みんなのシネマレビュー Menu

クリード チャンプを継ぐ男

Creed
2015年【米】 上映時間:133分
平均点: / 10(Review 41人) (点数分布表示)
ドラマスポーツものスポコンもの
[クリードチャンプヲツグオトコ]
新規登録()【ユーカラ】さん
タイトル情報更新(2016-09-08)【イニシャルK】さん
公開開始日(
公開終了日(2016-04-20)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Google映画にて検索 ・Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ライアン・クーグラー
キャストマイケル・B・ジョーダン(男優)アドニス・ジョンソン
シルヴェスター・スタローン(男優)ロッキー・バルボア
羽佐間道夫ロッキー・バルボア(日本語吹き替え版)
東條加那子(日本語吹き替え版)
伊藤健太郎(日本語吹き替え版)
脚本ライアン・クーグラー
撮影マリス・アルペルチ
製作ロバート・チャートフ
アーウィン・ウィンクラー
チャールズ・ウィンクラー
ウィリアム・チャートフ
デヴィッド・ウィンクラー
ケヴィン・キング・テンプルトン
シルヴェスター・スタローン
配給ワーナー・ブラザース
あらすじ
アドニス・ジョンソン(マイケル・B・ジョーダン)はかつてのボクシングヘビー級チャンピオンである今は亡きアポロ・クリード(カール・ウェザース)の息子であり、実母の死後は里親や施設を転々とした後、アポロの本妻メアリー・アン(フィリシア・ラシャド)に引き取られた。彼はビジネスマンとして成功していたが、父と同じプロボクサーの道を進むために仕事を辞めて家を離れる。彼はフィラデルフィアで余生を送っていた、父のライバルであり親友であったロッキー・バルボア(シルヴェスター・スタローン)と出会い、自分のトレーナーになって欲しいと頼み込む。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
41.ここに至ってまだ「ロッキー」シリーズの企画を引っ張ってくるなんて、と、ちょっと心配になる(けどちょっと期待する)のですが、ロッキー=スタローンに必ずしも縛られなかったのが、良かったですね。もちろん、トレーニングを見守るロッキーの姿の方をカメラのフォーカスが捉えるなど、彼の存在は確かに感じさせるのですが、アポロの息子アドニスをきちんと中心に据え、しかもチャンプの血を引きながら、愛人との息子である自分は一体何者なのか、という屈託を抱えた存在として描き、ボクサーとしての生き様に膨らみを持たせています。これがクライマックスの試合に向けての映画の推進力のひとつにもなっているのですが、クライマックスの興奮はそれだけれはなく、やはり、アドニスを演じたマイケル・B・ジョーダンをはじめとする、登場するファイターたちの迫真のファイトシーンが大きな貢献を果たしています。
ラスト、アドニスと並んだロッキーは、画面の中心をアドニスに譲る。いいねえ、スタローン、もうラジー賞は卒業かな。
鱗歌さん [DVD(吹替)] 8点(2016-10-19 14:19:42)
40.ロッキーが面白いのは、試合のシーンというよりもむしろそこに至るトレーニングなどの過程だと思います。トレーニング中のストイックさとそしてあのロッキー代名詞のあの曲が観ている人をワクワクさせるのです。この映画にはそのワクワク感があまり感じられませんでした。
珈琲時間さん [DVD(字幕)] 5点(2016-10-13 12:45:53)
39.《ネタバレ》 ドラマ部分は結構、距離感をとって淡々と観ていました。アリガチかなーって感じで。ところが、やっぱラスト40分は熱くなりました。特に最後の試合シーンは、それまで淡々と観ていたのが、嘘のように、突然、泣けました。それまであまり出さなかったアドニスの父に対する複雑な思いと苦悩、そして今の自分を支えてくれてるロッキーなどの周りの人の存在感と、試合に苦戦してもうダメだーって所からの復活劇が、うまく絡み合って、高揚感&感動。盛り上げ方うまいなー。途中、なんか薄いなーって感じてたのは、全て、ここに行き着くための構成やったんやね。写真をクラウドに保存してるからってアドニスのセリフに、クラウド?って空を見上げるロッキーがなんかかわいーです。
なにわ君さん [パソコンテレビ] 10点(2016-10-13 02:50:36)
38.《ネタバレ》 まだこの期に及んでロッキーか、と思っていましたが、友人が見たいというので一緒に鑑賞。ストーリーは奇抜なものではなく、展開がそれなりに読めるもので特筆すべきものはありませんが、いろいろなシーンで初期のロッキーシリーズを思い浮かばされ、見る前に思っていたより引き込まれ、最後まで楽しく見られました。ロッキーの名所、フィラデルフィア美術館の階段がいつ出てくるのやら、と思っていたら最後の最後で出てきて少しニヤり、というか一安心。
ただ、主人公がボクシングに惹かれる理由の描き方がいまいち薄かったかな、と。裕福で順調な生活を送っている主人公を、「偉大なる父の血」により厳しいボクシングの世界に飛び込ませるというのなら、もう少しそのあたりを厚くして欲しかった。
ほかろんさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2016-10-02 20:24:18)
37.ロッキーに思い入れはないし、シリーズをすべて見ているわけでもない。スタローンも苦手。それでも、この映画には始めから最後まで惹きつけられた。良作。
カワウソの聞耳さん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2016-09-24 10:04:59)
36.予想外にオモロい。自分の中ではロッキー4と5よりはオモロかった。
ケンジさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2016-08-24 22:02:33)

35.《ネタバレ》 まっとうな仕事につき、裕福な家庭という時点で「ややっ!?」とさせておいて、しかし満たされないドニー。なぜか現状にイラつくのだ。生への充実感がないのだ。そして亡き父アポロの偉大さがその心の渇きを加速させる…うおぉ!間違いない!こいつはロッキーシリーズの主人公だ!そしてまさかのスタローン隊長の名演技。近年の隊長は完全に確変状態。仕掛人として良作を連発する。これは身体以外にもドーピング疑惑ありますわ。
ドニーがかつての父の映像とシンクロする序盤のシーンや、ロッキーの墓参りでポーリーには酒、エイドリアンには一輪の花、そんなシーンで主人公ふたりに引き込まれていく。かと思うと試合では臨場感のある長回しで現代的な映像を見せられ、監督の手腕にも拍手。
唯一、こればっかりはロッキーだからしょうがないんだけど、今回は勝って欲しかったなぁ。
けんじマンさん [DVD(字幕)] 7点(2016-08-19 07:34:51)
34.なんか先の読めてしまう映画。
ロッキーに思い入れがあればまた印象は違うのかな。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 6点(2016-08-05 00:16:55)
33.《ネタバレ》 あの音楽がかかるとやはり燃えます。でもチャンプはすぐに切れすぎでしょ。あまり同情できません。
ロッキー・ファイナルの方がよかったかな。
エイドリアン・モンクさん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2016-07-18 10:24:42)
32.《ネタバレ》 面白かった。ロッキーシリーズは、人生の節目を節目をボクシング試合を絡めることで、描いてきたが、これもロッキーシリーズのロッキー人生最後の闘いを描いてる。まだロッキーが病気と闘う決意をしたとこまでしか描いてないが、それをロッキーを主人公にせず、クリードの偉大な父親をもつ2世をメインにした話として、映画にしてる。この2世は、愛人の子。ボクシングシーンのラスト、クリードのハングリーの源が、自分が父親の偽りじゃない愛の結晶だったことを証明することであったと言うとこは、ホロリときた。どうしてロッキー絡みの映画は、こうも面白いのか。それはやはり娯楽作品ではあっても、生きるのに必要なことをきちんと言っているからだ。これこそ娯楽作品の王道のありかただ。
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2016-07-09 08:27:53)
31.《ネタバレ》    
シナリオは良いと思います
グッと引き込まれるシーンも、いっぱいありました
ですが、違う監督、違う演出で作ってたら、と。。
もったいない映画でした
こっちゃんさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2016-07-08 21:40:14)
30.《ネタバレ》 「ロッキー」と、演じたスタローンへのリスペクトを随所に感じながらも、
「ロッキー」の新たな物語の始まりを感じさせてくれる作品でした。
今は亡きエイドリアンとポーリーが2人並んで眠っている。2人の元を訪れるロッキー。
ポーリーには酒を、エイドリアンには花を。こんなさりげない描写の1つ1つが胸にジーンとくる。
しかしロッキーとエイドリアンの不器用な2人のロマンスと比べると、ドニーとビアンカのそれはやはり今風。
卵を一気飲みすることも肉屋に吊り下げられた肉の塊をどつきまくることもない。「ロッキー」にあった泥臭さは感じられません。
そして訪れる最後の試合。ロッキーVSアポロの試合を思い出さずにはいられない。
最後の最後にあの勇気のテーマ曲が!このタイミングが絶妙でした。
ドニーはボクシングを続けるのか。ロッキーは病に打ち勝ちセコンドに立ち続けることができるのか。
ロッキー=スタローンの存在があればこその作品ではあるのですが、
この二人三脚のドラマの続きを見てみたい。そう思わせるラストの2人の姿でした。
とらやさん [DVD(字幕)] 7点(2016-06-21 22:20:14)
29.《ネタバレ》 前シリーズとの統合性よく、巧くつなげているのだなという印象。だから、未見の「ロッキー3~5」も見てみようかなという気になりました。ただ、気持ちの高ぶりは、「こんなにもロッキーが愛されて余生を送っているんだ」というところだけでした。その分、アドニスに気持ちが入っていかない。本作こそが、「ロッキーシリーズ」のかませ犬になってしまっている構造なのではないでしょうか。
なたねさん [DVD(字幕)] 5点(2016-06-05 07:27:30)
28.《ネタバレ》 驚くほどまじめすぎる。
なので、くだらなさ、漫画的軽さはないが、ロッキーシリーズのカタルシスがまるでなくなってしまった。
ゾク!と鳥肌がたつような場面がない。興奮できない。

アポロの息子、ロッキーがトレーナー、
しかしできあがったものは、そのどちらの匂いも感じられなかった。
せめて、絶体絶命の時にアポロステップでもやってくれればザワッときたものを。

チャンピオンもイマイチ圧倒的怖さがなかった。
うさぎさん [DVD(字幕)] 5点(2016-05-21 22:36:36)(良:2票)
27.《ネタバレ》 終盤のファイトよりも、中盤の長回しシーンが映像的にはすごかったですね。
巧いこと作ったもんだなぁと感心するファイトシーンでありました。
スピンオフなのでロッキーは今回脇役だけど、このシリーズのファンが喜ぶようなシーンが満載。
しっかりとツボを押さえております。
あろえりーなさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2016-05-20 23:11:54)
26.《ネタバレ》 面白かったんですが、なんか足りないです。熱くなるものがない。ボクシングもリアルなようでリアルじゃなくて少し興醒め。
Keytusさん [DVD(字幕)] 6点(2016-05-11 08:04:39)
25.《ネタバレ》 本作の魅力のひとつは、もう見られないと思っていたロッキーの「その後」が見られることだ。地元でレストランを営み、街の人からも「チャンプ」と愛され、エイドリアンやポーリーの墓前で独りごちる姿は、想定の範囲内とはいえ映像で見られるとうれしい。そして、もう一度ロッキーが戦うストーリーを作りたいという制作陣の欲求と、老ロッキーが、あのミッキーのように若手を育てる姿を見たい、という観客の欲望が形になった作品といえるだろう。したがって、主役の位置づけである「クリード」すら食ってしまうロッキーの存在感は、いたしかたがないだろう。また、そのために「アポロに実は息子がいた」という設定を無理矢理つくっているので、あとのストーリーはどうしてもこじつけになってしまっているのは否定できない。とはいえ終盤にようやくあのビル・コンティの名スコアが流れてくれば、もう全て許せてしまう。ちなみに本作のもう一つの魅力であるファイトシーンはプロが参加していることもあり、撮影技術も相まってハイレベルに仕上がっている。周囲をぐるぐる回るカメラワークは今までにない臨場感があったし、控室からリングに上がるまでの長回しなども、リングに向かう緊張感がよく伝わってきた。若き監督が意欲的に挑んだロッキー続編として評価したい。
田吾作さん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2016-05-07 11:36:34)
24.《ネタバレ》 なぜかカットマンが本物。あんだけ目ん玉腫れたら止めてやってください。
osamuraiさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2016-04-24 00:31:21)
23.飛行機で見ました。画面が小さいせいか、その程度だっただけか、なんとなく予想通りの展開と内容の映画で、感動まではいたらなかったというか、
いい意味で期待を裏切ってほしかったというか、あまりにも優等生な、ストレートな映画でした。
なんで、ロッキーファンは見て損はないでしょう。
シネマファン55号さん [パソコンテレビ] 6点(2016-04-21 13:47:04)
22.《ネタバレ》 あのアポロの隠し子が主人公でロッキーがトレーナーとセコンドを務めるってだけでワクワクが止まらない。
かなり期待して観に行ったんですが、期待を裏切らない一本でした。
鶏を追いかけたり、「脚にくる」など旧作ファンを楽しませる演出だけでなく監督独特の演出にも好感がもてました。
この監督新人みたいですけど、なかなか野心家とみた。
今までシリーズで出てきたボクサーは全員戦う動機がありました。ゴロツキじゃないことを証明するため、名声のため、国家への忠誠など。
この戦う動機がロッキーシリーズの各々の作品のテーマになってるんですが、今回はアポロの血を引いている、ボクシングが好きなど動機を匂わせつつ最終ラウンドに出て行く前に言ったあの一言で動機が明確になり盛り上がりは最高潮へ。
素晴らしい!
タローンってこんな演技の幅あったっけ?まさに円熟とはこのこと。
どんどんボクシング映画がリアル指向になっていきますね。
HBOの放送を再現したりマイケルバッファを連れてきたりなかなか凝ってます。
イギリスでの試合もリアル。
そっと・・・チタラダさん [映画館(字幕)] 8点(2016-02-13 21:42:47)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 41人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5717.07%
61024.39%
7921.95%
8921.95%
937.32%
1037.32%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.66点 Review3人
2 ストーリー評価 7.50点 Review4人
3 鑑賞後の後味 7.50点 Review4人
4 音楽評価 7.25点 Review4人
5 感泣評価 7.00点 Review3人

【アカデミー賞 情報】

2015年 88回
助演男優賞シルヴェスター・スタローン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS