Menu
 >
 > 助演女優賞【1950年代】
ゴールデングローブ賞 助演女優賞【1950年代】


1950年(第8回)

ジョセフィン・ハルハーヴェイ

ノミネート:

セルマ・リッターイヴの総て


1951年(第9回)

キム・ハンター欲望という名の電車(1951)

ノミネート:

リー・グラント探偵物語(1951)


1952年(第10回)

ケティ・フラド真昼の決闘

ノミネート:

ミルドレッド・ダンノック革命児サパタ
グロリア・グレアム悪人と美女


1953年(第11回)

グレース・ケリーモガンボ


1954年(第12回)

ジャン・スターリング紅の翼(1954)


1955年(第13回)

マリサ・パヴァンバラの刺青


1956年(第14回)

アイリーン・ヘッカート悪い種子

ノミネート:

ミルドレッド・ダンノックベビイドール
マージョリー・メイン友情ある説得
パティ・マコーマック悪い種子
ドロシー・マローン風と共に散る


1957年(第15回)

エルザ・ランチェスター情婦

ノミネート:

ホープ・ラング青春物語
ナンシー梅木サヨナラ
ミルドレッド・ダンノック青春物語


1958年(第16回)

ハーミオン・ジンゴールド恋の手ほどき(1958)

ノミネート:

ペギー・キャスメイム叔母さん
カーラ・ウィリアムズ手錠のまゝの脱獄
ウェンディ・ヒラー旅路(1958)


1959年(第17回)

スーザン・コーナー悲しみは空の彼方に

ノミネート:

ファニタ・ムーア悲しみは空の彼方に
イーディス・エヴァンス尼僧物語
シェリー・ウィンタースアンネの日記(1959)

旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS