みんなのシネマレビュー Menu

エターナル 奇蹟の出会い

Lucky Trouble
(Vykrutasy)
2011年【露】 上映時間:97分
平均点: / 10(Review 1人) (点数分布表示)
ドラマラブストーリーコメディスポーツものロマンス
[エターナルキセキノデアイ]
新規登録()【ゆき】さん
公開開始日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Google映画にて検索 ・Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
キャストコンスタンチン・ハベンスキー(男優)スラヴァ
ミラ・ジョヴォヴィッチ(女優)ナージャ
製作総指揮ティムール・ベクマンベトフ
あらすじ
 ロシアの片隅、パリチキという町で教師を続けながら、小説家を志している主人公のスラヴァ。  才能が足りないのか、あるいは経験が足りないのか、いずれにしても原稿を送った編集者からは「貴方自身が愛を知らない限り、ラブ・ストーリーは書けない」との酷評を受けてしまう。  いつか運命の愛に出会えるだろうと前向きに考える彼だったが、信号無視の車に轢かれてしまい、踏んだり蹴ったり。  ところが、運転者の美女ナージャと恋に落ちて、あれよあれよという間に婚約まで漕ぎ着ける事に成功。  式の前日、意気揚々と結婚会場のあるモスクワに旅立とうとする彼の前に立ちはだかるのは、横恋慕して二人の結婚を阻もうとしている女校長。  彼女の策略によって、少年サッカーの地区代表監督の座を押し付けられてしまい、逃げられなくなった彼は、故意にトーナメントに敗退し、監督の責務から解放される事を目論む。  愛する人と結ばれる為、わざと負ける為に、サッカーなど出来そうもないストリートチルドレンに声を掛けて、急造チームを結成するのだが……
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ

1.《ネタバレ》  ヒロインとの出会いから婚約までを描いた冒頭部分も、良質なラブコメ映画として、充分に楽しめる出来栄えですね。
 けれど、この作品の真骨頂は、やはり主人公が少年サッカーチームの監督に指名されてからの展開にこそあるでしょう。

 「これって、もしかして……」という予感に応えてくれるかのように、チームの選手となった子供達が、超人的な身体能力で、大活躍!
 そんなの全然リアルじゃないというツッコミを、完全にファンタジーな動きで吹き飛ばしてくれる様は、実に痛快です。

 一刻も早く敗退してくれるように、という主人公の内なる願いに反して、チームが快進撃を続けていくのが、もう可笑しくって仕方ないのですよね。
 あの手この手で監督自らチームを妨害して、子供達に薬を飲ませたり、デタラメな采配をしたり、気弱で活躍など出来そうもない子をキーパーに抜擢してみせたりするも、それが結果的に勝利に繋がってしまう不条理、もう最高です。

 そして、この映画の秀逸なところは、そんな皮肉なコメディ映画というだけで終わらずに、もう一歩踏み込んだ内容を見せてくれた事にあると思います。
 中盤以降、主人公の監督と、選手となる子供達の間に、家族のような絆が芽生えていく。
 それを軽いタッチで、けれども大事な部分は押さえた上で描いてくれるのだから、観客の自分としては、気が付けばチームの敗北よりも勝利を願うようになっている訳です。
 そんな願いを叶えてくれるかのように、とうとう主人公が自らの結婚よりも「この子達を勝たせたい」という想いを優先させてくれるシーンには、もう拍手喝采。
 本気でチームの優勝を願って、応援させられる事になりましたね。

 登場人物も魅力的で、主人公とヒロインだけでなく、恋敵役となる女教師と、新婦の幼馴染の男性なども良い味を出しているのですが、やはり何と言っても子供達のキャラクターが素晴らしい。
 特にお気に入りなのは、キーパー役の二人。
 小柄で気の強いテイルボーンは、途中でスタメンの座を剥奪されるも、さながらマネージャーのような立ち位置に収まって、ゴールの度に監督に抱き付いたりハイタッチしたりして喜びを表してくれるのが可愛いし、気弱な秘密兵器ダリクが魅せるスーパーセーブの数々は、観ているこちらの心をも鷲掴みにしてくれます。

 ストリートチルドレンである選手達の塒も、妙に童心を刺激するというか、ちょっと住んでみたいなと思わせるような魅力ある造形だったりして、とにかくもう何もかもが好みな映画なんですよね。
 決勝戦の前夜、主人公が子供達みんなと寄り添うように寝そべって、一緒に空を見上げるワンカットなんて、思わず溜息が零れちゃいます。
 面白いとか、笑ったとか、泣いたとか、そういった感情よりも何よりも「この映画、好きだな」という想いを強く抱かせてくれる。
 そんな、特別な映画です。
ゆきさん [DVD(字幕)] 10点(2016-05-02 17:54:05)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 10.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
101100.00%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS