Menu
 > ゴールデングローブ賞
 > 監督賞【1980年代】
ゴールデングローブ賞 監督賞【1980年代】


1980年(第38回)

ロバート・レッドフォード普通の人々

ノミネート:

デヴィッド・リンチエレファント・マン
ロマン・ポランスキーテス
リチャード・ラッシュスタントマン(1980)
マーティン・スコセッシレイジング・ブル


1981年(第39回)

ウォーレン・ベイティレッズ

ノミネート:

スティーヴン・スピルバーグレイダース/失われたアーク《聖櫃》
ミロス・フォアマンラグタイム
シドニー・ルメットプリンス・オブ・シティ
マーク・ライデル黄昏(1981)
ルイ・マルアトランティック・シティ


1982年(第40回)

リチャード・アッテンボローガンジー

ノミネート:

シドニー・ポラックトッツィー
スティーヴン・スピルバーグE.T.
コスタ=ガヴラスミッシング(1982)
シドニー・ルメット評決


1983年(第41回)

バーブラ・ストライサンド愛のイエントル

ノミネート:

ブルース・ベレスフォードテンダー・マーシー
ピーター・イエーツドレッサー
ジェームズ・L・ブルックス愛と追憶の日々
マイク・ニコルズシルクウッド
イングマール・ベルイマンファニーとアレクサンデル


1984年(第42回)

ミロス・フォアマンアマデウス

ノミネート:

デヴィッド・リーンインドへの道
フランシス・フォード・コッポラコットンクラブ
セルジオ・レオーネワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ
ローランド・ジョフィキリング・フィールド


1985年(第43回)

ジョン・ヒューストン女と男の名誉

ノミネート:

リチャード・アッテンボローコーラスライン
シドニー・ポラック愛と哀しみの果て
スティーヴン・スピルバーグカラーパープル
ピーター・ウィアー刑事ジョン・ブック/目撃者


1986年(第44回)

オリヴァー・ストーンプラトーン

ノミネート:

ローランド・ジョフィミッション
ジェームズ・アイヴォリー眺めのいい部屋
ロブ・ライナースタンド・バイ・ミー
ウディ・アレンハンナとその姉妹


1987年(第45回)

ベルナルド・ベルトルッチラストエンペラー

ノミネート:

リチャード・アッテンボロー遠い夜明け
ジェームズ・L・ブルックスブロードキャスト・ニュース
エイドリアン・ライン危険な情事
ジョン・ブアマン戦場の小さな天使たち


1988年(第46回)

クリント・イーストウッドバード(1988)

ノミネート:

マイク・ニコルズワーキング・ガール
フレッド・スケピシA Cry in the Dark(原題)
バリー・レヴィンソン〔1942年生〕レインマン
アラン・パーカー〔監督〕ミシシッピー・バーニング
シドニー・ルメット旅立ちの時


1989年(第47回)

オリヴァー・ストーン7月4日に生まれて

ノミネート:

スパイク・リードゥ・ザ・ライト・シング
ロブ・ライナー恋人たちの予感
ピーター・ウィアーいまを生きる
エドワード・ズウィックグローリー

© 1997 JTNEWS