Menu
 > アカデミー賞
 > 監督賞【1950年代】
アカデミー賞 監督賞【1950年代】


1950年(第23回)

ジョセフ・L・マンキウィッツイヴの総て

ノミネート:

ビリー・ワイルダーサンセット大通り
ジョージ・キューカーボーン・イエスタデイ(1950)
キャロル・リード第三の男
ジョン・ヒューストンアスファルト・ジャングル


1951年(第24回)

ジョージ・スティーヴンス(監督)陽のあたる場所

ノミネート:

ジョン・ヒューストンアフリカの女王
エリア・カザン欲望という名の電車(1951)
ヴィンセント・ミネリ巴里のアメリカ人
ウィリアム・ワイラー探偵物語(1951)


1952年(第25回)

ジョン・フォード静かなる男

ノミネート:

フレッド・ジンネマン真昼の決闘
ジョン・ヒューストン赤い風車
セシル・B・デミル地上最大のショウ


1953年(第26回)

フレッド・ジンネマン地上より永遠に(1953)

ノミネート:

チャールズ・ウォルターズリリー
ウィリアム・ワイラーローマの休日
ジョージ・スティーヴンス(監督)シェーン
ビリー・ワイルダー第十七捕虜収容所


1954年(第27回)

エリア・カザン波止場(1954)

ノミネート:

アルフレッド・ヒッチコック裏窓(1954)
ビリー・ワイルダー麗しのサブリナ
ジョージ・シートン喝采(1954)
ウィリアム・A・ウェルマン紅の翼(1954)


1955年(第28回)

デルバート・マンマーティ

ノミネート:

ジョン・スタージェス日本人の勲章
デヴィッド・リーン旅情(1955)
ジョシュア・ローガンピクニック(1955)
エリア・カザンエデンの東(1955)


1956年(第29回)

ジョージ・スティーヴンス(監督)ジャイアンツ

ノミネート:

ウォルター・ラング〔監督〕王様と私(1956)
ウィリアム・ワイラー友情ある説得
キング・ヴィダー戦争と平和(1956)
マイケル・アンダーソン80日間世界一周


1957年(第30回)

デヴィッド・リーン戦場にかける橋

ノミネート:

シドニー・ルメット十二人の怒れる男(1957)
マーク・ロブソン[監督]青春物語
ビリー・ワイルダー情婦
ジョシュア・ローガンサヨナラ


1958年(第31回)

ヴィンセント・ミネリ恋の手ほどき(1958)

ノミネート:

スタンリー・クレイマー手錠のまゝの脱獄
マーク・ロブソン[監督]六番目の幸福
リチャード・ブルックス熱いトタン屋根の猫
ロバート・ワイズ私は死にたくない


1959年(第32回)

ウィリアム・ワイラーベン・ハー(1959)

ノミネート:

フレッド・ジンネマン尼僧物語
ジャック・クレイトン年上の女
ビリー・ワイルダーお熱いのがお好き
ジョージ・スティーヴンス(監督)アンネの日記(1959)

© 1997 JTNEWS