みんなのシネマレビュー Menu

幸福な食卓

2006年【日】 上映時間:108分
平均点: / 10(Review 44人) (点数分布表示)
ドラマラブストーリーファミリー青春もの小説の映画化
[コウフクナショクタク]
新規登録()【ボビー】さん
タイトル情報更新(2016-04-18)【イニシャルK】さん
公開開始日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Google映画にて検索 ・Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督小松隆志
キャスト北乃きい(女優)中原佐和子
勝地涼(男優)大浦勉学
平岡祐太(男優)中原直
羽場裕一(男優)中原弘
石田ゆり子(女優)中原由里子
脚本長谷川康夫
音楽小林武史
主題歌Mr.Children『くるみ -for the Film- 幸福な食卓』
撮影喜久村徳章
製作迫本淳一
島本雄二
松竹(「幸福な食卓」アソシエイツ)
ジェネオンエンタテインメント(「幸福な食卓」アソシエイツ)
電通(「幸福な食卓」アソシエイツ)
IMAGICA(「幸福な食卓」アソシエイツ)
テレビ朝日(「幸福な食卓」アソシエイツ)
プロデューサー遠谷信幸(エグゼクティブプロデューサー)
杉山登
配給松竹
特撮松本肇(視覚効果)
美術金田克美
編集阿部亙英
録音武進
小野寺修(整音)
その他テレビ朝日(宣伝協力)
あらすじ
「父さんは今日で父さんをやめようと思う」と言い出す父。別居しているが、たまに食事を作りに帰ってくる母。秀才だったが 大学をやめて、突然農業を始める兄。バラバラな家族に囲まれた中学生 佐和子は転校生の大浦君と近しくなっていく。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
44.《ネタバレ》 「お父さんはお父さんを辞めようと思う。」このキャッチコピー?に惹かれて、鑑賞しました。
お父さんが自殺未遂をしていた事など、家族の秘密が徐々に明らかになっていくんだけど、はじめのうちは何がどうなってるのか分からず退屈でした。
でも、中盤からは、この映画に凄く引き込まれました。みんな闇を抱えながら生きてる感じが、この作品の世界観が、なんだか心地良かったです。
でも、冒頭の真っ黒の画面で声だけのシーンと、最後の永遠と歩いているだけのシーンと、この最初と最後が意味不明。何を伝えたいんだろうか。。
ぽぽ☆ぽんた (^-^)vさん [ビデオ(邦画)] 6点(2015-04-23 22:48:18)
43.終盤、娘が父親に投げかける厳しい言葉を、その場で流して欲しくなかった。抑揚のない演技が続くなか、大浦くんがいいアクセントになっている。
nojiさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2013-09-17 23:42:37)
42.唐突な部分もあるが、いい映画。青春や家族など、自分はどうだったろうか、どうだろうかと考え直すところもある。原作は未読だが、原作はどうなんだろうと気になるのは映画が原作に忠実すぎるのか。
カワウソの聞耳さん [DVD(邦画)] 7点(2012-02-01 21:25:46)
41.《ネタバレ》 頭の良い人ほど何かに怯え、自分というものが解らなくなり、他人には理解出来ない行動をするものであるというのがこの映画の父親、兄貴を見ていると思わずにはいられなくなる。何だか一件、普通そうな家庭だけど、全く普通でない家族構成という所がこの映画の面白い所であるがタイトルからは想像できないとても幸せとは無縁の環境の元、普通の女子高校生らしくふるまう少女、中原佐和子の姿には学校で偶々、隣の席となったことから仲良くなり、やがては恋心を抱く相手の男、勉学とのやりとり、勉学の口調を真似して見せる姿やらその他にも何だかちょっしたことなのに、それが心地良く思えたり、時には切なく感じたり、色んな意味で青春映画的な楽しさとほろ苦さが感じられる作品にもなっているし、佐和子が勉学の死後に言う「なんで死にたいと思っている人が生きて、死にたいと思ってもいない人が死ぬの」みたいな台詞を聞いて、本当にそう思う。何とも心に突き刺さる言葉である。佐和子が勉学へあげるつもりでいたマフラーを弟へと手渡す勉学の母、ここで勉学の弟が勘太郎?貫太郎かな?(どっちにしてもかんたろうであることは確かである。)だということが明らかにされた瞬間、えっ?大浦勘太郎?勘太郎は星野だろうよ!て思ったのは私だけだろうか?最後の佐和子が歩く。歩く。そして、振り向く。また前を見て歩く。前を見て生きよう!というメッセージの象徴のような終わり方である。出来ればあのラストは音楽一切無しの方が私は良い。どうも近年の邦画の悪い癖、音楽で盛り上げようという狙いが見て取れて残念です。それでも見て良かったと思うし、話題性だけで内容の無い大ヒット作品では味わえない良さを感じられる点を評価しての8点に近い7点でことで、こういう作品こそもっとヒットして欲しい。
青観さん [DVD(邦画)] 7点(2010-06-15 22:07:49)
40.《ネタバレ》 じめっとしていていいですね。何か物足りない感じが漂いますが、その足りない部分がこの映画の味のような気がします。
はんにまるさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2010-02-21 19:10:16)
39.盛り上がりに欠けますが、非常に丁寧に作られていて良い映画でした。ただ、全てにおいて斗出したものがなく、平坦で普通な印象しか残らなかったのが残念です。
アフロさん [DVD(邦画)] 7点(2010-02-09 12:14:46)
38.《ネタバレ》 ○タイトルから想像しうる家庭的な映画ではなく、むしろ北乃きいの青春映画と言う感じ。○しかし、青春映画としても、もちろん家庭的な映画としても出来は中途半端。勉学が死ぬのは残念ながら目に見えていたし、なんか言いたいことは、さくらのセリフに全てあった気がする。
TOSHIさん [DVD(邦画)] 5点(2009-11-29 12:02:05)
37.《ネタバレ》 逆説的だけど、自ら「父親を辞める」と宣言するところがこの父親の思慮と優しさで、無言で破綻してゆく家庭よりはよほどマシだと思う。母親も同様で、家を出て暮らしているけれど、家族のことは常に気遣っていました。この映画が希望を醸し出しているのは、主人公の精神がとても健康的だからでしょう。恋人の死は少女の中に消えることのない傷を残したと思うけれど、彼女の心には折れない芯がある。その健全な強さは、身近な絆によって育まれたのだと感じました。今作の家族形態はそのことを際立たせるための演出とも思う。北乃きいは良いですね。美人過ぎず、一見とても平凡に見えるところがこの映画のテーマにジャストフィットしていました。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2009-11-25 01:49:52)
36.《ネタバレ》 平凡じゃない一家の、平凡な日常をスケッチしたような映画でした。中原家の人たちはバラバラなようでいて、肝心なところでは強い絆で結ばれている。ただ、お互いをあまり束縛しないだけ。
だから、大事な末娘が大きな心の傷を負ったら、娘のためにみんなでふたたび集まるのです。そのきっかけが「人の死」というのは、わかりやすいけど裏を返せば安易。この辺をひとひねりしてほしかった。
あと、最後に歌が流れる場面は、モロに宣伝のようで好ましくないです。あれでいくばくかのお金が入るのかもしれませんが、映画の流れとしては唐突だし、曲も内容に合っているとは思えません。
とはいえ、淡々としていながらも引き込まれる魅力を持った映画。きっと、主役二人の貢献が大きいと思います。
アングロファイルさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2009-10-13 19:31:11)
35.《ネタバレ》 よかった。けっこう好きだな。「父さん、父さんをやめることにした。」っていうキャッチーなセリフの予告編を何度も見せられていたので、もっと重い映画かと思って二の足を踏んでいたけど、そういう人多いんじゃないかな。自分の基準で言えば、青春恋愛映画ですな。生活感がなく地に足がついてないところが、そう思わせるのかな。いつもきれいに整頓された家の中。こぎれいでバランスのとれた料理ののった食卓。誰が家事全般やってるのかな? 経済面はどうなってるんだろう? 家があり、毎日食べられ、金銭的な心配がなく学校に通えて、塾にも行ける。家族の会話もたっぷりとあるし・・・。つまり生活は全く破たんしていない。これよりひどい家はたくさんあるだろう。そういう意味では父さんはりっぱな父さんだし、家族は全然崩壊なんかしていない。でもそんなところを掘り下げて暗い映画にされたのではつまらないから、少し物足りないくらいがいいのだろう。 ところで、羽場さん、ちゃんと演技できる人なんだって見直しちゃった。
フラミンゴさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2009-09-24 19:27:28)
34.主演の子の魅力が大きいですね。内容的には非現実的な部分が多く?ですがお涙頂戴に走りすぎずまぁまぁ大人の鑑賞にも十分堪えうる作品だと思いました。
たかちゃんさん [DVD(邦画)] 6点(2009-04-13 15:47:59)
33.未だに人を本気で好きになったことが全くないせいか,若い二人の恋愛云々はあまりピンときませんでした.そりゃ,自分のクリスマスプレゼントを買うために死んじゃったと考えればショックなんでしょうけどね.全体的になんか非現実的な雰囲気なんだけど,「大人になると,明日が楽しみだなんて思うことはなくなる」というセリフだけが非常にリアルでした.また,「知らないところで色々な人たちに守られている」というのも若いうちに認識できる人って少ないんじゃないかな.個人差はあるんでしょうけど,「守られていた」「カバーしてくれていた」と気付くことが,大人への階段の一つなんだと思いますよ.
マー君さん [DVD(邦画)] 6点(2009-01-25 15:06:57)
32.「父さんは今日で父さんをやめようと思う」云々といった家族の再生がメインテーマだったのだろうけど、当方としては佐和子と大浦君の爽やかな恋愛に興味が移ってしまい、メインテーマの方はいつの間にか忘れてしまっていた。原作の方ではもう少し掘り下げてあるのかもしれないので、年末に読んでみるつもり。
それにしても、佐和子役の女優は魅力的。中学生の頃に戻りたくなってしまった。あんな子と出会えるはずはないのに。
P5さん [テレビ(邦画)] 7点(2008-12-21 13:14:10)
31.抑えた演出に、これまた優等生然とした主人公の北乃きいと勝地涼の恋が清清しい。途中の不慮の事件さえ起きなければ、もっと二人の恋が楽しめたのに。とはいえ、物語自体は普通、感動もしなければがっかりもせず、普通の出来でした。
mhiroさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2008-11-03 00:50:55)
30.kie!
アスモデウスさん [テレビ(邦画)] 6点(2008-10-13 21:31:25)
29.《ネタバレ》 ここでの評価が高かったので見てみましたが、ほのぼのとしてすごく癒されました。若い頃の純な恋愛っていいですね。確かに、家族の絆を描いたにしろ、高校生の恋愛を描いたにしろどちらも中途半端で、家族の崩壊と再生がテーマであるならある意味では失敗作であるかもしれません。中原家もそんなに壊れているように見えないし。でもまあこれはこれでいいんじゃないんでしょうか。いい人ばかりの登場人物の中で、さくらは異質な存在でしたが、重要な役割を演じていましたね。彼女はこの頃からそれまでの可愛こちゃんキャラから転換していったのでしょうか。ちょっと不謹慎ではありますけど、ここの評の中で誰かが大浦君が早いタイミングで突然死んでしまうとか書かれていたので、いつ死ぬのか、いつ死ぬのか、ドキドキしながら見てしまいました。
キムリンさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2008-10-11 21:14:27)(良:1票)
28.《ネタバレ》 「父さんは今日で父さんをやめようと思う」というセリフに興味を持ち鑑賞しました。家族中心の物語を期待していたのですが、前半の2人のシーンがベタすぎて、そこで一気に冷めてしまいました。最終的には家族の話になるのですが、やはり前半の恋愛のシーンは抑えめにして、もう少し家族同士のシーンをメインにしてほしかった。北野きいの演技自体は良かったし、ラストシーンも良かった。映画と合うようにわざわざレコーディングし直したという「くるみ」も映画とリンクしていて良かったです。
N.Y.L.Lさん [DVD(邦画)] 4点(2008-09-09 22:10:45)
27.《ネタバレ》 不思議な映画でした。地味なストーリーですが独特な世界観で、見ているうちにいつしか物語にひきこまれます。北乃きいが、とてもよいです。どちらかというと、前半が好きです。ラストの長回しは、僕は飽きちゃいました。
コウモリさん [DVD(邦画)] 7点(2008-08-21 11:21:53)
26.想像していた内容とは随分と違って、家族の絆や思春期の恋愛をオーソドックスに描いているのが良かった。
前半、主演の北乃きいの芝居っぽいセリフの言い回しに違和感を覚えたのだけど、それが落ち着いた優等生っぽい雰囲気を形成していって、最後には何とも言えない良さを醸し出すようになっていた。
出演者の平均レベルも非常に高くて、安定感のある物語が形成されていたように思う。
序盤から散々立てられた死亡フラグに主人公が不治の病にでも侵されているのかと思っていたけど、きちんと最後まで守られていたので安心しました。
ラストの長回しも曲の良さと北乃きいの魅力で感慨深い映像になっていたと思います。
あと、ガブリエルも助かって良かったと思う。
もとやさん [DVD(邦画)] 9点(2008-08-10 16:50:06)
25.家族に属しているということが、大きな救いになっているんだと思いました。抑えめの演出も、とても良かったです。
よしふみさん [DVD(邦画)] 8点(2008-06-15 21:54:24)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 44人
平均点数 6.73点
000.00%
100.00%
200.00%
324.55%
449.09%
536.82%
6715.91%
71636.36%
8511.36%
9511.36%
1024.55%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review2人
2 ストーリー評価 6.50点 Review4人
3 鑑賞後の後味 7.83点 Review6人
4 音楽評価 7.00点 Review4人
5 感泣評価 6.60点 Review5人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS