Menu
 > ゴールデングローブ賞
 > 助演男優賞【2010年代】
ゴールデングローブ賞 助演男優賞【2010年代】


2010年(第68回)

クリスチャン・ベールザ・ファイター

ノミネート:

ジェレミー・レナーザ・タウン
マイケル・ダグラスウォール・ストリート
ジェフリー・ラッシュ英国王のスピーチ
アンドリュー・ガーフィールドソーシャル・ネットワーク

クリストファー・プラマー人生はビギナーズ


2011年(第69回)

ノミネート:

ヴィゴ・モーテンセン危険なメソッド
ジョナ・ヒルマネーボール
ケネス・ブラナーマリリン 7日間の恋
アルバート・ブルックスドライヴ(2011)


2012年(第70回)

クリストフ・ヴァルツジャンゴ 繋がれざる者

ノミネート:

レオナルド・ディカプリオジャンゴ 繋がれざる者
フィリップ・シーモア・ホフマンザ・マスター
アラン・アーキンアルゴ
トミー・リー・ジョーンズリンカーン


2013年(第71回)

ジャレッド・レトダラス・バイヤーズクラブ

ノミネート:

マイケル・ファスベンダーそれでも夜は明ける
ブラッドリー・クーパーアメリカン・ハッスル
ダニエル・ブリュールラッシュ/プライドと友情
バーカッド・アブディキャプテン・フィリップス


2014年(第72回)

J・K・シモンズセッション

ノミネート:

ロバート・デュヴァルジャッジ 裁かれる判事
イーサン・ホーク6才のボクが、大人になるまで。
エドワード・ノートンバードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)


2015年(第73回)

シルヴェスター・スタローンクリード チャンプを継ぐ男

ノミネート:

ポール・ダノラブ&マーシー 終わらないメロディー
マーク・ライランスブリッジ・オブ・スパイ
マイケル・シャノン〔1974年生〕ドリーム ホーム 99%を操る男たち


2016年(第74回)

アーロン・テイラー=ジョンソンノクターナル・アニマルズ

ノミネート:

デヴ・パテルLION/ライオン 〜25年目のただいま〜
イドリス・エルバビースト・オブ・ノー・ネーション
サイモン・ヘルバーグマダム・フローレンス! 夢見るふたり
マハーシャラ・アリムーンライト
ジェフ・ブリッジス最後の追跡


2017年(第75回)

サム・ロックウェルスリー・ビルボード

ノミネート:

リチャード・ジェンキンス〔男優・1947年生〕シェイプ・オブ・ウォーター
クリストファー・プラマーゲティ家の身代金
ウィレム・デフォーフロリダ・プロジェクト 真夏の魔法
アーミー・ハマー君の名前で僕を呼んで


2018年(第76回)

ノミネート:

リチャード・E・グラントある女流作家の罪と罰
マハーシャラ・アリグリーンブック
ティモシー・シャラメビューティフル・ボーイ(2018)
アダム・ドライバーブラック・クランズマン
サム・ロックウェルバイス


2019年(第77回)

ブラッド・ピットワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

ノミネート:

アンソニー・ホプキンス2人のローマ教皇


2014年(第87回)

ノミネート:

マーク・ラファロフォックスキャッチャー

© 1997 JTNEWS