Menu
 > アカデミー賞
 > 助演男優賞【1980年代】
アカデミー賞 助演男優賞【1980年代】


1980年(第53回)

ティモシー・ハットン普通の人々

ノミネート:

ジョー・ペシレイジング・ブル
ジャド・ハーシュ普通の人々
マイケル・オキーフパパ
ジェイソン・ロバーズメルビンとハワード


1981年(第54回)

ジョン・ギールグッドミスター・アーサー(1981)

ノミネート:

イアン・ホルム炎のランナー
ジャック・ニコルソンレッズ
ハワード・E・ロリンズ・Jrラグタイム
ジェームズ・ココ泣かないで


1982年(第55回)

ルイス・ゴセット・Jr愛と青春の旅だち

ノミネート:

ロバート・プレストンビクター/ビクトリア
ジョン・リスゴーガープの世界
チャールズ・ダーニングテキサス1の赤いバラ
ジェームズ・メイソン評決


1983年(第56回)

ジャック・ニコルソン愛と追憶の日々

ノミネート:

ジョン・リスゴー愛と追憶の日々
リップ・トーンクロスクリーク
チャールズ・ダーニングメル・ブルックスの大脱走
サム・シェパードライトスタッフ


1984年(第57回)

ハイン・S・ニョールキリング・フィールド

ノミネート:

ラルフ・リチャードソングレイストーク/類人猿の王者ターザンの伝説
ジョン・マルコヴィッチプレイス・イン・ザ・ハート
ラルフ・リチャードソン
ノリユキ・パット・モリタベスト・キッド(1984)
アドルフ・シーザーソルジャー・ストーリー


1985年(第58回)

ドン・アメチーコクーン

ノミネート:

ウィリアム・ヒッキー女と男の名誉
ロバート・ロジア白と黒のナイフ
エリック・ロバーツ暴走機関車
クラウス・マリア・ブランダウアー愛と哀しみの果て


1986年(第59回)

マイケル・ケインハンナとその姉妹

ノミネート:

デンホルム・エリオット眺めのいい部屋
ウィレム・デフォープラトーン
トム・ベレンジャープラトーン
デニス・ホッパー勝利への旅立ち


1987年(第60回)

ショーン・コネリーアンタッチャブル

ノミネート:

ヴィンセント・ガーディニア月の輝く夜に
アルバート・ブルックスブロードキャスト・ニュース
モーガン・フリーマンNYストリート・スマート
デンゼル・ワシントン遠い夜明け


1988年(第61回)

ケヴィン・クラインワンダとダイヤと優しい奴ら

ノミネート:

リバー・フェニックス旅立ちの時
ディーン・ストックウェル愛されちゃって、マフィア
マーティン・ランドータッカー


1989年(第62回)

デンゼル・ワシントングローリー

ノミネート:

マーロン・ブランド白く渇いた季節
ダン・エイクロイドドライビング Miss デイジー
ダニー・アイエロドゥ・ザ・ライト・シング
マーティン・ランドーウディ・アレンの重罪と軽罪

© 1997 JTNEWS