Menu
 > アカデミー賞
 > 脚本賞【1990年代】
アカデミー賞 脚本賞【1990年代】


1990年(第63回)

ブルース・ジョエル・ルービンゴースト/ニューヨークの幻

ノミネート:

ピーター・ウィアーグリーン・カード
バリー・レヴィンソン〔1942年生〕わが心のボルチモア
ウディ・アレンアリス(1990)


1991年(第64回)

カーリー・クーリテルマ&ルイーズ

ノミネート:

リチャード・ラグラヴェネーズフィッシャー・キング
メグ・カスダンわが街(1991)
ジョン・シングルトンボーイズ’ン・ザ・フッド
ジェームズ・トバックバグジー
ローレンス・カスダンわが街(1991)


1992年(第65回)

ニール・ジョーダンクライング・ゲーム

ノミネート:

ウディ・アレン夫たち、妻たち
ジョン・セイルズパッション・フィッシュ
ジョージ・ミラー〔1945年生・豪州出身〕ロレンツォのオイル/命の詩
デヴィッド・ウェッブ・ピープルズ許されざる者(1992)


1993年(第66回)

ジェーン・カンピオンピアノ・レッスン

ノミネート:

ゲイリー・ロスデーヴ
ジェフ・マグワイアザ・シークレット・サービス
ロン・ナイスワーナーフィラデルフィア
デヴィッド・S・ウォードめぐり逢えたら
ノーラ・エフロンめぐり逢えたら
ジェフ・アーチめぐり逢えたら


1994年(第67回)

クエンティン・タランティーノパルプ・フィクション

ロジャー・エイヴァリーパルプ・フィクション

ノミネート:

リチャード・カーティスフォー・ウェディング
クシシュトフ・キエシロフスキートリコロール/赤の愛
ピーター・ジャクソン乙女の祈り
ダグラス・マクグラスブロードウェイと銃弾
ウディ・アレンブロードウェイと銃弾
クシシュトフ・ピェシェヴィッチトリコロール/赤の愛


1995年(第68回)

クリストファー・マッカリーユージュアル・サスペクツ

ノミネート:

オリヴァー・ストーンニクソン
スティーヴン・J・リヴェルニクソン
ウディ・アレン誘惑のアフロディーテ
ジョー・ランフトトイ・ストーリー
ピート・ドクタートイ・ストーリー
アンドリュー・スタントントイ・ストーリー
ランドール・ウォレスブレイブハート
アレック・ソコロウトイ・ストーリー
ジョエル・コーヘントイ・ストーリー
ジョス・ウェドントイ・ストーリー
ジョン・ラセタートイ・ストーリー


1996年(第69回)

イーサン・コーエンファーゴ

ジョエル・コーエンファーゴ

ノミネート:

ジャン・サルディシャイン
スコット・ヒックスシャイン
マイク・リー秘密と嘘
ジョン・セイルズ真実の囁き
キャメロン・クロウザ・エージェント


1997年(第70回)

マット・デイモングッド・ウィル・ハンティング/旅立ち

ベン・アフレックグッド・ウィル・ハンティング/旅立ち

ノミネート:

サイモン・ビューフォイフル・モンティ
ジェームズ・L・ブルックス恋愛小説家
ウディ・アレン地球は女で回ってる
ポール・トーマス・アンダーソンブギーナイツ


1998年(第71回)

マーク・ノーマン恋におちたシェイクスピア

トム・ストッパード恋におちたシェイクスピア

ノミネート:

ロベルト・ベニーニライフ・イズ・ビューティフル
ロバート・ロダットプライベート・ライアン
ウォーレン・ベイティブルワース
ヴィンセンツォ・セラミライフ・イズ・ビューティフル
アンドリュー・ニコルトゥルーマン・ショー


1999年(第72回)

アラン・ボールアメリカン・ビューティー

ノミネート:

マイク・リートプシー・ターヴィー
チャーリー・カウフマンマルコヴィッチの穴
M・ナイト・シャマランシックス・センス
ポール・トーマス・アンダーソンマグノリア

© 1997 JTNEWS