みんなのコミックレビュー Menu

風子のいる店

連載開始1985年
連載終了1988年
コミック数4冊
連載終了
平均点:9.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
ドラマ青春もの
[フウコノイルミセ]
新規登録(2014-07-24)【もちもち丸】さん

Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
作者岩明均
掲載誌週刊モーニング
出版社講談社
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.この漫画は私の青春そのものと言ってもいいかもしれない。いや、ちょっと大袈裟か。
こんなマイナーな漫画、登録したもののどうせレビューする人なんて居ないだろうと思っていたら、ちゃんとレビューされてる方が居てなんだか嬉しくなりました。

この漫画との出会いはやはり『寄生獣』を読んで、同じ作者だから知ったという事だった。書店で探すも見つからず、ネット通販なんてない時代だから古本屋を何軒もはしごしてようやく全4巻のこの作品を手に入れたのだった。(10年以上経てもいまだに我が書棚に鎮座しております。日焼けが酷い。)

先に短編集『骨の音』を読んでいたので、作者は元々青春もののドラマ作品が得意だと言うのは分かっていたが、まさかここまで面白いとは。とにかく風子が魅力的で、彼女と同じ年齢の高校生の頃に読んだのが良かったのかも。自分も人前で話したりするのが苦手だった為、彼女が自分の事のように親近感が沸いてとても惹かれたのだ。

自分も女だったらウェイトレスになったのになー、と何度思った事か。喫茶店を舞台に繰り広げられる風子の日常はとてもコミカルで、時に騒々しく、温かさに満ちている。とても心地好い風景。惜しむらくはたった4巻で終わってしまった所。もっとずっとその世界に浸っていたい、そう思える作品だった。
もちもち丸さん 10点 [全巻 読破](2014-09-21 21:54:12)
1.《ネタバレ》 岩明均の異常な作家性がフンダンに盛り込まれているにもかかわらず、物語の持つ温度に特異な点がないとか、やっぱ異常だよなぁ岩明作品。個人的には大盛りピラフの回と、ホットコーヒーに氷を入れるクセのある客の回が、スキ。
aksweetさん 9点 [全巻 読破](2014-09-17 05:18:38)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

点数分布 [全巻未読] [全巻読破]
Review人数 2人
平均点数 9.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
9150.00%
10150.00%

Copyright(C) 1997-2017 JTNEWS