「うれしく」なる映画。この作品のコンセプトは、「旅すがらに出会った人の優しさに触れ、幸せを感じる」というもの。ただ途中から一回一回イベントっぽくそれがやってくるので、もう少し自然に話の流れを組んで欲しかった。夢を追いかける様はこちらが感情移入するには充分。バイクの荷台の車輪が外れてバイクが転倒したときは自分も心が痛んだ。実はこの作品を観る直前に、偶然にも羊たちの沈黙を観ていたのですが、全然違和感なく観れました。舌を喰いちぎったあの人が・・・(笑)。
Jar_harmonyさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-09-21 23:32:36)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 106人
平均点数 7.45点
000.00%
100.00%
200.00%
310.94%
432.83%
587.55%
61211.32%
72119.81%
83936.79%
91615.09%
1065.66%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.75点 Review16人
2 ストーリー評価 7.85点 Review14人
3 鑑賞後の後味 9.11点 Review18人
4 音楽評価 6.83点 Review12人
5 感泣評価 7.76点 Review13人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS