Menu
 > アカデミー賞
 > 脚色賞【1960年代】
アカデミー賞 脚色賞【1960年代】


1960年(第33回)

リチャード・ブルックスエルマー・ガントリー/魅せられた男

ノミネート:

ギャヴィン・ランバート息子と恋人
ハロルド・ジェイコブ・スミス風の遺産
イソベル・レナートサンダウナーズ(1960)
ネドリック・ヤング風の遺産ネイサン・E・ダグラス名義


1961年(第34回)

アビー・マンニュールンベルグ裁判

ノミネート:

ジョージ・アクセルロッドティファニーで朝食を
カール・フォアマンナバロンの要塞
ロバート・ロッセンハスラー
シドニー・キャロルハスラー
アーネスト・レーマンウエスト・サイド物語


1962年(第35回)

ホートン・フートアラバマ物語

ノミネート:

ロバート・ボルトアラビアのロレンス
ウィリアム・ギブソン〔1914年生〕奇跡の人(1962)
エレノア・ペリーリサの瞳のなかに
ウラジミール・ナボコフロリータ(1962)


1963年(第36回)

ジョン・オズボーントム・ジョーンズの華麗な冒険

ノミネート:

ジェームズ・ポー野のユリ
セルジュ・ブールギニョンシベールの日曜日
アーヴィング・ラヴェッチハッド
マーティン・リットハッド


1964年(第37回)

エドワード・アンハルトベケット

ノミネート:

テリー・サザーン博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか
スタンリー・キューブリック博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか
マイケル・カコヤニスその男ゾルバ
ピーター・ジョージ博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか
ドン・ダグラディメリー・ポピンズ
アラン・ジェイ・ラーナーマイ・フェア・レディ


1965年(第38回)

ロバート・ボルトドクトル・ジバゴ(1965)

ノミネート:

ウォルター・ニューマンキャット・バルー
スタンリー・マンコレクター(1965)
アビー・マン愚か者の船
裏街・太陽の天使A Thousand Clowns
フランク・ピアソンキャット・バルー
ジョン・コーン〔製作〕コレクター(1965)


1966年(第39回)

ロバート・ボルトわが命つきるとも

ノミネート:

ウィリアム・ローズアメリカ上陸作戦
ビル・ノートン〔原作〕アルフィー(1966)
アーネスト・レーマンバージニア・ウルフなんかこわくない
リチャード・ブルックスプロフェッショナル(1966)


1967年(第40回)

スターリング・シリファント夜の大捜査線

ノミネート:

カルダー・ウィリンガム卒業(1967)
リチャード・ブルックス冷血(1967)
バック・ヘンリー卒業(1967)
フランク・ピアソン暴力脱獄
ドン・ピアース暴力脱獄


1968年(第41回)

ジェームズ・ゴールドマン〔脚本〕冬のライオン

ノミネート:

ヴァーノン・ハリスオリバー!
ロマン・ポランスキーローズマリーの赤ちゃん
スチュワート・スターンレーチェル レーチェル
ニール・サイモンおかしな二人


1969年(第42回)

ウォルド・ソルト真夜中のカーボーイ

ノミネート:

ジェームズ・ポーひとりぼっちの青春
ホルヘ・センプラン
コスタ=ガヴラス
アーノルド・シュルマンさよならコロンバス
ジョン・ヘイル[脚本]1000日のアン

© 1997 JTNEWS