80日間世界一周のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > 80日間世界一周
 > (レビュー・クチコミ)

80日間世界一周

[ハチジュウニチカンセカイイッシュウ]
Around the World in Eighty Days
(Around the World in 80 Days)
1956年【米】 上映時間:169分
平均点:6.61 / 10(Review 36人) (点数分布表示)
公開開始日(1957-07-20)
コメディアドベンチャーファンタジーロマンス小説の映画化ロードムービー
新規登録(2003-05-25)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-04-20)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マイケル・アンダーソン
助監督ケヴィン・マクローリー(第2班監督)
キャストデヴィッド・ニーヴン(男優)フィリアス・フォグ
カンティンフラス(男優)パスパルトゥー
シャーリー・マクレーン(女優)アウーダ姫
ロバート・ニュートン(男優)フィックス刑事
シャルル・ボワイエ(男優)旅行代理店「トーマス・クック」社社員 ムッシュ・ガッセ
ジョー・E・ブラウン(男優)カーニー駅駅長
マルティーヌ・キャロル(女優)パスパルトゥをひっぱたく旅行者
ジョン・キャラダイン(男優)スタンプ・プロクター大佐
チャールズ・コバーン(男優)蒸気船会社の事務員
ロナルド・コールマン(男優)インド半島鉄道職員
メルヴィル・クーパー(男優)インドから香港へ向う船の客室係 タリー
ノエル・カワード(男優)職業紹介所職員 ヘスケス・バゴット
アンディ・デヴァイン(男優)蒸気船“ヘンリエッタ号”の一等航海士
マレーネ・ディートリッヒ(女優)酒場の女主人
ジョン・ギールグッド(男優)フォグに解雇される召使 フォスター
セドリック・ハードウィック(男優)“モンゴリアン号”の乗客 フランシス・クロマティ卿
トレヴァー・ハワード(男優)社会改良クラブの会員 デニス・ファレンティン
バスター・キートン(男優)軌道鉄道の車掌
ピーター・ローレ(男優)香港から日本行きの船の乗客係
ヴィクター・マクラグレン(男優)蒸気船“ヘンリエッタ号”の舵手
ジョン・ミルズ(男優)しゃっくりが止まらない、ロンドンの馬車の御者
ロバート・モーレイ(男優)銀行家 ゴティエ・ラルフ
ジャック・オーキー(男優)蒸気船“ヘンリエッタ号”の船長
ジョージ・ラフト(男優)酒場の用心棒
ギルバート・ローランド(男優)アクメッド・アブドゥーラ
シーザー・ロメロ(男優)アクメッド・アブドゥーラの手下
フランク・シナトラ(男優)酒場のピアノ弾き
レッド・スケルトン(男優)酒場の酔っ払い
ベイジル・シドニー(男優)社会改良クラブの会員
ハーコート・ウィリアムス(男優)社会改良クラブの会員のサービス係 ヒンショー
フェルナンデル(男優)パリの馬車の御者
イヴリン・キース(女優)パスパルトゥーに色目を使う、パリの通行人
グリニス・ジョンズ(女優)ビールを飲む、娼婦の連れの女性
ハーミオン・ジンゴールド(女優)娼婦
ジェス・フランコ(男優)エキストラ(ノンクレジット)
バーニー・ゴジアー(男優)エキストラ(ノンクレジット)
ゴードン・ミッチェル〔男優〕(男優)エキストラ(ノンクレジット)
レジナルド・デニー(男優)ボンベイの警察署長
原作ジュール・ヴェルヌ「八十日間世界一周」
脚本ジェームズ・ポー
ジョン・ファロー〔監督・1904年生〕
音楽ヴィクター・ヤング
編曲レオ・シューケン
撮影ライオネル・リンドン
製作ケヴィン・マクローリー(製作補)
ウィリアム・キャメロン・メンジース(製作補)
配給松竹
ユナイテッド・アーチスツ
特撮フレッド・サーセン(視覚効果スーパーパイザー)(ノンクレジット)
美術ソウル・バス(タイトル・デザイン)
ケン・アダム(プロダクション・デザイン)(ノンクレジット)
編集ポール・ウェザーワックス(ノンクレジット)
録音フレッド・ヘインズ
マレー・スピヴァック
スタントバディ・ヴァン・ホーン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(10点検索)】[全部]

別のページへ(10点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.原作がよいのか脚本がよいのか本当に楽しめた。 冒険なのに旅行、旅行なのに冒険と、異なる二つの融和が実に面白い。 時間的制約の中、波乱万丈の冒険は莫大な散財と栄光の終演で感動すらあり、本当に良かった。
Jane.Yさん [DVD(字幕)] 10点(2007-07-15 02:01:43)
別のページへ(10点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 36人
平均点数 6.61点
000.00%
100.00%
200.00%
312.78%
4411.11%
5411.11%
6513.89%
71027.78%
81027.78%
912.78%
1012.78%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 7.33点 Review3人
4 音楽評価 8.50点 Review2人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

1956年 29回
作品賞 受賞 
監督賞マイケル・アンダーソン候補(ノミネート) 
撮影賞ライオネル・リンドン受賞 
作曲賞(ドラマ)ヴィクター・ヤング受賞(劇・喜劇映画音楽賞 として)
美術賞ケン・アダム候補(ノミネート) 
衣装デザイン賞 候補(ノミネート) 
脚色賞ジェームズ・ポー受賞 
脚色賞ジョン・ファロー〔監督・1904年生〕受賞 
編集賞ポール・ウェザーワックス受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1956年 14回
作品賞(ドラマ部門) 受賞 
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)カンティンフラス受賞 
監督賞マイケル・アンダーソン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS