Menu
 > ゴールデングローブ賞
 > 脚本賞【1970年代】
ゴールデングローブ賞 脚本賞【1970年代】


1970年(第28回)

エリック・シーガルある愛の詩(1970)

ノミネート:

エイドリアン・ジョイスファイブ・イージー・ピーセス
ボブ・ラフェルソンファイブ・イージー・ピーセス
ジョン・カサヴェテスハズバンズ
リング・ラードナー・JrM★A★S★H/マッシュ
レスリー・ブリッカスクリスマス・キャロル(1970)


1971年(第29回)

パディ・チャイエフスキーホスピタル

ノミネート:

ジョン・パクストン[脚本]コッチおじさん
コールガール(1971)Klute
ジョン・ヘイル[脚本]クイン・メリー/愛と悲しみの生涯
アーネスト・タイディマンフレンチ・コネクション


1972年(第30回)

マリオ・プーゾゴッドファーザー

フランシス・フォード・コッポラゴッドファーザー

ノミネート:

ニール・サイモンふたり自身
ビリー・ワイルダーお熱い夜をあなたに
ジェームズ・ディッキー脱出(1972)
I・A・L・ダイアモンドお熱い夜をあなたに
ジェイ・プレッソン・アレンキャバレー(1972)
アンソニー・シェーファーフレンジー


1973年(第31回)

ウィリアム・ピーター・ブラッティエクソシスト

ノミネート:

ケネス・ロスジャッカルの日
メルヴィン・フランクウィークエンド・ラブ
ジャック・ローズ〔脚本〕ウィークエンド・ラブ
デヴィッド・S・ウォードスティング
ダリル・ポニックサンシンデレラ・リバティー/かぎりなき愛


1974年(第32回)

ロバート・タウンチャイナタウン

ノミネート:

スターリング・シリファントタワーリング・インフェルノ
フランシス・フォード・コッポラカンバセーション・・・盗聴・・・
フランシス・フォード・コッポラゴッドファーザーPART II
マリオ・プーゾゴッドファーザーPART II
ジョン・カサヴェテスこわれゆく女


1975年(第33回)

ボー・ゴールドマンカッコーの巣の上で

ノミネート:

フランク・ピアソン狼たちの午後
ピーター・ベンチリーJAWS/ジョーズ
カール・ゴットリーブJAWS/ジョーズ
ナッシュビルNashville
ニール・サイモンサンシャイン・ボーイズ


1976年(第34回)

パディ・チャイエフスキーネットワーク

ノミネート:

ウィリアム・ゴールドマン大統領の陰謀
ポール・シュレイダータクシードライバー(1976)
シルヴェスター・スタローンロッキー
スティーヴ・シェイガンさすらいの航海
デヴィッド・バトラー〔脚本〕さすらいの航海
ウィリアム・ゴールドマンマラソン マン


1977年(第35回)

ニール・サイモングッバイガール

ノミネート:

ウディ・アレンアニー・ホール
アルヴィン・サージェントジュリア
アーサー・ローレンツ愛と喝采の日々


1978年(第35回)

ノミネート:

ポール・マザースキー結婚しない女


1977年(第35回)

ノミネート:

スティーヴン・スピルバーグ未知との遭遇
マーシャル・ブリックマンアニー・ホール


1978年(第36回)

オリヴァー・ストーンミッドナイト・エクスプレス(1978)

ノミネート:

コリン・ヒギンズファール・プレイ
ディア・ハンターThe Deer Hunter
ロバート・C・ジョーンズ帰郷(1978)
ウディ・アレンインテリア
ウォルド・ソルト帰郷(1978)


1979年(第37回)

ロバート・ベントンクレイマー、クレイマー

ノミネート:

ジェームズ・ブリッジスチャイナ・シンドローム
アーヴィング・ラヴェッチノーマ・レイ
スティーヴ・テシックヤング・ゼネレーション
イエジー・コジンスキーチャンス(1979)
マイク・グレイ〔脚本〕チャイナ・シンドローム
ハリエット・フランク・Jrノーマ・レイ

© 1997 JTNEWS