みんなのシネマレビュー Menu
レビュー詳細表示 画面
タイトル名 この世界の片隅に
レビュワー カーヴさん
点数 8点
投稿日時 2016-12-09 10:28:40
変更日時 2016-12-09 10:28:40
レビュー内容
この世界の片隅に・・・鑑賞後この言葉が心に染み入る。

事前に情報を仕入れすぎたので、いろいろ知っていたことが残念、
それでも、音や間、音楽は実感に勝るもの無し、とても響いた。

のんは素か演技か不明だが、この作品にはピタリとはまった、
女優を続けると大竹しのぶクラスにはなるんじゃなかろうか。

市井の人々が被る、戦争。
呉という場所であり、敵が誰か、状況を理解しながらも日々の生活は続く
苦しくとも、野草を楽しげに料理する描写などが
まだまだ序章であることが、後に痛烈に描写されていく後半は衝撃
焼け野原に泣いている子供を置く演出が反戦映画ではない
本当の反戦映画とはこの作品だと思った。

無音で表現された、原爆投下
壮大な社会実験だといわれたこの行為は、多くの犠牲と共に証明された
事実、この後、テロ+アルファ以上の戦争は世界から消えた

本当に、いろんな事を考えてしまう素晴らしい作品だ
鑑賞中は気兼ねなく泣けたが、劇場から駐車場までの途中や
夜、カレー屋での食事中など突然、胸が熱くなる思いに苛まれた
かなり、後を引く。2016年1位かも。



旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS