みんなのシネマレビュー Menu

映画 魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身!キュアモフルン!

2016年【日】 上映時間:65分
平均点: / 10(Review 1人) (点数分布表示)
アクションコメディアドベンチャーファンタジーアニメシリーズものファミリー
[エイガマホウツカイプリキュアキセキノヘンシンキュアモフルン]
新規登録()【鉄腕麗人】さん
タイトル情報更新(2016-11-06)【イニシャルK】さん
公開開始日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Google映画にて検索 ・Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
堀江由衣十六夜リコ キュアマジカル
早見沙織花海ことは キュアフェリーチェ
齋藤彩夏モフルン キュアモフルン
浪川大輔クマタ ダークマター シャドウマター
菊地美香子グマ
内田夕夜校長
鳳芳野教頭
新井里美魔法の水晶/キャシー
桜井敏治アイザック
原作東堂いづみ
音楽高木洋
作詞森雪之丞「Dokkin・魔法つかいプリキュア! Part2」
秋元康「正しい魔法の使い方」
東堂いづみ「鮮烈!キュアモフルン」
作曲高木洋「キラメク誓い」/「鮮烈!キュアモフルン」
編曲高木洋「キラメク誓い」/「鮮烈!キュアモフルン」
主題歌堀江由衣「魔法アラ・ドーモ!」(名義「キュアマジカル」)
早見沙織「魔法アラ・ドーモ!」(名義「キュアフェリーチェ」)
挿入曲堀江由衣「キラメク誓い」(名義「キュアマジカル」)
早見沙織「キラメク誓い」(名義「キュアフェリーチェ」)
齋藤彩夏「キラメク誓い」/(名義「キュアモフルン」)/「ふたつのねがい」(名義「モフルン」)
渡辺麻友「正しい魔法の使い方」
製作東映アニメーション(映画魔法つかいプリキュア!製作委員会)
東映(映画魔法つかいプリキュア!製作委員会)
ABCアニメーション(映画魔法つかいプリキュア!製作委員会)
バンダイ(映画魔法つかいプリキュア!製作委員会)
アサツー ディ・ケイ(映画魔法つかいプリキュア!製作委員会)
キノフィルムズ(映画魔法つかいプリキュア!製作委員会)
制作東映アニメーション(アニメーション制作)
配給東映
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.「応援上映」というキーワードは、それに対する是非はともかくとして、映画ファンの間では、今年特に頻繁に耳にした“流行語”だと思う。
「応援上映」とは、声も音も極力立てないように静かに没頭するものだった映画鑑賞の「常識」を覆し、劇場内の相互理解の元で、スクリーン上のキャラクターに対して文字通り「声援」を送ることを“アリ”とした新しい映画鑑賞スタイルのことである。

これまでは、ロングランとなった超ヒット映画のロードショーにおいて、鑑賞スタイルのバリエーションの一つとしてこの手の鑑賞環境が提供されることはあった。それが今年になり、「応援上映」を前提として公開される作品が注目されるようになってきた。
腐女子向けのアニメ映画や、某ダンスユニットグループのメンバーが主役にキャスティングされた作品がそれだ。

その鑑賞スタイルそのものに対しては、真っ当な映画ファンとして、どうしても否定的に捉えてしまう。
映画鑑賞は「読書」と同じ。基本的には、己唯一人でじっくりと味わうものだと思っている。


が、しかし。はたと気づく。
考えてみれば、この一、二年の間に、僕は何度も「応援上映」に参加しているではないかと。

そう「プリキュア」映画こそが、「応援上映」の走りであり、そのスタイルが圧倒的な「是」としてまかり通る唯一無二の作品なのではないか。
ということを、もはや恒例行事のように、愛娘と連れったって観に行った今作を観ながら痛感した。

一般的に「応援上映」と称されるものには、“サイリウム”の持参が不可欠らしいが、“プリキュア映画”に至っては、そんなものは当たり前のものとして劇場で“ライト”が配布される(お子様限定)。しかも、劇中では、それをそのまま模したアイテムが映し出され、キャラクターが「応援」を呼びかけてくる。
まさに「応援上映」。
そして、愛娘は勿論、劇場のすべての子どもたちが一斉に応援を送る様は、毎度のことながら、感動的である。

こういう機会が得られることは、親として、一映画ファンとして、とても幸福なことだ。


あと、ほぼ毎回のことだが、劇場内には、子供とその親たちに混じって、“大きいお友だち”が一人はいる。
彼らのことを蔑む気持ちは微塵もない。好きなものは好き。それは何よりも優先されるべきもので、押し通して然るべきだ。
そう思うからこそ、殊更に胸が痛む。
彼らにも、“ライト”を渡して応援させてやってくれ、と。
鉄腕麗人さん [映画館(邦画)] 5点(2016-10-31 23:22:40)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
51100.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS