みんなのシネマレビュー Menu

ゼロ・グラビティ

Gravity
2013年【米・英】 上映時間:91分
平均点: / 10(Review 226人) (点数分布表示)
サスペンスSF3D映画
[ゼログラビティ]
新規登録()【8bit】さん
タイトル情報更新(2014-09-07)【+】さん
公開開始日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Google映画にて検索 ・Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督アルフォンソ・キュアロン
キャストサンドラ・ブロック(女優)ライアン・ストーン
ジョージ・クルーニー(男優)マット・コワルスキー
エド・ハリスミッション・コントロール
深見梨加ライアン・ストーン(日本語吹き替え版)
小山力也マット・コワルスキー(日本語吹き替え版)
岩崎ひろしミッション・コントロール(日本語吹き替え版)
脚本アルフォンソ・キュアロン
ホナス・キュアロン
ジョージ・クルーニー(スクリプト・コラボレーター)(ノンクレジット)
音楽スティーヴン・プライス〔音楽〕
撮影エマニュエル・ルベツキ
製作アルフォンソ・キュアロン
デヴィッド・ハイマン
ワーナー・ブラザース
製作総指揮スティーヴン・ジョーンズ[製作]
配給ワーナー・ブラザース
特撮フレームストアCFC(視覚効果)
美術アンディ・ニコルソン〔美術〕(プロダクション・デザイン)
衣装ジェイニー・ティーマイム
編集アルフォンソ・キュアロン
マーク・サンガー〔編集・視覚効果〕
録音スキップ・リーヴセイ
その他ジェームズ・キャメロン(感謝を捧ぐ)
ギレルモ・デル・トロ(感謝を捧ぐ)
デヴィッド・フィンチャー(感謝を捧ぐ)
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(感謝を捧ぐ)
ロバート・リチャードソン〔撮影〕(感謝を捧ぐ)
あらすじ
医療技師のライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)と宇宙飛行士のマット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)は、スペースシャトル「エクスプローラー」船外にてミッションを遂行していた。突如、膨大な量の宇宙ゴミが高速で接近し、スペースシャトルが大破するという想定外の事故が発生、二人は一本のロープで繋がれたまま、漆黒の無重力空間へと放り出されてしまう。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
226.劇場で観逃して後悔し、評判も良いしいつかは…と思っていました。
字幕が邪魔になるから吹き替えが良いよと聞き、字幕派の私も吹き替えで観賞。
いや~ブルーレイで観て良かった。

圧倒的な映像美、そして破片に襲われるシーンのスピード感。
宇宙は遠いのに自分が本当に宇宙に居るかと錯覚させられました。
当たり前ですが地球に居れば地面がありそこから始まります。
しかし宇宙では上下左右前後ろ、もうどっちを向いてるのかさっぱり分からなくなりました。
宇宙遊泳の疑似体験って面白いのだと体感。

そしてラストシーンでは私も新鮮な空気を吸ったような気持ちになりました。
映画って良いなと改めて感じさせてくれた作品。
たんぽぽさん [ブルーレイ(吹替)] 9点(2016-12-04 15:36:46)
225.《ネタバレ》 映像はすごく綺麗。ただ、肝心の中身に問題有りかと。あれだけスペースデブリが飛んでいれば、1回目の襲来で全滅しているはず。また、主人公の他のクルーを助けようとする感じが伝わってこず、あんな性格ならばそもそもNASAの選考も通らないだろうにと思えてしまい、感情移入ができませんでした。スペースデブリが猛スピードで飛ぶような軌道上で問題なく自力で飛行することって、そもそも可能なんでしょうか(本人もISSなども猛スピードで動いているはずなので、ちょっとのスピードの差が致命的になるのでは?)?
まいったさん [DVD(字幕)] 3点(2016-10-02 01:12:59)
224.《ネタバレ》 3Dの映画館で観ることに特化し、体感映画とゆう視点でも突き詰められた特殊な映画って聞いていたので、正直、家で観るには抵抗がありました。だって、家で観るってだけで、この映画本来の良さの半分は消えたも同然なんだから。多分、映画館の興奮は全く味わえないなんだろーなって感覚で観たんですけど、いやいや、すごく面白かったです。こんだけ家でも面白かったんだから、映画館なら、もっとすごいことになっていただろーなー。生涯、忘れられない映画みたいな感じくらいに。で、映画が始まって、あれよあれよとゆーうちに、すぐめちゃくちゃ危険な状態。そっからは、危機また危機で、もう、最後までこっちの体が緊張で固まったまま。心拍もずーっとドキドキ。音楽がまた効果的で、こっちのドキドキを煽るように、だんだんでかくなっていって、もうそれだけで、やべー感がドンドンあがっていく。そして無音。ザ、うちゅー。最初のカメラが外から人を撮って、ヌルッと宇宙服の中に入っていって、一気に宇宙飛行士目線になるのも新鮮。でも、この映画、そんだけじゃなかった。泣けたわ。まさか泣くとは思ってなかった。あかん。子供が死んでる背景は、あかん。ヒロインの心の中を想像してしまうと、泣かずにはおれん。そして、そこから先の重力化で生きるテーマ性みたいなもんに、なんだかわからん感動と興奮。宇宙へ行ったら、もう地球の全てが愛しい。カエルも、大地も。たとえ、そこに悲しみがあろうとも。ってな気分で、なんか生きるパワーみたいなもんもらっちゃったなー。ただ、映画館での興奮はそれ以上に相当なもんだったらしいので、正真正銘、映画館で観なきゃ、ちゃんと語れない映画だとは思う。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 10点(2016-08-25 02:45:30)(良:1票)
223.宇宙空間の描き方が今までにない感じでよかった。
アキラさん [テレビ(吹替)] 5点(2016-08-04 03:21:05)
222.《ネタバレ》 各所で絶賛に次ぐ絶賛だったので、楽しみにしていましたが、
期待しすぎて、ちょっぴり絶賛しすぎではあるまいか?というのが、率直な感想。
序盤とラストシーンは良かったけど、悪戦苦闘している中軸が、もう少しエンターテイメント色を濃く出せば良かったと思うが、
その辺は個々の好みでもあるので、俺は楽しめなかった。というだけの結論。
でも、冒頭の長回しをカメラワークの工夫等でそれを感じさせないところとか映画好きにはたまんねぇんだろうな的な所とか、
監督のこだわりも随所にみられ、好評を得る理由もなんとなくわかる。
俺はライトな層なので、まぁ、ちょっとごめんなさいって感じです。
バニーボーイさん [テレビ(吹替)] 6点(2016-07-22 21:40:56)
221.《ネタバレ》 映像技術が良くて、かつ分かりやすいストーリーなので良い。まず映画は分かりやすくなければならないのである。映像に力を入れると、ストーリーが間延びして、分かりにくく、つまらなくなる映画がなんと多い事か。
festivaljapanさん [DVD(字幕)] 7点(2016-07-16 17:57:20)
220.《ネタバレ》 無重力を表現した宇宙空間の映像美は見事で、TDLの「スター・ツアーズ」を体験した時のような快感を味わった。技術先行の画面に、2人の会話劇で人間関係が描写される展開は秀逸。無音(?)の大宇宙では軽口をたたくことも重要なコミュニケーションと映る。
娘を亡くし夫と別れた女性宇宙飛行士が宇宙に一人取り残され、一時は死を覚悟しながらも、帰還に向け生への気力を取り戻すという設定に現代性をみる。マットの生還(幻覚)からラストに向けての展開はハリウッド映画の王道であり、悲惨な結末を迎えるリアリズムよりずっといい。
ライアンとマットのロープでのつながり(へその緒のような)やISS内部での胎児ポーズ、そして涙の粒が浮遊するシーンはそれぞれ印象深いが、強調し過ぎの感あり。
地球に帰還し、カプセルが着水した湖でライアンが脱出した際、水中でカエルが彼女の前を横切る。さらに虫が飛び鳥がさえずる芸の細かさ。その後、彼女は陸に上がり、四つん這いから徐々に立ち上がって大地を踏みしめ(彼女の再起を暗示)、最後に2足歩行する。ここで原題「Gravity」の意味する重力の体感が示される。駆け足で生命の誕生~進化を表現したような感じだ。着水場所を湖にしたのは「猿の惑星」を意識したのだろう。が、むしろ子宮形状の入り江(海水≒羊水)に着水し、ウミガメ(4足)の登場、そして陸上へ、さらに2足歩行となった方が胸にストンと落ちる。カエル君の登場は唐突な感じだった。
無重力の宇宙空間、女性の自立、中国の人工衛星の役割、数々の障害を乗り越えて危機からの脱出等、マーケティング・リサーチはバッチリ(若干の皮肉込み)。「生」と「死」、「進化」や「再生」をめぐる91分間で、過去の映画に対するオマージュや生命をめぐるメタファーの詰め込み過ぎも感じる。終盤は生き残ったS・ブロックの一人芝居を見る思いだったが、彼女に魅力を感じないんだよなあ。
風小僧さん [テレビ(吹替)] 6点(2016-07-03 12:41:18)
219.《ネタバレ》  映画館で見るべきでした。面白かった。
海牛大夫さん [テレビ(吹替)] 7点(2016-06-21 20:58:01)
218.《ネタバレ》 サンドラ・ブロックが散々大変な目に合うお話。邦題はセンスなし。ラストシーンでサンドラ・ブロックが重力をかみしめているところに、どーんとタイトルGravityが出るのがいいのに。宇宙の話だからグラビティにゼロつけてあげようと思ったんでしょうか?まさに蛇足。映画配給会社は今からでもいいので「クソ邦題つけてごめんなさい」と謝罪して邦題を「グラビティ」に変えましょう。
たろささん [テレビ(字幕)] 8点(2016-06-21 00:13:03)(良:1票)
217.CGと撮影の技術には感心させられる。ストーリーは好みではないが、宇宙の計り知れない恐ろしさを感じた。永遠に人が足を踏み入れる場所ではないかもしれない。
クロさん [テレビ(吹替)] 7点(2016-06-16 14:22:00)
216.確かにこれは映画館で観るべき映画ですね。回転するサンドラ・ブロック、バックに大きな地球、とても綺麗です。ただ、それなりに臨場感はあるのになぜか緊迫感は感じられず。
nojiさん [テレビ(吹替)] 6点(2016-06-12 23:01:18)
215.《ネタバレ》 こういう単純だけど力強い映画もいいなあ。結末も読めるし、人物像や会話にひねりもないし、ドラマチックな展開もどんでん返しもないけど、画面から受けるパワーに理屈なんかなくひたすら気持ちを揺さぶられてしまいました。特に、ラスト近くの、大きな地球をバックにカプセルや破片が燃えながらまっすぐ落ちていくシーンにしびれました。
かねたたきさん [テレビ(吹替)] 10点(2016-06-12 02:33:05)
214.《ネタバレ》 ①先にオデッセイを映画館で見た②それからゼログラビティをテレビで見た、から宇宙空間のハラハラは食傷気味でした。
でもラストは断然こちらが良かったです。原題が「グラビティ」なので、そのままにすべきだと思います。もともとグラビティは外来語としてなじみがないのですから。
自分が歳を重ねたせいか余計なおしゃべりが苦手になりました。アメリカの方は、あまり関係ないことをよくしゃべりますね。アメリカの映画を見るたびにセリフが多いなと感じます。危機的状況では、お口を閉じて集中せよ。セリフが無くても魅せられる映画はたくさんあります。
LOISさん [テレビ(吹替)] 5点(2016-06-11 21:26:16)
213.撮影は凄い。映像がとぎれぬままカメラが縦横無尽に回り続け、役者が演技し続ける冒頭のシーンには、コレはどうやって撮ってるのかと感心しきり。しかし、物語は予想以上の展開が全く起きる事なく凡庸で、ラストに向けての盛り上がりもない。現実からかけ離れて中国アゲのような展開も、少し鼻につく。映画の価値には、映像より物語の面白さに重きを置く自分としては、少々低評価にならざるを得ない。
へろへろさん [テレビ(吹替)] 5点(2016-06-11 17:53:20)
212.《ネタバレ》 本当は緊迫感にあふれる映画のはずなのに、全くハラハラ感を持てませんでした。
唯一、ジョージ・クルーニーが“戻って”来たところで、おお、これは面白くなるぞ…と期待したのですが単なる幻影とわかって失望。
ヒューストンのシーンを全く入れずに、ただサンドラの目線だけでストーリーを進めるというアイディア自体はいいと思うのですが、リアリティを強調するあまり、登場人物に全く感情移入できませんでした。
CGの素晴らしさに免じてプラス1点です。
loveさん [テレビ(吹替)] 3点(2016-06-11 16:54:05)
211.《ネタバレ》 ゼログラは未体験の無重力体験を味わえる映画でした。
無重力の法則をここまで見事に再現した映画を自分は見たことがなかったです。
スローなのにハラハラするアクションはちょっと新しいと思います。
主観でとらえた場面からは臨場感が伝わります。
広大な宇宙に取り残された絶望感を自分は初見ではあまり感じ取ることができませんでしたが、
無重力で起こる様々なことが怖いと感じました。
(映画作りをしたことがない素人の意見ですが、
もっと人間が宇宙にとって小さなものであり、宇宙空間が無であることを伝える描写がさらにあればなお良かったです。
私の理解力の問題かもしれませんが、あるいは視点が主観に近いからなのかもしれませんが、これはごく個人的な感想です。)
宇宙のシーンは美しく神秘的で、音楽もそれを助長させていました。
ラストは重力の偉大さと壮大さを感じさせました。
「宇宙船とヒロイン」が「胎内と胎児」を思わせるシーンがありました。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 8点(2016-06-09 23:27:48)
210.《ネタバレ》 ハラハラドキドキ。酸素が無くなる恐怖、一緒に居る同志が居なくなる恐怖、帰りの燃料が無くなる恐怖。よく気持ちを持ち直して、帰還しましたね。面白かったです。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 8点(2016-04-17 21:47:14)
209.《ネタバレ》 子供たちには、ある意味恐怖映画かも。
体だけでは移動もままならない宇宙空間での孤独な戦い。何回死んでもおかしくない程の
トラブルの連続。高所恐怖症であれば眼下に広がる地球を見るだけで失神寸前。
いやー、「大きくなったら宇宙飛行士になりたい」の子供たちがどれだけ減ったか・・。
ただ、同じ意味で貴重な作品と言えます。現実は厳しいぞと。ヒロインはそれらの障害を
全て打破して突き進むという、ご都合主義な面もありますが、そこは娯楽映画ですから。

消火器で無重力空間移動って、アニメ「ウォーリー」でもありましたねー。
他に、銃をバンバン撃って軌道修正していた映画もありましたが・・
まあ、主人公が諦めずに困難に立ち向かう姿に感動すれば良し。感動できなかった人も
タイトルどおり、「ゼロ重力空間」を疑似体験できる良作ではないでしょうか。
自分は大変気に入っております。
グルコサミンSさん [DVD(字幕)] 9点(2016-04-08 18:21:35)
208.登場人物がたったの2人というのが面白い。おまけに一人は途中でいなくなるので、後半はずっと一人。孤独な宇宙を表現してる(?)・・のかもしれない。
余計な前振りもなく、物語の序盤からいきなりアクシデントが発生。そこからずっと息を呑む展開が続く。全編1時間半と言う短さもあいまって、はじめから終わりまで一気に見れる感じ。映像も迫力がある。宇宙ならではの表現を随所に散りばめ映像としてのリアリティも高い。
男が主人公に見せる優しさ、主人公が持つ死んだ娘への思いなど、人間ドラマの部分があるが、全部、ベタだし薄っぺらい。が、そこはおまけ程度と考えて目をつむりたい。
ISS、中国の宇宙船と2つの船を渡り歩いて地球に帰る・・というのは「流石に無理だろ!うまく行きすぎだ!」というツッコミもあるが、まあ多少のリアリティも目をつむりたい。
消火器の推力で宇宙船を目指すというアイデアもよかった。
ぽやっちさん [ブルーレイ(吹替)] 8点(2016-03-10 01:51:01)
207.《ネタバレ》 よくこれだけの状況、アクシデントに合いながら、地球に生還できましたねー。
綱渡りのような映画でした。
ストーリーは、単純ですが、最後の地球の地面に立った時の主人公の姿は、素直に感動しました。
余談ですが、なぜ、邦題にゼロをつけたのか?
グラビティだけで、十分なのに。
G&Gさん [DVD(字幕)] 7点(2016-03-07 14:17:04)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 226人
平均点数 7.71点
000.00%
100.00%
200.00%
341.77%
462.65%
5219.29%
62310.18%
73314.60%
85323.45%
95223.01%
103415.04%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.65点 Review23人
2 ストーリー評価 6.65点 Review26人
3 鑑賞後の後味 7.78点 Review28人
4 音楽評価 7.50点 Review26人
5 感泣評価 6.21点 Review23人

【アカデミー賞 情報】

2013年 86回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演女優賞サンドラ・ブロック候補(ノミネート) 
監督賞アルフォンソ・キュアロン受賞 
撮影賞エマニュエル・ルベツキ受賞 
作曲賞(ドラマ)スティーヴン・プライス〔音楽〕受賞 
視覚効果賞 受賞 
音響効果賞 受賞 
音響賞スキップ・リーヴセイ受賞(音響調整賞)
美術賞アンディ・ニコルソン〔美術〕候補(ノミネート) 
編集賞アルフォンソ・キュアロン受賞 
編集賞マーク・サンガー〔編集・視覚効果〕受賞 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS