みんなのシネマレビュー Menu

王子と踊子

The Prince and the Showgirl
1957年【米・英】 上映時間:117分
平均点: / 10(Review 8人) (点数分布表示)
ドラマラブストーリー戯曲(舞台劇)の映画化
[オウジトオドリコ]
新規登録()【JEWEL】さん
タイトル情報更新(2013-06-25)【イニシャルK】さん


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Google映画にて検索 ・Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ローレンス・オリヴィエ
キャストローレンス・オリヴィエ(男優)チャールズ大公
マリリン・モンロー(女優)エルシー
エズモンド・ナイト(男優)ホフマン
ハロルド・グッドウィン〔英男優〕(男優)
ジェレミー・スペンサー(男優)ニコラス8世
リチャード・ワティス(男優)ノースブルック
シビル・ソーンダイク(女優)皇太后
原作テレンス・ラティガン(原作戯曲)
脚本テレンス・ラティガン
音楽リチャード・アディンセル
撮影ジャック・カーディフ
製作ローレンス・オリヴィエ
製作総指揮マリリン・モンロー(ノンクレジット)
配給ワーナー・ブラザース
美術ロジャー・K・ファース(プロダクション・デザイン)
カーメン・ディロン(美術監督)
アーネスト・アーチャー(美術監督助手〔ノンクレジット〕)
その他ミュア・マシースン(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ

8.チャーミングなアメリカン・コメディエンヌ、マリリンとシェイクスピア俳優の英国紳士、オリヴィエ。
本作で2人が演じる役は自由奔放な踊り子と欧州某国の大公殿下。
この2人のスターの持ち味や醸し出す空気も、演じる役の2人が住む世界もあまりにも違うのですが、だからこそのコメディとなっています。
基本的にはドタバタ劇なので監督も兼任したオリヴィエには分が悪くなってしまった感じがしますが、
衣装も素敵だし歌も歌ってくれるし、マリリンのチャーミングな魅力は全開。
ただ、本作の舞台裏を描いた「マリリン 7日間の恋」を見た後に本作を見ると何とも言えない気分になる作品でもあります。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-01-11 21:39:42)
7.《ネタバレ》 気品ある王宮に転がり込んだマリリン嬢と監督・主演のローレンス・オリヴィエ演じる摂政閣下のドタバタラブコメ。天真爛漫で自由奔放なマリリン嬢が周囲を振り回す小悪魔的魅力満載ですが、中身は薄いですね。「マリリン 最後の7日間」はこの作品を撮影中の物語。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2012-12-21 00:59:45)
6.「マリリン7日間の恋」を見て、その舞台となったこの映画を鑑賞。7日間の恋ではマリリンがローレンス・オリヴィエからさんざんクレームを付けられていた印象があったので、「王子と踊り子」にはほとんど期待していなかったのだが、予想に反してなかなかおもしろい。この映画は喜劇であると同時に舞台劇、会話のやり取りに妙があり、戯曲作家テレンス・ラティガンに敬服。しかしまだ自分自身も十分把握しきれていないので点数は低めだが、何度か見直せば点が上がるかもしれない。
この映画のマリリンは絶好調にさえ見える。コリン・クラークとの愛が進行していたからかもしれないが・・・。

ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 6点(2012-06-05 08:29:56)
5.テクニカラーにはいつもわくわくさせられます。本編もうそうですが、合成がところどころ拙すぎるところが・・・ストーリーもやや受けという感じ。全員が本領を発揮していないようなところでしょうか。キュートなMMに敬意を表して6点です。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-07-06 23:09:35)
4.《ネタバレ》 うーん。いまいちでした。オリビエのキャラクターが面白くて前半のかけひきは楽しめたんだけど、マリリンのキャラクターに一貫性がなくて面白味がない。そろそろ終わるのかと思いきやだらだらと続くのもマイナス。
オニール大佐さん [パソコンテレビ] 4点(2008-11-05 20:50:39)(良:1票)
3.《ネタバレ》 舞台は1911年ジョージ5世の戴冠式。バルカンの狐と称されるカルパチアの摂政(大公)とショーガールの2夜の恋の物語。オリジナルはテレンス・ラティガンがローレンス・オリヴィエ、ヴィヴィアン・リー夫妻のために書いた戯曲(The Sleeping Prince:眠りの森の王子)。テレンス・ラティガン自身が駄作を書いてしまったと夫妻に詫びるも、公演はロングランとなり大成功したらしいです。映画化に際してヴィヴィアン・リーの役をマリリン・モンローが演じます。マリリン主演映画の中では私の一番好きな作品です。私はこの映画で演じたエルシー・マリーナこそ、マリリンの特長が十分生かされた役柄だと思っています。作品の中で、大公がエルシーのことを「小児を思わせるかと思うと、ボクサーのような筋肉を持ち、人生の機微を心得ておる」と評するシーンがありますが、こういう役を演じたときのマリリンは最高です。この後、ヨーロッパはバルカン戦争を経て第1次世界大戦に突入する。この時代背景を考えれば、別れのシーンにもリアリティーを感じてしまいます。マリリンの可愛さと別れの切なさに、9点つけさせていただきます。
ひよりんさん [DVD(字幕)] 9点(2006-05-07 14:33:50)(良:1票)
2.最盛期のマリリンの映画なのに、意外に面白くない。ストーリーも演出もまとも過ぎてワイルダーのような洒落っ気が不足しているのが一番の原因だと思う。やっぱ優等生ローレンス・オリヴィエにはコメディの演出は荷が重すぎたのでは・・・。
放浪紳士チャーリーさん 5点(2004-09-19 12:43:59)(良:1票)
1.DVDも出ていてマリリン・モンロー主演なのに誰もコメント書いてない。・・・私もちょっとロマンティック・コメディー風を期待したのですがあまり面白い映画とは言えなかったです。モンローは持ち味を発揮して素敵なのですが、ドレスがずっと同じ白いドレスなので自然と目がふくよかなおなかのあたりにいってしまいました。
全体的にあまり波がない映画で正直見てると飽きてきます。ローレンス・オリヴィエは役柄的にはピッタリなのですがやはりロマンティックな雰囲気に欠けてるような気がしました。
JEWELさん 6点(2004-03-21 23:08:49)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4112.50%
5112.50%
6562.50%
700.00%
800.00%
9112.50%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS