Menu
 > アカデミー賞
 > 脚本賞【1980年代】
アカデミー賞 脚本賞【1980年代】


1980年(第53回)

ボー・ゴールドマンメルビンとハワード

ノミネート:

ジャン・グリュオーアメリカの伯父さん
ハーヴェイ・ミラー〔脚本〕プライベート・ベンジャミン
ナンシー・マイヤーズプライベート・ベンジャミン
W・D・リクターブルベイカー
クリストファー・ゴアフェーム


1981年(第54回)

コリン・ウェランド炎のランナー

ノミネート:

ジョン・グェアアトランティック・シティ
カート・リュードックスクープ・悪意の不在
ウォーレン・ベイティレッズ
スティーヴ・ゴードンミスター・アーサー(1981)


1982年(第55回)

ジョン・ブライリーガンジー

ノミネート:

ダグラス・デイ・スチュワート愛と青春の旅だち
メリッサ・マシスンE.T.
バリー・レヴィンソン〔1942年生〕ダイナー(1982)
ドン・マクガイアトッツィー
ラリー・ゲルバートトッツィー


1983年(第56回)

ホートン・フートテンダー・マーシー

ノミネート:

ノーラ・エフロンシルクウッド
イングマール・ベルイマンファニーとアレクサンデル
ローレンス・カスダン再会の時
ローレンス・ラスカーウォー・ゲーム(1983)
ウォルター・F・パークスウォー・ゲーム(1983)


1984年(第57回)

ロバート・ベントンプレイス・イン・ザ・ハート

ノミネート:

ウディ・アレンブロードウェイのダニー・ロ-ズ
ダニエル・ペトリ・Jrビバリーヒルズ・コップ
ローウェル・ガンツスプラッシュ
グレゴリー・ナヴァエル・ノルテ/約束の地


1985年(第58回)

ウィリアム・ケリー刑事ジョン・ブック/目撃者

ノミネート:

ルイス・プエンソオフィシャル・ストーリー
チャールズ・マッケオン未来世紀ブラジル
ウディ・アレンカイロの紫のバラ
アイーダ・ボルトニクオフィシャル・ストーリー
トム・ストッパード未来世紀ブラジル
テリー・ギリアム未来世紀ブラジル
ロバート・ゼメキスバック・トゥ・ザ・フューチャー
ボブ・ゲイルバック・トゥ・ザ・フューチャー


1986年(第59回)

ウディ・アレンハンナとその姉妹

ノミネート:

ハニフ・クレイシマイ・ビューティフル・ランドレット
ポール・ホーガンクロコダイル・ダンディー
オリヴァー・ストーンプラトーン
オリヴァー・ストーンサルバドル/遥かなる日々


1987年(第60回)

ジョン・パトリック・シャンレー月の輝く夜に

ノミネート:

ルイ・マルさよなら子供たち
ジェームズ・L・ブルックスブロードキャスト・ニュース
ジョン・ブアマン戦場の小さな天使たち
ウディ・アレンラジオ・デイズ


1988年(第61回)

ロナルド・バスレインマン

バリー・モローレインマン

ノミネート:

ロン・シェルトンさよならゲーム
ナオミ・フォナー旅立ちの時
ゲイリー・ロスビッグ
ジョン・クリーズワンダとダイヤと優しい奴ら


1989年(第62回)

トム・シュルマンいまを生きる

ノミネート:

ウディ・アレンウディ・アレンの重罪と軽罪
スティーヴン・ソダーバーグセックスと嘘とビデオテープ
ノーラ・エフロン恋人たちの予感
スパイク・リードゥ・ザ・ライト・シング

© 1997 JTNEWS