Menu
 >
 >
 > インデペンデンス・デイ: リサージェンス

インデペンデンス・デイ: リサージェンス

Independence Day: Resurgence
2016年【米】 上映時間:129分
平均点: / 10(Review 41人) (点数分布表示)
アクションSFシリーズものパニックもの3D映画
[インデペンデンスデイリサージェンス]
新規登録(2016-05-09)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2017-05-15)【S&S】さん
公開開始日(2016-07-09
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ローランド・エメリッヒ
キャストリアム・ヘムズワース(男優)ジェイク・モリソン
ジェフ・ゴールドブラム(男優)デイビッド・レヴィンソン
ビル・プルマン(男優)トーマス・ホイットモア
マイカ・モンロー(女優)パトリシア・ホイットモア
ウィリアム・フィクトナー(男優)アダムズ将軍
シャルロット・ゲンズブール(女優)キャサリン・マルソー
ジャド・ハーシュ(男優)ジュリアス・レヴィンソン
ブレント・スピナー(男優)ブラキッシュ・オーキン博士
チン・ハン〔1969年生〕(男優)ジャン司令官
アンジェラベイビー(女優)レイン・ラオ
ヴィヴィカ・A・フォックス(女優)ジャスミン・ヒラ—
セーラ・ウォード(女優)ランフォード大統領
ロバート・ロジア(男優)グレイ将軍
藤原竜也ジェイク・モリソン(日本語吹き替え版)
大塚芳忠デイビッド・レヴィンソン(日本語吹き替え版)
安原義人トーマス・ホイットモア(日本語吹き替え版)
清川元夢ジュリアス・レヴィンソン(日本語吹き替え版)
渡辺美佐〔声優〕ジャスミン・ヒラ—(日本語吹き替え版)
掛川裕彦ブラキッシュ・オーキン博士(日本語吹き替え版)
山口由里子ランフォード大統領(日本語吹き替え版)
林原めぐみキャサリン・マルソー(日本語吹き替え版)
坂本真綾パトリシア・ホイットモア(日本語吹き替え版)
潘めぐみサム(日本語吹き替え版)
立木文彦アダムズ将軍(日本語吹き替え版)
石田彰チャーリー・ミラー(日本語吹き替え版)
乃村健次ディケンベ・ウンブトゥ(日本語吹き替え版)
星野充昭アイザックス(日本語吹き替え版)
御沓優子球体(日本語吹き替え版)
出演ウィル・スミススティーヴン・ヒラー大尉(写真)
原作ディーン・デヴリン
ローランド・エメリッヒ
脚本ディーン・デヴリン
ローランド・エメリッヒ
ジェームズ・ヴァンダービルト
音楽ハラルド・クローサー
製作ディーン・デヴリン
ローランド・エメリッヒ
製作総指揮ラリー・J・フランコ
ウテ・エメリッヒ
制作ACクリエイト(日本語版制作)
配給20世紀フォックス
衣装リジー・クリストル
録音ゲイリー・A・ヘッカー
マイケル・ミンクラー
ポール・N・J・オットソン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順】
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
41.10分ごとに「ゴゴゴゴゴゴゴ・・・」と鳴り響くので音の良い映画館で観ることをおすすめします。
ご都合主義おバカ映画ですがゴゴゴゴ堪能するアトラクションと考えれば、とても楽しい2時間でした。
デカイ物体がここまでゴゴゴゴ迫ってくる映画は年にそう何本も無いので、ゴジラやXメンまで待てないと言う方にぜひ。
4吉さん [映画館(字幕)] 7点(2016-07-24 20:51:05)(笑:2票)
40.大味である。真っ当なオトナが観る映画としては、馬鹿馬鹿しくて、粗いことは間違いない。
だがしかし、「そんなことどうでもいい!」と思えるくらいに、鑑賞中の多幸感が勝った。
それが、「ID4」の20年来の大ファンにとっての正直な気持ちである。
“あの独立記念日”を祝い、20年の歳月を経て、再び人類が滅ぶか否かの“独立記念日”を迎えた登場人物たちの「人生」そのものを思い、涙が出た。
誰がなんと言おうと、20年前の愛すべきSF超大作の、“愛すべき続編”だとまず断言したい。

何と言っても、20年前の独立記念日に世界を救った者たちの傍らに寄り添っていた子どもたちが、成長し、父親の後を継ぐかのうように世界を救うという、良い意味で恥も外聞もないベタな設定が「ID4」の大ファンとしてはたまらないのだ。
そう「ID4」という娯楽大作の最大の醍醐味は、そのベタさであり、王道っぷりであり、世界中の映画ファンが一度は憧れた「アメリカ万歳!」という精神なのだと思う。

前作が公開された1996年当時にして、「この映画は20世紀最後の幸福なアメリカ万歳映画」と評されていた。
それから20年、自身が巻き起こした世界の混迷とともに、かの超大国の世界的な権威は下降の一途を辿っている。
昨今の世界情勢を“普通”に捉えられている者ならば、冗談でも「アメリカ万歳!」などとは言えないのが実情である。
ただし、それは=それを決して言いたくないということではない。
世界中の多くの人たち、特にかつてアメリカという大国に対して何かしらの“憧れ”を抱いた人たちは、アメリカが再び真の意味で世界的な権威を取り戻すことを心の底では願っているのではないか。

ローランド・エメリッヒというドイツ人監督が生み出す超大作は、冒頭に記した通り、いつも大味で馬鹿馬鹿しいけれども、そういった拭い去れない“かつての憧れ”に対する思いが溢れている。
だから僕は、同じ思いを持つ者の一人として、この監督の作品を決して嫌いになれないのだとも思う。

1996年公開の前作も、大ヒット作品ではあるが、世間的には決して手放しで褒め称えられた作品ではなかった。
ただし、好きになった者の愛着の強さは、他のSF超大作に比べても類を見ないものだったと思う。
それはどうやら出演者たちにとっても同様だったようで、多くの主要キャストの続投に表れている。
“20年ぶりの続編”において、登場人物たちの再登場こそが、最大の娯楽性であることは間違いない。

ジェフ・ゴールドブラム、ビル・プルマンら主演キャストは勿論、ジャド・ハーシュやヴィヴィカ・A・フォックスら脇役陣もしっかり登場し、それぞれが、泣きどころ、笑いどころの見せ場を与えられていることが嬉しかった。
ウィル・スミスのキャスティングが叶わなかったことは残念だが、もはや大ハリウッドスターの彼が出演してしまうと、群像劇のバランスが崩れ、作品のテイスト自体に影響が出てしまっただろう。
彼が演じたヒラー大尉の成長した息子を主役級に配したことで、映画世界の中で世代が受け継がれていく様が鮮明になったとも思う。

受け継がれるといえば、ビル・プルマン演じるホイットモア元大統領の愛娘の凛々しく成長した姿も忘れてはならない。
前作での最大の落涙ポイントは、大統領夫人の死去シーンである。愛する妻を亡くし、悲しみの淵に沈みつつ、「ママは眠った」と幼い娘を抱き寄せるホイットモア大統領の姿は涙なしでは見られない。
そして、当時は母親の死を理解しきれない幼子だった娘が、今作において父の跡を継ぐようにパイロットとしてエイリアンに向かっていく様は、なんとも感慨深い。

一方でもっと登場させてほしかったキャラクターもいる。
前作において主役級の3人以上の“ヒーロー”であったケイス飛行士の子どもたちは、是非とも登場させて欲しかった。
またロバート・ロッジアが演じたグレイ将軍の登場シーンは嬉しかったが、それならばジェームズ・レブホーンが演じた途中解任された国防長官も1カットでもいいので登場させてあげてほしかったと思う。
そして、ヒロインの一人だったデヴィッドの奥さんは何処に行ってしまったのか……。

とかなんとかと、マニアックな“ほじくり”が尽きないのは、やはり僕自身がこの続編を充分に“堪能”したことの表れだと思う。
どうやら、今作の成功いかんで「3」の製作が決まるらしい。
今作のラストで触れられているように、今度は逃げるエイリアンの尻を追って更に馬鹿げた大風呂敷が広がっていくことは明らかなようだ。

仕方がない。大いに期待しよう。
鉄腕麗人さん [映画館(字幕)] 7点(2016-07-18 19:19:48)(良:2票)
39.《ネタバレ》 壮大な予告編を見せられました。ご都合主義が凄すぎてハラハラもせず。次回はガンダムが出てくると予想。
osamuraiさん [ブルーレイ(字幕)] 2点(2016-11-22 01:21:35)(笑:1票)
38.《ネタバレ》 楽しみしていたのに、途中眠りそうになりました。アイデアがない。中国を意識しすぎ。あっけない。例えば、味方の白い球体から、ザ‐ピーナッツのような妖精がでてきてモスラみたいな怪獣を呼び出し、戦う。相手の女王蜂(間違えた?!)は、口からレーザー光線を出し、見ていられないとゴジラが出現。怪獣大戦争だ。あれ、映画が違うような気がする。
matanさん [映画館(字幕)] 3点(2016-07-16 19:26:06)(笑:1票)
37.《ネタバレ》 IMAX3Dにて鑑賞。
一足先に公開されたアメリカでは評価、売上ともに振るわなかったため、さほど期待せずに見たのですが、それでも落胆させられるほど酷い出来でした。ウィル・スミスは「5,000万ドルくれれば出るよ」なんて言って、まぁFOXが飲みようのない条件を出して本作への出演を辞退したわけですが、これは断られて当然の内容だったと思います。
舞台は前作から20年後。すなわち、映画の世界でも現実世界と同じ時間が経過しており、「もし1996年に宇宙人に襲われていたら、2016年はどのような世界になっていたか」というパラレルワールド的な楽しみのある設定なのですが、エメリッヒはそうした遊びを追求していません。前作で倒した宇宙人のテクノロジーを拝借して大気圏を飛び出す技術が進んだことと、武器が火薬からビームに変わったこと以外には特段の変化がないのです。あれだけショッキングな事件を経験したにも関わらず人々の意識はさほど変化していないし、がれきの山からの復興に人類は大変な苦労をしたはずなのに、そうした歴史をまるで感じさせられません。これではSF映画として失格でしょう。だいたい、大都市を狙い撃ちされて多くの人命を失ったにも関わらず、依然として大都市密集型の文明を継続しているとか、もうバカかと。
二度目の侵略が始まるかもしれないという前兆が見られ始めても人類のリアクションは少なく、パニック映画としても失格です。月に球体UFOが現れてもさほど驚くことなく、「撃ち落としたからよかったよかった。それよりも式典が大事」という素っ頓狂な反応を見せます。1996年に滅ぼされかけた経験は全人類にとってのトラウマになっているはずであり、20年ぶりのUFO再来は、人類は依然として宇宙戦争という宿命から逃れられていないことを想起させる重大事件だったはず。にも関わらず、それがアッサリと流されたことには大変な違和感を覚えました。
襲来してくるUFOは前作以上に巨大化しており、今回は大陸サイズのマザーシップが北半球をスッポリと覆ってしまいます。大きいことは良いことだというエメリッヒイズムもここに極まれりという感じですが、さすがにこれはやりすぎデカすぎ。そもそも資源の採取がこのエイリアン達の目的だったのに、これだけデカイUFOを作れるなら資源に全然困ってないだろと、根本的な部分でツッコミを入れたくなってしまいます。
第一波の攻撃を受けた後、敵の戦力をまともに分析せずすぐに大規模な反撃を仕掛けて貴重な残存兵力の大半を失うという、1996年と同じ失敗を今回も繰り返すアメリカ政府の大バカぶりには参ってしまいました。ま、エイリアン側も良い勝負のバカさ加減で、戦略的にまったく無価値なスクールバスを全力で追いかけるクィーンエイリアンの間抜けっぷりには呆れてしまいました。マザーシップを潰されるとシステム全体が停止するというバカ丸出しなエイリアンのシステムは今回も健在であり、だったらクィーンは絶対安全な場所に温存しておき、前線に行かせるのは兵隊アリだけにしておけよとか、アタッカーにコクピットがついている以上はパイロットが操縦しているはずなのに、クィーンを倒された瞬間にノーマットを焚かれた蚊の如くボトボトと墜落するのはおかしいだろとか、ツッコミどころ満載で見せ場にまるで集中できませんでした。
登場人物は増えているのですが、新規に追加されたキャラクターはことごとく魅力を欠いており、存在意義が不明なキャラクターまでいる始末。特に問題に感じたのは、クレジット上はトップに来るリアム・ヘムズワース演じるジェイクで、無鉄砲なエースパイロットという立ち位置は前作のヒラー大尉のポジションを引き継ぐものですが、本作にはもう一人の主人公としてヒラーの息子・ディランが登場する以上、ディランこそがその役割を担うべきでした。にも関わらずエースパイロットとしてジェイクが登場したことから、ディランとジェイクがお互いのポジションを食い合うという事態が生じているのです。立場の重複は他にも見られ、ホイットモア元大統領とオークン博士がエイリアンとの交信者役を同時にやっていたり、レヴィンソン博士とマルソー博士が共にエイリアンの計画を解き明かすブレーンのポジションにいたりと、無駄なキャラクターがやたらと目につきます。
本作を見ると、過不足なく揃えられたキャラクター達を通して地球侵略という大きな題材を破綻なくまとめてみせた前作が、いかによく出来た映画であったかがよく解ります。本作はさらなる続編を匂わせて終わりますが、さすがにもういいです。また、不自然な形で中国人キャストをねじ込んできたり、何の前触れもなく突然舞台が中国に移ったりといった、最近のハリウッド大作で頻繁に見られる中国ヨイショもいい加減にして欲しいと感じました。
ザ・チャンバラさん [映画館(字幕)] 2点(2016-07-09 01:07:40)(良:1票)
36.《ネタバレ》 『ID4』製作20年目にしてまさかの“Resurgence”(再開)、でもキャストの面々を観る限りでは“Reunion”(同窓会)とした方がしっくり来ます(笑)。ギャラで揉めて出演を蹴ったウィル・スミス以外は、ほとんどの主要キャラが20年の歳月を感じさせるディティールを盛り込んで登場します。確か前作ではダンサーかなんかだったウィル・スミスの奥さんは、女優もヴィヴィカ・A・フォックスに変わったけどなぜか女医になっていて驚きの出世です。大統領の娘やヒラー大尉の息子も立派に育ってるし、ジェフ・ゴールドブラムは知らんうちに国連か何かの部長さんに成り上がってるし、それぞれまあ順調な20年だったみたいですね。そして誰もが驚愕するのが、エリア51でエイリアンに人間スピーカーにされたオーキン博士が生きていたというか、死んでなかったということであります。これには演じているブレント・スピナー自身がオファーされていちばん驚いたそうです。20年の昏睡から目覚めたあとはもう大活躍で、スフィアからは人類が未知の知識を授けられるし、もうこの映画の陰の主役は彼だったというしかありません。 という感じのおバカ映画ではありますが、お話の展開は前作とまるっきり一緒だと言い切って構わないでしょう。全世界がエイリアンの攻撃を受けているはずなのに、映像で見せるのはアメリカ以外は中国の上海か香港あたりだけ、月面基地の司令官や準ヒロインの女性パイロットが中国人、これまた最近日増しに露骨になってきたハリウッドの“中国ヨイショ”にはもううんざりです。女王エイリアンがもろ『エイリアン』のクイーン・エイリアンそっくりなのはもう笑うしかないですけど、これがローランド・エメリッヒの限界なんでしょうがないでしょう。 ラストのオーキン博士のセリフで判るように第三作を撮る気は満々みたいですけど、期待は全然していません(笑)。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2017-05-15 23:29:19)
35.《ネタバレ》 それなりに面白かったが技術が発達しすぎたせいか前回ほどの絶望感はなかった。
ぷるとっぷさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-05-05 15:38:26)
34.《ネタバレ》 ついに人類滅亡の危機も笑い飛ばせ!な時代になりましたか!
迫力満点、ノリ重視。
いいんじゃないですか、こんな感じで。
それにしても地球のコアを抜きにきたエイリアンを見て、
尻こだまを抜くカッパを思い出したのは私だけでしょうか(笑)
ろにまささん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-04-22 22:03:08)
33.《ネタバレ》 まあそんなに面白くもつまらなくもない普通の映画って感じですかね。途中のエイリアンの母船が地球を攻撃する場面の絵力はすごくてそこだけワクワクしましたがそれだけかな。軽いノリで生き残っちゃう人たちのせいで悲惨さがあまり感じられなかった。
映画大好きっ子さん [CS・衛星(吹替)] 5点(2017-04-11 22:55:54)
32.前作を好きでないので観るつもりはなかったけれど、知り合いの人がDVDを貸してくれたので観てみました。予想通り、全然ダメでした。いくらSF好きな私でも我慢できないくらいのリアリティの無さとあまりに都合のいいストーリーに、映画の中に入れませんでした。観る価値はないと思います。
ぽじっこさん [DVD(吹替)] 3点(2017-03-25 14:29:49)
31. 最初見たとき、波田陽区出世したなぁと思いました(嘘)。最初、30分くらいみたところで、
最低点つけようかと感じたのですが、なかなか最後まで飽きずに見れました。CGは、あまりに
リアル感が無さすぎ。そもそもCGって、いかにリアルに見せるか、だったと思うのですが、こ
こまでくると、アニメと変わらない。カタストロフィシーンもなんかあっさり。あっそれとも、
監督、今回は、CGではなく、人間ドラマに重きをおいて撮ろうとしたのか・・・・・・・ムリ
代書屋さん [DVD(字幕)] 5点(2017-02-28 22:59:46)
30.《ネタバレ》 CG映像だけは前作に勝ってると思います。全てのキャラクターが薄っぺらい。特に、簡単に攻撃命令を出して式典を優先させる女大統領。それから、会話の合間にジョークを入れる人がやたら多い。エイリアンが女王蜂中心の社会ってのも有りがちだけど、しかも最後は大怪獣との大決戦になっちゃうとは。アメリカ映画そのものが進歩してないのかもね。
♯34さん [DVD(字幕)] 3点(2017-01-19 01:20:15)
29.前作は楽しめたのに…続編は全く面白くない。新鮮な戦闘シーンや物語は一切なく、予定調和な映画。(前作を踏襲しているのか、見たようなシーンの連続でどうやって楽しめと??)とにかく薄い物語。CGも雑な仕事で、CGみたいならマイケル・ベイの方がオススメ。エメリッヒ映画の終焉を感じる作品でした。
はりねずみさん [ブルーレイ(字幕)] 3点(2017-01-08 17:23:37)
28.戦闘機で「ヒャッハー」してるシーンはどんな映画でも好き。ドッグファイトは燃える。頭空っぽムービー嫌いじゃないです。はい。
真尋さん [DVD(吹替)] 7点(2017-01-07 22:59:47)
27.そうか、前作から20年も経ったのか。20年経った事にも驚くが、本作の薄ぺっらさにも驚く。どこかで見たようなシーンが続いており、少なくとも目新しさや前作であったような熱さはないなぁ。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 4点(2017-01-07 18:44:57)
26.《ネタバレ》 何だろうこのつまらなさは、、、、。20年前の、あの作品で描かれていた熱いヴィジュアルはどこに行ったのだろうという印象です。
作品の世界に規模やリアリティを感じない。なぜだろうと考えたけど、この映画の世界はあのインデペンデンスデイの世界から20年後で、
宇宙人がもたらしたテクロジーが活用されている、いわばこの現実世界とは別のパラレルな世界なんですよね。だからなんだろうなと。
なんか感情移入がしづらい。
それから、人間ドラマがあっさりしすぎる。ここまで薄い内容だと、心揺さぶるものが何もない。
全体のテンポもずっと一定だというのも気になる。もっと緩急をつけて、ドラマ部分はしっかり描くべきなのに。
元大統領役の人が20年経っても格好良いおっちゃんだったのは唯一の救い。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2017-01-06 21:48:41)
25.《ネタバレ》 ノリが軽い。もっと物語に深さを出せたと感じてしまう。素人からこう思われちゃね・・・これだけ壮大でお金もかかってるだろうからここまでいくとジョークかな?そう捉えると納得です。
レスポーラーさん [DVD(字幕)] 4点(2016-12-30 22:13:30)
24.《ネタバレ》 彼の国の、つまり日曜7時半ぐらいからの特撮番組を観ているようなちびっ子がそのお父さんと見に行くための映画とみた。学校バスを追いかける展開もむべなるかな。だから、ニッポンの大人がどうこう言うもんではないような気がしますが、やっぱこんなもんで。CGの出来のいいのが、筋の荒さを際立たせるんですよね。科学技術が進んでいるのに、モノゴトの判断や進め方が幼稚すぎる世界なんだ。
なたねさん [DVD(字幕)] 2点(2016-12-10 21:44:10)
23.前作で楽しめなかった人は見ちゃだめな映画。私は前作で結構楽しめたので、今回も十分楽しめました。突っ込みどころはたくさんあるが、SFアクションにリアル感を求めただめ。特にエメリッヒの映画にそれを求めちゃだめでしょ。
木村一号さん [DVD(字幕)] 7点(2016-12-10 21:20:02)
22.エメリッヒ監督は、ど迫力の映像だけが見もの。 以上
festivaljapanさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2016-11-23 15:28:40)
別のページへ
新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順】
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 41人
平均点数 5.05点
000.00%
100.00%
2614.63%
3614.63%
437.32%
5717.07%
6717.07%
71024.39%
812.44%
900.00%
1012.44%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review2人
2 ストーリー評価 5.00点 Review5人
3 鑑賞後の後味 7.66点 Review3人
4 音楽評価 7.50点 Review2人
5 感泣評価 5.66点 Review3人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS