Menu
 > アカデミー賞
 > 脚色賞【1980年代】
アカデミー賞 脚色賞【1980年代】


1980年(第53回)

アルヴィン・サージェント普通の人々

ノミネート:

トーマス・リックマン歌え!ロレッタ 愛のために
リチャード・ラッシュスタントマン(1980)
デヴィッド・リンチエレファント・マン
エリック・バーグレンエレファント・マン
クリストファー・デヴォアエレファント・マン


1981年(第54回)

アーネスト・トンプソン黄昏(1981)

ノミネート:

ジェイ・プレッソン・アレンプリンス・オブ・シティ
シドニー・ルメットプリンス・オブ・シティ
ペニーズ・フロム・ヘブンPennies from Heaven
マイケル・ウェラーラグタイム
ハロルド・ピンターフランス軍中尉の女


1982年(第55回)

コスタ=ガヴラスミッシング(1982)

ノミネート:

ウォルフガング・ペーターゼンU・ボート
ブレイク・エドワーズビクター/ビクトリア
アラン・J・パクラソフィーの選択
デヴィッド・マメット評決


1983年(第56回)

ジェームズ・L・ブルックス愛と追憶の日々

ノミネート:

リタと大学教授Educating Rita
ロナルド・ハーウッドドレッサー


1984年(第57回)

ピーター・シェーファーアマデウス

ノミネート:

ロバート・タウングレイストーク/類人猿の王者ターザンの伝説
チャールズ・フラー〔脚本〕ソルジャー・ストーリー
デヴィッド・リーンインドへの道
ブルース・ロビンソンキリング・フィールド


1985年(第58回)

カート・リュードック愛と哀しみの果て

ノミネート:

レナード・シュレイダー蜘蛛女のキス
ホートン・フートバウンティフルへの旅
メノ・メイエスカラーパープル
リチャード・コンドン〔原作〕女と男の名誉


1986年(第59回)

ルース・プラワー・ジャブヴァーラ眺めのいい部屋

ノミネート:

リチャード・プライスハスラー2
マーク・メドフ愛は静けさの中に
ベス・ヘンリーロンリー・ハート(1986)
ブルース・A・エヴァンススタンド・バイ・ミー
レイノルド・ギデオンスタンド・バイ・ミー


1987年(第60回)

ベルナルド・ベルトルッチラストエンペラー

マーク・ペプローラストエンペラー

ノミネート:

ラッセ・ハルストレムマイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ
ジェームズ・ディアデン危険な情事
ブラッセ・ブレンストレムマイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ
トニー・ヒューストンザ・デッド/「ダブリン市民」より
グスタフ・ハスフォードフルメタル・ジャケット
スタンリー・キューブリックフルメタル・ジャケット


1988年(第61回)

クリストファー・ハンプトン危険な関係(1988)

ノミネート:

ローレンス・カスダン偶然の旅行者
ジャン=クロード・カリエール存在の耐えられない軽さ
フィリップ・カウフマン存在の耐えられない軽さ
アンナ・ハミルトン・フェラン愛は霧のかなたに


1989年(第62回)

アルフレッド・ウーリードライビング Miss デイジー

ノミネート:

オリヴァー・ストーン7月4日に生まれて
ロン・コヴィック7月4日に生まれて
ジム・シェリダンマイ・レフトフット
フィル・アルデン・ロビンソンフィールド・オブ・ドリームス
ポール・マザースキー敵、ある愛の物語
ロジャー・L・サイモン敵、ある愛の物語

© 1997 JTNEWS