みんなのシネマレビュー Menu

宮本武蔵 一乗寺の決斗

1964年【日】 上映時間:128分
平均点: / 10(Review 14人) (点数分布表示)
アクションドラマ時代劇シリーズもの小説の映画化
[ミヤモトムサシイチジョウジノケットウ]
新規登録()【紅蓮天国】さん
タイトル情報更新(2013-06-10)【イニシャルK】さん


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Google映画にて検索 ・Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督内田吐夢
助監督篠塚正秀
キャスト中村錦之助(男優)宮本武蔵
丘さとみ(女優)朱実
入江若葉(女優)お通
岩崎加根子(女優)吉野太夫
木村功(男優)本位田又八
河原崎長一郎(男優)林吉次郎
谷啓(男優)赤壁八十馬
浪花千栄子(女優)お杉
平幹二朗(男優)吉岡伝七郎
佐藤慶(男優)太田黒兵助
織田政雄(男優)木賃宿の親爺
沢村宗之助(男優)法師
竹内満(男優)城太郎
香川良介(男優)植田良平
徳大寺伸(男優)烏丸光広
花澤徳衛(男優)青木丹左衛門
中村時之介(男優)
中村錦司(男優)吉岡の高弟
国一太郎(男優)横山勘助
楠本健二(男優)
水野浩(男優)南保余一兵衛
有馬宏治(男優)
鳳玲子(女優)
藤代佳子(女優)引船
霧島八千代(女優)墨菊太夫
松浦築枝(女優)壬生源左衛門の妻
萩原満(男優)
関山耕司(男優)
団徳麿(男優)民八
片岡半蔵(男優)
島田景一郎(男優)
林彰太郎(男優)花山院忠長
鈴木金哉(男優)御池十郎左衛門
阿波地大輔(男優)
西本雄司(男優)壬生源次郎
小野恵子(女優)りん弥
島田秀雄(男優)
有川正治(男優)
小山田良樹(男優)
暁冴子(女優)小菩薩太夫
八坂京子(女優)唐琴太夫
松田利夫(男優)
藤本秀夫(男優)
大城泰(男優)
那須伸太朗(男優)徳大寺実久
源八郎(男優)
兼田好三(男優)
木島修次郎(男優)
市川裕二(男優)
唐沢民賢(男優)
毛利清二(男優)
土橋勇(男優)
利根川弘(男優)
江木健二(男優)
波多野博(男優)
山形勲(男優)壬生源左衛門
東野英治郎(男優)灰屋紹由
東山千栄子(女優)妙秀
千田是也(男優)本阿弥光悦
江原真二郎(男優)吉岡清十郎
高倉健(男優)佐々木小次郎
原作吉川英治「宮本武蔵」
脚本鈴木尚之
内田吐夢
音楽小杉太一郎
撮影吉田貞次
製作大川博
企画辻野公晴
小川貴也
翁長孝雄
配給東映
美術鈴木孝俊
編集宮本信太郎
録音佐々木稔郎
照明和多田弘
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
14.この「武蔵」だけは稲垣浩に譲れない。
内田吐夢の「宮本武蔵」は眼が血走るような殺気と色合いに満ちている。

たった1人で吉岡一門総勢73人と戦う状況に追い込まれる武蔵。

でしゃばる小次郎など引っかかる演出も多いが、武蔵の凄まじい殺陣を見ればそんなものはどうでも良くなる。


一人、また一人吉岡一門を斬っていき、やがてラストの壮絶な決闘へと戦いはエスカレートしていく。

万全の体制を期す一門だが、既に武蔵は山ので待ち伏せ、一門打倒の策を練り上げる。

策といっても、武蔵も生きるか死ぬかの命懸けの策。
武蔵の策は常に死中に活あるのみ・・・!

名乗り挙げるやいなや猛スピードで一門に斬りかかる迫力!
戦に卑怯もクソもあるか、戦場にいるなら問答無用で斬り捨てるのみ!

泥まみれの死闘は圧巻だ。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-04-02 00:46:14)
13.《ネタバレ》 まず、ロケシーンを褒めたいです。原作通りに三十三間堂を使ったと思える伝七郎との決斗。長い廊下をフルに使う描写が闘いの緊迫感を盛り上げます。そして朝靄の下り松。書割と見紛うほど、絵画的な美しさを湛えています。その後に起こる事に是非も無くのめり込まされる情景でした。
伝七郎戦と下り松のギャップが本作のテーマだと思いました。遊郭からお遣いにでも行くように出かけて、伝七郎を殺して帰ってくる武蔵。死を覚悟し、お通さんに心情を吐露した後でも、生き延びる為に泥の中を這いまわって逃げる武蔵。この落差は「本気度」の違いです。伝七郎戦は勝ってあたり前。武蔵の底が見えません。下り松の必死の状況で、生への執念を見せる武蔵が実像なのだと思います。「死中に活を求める」と云う言葉があり、下り松の武蔵はまさにその通り。でも、その姿は決してカッコ良いものではありません。「我、事に於いて後悔せず」とか言いながら観音像を彫る。後悔アリアリです。彼は「兵法者」としての矜持を貫いたのだと思うけど、闘いの後に訪れる虚無感までは思い至らなかったようです。それはここまでの4作を見て、通底している概念だと思いました。
余談です。吉岡一門は武蔵を殺したいだけ。武蔵は何をもって勝利と捉えるかを考え子供を殺しました。両陣営の目的が完全にすれ違っています。こういう場合は概して「泥仕合」になります。私はそこに、かつての「異種格闘技戦」を見る想いでした。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2014-02-17 23:18:11)
12.一乗寺下り松。わたしゃ子供の頃に、武蔵が地形と敵の配置を書いた紙を布にくるんで鉢巻にするのを見て、ああ、覚えにくいことはこうやれば頭に入るのか、とエラく納得したもんでした。が、ホントに効果があるのかどうか、この歳になるまでまだ試したことはありません、ハイ。本作、吉岡一門との最終決戦が描き、伝七郎との対決あり、73対1の壮絶な死闘あり、五部作の中でピークをなすような作品ですが、その分、やや大味な感じが無くも無く。ただ、武蔵が主人公とはいえ、本作ではむしろ武蔵の理不尽な挑戦によって滅亡の道を歩む吉岡一門の悲劇がクローズアップされ、一方の武蔵もまた、下り松での決闘は不本意な文字通りの“泥仕合”となった上、比叡山の坊さんに、鬼、悪魔と罵られる。一体、この戦いに勝者はあったのか。という、一大バトルを描きつつも、剣の道に対する信念の揺らぎをも描いて、これはもう何が何でも最終作を観なければ(笑)という気分にさせてくれる、なかなかに「お上手」な心憎い作品でもあります。ところで、小川べりを歩くシーンは、上賀茂神社でしょうか。伝七郎との対決の場面は、三十三間堂ですね。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2013-09-24 22:07:54)

11.《ネタバレ》 これはシリーズ中、一番ダメな話でした。武蔵が強すぎる。清十郎も伝七郎も一撃であっさり倒してしまいます。それでも剣の道を極めようとか言っていますが、ここまで強いとどこへ行くのかという気がします。本作の武蔵は単に相手を切り捨てる殺戮者という感じしかせず、魅力が感じられません。だから吉岡一門との決戦もあまり面白くない。ただしこの決闘で幼い源次郎までも倒したことが、武蔵に大きな変化をもたらしたようで、最後に観音様を彫る姿がもっとも心に残りました。最終編は楽しみです。
アングロファイルさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2013-08-21 22:59:39)
10.どこかに仕えている侍の物語では忠義がテーマになるが、武蔵にはそれがない。それなら爽やかさを生みそうなものなのに、彼は忠の代わりに「剣の道」という精神主義に目覚めてしまい、人間としてはさらに始末が悪い。精神主義の剣豪の反対側には、家を背負う吉岡一門があり、本作のドラマ性は、その対比から生まれている。今までは対戦相手との了解済みの果し合いだったが(たとえば宝蔵院の阿巌を倒しても寺は恨まなかった)、家を背負った者はその家の安泰を願いだす。家の存続のためなら、あらゆる手段を可能とする。そういう方向へ歪んだ剣術の名門家と、精神主義で研がれすぎた剣の道と、二つの噛み合わない思想が一乗寺下がり松で激突し、少年を含む多くの命が失われていく。ただ立ち回りとして迫力があるのではなく、狂気の氾濫が凄まじいのだ。「寄るな!寄るな!」と叫びながら泥田の中を逃げ回る武蔵は、常に自分を批判的に見ていた唯一の正気保持者河原崎長一郎の目を斬る。主人公が勝つ活劇映画の頂点で、主人公がこんなにも追い詰められて描かれた作品があっただろうか。
なんのかんのさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2013-06-29 09:28:27)
9.《ネタバレ》 '10.10/8鑑賞。内田吐夢監督「宮本武蔵」5作連続鑑賞予定の第4作。
この一乗寺の決斗は戦略含め「七人の侍」の逆パターンの印象を受けた。カメラワーク、白黒場面、奇襲戦法、走る走る走る、振り回す振り回す等々。
73人:1人の戦い、十分肯ける。武蔵の強靭な身体、櫂を刀代わりに扱える身体能力も肯ける。
ご自由さんさん [DVD(邦画)] 8点(2010-10-09 17:46:59)
8.《ネタバレ》 1対73の対決がラストで炸裂!
動きのある対決シーンも勿論見事だが、何と言ってもロケーションと、その演出が飛び抜けて良い。
下り松とやらの大木が、田んぼの真ん中にそそり立っている。
それを早朝明け方の薄暗い映像で見せる。
戦いの火蓋が落とされる前の緊張感。
このモノクロめいた、明け方の映像から滲み出る緊迫感の演出がとにかく見事!
陽が昇る前の静けさと不気味さ、戦いの前の緊張感、暗がりにそびえ立つ下り松の不気味な迫力、そして武蔵の鬼気迫る眼光。
いやはや、このラストシーンは内田吐夢の並々ならぬ気合いを感じ、観ているこちらにもその気合いと緊張感がビシビシと伝わってくるシーンだった。

時代劇映画の中でも屈指の傑作であることは間違いない。


(P.S.)
高倉健の佐々木小次郎が、なかなかの魅力。
どこかコミカルだが、とてもスタイリッシュでもあり、カッコいい。
「だまらっしゃい!」
これにはシビれ笑けた。
その他、佐藤慶、河原崎長一郎、平幹二朗ら脇役陣も個性溢れる熱演を披露。
ただし、入江若葉は相変わらず気持ち悪かった。
にじばぶさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2009-06-05 00:53:16)
7.《ネタバレ》 なぜ今の邦画の監督は骨太の時代劇が作れなくなってしまったのか。
今の時代劇は明らかに軽い。軽すぎる。で、きれいすぎ。匂いもなにもない。
もはや現代人にはこういった時代劇は作れないのかもしれない。
梶原一騎小島剛夕の最高傑作「斬殺者」をこの監督に映画化ほしかった。
(年代が違うけど)
今の監督、俳優で作れる人いる?
うさぎさん [ビデオ(邦画)] 9点(2009-04-09 22:15:04)
6.このシリーズ、全部レベルが高くて面白いけどその中でも特にこの4作目が最も素晴らしい!宮本武蔵シリーズ中、最高傑作はこれだと自信を持って言うことが出来ます。素晴らしいシーンが山ほどある中でもこの作品のタイトルにもなっている一乗寺の泥だらけの畑の中を這いずり回る殺陣のシーンは時代劇史上に名を残す壮絶なシーンだ!中村錦之助の俳優としての地位を決定付けたこの素晴らしいシリーズ、その中でも一際、輝いて見える作品だと思います。
青観さん [ビデオ(字幕)] 9点(2005-08-22 22:13:42)
5.吉岡一門73人との対決が描かれるシリーズ4作目。もうこれがシリーズ最高傑作といってもいい。「七人の侍」と並び称されるクライマックスの対決シーンをご堪能あれ。
イニシャルKさん [CS・衛星(邦画)] 10点(2005-05-16 00:01:38)
4.剣術の世界で圧倒的な強さを誇った宮本武蔵の青年期を描く、吉川英治原作「宮本武蔵」の映画化。エンターテイメント時代劇としては抜群におもしろく、学生時代にはのめり込むようにして読んだものです。また、沢庵和尚にお婆に又八、お通に朱実といった多彩な登場人物を絡ませる人間絵巻は、文豪吉川英治の人生訓がそこかしこに散りばめられており教えられることも数多かった。この全五部作からなる一連のシリーズでは、主人公武蔵を迫真の演技でもって好演した中村錦之助はもちろんのこと、巨匠内田吐夢のゾクゾクさせてくれる丁寧かつ味わい深い演出も見どころです。《ネタバレ》今作のクライマックス、一乗寺下り松で繰り広げられる壮絶な決闘シーン。武蔵が修羅のごとき形相で、我が子をかばう父親もろとも源次郎少年を斬り捨てるという凄絶な描写には思わず唸ってしまった。この鬼畜さながらの非情な剣術体験が武蔵を苦悩させ、人間宮本武蔵の大きなターニングポイントとなる。みなさんの仰るとうり今作の決闘シーンがシリーズ中、最大の見せ場ですね。
光りやまねこさん 8点(2004-09-27 15:17:39)
3.《ネタバレ》 シリーズの中で一番の傑作はこれではないかと思っています。皆さんお書きの通り、何と言っても圧巻は、錦之介の殺陣ですね。吉岡一門との最後の決戦の地。大木の下に辿り着くまでの、泥田の中を走り回る武蔵の狂気。それまでのカラー画像から、一転してモノクロームになるのも迫力を出すのに一役買っています。観ているこちらも息を止め一緒になって戦っているかのような印象を持たせる演出・カメラワーク、どれをとっても、なかなかここまでの迫力は出せません。刀を手に縛り付けて、阿修羅のような戦いを魅せる武蔵の狂気を、単なる殺人鬼に思わせない演技には脱帽ですね。しかしながら、子供を仕留めるという最後の壮絶な場面と無念さがやるせなさを感じさせます。その後の武蔵の葛藤のきっかけになることですからね。
オオカミさん 9点(2003-12-27 03:10:01)(良:1票)
2.クライマックスを存分に楽しんでください。
東京50km圏道路地図さん 7点(2003-12-27 01:46:41)
1.武蔵と吉岡一門、戦いの物語である第四部。そして五部作最大のクライマックス、武蔵と73人が戦う一乗寺の決斗は必見。この辺りから、武蔵の影も広がっていく。某大河ドラマを許せなかった人はこちらを。
紅蓮天国さん 8点(2003-10-15 16:13:44)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 14人
平均点数 8.21点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
617.14%
717.14%
8750.00%
9428.57%
1017.14%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review2人
2 ストーリー評価 9.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review2人
4 音楽評価 7.50点 Review2人
5 感泣評価 7.50点 Review2人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS