Menu
 > ゴールデングローブ賞
 > 脚本賞【2010年代】
ゴールデングローブ賞 脚本賞【2010年代】


2010年(第68回)

アーロン・ソーキンソーシャル・ネットワーク

ノミネート:

スチュアート・ブルムバーグキッズ・オールライト
ダニー・ボイル127時間
リサ・チョロデンコキッズ・オールライト
クリストファー・ノーランインセプション
サイモン・ビューフォイ127時間
デヴィッド・サイドラー[脚本]英国王のスピーチ


2011年(第69回)

ウディ・アレンミッドナイト・イン・パリ

ノミネート:

ミシェル・アザナヴィシウスアーティスト
ジム・ラッシュファミリー・ツリー
スティーヴン・ザイリアンマネーボール
ジョージ・クルーニースーパー・チューズデー ~正義を売った日~
グラント・ヘスロヴスーパー・チューズデー ~正義を売った日~
アーロン・ソーキンマネーボール
アレクサンダー・ペインファミリー・ツリー


2012年(第70回)

クエンティン・タランティーノジャンゴ 繋がれざる者

ノミネート:

トニー・クシュナーリンカーン
マーク・ボールゼロ・ダーク・サーティ
デヴィッド・O・ラッセル世界にひとつのプレイブック
クリス・テリオアルゴ


2013年(第71回)

スパイク・ジョーンズher 世界でひとつの彼女

ノミネート:

ボブ・ネルソン〔脚本〕ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
ジョン・リドリー[脚本]それでも夜は明ける
デヴィッド・O・ラッセルアメリカン・ハッスル
スティーヴ・クーガンあなたを抱きしめる日まで


2014年(第72回)

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥバードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

ノミネート:

ウェス・アンダーソングランド・ブダペスト・ホテル
リチャード・リンクレイター6才のボクが、大人になるまで。
ギリアン・フリンゴーン・ガール
グレアム・ムーア〔脚本〕イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密


2015年(第73回)

アーロン・ソーキンスティーブ・ジョブズ(2015)

ノミネート:

クエンティン・タランティーノヘイトフル・エイト
エマ・ドナヒュールーム
アダム・マッケイマネー・ショート 華麗なる大逆転
トーマス・マッカーシースポットライト 世紀のスクープ
ジョシュ・シンガースポットライト 世紀のスクープ


2016年(第74回)

デイミアン・チャゼルラ・ラ・ランド

ノミネート:

テイラー・シェリダン最後の追跡
バリー・ジェンキンズムーンライト
ケネス・ロナーガンマンチェスター・バイ・ザ・シー
トム・フォード〔監督・デザイナー〕ノクターナル・アニマルズ


2017年(第75回)

マーティン・マクドナースリー・ビルボード

ノミネート:

ギレルモ・デル・トロシェイプ・オブ・ウォーター
グレタ・ガーウィグレディ・バード
アーロン・ソーキンモリーズ・ゲーム
ジョシュ・シンガーペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書


2018年(第76回)

ピーター・ファレリーグリーンブック&ニック・ヴァレロンガ&ブライアン・クリーhttps://www.goldenglobes.com/

ノミネート:

アダム・マッケイバイス
女王陛下のお気に入りThe Favourite
バリー・ジェンキンズビール・ストリートの恋人たち
アルフォンソ・キュアロンROMA/ローマ


2019年(第77回)

クエンティン・タランティーノワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

ノミネート:

ポン・ジュノパラサイト 半地下の家族
ノア・バームバックマリッジ・ストーリー
2人のローマ教皇THE TWO POPES

© 1997 JTNEWS