みんなのシネマレビュー Menu

千と千尋の神隠し

Miyazaki's Spirited Away
(Sen and the Mysterious Disappearance of Chihiro)
2001年【日】 上映時間:125分
平均点: / 10(Review 878人) (点数分布表示)
アドベンチャーファンタジーアニメファミリー
[セントチヒロノカミカクシ]
新規登録()【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-09-22)【イニシャルK】さん
公開開始日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Google映画にて検索 ・Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督宮崎駿
助監督高橋敦史
柊瑠美荻野千尋(千)
入野自由ハク
夏木マリ湯婆婆/銭婆
菅原文太釜爺
内藤剛志千尋の父 荻野明夫
沢口靖子千尋の母 荻野悠子
上條恒彦父役
小野武彦兄役
我修院達也青蛙
神木隆之介
大泉洋番台蛙
中村彰男カオナシ
玉井夕海リン
安田顕
山像かおり
山本道子
塚本景子
山本郁子
佐古真弓
戸次重幸
デイヴィー・チェイス千尋(英語吹替版)
スザンヌ・プレシェット湯婆婆/銭婆(英語吹替版)
デヴィッド・オグデン・スタイアーズ釜爺(英語吹替版)
ローレン・ホリー千尋の母(英語吹替版)
マイケル・チクリス千尋の父(英語吹替版)
ジョン・ラッツェンバーガー青蛙(英語吹替版)
原作宮崎駿
脚本宮崎駿
音楽久石譲
新日本フィルハーモニー交響楽団(演奏)
スタジオジブリ(音響・音楽制作)
作曲木村弓「いつも何度でも」
主題歌木村弓「いつも何度でも」
撮影奥井敦(映像演出)
製作日本テレビ(「千と千尋の神隠し」製作委員会)
徳間書店(「千と千尋の神隠し」製作委員会)
東北新社(「千と千尋の神隠し」製作委員会)
電通(「千と千尋の神隠し」製作委員会)
三菱商事(「千と千尋の神隠し」製作委員会)
遠谷信幸(「千と千尋の神隠し」製作委員会)
星野康二
氏家齊一郎
製作総指揮徳間康快
ジョン・ラセター(アメリカ)
プロデューサー鈴木敏夫
市川南〔製作〕(宣伝プロデューサー)
制作スタジオジブリ
奥田誠治(制作担当)
シャフト(動画協力)
配給東宝
作画高坂希太郎(作画監督)
安藤雅司(作画監督)
百瀬義行(原画)
マッドハウス(作画協力)
Production I.G(作画協力)
金子志津枝(原画)
米林宏昌(原画)
田中敦子〔作画〕(原画)
小西賢一(原画)
大杉宜弘(原画)
美術武重洋二(美術監督)
小倉宏昌(背景)
山本二三(背景)
真野薫(タイトル)
男鹿和雄(背景)
保田道世(色彩設計)
編集瀬山武司
録音井上秀司(整音)
西尾昇(デジタル光学録音)(デジタル光学録音)
上田太士(光学録音)
東京テレビセンター
その他森吉治予(海外プロモート担当)
IMAGICA(現像)
糸井重里(キャッチコピー【ノンクレジット】)
久石譲(指揮・ピアノ演奏)
あらすじ
トンネルのむこうの町で、千尋は両親と訪れた時に、不思議な事が起きた。両親は豚に千尋は不思議の国に。千尋はその不思議の国で働くことになるのだが。。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122232425262728293031323334353637383940
41424344
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
858.《ネタバレ》 異界に紛れ込んで特殊浴場で懸命に働く千尋に、平凡な少女が成長していく過程が見て取れる。
湯バーバ、カオナシ、坊、御腐れ様など、キャラクターの魅力が満載なのは宮崎映画ならでは。
特にカオナシと坊は、現代の病める人を象徴するかのよう。
千尋が名前を奪われるのはアイデンティティの喪失がテーマにもなっている。
ハクが湯バーバの弟子になった理由は明確に描かれておらず、その存在がいまひとつピンとこない。
川が埋め立てられたことに関係するのだろうが、他にもいろいろと説明不足の部分があり、でもそれはあえて曖昧にしているようだ。
メタファーの多いファンタジーで、ストーリー性の薄い苦手なタイプの作品。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 5点(2013-12-04 23:56:23)
857.宮崎駿は偉大な人です。
しんしんさん [映画館(邦画)] 9点(2013-09-05 12:42:53)
856.《ネタバレ》 最初に見た時と同じ感想を持ちました。話はよくわからん。でも画面に映っているものすべてに心を躍らされた。キャラクターの魅力で言えば千と千尋の神隠し以上に優れた映画はないでしょう。アニメの妙です。子供の頃の冒険は、実は大人にとっては大したことではなく、豚から人間に戻してもらった両親は当然ながら何も覚えていません。でも、ちゃんと自分は成長しているのです。ハクとの出会い、神の世界に迷い込んだことで成長した千尋は、転校前の生活に思いを馳せることはもう無いでしょう。恋と失恋のようなものを同時に味わって、両親以上に大人になったのです。こういう話ならいくらでもアプローチはあっただろうに、あえて売春と絡めてくるあたり、宮崎駿は恐ろしいですね。カオナシは宮崎駿そのものだと言われても仕方がない。
カニばさみさん [DVD(邦画)] 9点(2013-08-28 14:42:53)
855.肝心のハク絡みの話がいまいち伝わりにくいが、キャラの楽しさはジブリの中でもかなり良い。
nojiさん [映画館(邦画)] 7点(2013-06-23 22:17:02)
854.《ネタバレ》 上映当時以来の鑑賞。
働き始めて分かる点が沢山。
こんなに世知辛いアニメだったとは。
働いていたら本当の名前を忘れてしまうってところは泣けてきた。
両親は強欲で役立たずのブタってところも過激だし。
それでいて水の中を走る列車や、どこに立ってるかもわからない建物はどれもどこかで見たことあるような懐かしさも感じさせる。
色々な要素が詰め込まれてちょっと一般ウケしずらい内容にもかかわらず興行収入第一位なんやね。
そっと・・・チタラダさん [DVD(邦画)] 8点(2013-05-01 11:53:43)

853.今時少女売春を賞賛した驚くべき作品。子供の売春どこが悪い!という危ない主張の込められた映画を日本中のよい子たちに見せたのだから宮崎監督は本当に逝っちゃっている。誤解しないでほしいが、けなしているのではない。古き良き、おおらかな日本の性風俗に対しての深い共感が胸を打つ。私には幼女趣味はないが、多くの人が “当たり前” と疑わない現在の性道徳に対し、くさびを打ち込もうとする宮崎氏のその勇気ある姿勢には尊敬の念を禁じ得ない。 但し普通の映画作品として特に面白いわけではない
皮マンさん [DVD(邦画)] 10点(2013-04-10 13:17:36)(笑:1票)
852.1回目の鑑賞時には、「前半はいいんだけど、後半が・・・」という印象でしたが、2回目は、最後まで楽しめました。最後の最後の解決が唐突なので、1回目にはこの印象が強かったんだろうなあ。もののけやポニョやハウルみたいなワケのわからない映画ではなく、しっかりとした、おとぎ話。いい作品だと思います。
コウモリさん [テレビ(邦画)] 8点(2013-03-01 21:48:49)
851.《ネタバレ》 これは公開時に映画館で見たが、冒頭のトンネルの場面で近くにいた幼児が怖い怖いと言い出し、仕方なく母親が飲食物を持ったまま外に連れ出したのが記憶に残っている。大人なら怖くないと言いたいところだが、そのあと海の向こうから得体の知れない船が近づいて来る場面では、自分も怖くなって腰が浮いてしまった。やはり劇場で見る迫力は違う。
それで全編を見ると舞台設定の面白さは当然として、とにかく映像から受けるインパクトに圧倒される思いだったが、一方で話の意味がわからないため気持ちの収まりがつかなくなり、帰ってから解説本などを読みあさる結果になってしまった。監督が当時これを子どもに見せるために作った、と言っていたのも意味不明で、せっかくアニメとして純粋に面白いのだから、妙に小難しくして混乱させるのはやめてもらいたい、というのが初見時の実感だった。

しかし公開から時間が経つと、監督が何を言ったかというようなことはもうどうでもよくなり、大人も子どももそれぞれの立場から勝手に味わえばいいのだという気もして来た。今の目で見れば、年齢に対応した子どもの心境の変化のほか、子どもを取り巻く不健全な環境や、子どもから見た大人の複雑さといった内容が詰め込まれているように思われる。クモオヤジは茶化して「愛」などと言っていたが、初めて純粋に他人のために何かしたいと思いつめたのは大事なことだろうし、また本来一人の人物が持つ“理性”と“本能(我欲)”を分離した上で、それぞれがさらに多面性を持ったものとして外部に表出される描写は、分析的すぎるようでもあるが面白いといえる。
ほか特に海の映像が美しく、湯屋の廊下から見える海原や、海面を渡る電車から踏切に立つ人影が流れて見えるなどは非常に印象深い。こういうのはもう理屈など関係ない。
くるきまきさん [DVD(邦画)] 8点(2013-01-28 20:58:24)(良:1票)
850.ジブリファンの当時の恋人に無理矢理つれいて行かれ観賞。
げんなり。
なんというか、お説教されている感がとても不快。
Peccoさん [映画館(字幕)] 2点(2012-12-27 00:09:58)
849.これまでジブリ作品ではラピュタが一番好きでしたが、ぶっちぎりでこの作品が№1になりました。特に千尋がカオナシと一緒に電車に乗るシーンは、言葉で表せないくらいの感動を覚えました。美しい色合い、作品の世界観、キャラクターなど、すべてが魅力的でした。これは、ストーリーがどうの、意味がどうしたとか、理屈で理解するのではなく「感じて楽しむ」ための映画だと思いました。ブルーレイは画面は赤くないようなので買う予定です。
ramoさん [DVD(邦画)] 10点(2012-10-15 12:19:41)
848.ジブリ作品のファンタジー作品の中ではトトロに続いての取っ付きやすさではないでしょうか。ちっちゃな子供が観ても飽きないと思う。自分周辺で顔なしのマネが流行りました。
movie海馬さん [映画館(邦画)] 7点(2012-07-30 18:48:05)
847.ジブリ版ふしぎの国のアリスのようで楽しいです。
*まみこ*さん [テレビ(吹替)] 8点(2012-07-18 03:24:30)
846.《ネタバレ》 個性的なキャラクター達が狭いはずの空間がめちゃくちゃ広く見えるくらいに元気いっぱいに動き回ります。この映画は千の成長を軸に物語が展開していき、それだけで子どもから大人まで十分に楽しめるファンタジー色の強い物語です。かわいらしいキャラクターもいっぱい出てきます。しかし、その一方で随所に散りばめられているエピソードには『個性』についてが大きなテーマとなっているような気がします。人?それぞれに個性があり、それは名前や外見ではなくその人?が本来持っているもので、名前や外見では決して判断してはいけないということ。しかし、名前や外見や属性で判断してしまうということ。また、どんな人?にもそれぞれの役割があり、活躍できる場所が必ずあるということ。そして、それを認めてくれる人が必ずいるということ。製作者側の意図はそうではないかもしれないけれども、今回何度目かの鑑賞で初めてそう気付かされたとき、鳥肌が立ちました。
いっちぃさん [テレビ(邦画)] 8点(2012-07-16 02:23:06)
845.《ネタバレ》 確かに中盤からのストーリー展開に「?」となる部分はあるのですが、世界観の素晴らしさと画面の美しさ、そしてキャラクターの多彩さに最後まで上手にゴマカされて(イイ意味で)気持ちよく見終えることが出来ます(個人の感想です)。

そして相変わらずジブリの食事シーンは美味しそうで困る(笑)無人の屋台でお父さんの食べてたチキン的(しかしクラゲのように柔らかそう)なモノはなんなんだ?俺も食べたい(笑)
幻覚@蛇プニョさん [テレビ(邦画)] 8点(2012-07-11 09:37:56)
844.昔のジブリは結構良かったが、もののけ姫以降はどうもわかりにくい。この映画はアカデミー賞を取ったのだからもっとおもしろいのかと思ったら・・・。登場人物?がどうも好きになれない。カオナシというのは何なのだ?
ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 4点(2012-01-09 21:55:47)
843.《ネタバレ》 デパートみたいな賑やかさはあるんですが、どうも入り込めなかった作品です。
ろにまささん [テレビ(邦画)] 6点(2011-11-30 23:11:46)
842.当時付き合ってた彼女に誘われて仕方なく観に行きました(笑)
でも、結構楽しめましたよ。アニメとかあんまり見ないけど
とても印象に残ってます。
mitsuo@さん [映画館(邦画)] 6点(2011-10-24 00:19:11)
841.冒頭の設定は、アタマの固くなった大人には物語に入って行き易い。
様々な経験をすることで、ひ弱な少女が成長する様を描いているようだが、
変わったおもしろいキャラクターがたくさん絡んできて、こちらの目を楽しませてくれる。
ジブリ作品の、その豊かな発想力と世界観には驚かされるばかりだ。音楽も中々いい。
明確なストーリー性を持たず、ラストは相変わらずの尻切れトンボだが、
ファンタジー映画なので深く考える必要はないんだろうな。ぜひお子さんとご一緒に。
MAHITOさん [テレビ(邦画)] 5点(2011-07-31 07:10:14)
840.実は結構なホラーです
くまさんさん [テレビ(邦画)] 7点(2011-04-08 18:45:27)
839.正直、観れば観るほど分からなくなっていく。自分の中で出ていた自分なりの解釈・結論がまた覆されてしまった気がする。もしかすると考えすぎなのかもしれない。けれど単純に面白かった。
なこちんさん [テレビ(邦画)] 7点(2011-01-13 04:56:55)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122232425262728293031323334353637383940
41424344
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 878人
平均点数 6.41点
0171.94%
1242.73%
2283.19%
3455.13%
4697.86%
510311.73%
612814.58%
713014.81%
814316.29%
911212.76%
10799.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review26人
2 ストーリー評価 5.89点 Review46人
3 鑑賞後の後味 6.15点 Review44人
4 音楽評価 7.00点 Review46人
5 感泣評価 5.10点 Review30人

【アカデミー賞 情報】

2002年 75回
長編アニメーション賞宮崎駿受賞 
長編アニメーション賞鈴木敏夫受賞 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS