みんなのシネマレビュー Menu

プロメテウス

Prometheus
2012年【米】 上映時間:124分
平均点: / 10(Review 122人) (点数分布表示)
アクションサスペンスSFアドベンチャーシリーズもの3D映画
[プロメテウス]
新規登録()【8bit】さん
タイトル情報更新(2015-11-02)【イニシャルK】さん
公開開始日(
公開終了日(2013-01-09)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Google映画にて検索 ・Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督リドリー・スコット
キャストノオミ・ラパス(女優)エリザベス・ショウ
マイケル・ファスベンダー(男優)デヴィッド
シャーリーズ・セロン(女優)メレディス・ヴィッカーズ
ガイ・ピアース(男優)ピーター・ウェイランド
イドリス・エルバ(男優)ヤネック
ローガン・マーシャル=グリーン(男優)チャーリー・ホロウェイ
ショーン・ハリス(男優)ファイフィールド
レイフ・スポール(男優)ミルバーン
ベネディクト・ウォン(男優)ラヴェル
パトリック・ウィルソン〔男優・1973年生〕(男優)ショウの父
剛力彩芽エリザベス・ショウ(日本語吹き替え版)
深見梨加メレディス・ヴィッカーズ(日本語吹き替え版)
宮本充デヴィッド(日本語吹き替え版)
納谷六朗ピーター・ウェイランド(日本語吹き替え版)
てらそままさきチャーリー・ホロウェイ(日本語吹き替え版)
藤原啓治ファイフィールド(日本語吹き替え版)
森田成一チャンス(日本語吹き替え版)
脚本デイモン・リンデロフ
音楽ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ(追加音楽)
撮影ダリウス・ウォルスキー〔撮影〕
製作リドリー・スコット
デヴィッド・ガイラー
ウォルター・ヒル
トニー・スコット(ノンクレジット)
20世紀フォックス
製作総指揮デイモン・リンデロフ
配給20世紀フォックス
特撮ムービング・ピクチャー・カンパニー(視覚効果)
ウェタ・デジタル社(視覚効果)
美術アーサー・マックス(プロダクション・デザイン)
衣装ジャンティ・イェーツ
編集ピエトロ・スカリア
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ

122.《ネタバレ》 映像美には所々見るべきものがあるが、その内容はグズグズ。アンドロイドの性能が全体のメカ描写の中で突出しており、まともなSFとして見ることができない。人間と見分けの付かないアンドロイドは1作目に於いては「びっくり」に必要な要素として許容されるかもしれないが今回はそうはいかない。じじいが乗ってる現在と変わらない4輪デザインの車椅子とあのアンドロイドが共存する世界って発達のバランスが無茶苦茶じゃない?人工の脚とかいくらでも出来そうなもんだけど。怪しい惑星に着いたら、目的地はそこから徒歩15分くらいの近場で探検感はゼロ。あんな隣駅に行くくらいの行程ならいっそ「転送!」でいいんじゃね?物語中盤から一人の女性が突然超人っぽく活躍し始める唐突なシナリオ。そして極めつけは彼女のあの切腹描写。あんなグロテスクで不快なシーンこの作品に必要なんですかね?ちゅうかやっぱりエイリアンがそうだったようにこれも宇宙を舞台にしたホラーなわけ?だったら「人類の起源」なんて大上段に構えたテーマなんか匂わせないで欲しいよ。さらにトドメの「バンゲリスみたいなサウンドで」と注文して作らせたとおぼしきテーマ曲の安さ。いくら真似しても本物には到底及ばない底の浅〜いサウンド。監督、作曲者共に志の低さがモロバレだぞ!
皮マンさん [ブルーレイ(吹替)] 0点(2016-11-01 10:06:26)
121.《ネタバレ》 え?腹裂いたばかりで母星に突撃するの?という点は置いといて…。
これぞSFという美しさを演出。外伝かもしれないがエイリアン特有のグロさや不気味さは確かに継承し十分堪能できた。
AVPみたいなギャグを続けるくらいならこっちの本格派が好み。
本作で書ききれないストーリーは多いはず。人類の起源にしてもまだまだ説明不足だしラストのエイリアンの見せ方にしてもこれからという感じ。
続編あれば普通に観たい。この世界はまだまだ深い。
濤声さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-09-26 00:46:41)
120.《ネタバレ》  可哀相です。
 変な生物に触ったり、クロワッサンを宇宙船だと言ったり、転がってくるクロワッサンを横に避けなかったり。 
 そんな役をさせられる俳優さんたちが可哀相です。
 彼らへ各1点。
ぱいなぽさん [テレビ(吹替)] 3点(2016-05-09 23:12:50)
119.リドリー・スコット久々のSF映画。しかも初期に手がけた「エイリアン」の系譜であるのだが・・・・・・・・・とにかく退屈!
起きる事件はどれも大したことないし、怪獣や宇宙人はデザインも能力もまるで魅力が感じられない。
金と時間をかけた映像だけは見応えあり。ただし高い金を払って3Dで鑑賞する必要は一切ない。

吹き替え版は主演の剛力彩芽は問題外だが、他の声優キャストは素晴らしい出来である。
クレイジー・アスさん [映画館(吹替)] 3点(2015-10-30 21:07:44)
118.《ネタバレ》 あんだけお金持ちならもうちょっとましなメンバー集められなかったのかね。
osamuraiさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2015-07-15 20:56:22)
117.《ネタバレ》 エイリアンシリーズ…ですよね、コレ。
ホラーチックなSFでありながら美しい映像が拝める一本。
謎の遺跡をとにかく行ったり来たりするばかりで絵的にはだんだん新鮮味は薄れて行きますが、どんどん追い込まれて行く感じはさすがだなーと。
デヴィットの何を考えているかまったくわからない演技が素晴らしいです。それと美術は往年のシリーズを往年のシリーズを見ている人間にはたまらないですね。
それにお腹から出てきたピチピチしたイカ的な赤ちゃんも可愛いし、終盤のローリングを横によけないお偉いさんもナイスです。
ちなみに剛力彩芽さん吹替のショウ博士はやっぱり覇気が無いですね〜そこはやっぱり残念。
えすえふさん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2015-06-07 20:11:36)
116.《ネタバレ》 映像は美しいですが、それ以外見所のない映画です。登場人物がもれなく馬鹿。まともな人間はひとりもいません。さらに意味不明な展開ばかり。筋道の通った展開はほとんどありません。続編があるようなのであえて謎解きは後に回すという形なのでしょうが、あまりにも後回しにし過ぎるのはどうかと。
kirieさん [DVD(吹替)] 3点(2015-02-18 16:10:24)
115.《ネタバレ》 自らの手を離れた『エイリアン』シリーズが行き着くところまで行ってしまったので、原点と言うかマイナス点にまで戻って『エイリアン』を再構築したいわけですね、リドリー・スコットは。過去の『エイリアン』は暗い宇宙空間が主な舞台だったので、今度は地球型の惑星での探検物語にして荒々しい風景をリドリー・スコットの持ち味である映像美で見せてくれたところは良かったと思いますよ。ほんと冒頭の大滝のシーンといい、どこでロケしてきたんだろうと感嘆してしまいました。もっともいきなり宇宙人が出てくるこのシーンはけっこう謎なんですけど、この場所は宇宙人たちの母星なんじゃないでしょうか。ラストを観ればよく判りますが、スコットは続編を撮る気満々みたいですよね。とくにデヴィッドの謎めいた行動に次作への伏線を散りばめられているみたいです。リプリーに代わってノオミ・ラパスのエリザベス・ショウが強力なヒロインとなるんでしょうね。 一応あのクロワッサン型宇宙船の墜落で『エイリアン』第一作への橋渡しをしたつもりみたいですが、考えれば辻褄が合わないところも有ります。あの宇宙人ですが確かに大男と言ってよいガタイですけど、一作目で発見される死骸はどう見ても体長5メートルはあり比べるとだいぶ小さいと思うんです。そして彼は操縦席に座った姿で死んだはずなのに、プロメテウス号になぜか現れてエイリアンの餌食になるのはおかしいと思うんですがね。 本作で銀河一のブラック企業ウェイランド社の社長がついに登場しますが、彼の言動が思いのほか小物なので笑ってしまいました。はるか彼方の惑星まで出張って来たのは「不死になりたい」からだったとは、お前は始皇帝かよ!それにあんなミイラみたいに醜く老化してるのに永遠に生きたいなんて図々しいにもほどがあります(笑)。
S&Sさん [DVD(字幕)] 7点(2014-12-18 21:59:15)
114.《ネタバレ》 タイトルが”エイリアン5”とか”エイリアンzero”とかだと「ちょっと違う」ってなりますが、
タイトルを変えたことで許容範囲内ですし、オリジナルの世界観も広がったかなと思います。
最初に宇宙人の顔でビビった。
ストリートファイターシリーズのボスキャラにでもいそうなマッチョな宇宙人です。
またこの”プロメテウス”は「ギーガー」というよりも「ベクシンスキー」っぽくて芸術的です。
映像の美しさは満点だと思います。
しかし残念なのは(ギーガー・デザインによる)グロテスク要素が減ったことです。
大胆にいっちゃえばスピリチュアルファンタジー系です。
ダークさよりも宇宙と生命の神秘です。
色々な宇宙生物が出てきます。どれもデザインが素晴らしく知的な感じさえしますがエイリアンとは異質です。
あと高度な文明はラピュタを思わせます。
それからバイオハザードのタイラントも出てきましたし、
アルビノ化したジルバレンタインも出てきたかもしれません。
どの映画でも食事シーンで箸を使って食べているシーンがあれば日本文化が作品に浸透している確率が高いとか思ってます。
もし”プロメテウス2”があるとすると監督はキャメロンでしょう。けっこうこの作品はアバターっぽいところがありましたし。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 8点(2014-12-16 23:22:39)
113.《ネタバレ》 不覚にもエイリアンシリーズの前日譚と知らずに、リドリー・スコット作品だということで無条件に鑑賞。
オープニング直後からの壮大な映像に心を奪われ、宇宙船の中の無機質で静謐な美しさに陶酔していたら、あれ?スペースジョッキー?!およよ、これはエイリアンなのかい?と、そこから自分の中で全く違う映画にw 
ストーリー的に突っ込みどころがあるのは否定できないが、一枚の秀逸な絵画のような美しさにあふれる映像の数々を堪能しました。
エンジニアの存在やデヴィットの目的、なによりエイリアン創造の意図など、謎だらけのストーリー。ぜひ、そのあたりに踏み込んだ続編を見てみたいなー
こっちゃんさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2014-12-14 22:02:17)
112.正直いって、意味がよくわからなかった。
センブリーヌさん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2014-10-30 00:04:32)
111.《ネタバレ》 鑑賞後一番に、、リドリースコットさん、緊張しすぎちゃったのかな?と感じました。随所でエイリアンに直結している部分は素晴らしかったですが、唐突に感じる部分も多かったです。それと、映画内で「エイリアン1」よりもずっと進んだ技術を使っていたのも違和感を感じました。(自分が生んだ名作エイリアン1なんですから、もっとリスペクトして欲しかった)

映画最初、宇宙人パイロット?がなんか飲んで叫ぶのはまるで意味不明だったし、乗組員にウイルスを飲ませたアンドロイドの行動も意味不明だったし、乗組員達も途中で別行動したりヘルメットを安易に脱いだり、挙句には未確認生物に近寄ったり・・ まあ、文句を書けばキリが無いほど。。やはり私の中ではエイリアンは1-4までで完結し、この作品は無かったことに決めました。。(正直、酷評されているエイリアン4のほうがずっと良い) 映像の素晴らしさに免じて4点献上です。
アラジン2014さん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2014-09-23 11:24:16)
110.《ネタバレ》 それぞれの分野のプロフェッショナルを集めた割には、不注意だったり特に活躍もなく皆やられていくのはがっかりしました。お腹にホチキスの針をドカドカ撃ち込むシーンは良かったです。
DAIMETALさん [映画館(字幕)] 4点(2014-08-22 10:57:32)
109.2014.06/30 鑑賞。なんぼSFゆうても、なんでやねんの連発??? 映像、音響以外で大好きなリドリー・スコットらしさは感じられなかった。皆さんの評価0~10の幅広さには納得。特に低い方々の評価は同感出来る。
ご自由さんさん [DVD(字幕)] 6点(2014-07-01 11:16:41)
108.《ネタバレ》 あの「エイリアン」の監督作として観れば、惑星や異星人の造形、謎が謎を呼び次が読めない緊張感のある場面展開は楽しめた。特に医療ポッドでの帝王切開シーンはなかなかの緊張感で本作の見所といえる。しかしながら会社やアンドロイドが裏の目的をもっていたり、身勝手なクルーが早い段階で被害に遭う展開はお決まりとはいえ、クルーのあまり統率のなさや、危機管理の甘さは目を覆うばかりで、キャラクターの味付けも薄く、誰にも感情移入しにくい。この辺が気になる人は評価が下がるだろう。謎が謎を呼んだのはいいが、自分としては最後まで謎のまま終わってしまい、消化不良となってしまった。
田吾作さん [DVD(字幕)] 5点(2014-05-30 11:57:57)
107.《ネタバレ》 人類の起源の謎に迫った壮大なSF大作を期待した人にとっては拍子抜けしてしまった方も多いようですね。冒頭の宇宙人の謎の行動は?あの液体の正体は?など伏線を大量に仕込んでおいてまったく回収しないというトンデモ映画ですが、最後にエイリアンが出て来てくれただけで満足です。
nyarameroさん [DVD(字幕)] 7点(2014-04-16 13:00:59)
106.《ネタバレ》 映像の迫力はすごい。しかしかなり謎なシーンが多い+乗組員のハテナな行動がテンション下がるよね~、いかにも怪しい未知の生物にあんな接し方はないでしょ(苦笑)。テンポがいいといえばいいけど、船長が敵船への特攻攻撃を決める過程はちょおっとお粗末じゃないですかね。まぁそういいつつも皆様仰せのセルフ手術?マシンは斬新、ホチキスバチバチでOKなんだね(苦笑)その彼女があのリスベット役の彼女とは分からなかったな~~。地球に帰るかと思いきや敵地に殴り込みをかけるとは・・・なんとも勇ましい、彼女が暴れまわる続編をちょっと観てみたいと思ってしまった(苦笑)。しかしあの「白い人」とロボットは何を話したんでしょうねぇ、気になるなー誰か教えてクダサイ
Kanameさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-03-18 21:01:49)
105.《ネタバレ》 エイリアンものと事前に知っていたので余計な先入感に邪魔されずに十分楽しむことが出来ました。巨匠リドリー・スコット監督作ですが自分が生まれる前から監督をやっていて70を超えて衰えることなく未だにこれだけの作品を作れるというのはすごいの一言。昨今ちょっと上映時間が長いなという感想が多い中、これは珍しく上映時間が短すぎると思いました。2時間半は欲しかったかな。主人公が段々とシガニー・ウィーバーに見えてくる所や、最後のエイリアン誕生シーンなどシリーズのファンとしてはたまらないです。面白かった。
映画大好きっ子さん [DVD(字幕)] 9点(2014-01-03 22:05:16)
104.《ネタバレ》 冒頭から理解不能でしたが、この先どうなるんだろうという期待が上回り、それなりに楽しめました。主人公のノオミ・ラパスという女性、他サイトでは「ブス」とか「適役じゃない」とか書かれていましたが、それは、どういうわけか、美人のシャーリーズ・セロンがいたからではないかと思います。おまけにセロンの存在自体もストーリーには、そんなに深く絡んでこないし…。ところで、パラスが下着姿になるシーンがありますが、かなり鍛えてると思いました。「ミレニアム・ドラゴンタトゥーの女」の女性だとは気付きませんでした。印象に残ったシーンは、セルフサービスの帝王切開ですね。局所麻酔だけで手術して、その後、宇宙船で飛び立っちゃうのですから、いや~、映画って凄いもんですよね。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-12-27 00:54:03)
103.1時間半を過ぎても、思わせぶりな展開です。残り20分くらいなのに。。。あれとあれとあの作品のいいとこ取りみたいな感じです。映像はキレイですが、主人公同士の会話もいまいち「キレ」がなく、淡々と進みます。こういう作品になると主人公への思い入れが薄いので、最後どうなってもいいかななんて思ってしまいます。エイリアンの前日談という感じで、猿の惑星的なリンクしたのかなと。ただ、宣伝であったような世界観とか宗教観とかそういう壮大な話にまでは、昇華しきっていないと思います。宇宙版アビスみたいな。
たかちゃんさん [レーザーディスク(字幕)] 2点(2013-12-07 21:57:46)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 122人
平均点数 5.55点
021.64%
132.46%
221.64%
3119.02%
41310.66%
52117.21%
63427.87%
72016.39%
897.38%
964.92%
1010.82%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review18人
2 ストーリー評価 4.28点 Review21人
3 鑑賞後の後味 4.55点 Review20人
4 音楽評価 6.72点 Review18人
5 感泣評価 2.58点 Review17人

【アカデミー賞 情報】

2012年 85回
視覚効果賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS