みんなの連続ドラマレビュー Menu

半沢直樹

2013年【日】 第1シーズン[全10話]
平均点: / 10(Review 3人) (点数分布表示)
ドラマ
[ハンザワナオキ]
新規登録()【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2015-11-12)【シネマレビュー管理人】さん
放送開始日(
放送終了日(2013-09-22)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

演出福澤克雄
キャスト堺雅人(男優)半沢 直樹
及川光博(男優)渡真利 忍
滝藤賢一(男優)近藤 直弼
香川照之(男優)大和田 暁
上戸彩(女優)半沢 花
片岡愛之助(六代目)(男優)黒崎 駿一
宇梶剛士(男優)東田 満(1話~5話)
原作池井戸潤
音楽服部隆之
放送局TBS
あらすじ
半沢直樹は、優秀な銀行員。「いつかは頭取に」と大きな野望を持つ彼であったが、実はその影には強い復讐心があり・・。 「やられたらやりかえす」という信念のもと、銀行にはびこる様々な不正や悪と対峙していく主人公の姿を痛快に描く、池井戸潤原作の勧善懲悪ストーリー。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.ヒットしたドラマで、僕も全話観ましたが、特に後半に行くにつれ、げんなりした憶えがあります。
あまりにも主人公に寄った視点、上手く行きすぎるストーリー、
そして、「やられたらやりかえす」という、テロや戦争を助長するような物騒なメッセージに、反感を覚えました。
コウモリさん [テレビ(日本ドラマ)] 4点(2015-12-05 15:15:52)
2.《ネタバレ》 原作は2作目(+3作目)を読んでいます。

原作が後だったせいもありますが
ドラマの展開の方が好きです。

で、ドラマの感想ですが
今放送中の下町ロケットと同じように
二部構成になっています。(原作も2つですね)

個人的には第一部の「大阪西支店篇」が9点で
第二部の「東京本店篇」が8点です(総合すると8.5点)

特に一話目の終わり方は最高です。

後半の逆転劇はタブレット君や古里君は
小物過ぎます。

特に一部の逆転の展開が熱すぎます。
こうちょっとずつ潰していく感じは
古畑任三郎が犯人を追い詰める感じに似ていて
爽快感が素晴らしいのです。

また、キャスティングも流行りの俳優ではなく
実力派のキャストを多くえらんでおり色恋沙汰も特にない
男だらけの硬派な話なのが

テレビ局で展開されている「売れるためにはこうしろ」みたいなテンプレを
一切気にせず面白い話を描きたいという意気込みを感じられます。

こういうドラマをもっと見たいもんです。

ロスジェネの逆襲は是非ドラマ化して欲しいです。

ちなみに自分の父親もバンカーですが
こんな争いはないそうです(笑
シネマレビュー管理人さん [テレビ(日本ドラマ)] 8点(2015-11-14 22:03:24)
1.《ネタバレ》 【世間の建前の一般常識なんぞクソくらえ。熱く激しい義理人情が非人道的な冷酷非情を痛快にやっつけるサマを、まるで現実社会に再現させた様な大活劇ドラマ】、というのは昭和の昔っからのTBS局の得意技。いいんですよ。理屈なんざくそっくらえな正義感、勧善懲悪。誰しもが精神衛生上必要なはず。シニカルに構えて見たら荒唐無稽だのお笑いネタに映るという人もいるけど、こういうクソ熱い魂を持った人間が信じた正義に突き進む物語は大好きです。というわけで高得点を献上。…蛇足ですがこのドラマ、役者さんのほぼ全員があまりにも感情的な演技をしているので、制作スタッフは【こういうキャラしか演じられない役者】を選抜して狙ってキャスティングを行い、かなりの勢いで発破かけて演じさせたのではないかと思えてなりません。
役者の魂さん [DVD(日本ドラマ)] 8点(2015-11-14 09:43:04)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 6.67点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4133.33%
500.00%
600.00%
700.00%
8266.67%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 ストーリー評価 8.00点 Review1人
2 鑑賞後の後味 9.00点 Review1人
3 音楽評価 8.00点 Review1人
4 感泣評価 5.00点 Review1人
5 映像評価 Review0人

■ ヘルプ
Copyright(C) 1997-2017 JTNEWS