Menu
 >
 > 主演女優賞(ドラマ部門)【1950年代】
ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)【1950年代】


1950年(第8回)

グロリア・スワンソンサンセット大通り

ノミネート:

ベティ・デイヴィスイヴの総て
ジュディ・ホリデイボーン・イエスタデイ(1950)


1951年(第9回)

ノミネート:

シェリー・ウィンタース陽のあたる場所
ヴィヴィアン・リー欲望という名の電車(1951)


1952年(第10回)

シャーリー・ブース愛しのシバよ帰れ

ノミネート:

ジョーン・クロフォード突然の恐怖


1953年(第11回)

オードリー・ヘプバーンローマの休日


1954年(第12回)

グレース・ケリー喝采(1954)


1955年(第13回)

アンナ・マニャーニバラの刺青


1956年(第14回)

イングリッド・バーグマン追想(1956)

ノミネート:

ヘレン・ヘイズ〔1900年生〕追想(1956)
オードリー・ヘプバーン戦争と平和(1956)
キャサリン・ヘプバーン雨を降らす男
キャロル・ベイカーベビイドール


1957年(第15回)

ジョアン・ウッドワードイブの三つの顔

ノミネート:

デボラ・カー白い砂
マレーネ・ディートリッヒ情婦


1958年(第16回)

スーザン・ヘイワード私は死にたくない

ノミネート:

デボラ・カー旅路(1958)
イングリッド・バーグマン六番目の幸福
シャーリー・マクレーン走り来る人々


1959年(第17回)

エリザベス・テイラー〔女優・1932年生〕去年の夏 突然に

ノミネート:

キャサリン・ヘプバーン去年の夏 突然に
リー・レミック或る殺人
オードリー・ヘプバーン尼僧物語

旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS