ウォッチメンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > ウォッチメン
 > (レビュー・クチコミ)

ウォッチメン

[ウォッチメン]
Watchmen
2009年【米・英・カナダ】 上映時間:163分
平均点:6.09 / 10(Review 88人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-03-28)
アクションサスペンス犯罪ものミステリー漫画の映画化
新規登録(2009-02-23)【Sgt.Angel】さん
タイトル情報更新(2012-08-12)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ザック・スナイダー
キャストマリン・アッカーマン(女優)シルク・スペクター二世/ローリー・ジュピター
ビリー・クラダップ(男優)ドクター・マンハッタン/ジョン・オスターマン
マシュー・グード(男優)オジマンディアス/エイドリアン・ヴェイト
カーラ・グギノ(女優)シルク・スペクター/サリー・ジュピター
ジャッキー・アール・ヘイリー(男優)ロールシャッハ/ウォルター・コバックス
ジェフリー・ディーン・モーガン(男優)コメディアン/エドワード・ブレイク
パトリック・ウィルソン〔男優・1973年生〕(男優)ナイトオウル二世/ダン・ドライバーグ
マット・フルーワー(男優)モーロック/エドガー・ジェイコブ
ローラ・マンセル(女優)ジェイニー・スレイター
スティーヴン・マクハティ(男優)初代ナイトオウル/ホリス・メイソン
ジェリー・ワッサーマン(男優)刑事 ファイン
ドン・トンプソン〔男優〕(男優)刑事
クリス・ゴーシャー(男優)シーモア
原作アラン・ムーア「ウォッチメン」(ノンクレジット)
音楽タイラー・ベイツ
挿入曲ナット・キング・コール"Unforgettable"
ボブ・ディラン"The Times They Are A-Changin'"
サイモン&ガーファンクル"The Sound of Silence"
撮影ラリー・フォン
製作ローレンス・ゴードン
パラマウント・ピクチャーズ
ワーナー・ブラザース
DCコミックス
ロイド・レヴィン
デボラ・スナイダー
製作総指揮ハーブ・ゲインズ
トーマス・タル
配給パラマウント・ジャパン
特殊メイクグレッグ・キャノン
ジェフ・レッドナップ
特撮ムービング・ピクチャー・カンパニー(視覚効果)
ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス(視覚効果)
美術アレックス・マクドウェル(プロダクション・デザイン)
ガーソン・ユー(タイトル・デザイン)
衣装マイケル・ウィルキンソン
編集ウィリアム・ホイ
字幕翻訳松崎広幸
スタントエド・アンダース
あらすじ
かつて世界で起きた数々の事件の陰で、監視者たちがいた。彼らは人々を守ってきたヒーローであり、ウォッチメンと呼ばれていた。 しかし、人々はそんなヒーローたちに恐怖し、政府のキーン条例で彼らの行動は違法となりヒーローたちは解散した… そして数年後、一人の男が暗殺されたことからすべては始まった。殺されたのはかつてのウォッチメンだった… その事件を不審に思い、真相をかぎ回りはじめたロールシャッハ。彼が事件を追いかけていく先々で、かつてのヒーローが次々と殺されていく…
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
88.《ネタバレ》 冒頭の謎の提起部分だけ。全員のコスチュームを良くないし、終わった時の感想は、Drマンハッタンのみ。凡作。
にけさん [映画館(字幕)] 4点(2019-01-25 22:12:54)
87.Dr.マンハッタンはなんで全裸なのか。しかも歩くたびにあそこがプラプラ。でも葬式の時はちゃんと喪服を着るのか。
たろささん [インターネット(字幕)] 8点(2017-12-30 12:11:31)
86.なぜ舞台が冷戦時代なのかと疑問に思っていたら、あのオチにつなげるためだったんですね。納得しました。ラスト30分の急展開は必見ですが、そこに至るまでが長い。特にドクター・マンハッタンがいなくなってからの中だるみがひどい。ヒーロー同士の恋愛シーンなど要らないでしょう。途中で脱落した人が多そうな気がします。あと、原作を知らないこともあり、ヒーローの定義がよくわかりません。明らかに超人のマンハッタンとそれ以外、変なマシンに乗ってるけど格闘が強いだけの人々がチームを組んでるのは変に感じます。
次郎丸三郎さん [DVD(吹替)] 4点(2017-12-12 07:49:57)
85.《ネタバレ》 ダークでグロで濃ーい3時間弱でお腹いっぱい。マーヴェルならば3部作だったか? ディラン、S&G、コーエン、ミック、ボウイ、ロバート・パーマーなどなど音楽ファンも必見か。
kaaazさん [インターネット(字幕)] 9点(2017-10-29 01:31:39)
84.《ネタバレ》 第2の『ダークナイト』の成り損ない。ギリアム、アロノフスキー、グリーングラスが降りた企画からしても、『ウォッチメン』の世界観を911以降に再現させるにはあまりにも複雑すぎたのだろう。だからと言って、原作のトレースで済ませ、冷戦時代の話を今更語られてもね・・・。痛覚を喚起させる暴力描写、スタイリッシュなカメラワークがなかなか良いだけに退屈な構成が残念になる。ロールシャッハが魅力的だ。チビで不細工なのにも関わらず、絶対的な信念を持った反面、妄執に満ち溢れイカれてる。「真実こそ正義」。今ある社会は自分たちにとって正しいのか。誰もが自分の正義を持っている以上、民主主義的に多数決だから事なかれ的に"正しい"と選んでいるだけだ。3時間以上のノーカット版を見れば印象が変わるかもしれないが、そこまで入れ込むつもりはない。挑戦を恐れた監督の限界を露呈させた結果がこれなのだから。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 6点(2017-08-02 23:05:02)
83.《ネタバレ》 従来のヒーローものなら、大勢を救うためであっても犠牲者は出さずに解決しようとするところ。そのパターンから外れた点は良かった。人類の命運を左右するほどのスーパーパワーを持ち、人間を超えた存在に進化したマンハッタンが、いつも全裸でナニをさらけだしている姿がちょっと間が抜けていておかしい。
飛鳥さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-08-31 01:38:53)
82.普通のヒーローものや、設定などを聞いて、サスペンス調の異色のヒーローものと思って観ると、最初の30分くらいのところからしんどくなってくるかも。原作を知らない僕も、この世界観を理解するまで、前半はなんじゃこりゃの嵐でしんどかった。もちろん、数人のヒーローが主役だし、アクションもあるし、骨組みのお話は、一人のヒーローが殺された謎を追って、ヒーロー達が最後は世界を救うお話である。しかし、手ごわい敵キャラボスがでてくるわけでなく、どちらかとゆーと各ヒーローの生き方を綴った物語であり、しかも展開が独特で、謎を追ってヒーローが世界を救うとゆう骨組みを多くの要素が覆って、展開があまり進行していないような感じなので、クライマックスはともかく、全体的に面白くないと感じる人もいるかもしれない。一昔前の現実のアメリカの国際情勢や、社会状況が物語の雰囲気を現実的に見せているのが苦手な人もいるかもしれない。一人真面目に見えるヒーロー、ロールシャッハを主人公として見ると見やすいかも。個人的には一見どーでもいーよーなエピソードが伏線になっていて、クライマックスを作り上げるのと、その最後の展開が衝撃的で悪くはなかった。ただ常に模様を変えるロールシャッハのマスクが一体なんで出来てるのか、不思議でしょーがなかった。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 7点(2015-06-13 21:19:25)
81.《ネタバレ》 平和を実現するためには、「敵」が必要だという皮肉。ベトナム戦争に従事し、心が荒み麻薬に溺れ、孕ませた女を射殺するヒーロー。一度自分をレイプしかけた男と寝てしまうスーパーヒロイン。作中ですべてを超越したパワーを持つヒーローとして登場したDr.マンハッタンですら、自分を見失う有様。ヒーローも含めて、人間の心の弱さを見事に描いた作品だと感じた。
こんさん99さん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2014-08-16 04:03:01)
80.アメコミヒーローものでありながらアメリカ史(というか共和党)を問い直すというポリティカルな内容が良い。ひとりになりたいDr.マンハッタンが火星でまで行ってすねるのが笑える。ひたすら殴るだけのアクション・シーンと冗長なセックスは残念。ラスト近くにオリジナル・アウターリミッツのオープニングが登場する。本作と基本プロットに近いところがある第3話「ゆがめられた世界統一」に対するオマージュかと思うのだが確証はない。
皮マンさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2014-05-05 19:35:23)
79.《ネタバレ》 よく比較されるあの作品にも感銘を受けましたが、これはそれを上回る衝撃でした。
馬鹿と天才は紙一重といいますが、名作と駄作の紙一重にあるような作品に思います。
こんな作風とは思っておらず、危うく置いてきぼりになりそうでした。
それを象徴するのがDr.マンハッタン。
そもそもヒーロー界でこういうのが存在していいのでしょうか?
鑑賞後の時点で自分の中ではアメコミは打ち止めの感が強いです。
これを上回るインパクトを得られる漫画の実写化作品など到底お目にかかれそうにありません。
牛若丸さん [DVD(字幕)] 9点(2014-03-05 23:05:51)
78.原作を見ていないと話についていけません。ザック・スナイダーは他の誰かにウォッチメンという大傑作でへんてこな映画を作られるくらいなら、俺がへんてこな映画を作ってやる!という意気込みで本作を制作したそうです。映画を見てみると、ウォッチメンは映画向きではないなと思いました。それとともにザックよくやった!とも思うのです。もしJ・J・エイブラムスやクリストファー・ノーランが監督していたらここまでの面白さには至らないでしょう。クソ映画!と罵倒したいけど、ザックのがんばりに免じます。
カニばさみさん [DVD(字幕)] 5点(2013-10-17 23:19:00)
77.ダークナイトよりも映像が作り込まれてます。ダークナイトよりも善悪について一歩踏み込んだ内容と言えます。
でも、こってりとした映像の連続、情報過多により消化不良を起こした人が多いのではないでしょうか。私もその一人です。ダークナイトの方が分かりやすくて"面白い"のです。
大衆に愛された映画はダークナイトですが、ウォッチメンはターゲットがもともと狭いだけで、かといって大衆を突き放してるわけでもなく、擦り寄っているわけでもない。
2つの作品を見ていると【世の中の不条理】を感じてしまいます。ウォッチメンの方が評価が低いのは制作側に問題があるのでしょうか?大衆の知識と頭脳と精神性が正しい評価を阻害してるから?より多くの人を"面白い"と感じさせたダークナイトのほうが作品として優れている?
どちらも優れた作品だと思いますが、22世紀により高く評価されているのはウォッチメンだと思います。
エウロパさん [DVD(字幕)] 8点(2012-12-12 18:37:57)(良:1票)
76.《ネタバレ》 これまで、徹底的にこだわり抜いた映像センス溢れる映画ばかり撮ってきたザック・スナイダー監督が、とうとう自分の本当に撮りたかった作品を創りあげたという印象だった。これまではっきり言ってストーリーに意味なんかない映画ばかりだっただけに、今回はそのイメージを覆すかのような深い世界観に素直に圧倒されました。正義と悪の境目はいったい何処にあるのだろう、と各々に苦悩する個性豊かなヒーローたち。濃縮こってりスープのような濃ゆい映像美で描き出される、唯一無比のダークな世界。さすがにちょっと付いていけないところもあったけどね(笑)。ロールシャッハの暗い闇を纏った格好良さと、フリチン黄金男の巨根がいつまでも忘れられない。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 8点(2012-09-06 19:37:01)
75.《ネタバレ》 ジョン・F・ケネディ暗殺事件、ベトナム戦争、キューバ危機など、世界で起きた数々の事件を見守ってきたヒーローたち“ウォッチメン”。しかし、かつてウォッチメンだった男の一人が暗殺される事態が発生。しかも、ウォッチメンたちの殺害はその後も続き……。退廃的な世界観、スローモーションを取り入れたアクションシーンなど、映像美がとても素晴らしかったです。誰もが聞いたことのある80年代?の名曲も映画の随所に挿入され、いい味を出していました。映画は米ソ冷戦の危機を描いていますが、果たして“ウォッチメン”はどのように平和をもたらすのか?好き嫌いが分かれそうな映画ですが、自分は大好きです。
nyarameroさん [DVD(字幕)] 10点(2012-04-25 18:55:34)
74.話についていけない。
たこちゅうさん [DVD(吹替)] 6点(2012-02-29 00:44:45)
73.《ネタバレ》 原作既読。アメリカ近代史を哲学的な寓話でなぞった傑作。
ほぼ原作通りに話は進む、ただロールシャッハの
最後は映画のほうがお見事。
原作は日本のコミックに慣れていると
コマ割りが単調で非常に読みにくい。だが、それを帳消しにする
ストーリー展開がある。
翼ネコさん [DVD(字幕)] 8点(2012-01-14 21:37:20)
72.《ネタバレ》 私に取ってはスルメの様な映画。噛めば噛むほど味が出る。
言い方を変えると1回観ただけでは本作の良さは判らない。

以下、本筋から反れるが本作に関するエピソードを一つ。

本作公開から半年程前、出張中の新幹線で私は陽気なアメリカ人のカップルと相席になった。彼ら曰く「今僕達は"Watchmen"と言う映画を作っているんだ!」との事。

拙い英会話で映画の内容に付いて質問してみたら、公開前だと言うのに内容に付いてとにかく喋りまくり、おまけにiphoneで撮影したスタジオの写真まで見せてくれた。

「公開前なのにそんな事まで話して大丈夫なの?」と聞くと、「ホントは駄目だけど、とにかく監督が凄い人で一緒に仕事をしていて楽しくて楽しくて。 誰かにそれを話したくて仕方がないんだ!!」と目を輝かせて嬉しそうに話をしてくれた。

そんな彼らの様子を思い出し期待度極大で鑑賞した本作。
明るい彼らの様子と120%対照的な、暗く・内省的なヒーロー達が登場する内容とのギャップが大きすぎ、一回目は唖然としてしまった。
でも、彼らのへの思いも有り、2回目・3回目と鑑賞回数が増えるにつれて面白みが増して行く。
監督・スタッフの作品に向ける情熱・思い入れ度と興行収入は残念ながら反する傾向にあるけれど、いわゆる「カルトムービー」に昇華していく作品達は、どれも彼らの様な製作者達の熱い思い入れがこめられているのかも・・・ と思った次第。

あのカップル、今も元気だろうか?
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-05-26 13:54:25)(良:1票)
71.《ネタバレ》 原作は未読。先を読ませない展開というか、どうオチつけるんだろうと思いながら最後まで飽きさせず楽しませてもらった。ヒーローひとりひとりの人生や信念をきちんと掘り下げ、ラストまで描き切った監督の力量に拍手。うじうじと煮え切らず罪を被って悲劇のヒーローぶっているところが気に入らなかった「ダークナイト」のバットマンより、鮮やかに散ったロールシャッハのほうが100倍カッコよかった。
ブラック武藤さん [DVD(字幕)] 8点(2011-03-26 23:34:06)
70.原作があるってことすら知らずに鑑賞。ベトナム戦争のあのジョンの画はシュールでよかったなー。ジョンのあのパワーなら、もう一人ジョンつくれるんじゃない?
センブリーヌさん [DVD(吹替)] 5点(2011-01-20 20:35:09)
69.《ネタバレ》 まず勧善懲悪ヒーローものの爽快感を求める人は見ないほうが良い作品。
そこから1歩踏み込んで、正義のヒーローの存在意義や、
善悪の基準ってどうやって決めてるの?など疑問を持ち、
追求妄想したことのある人は一見の価値はあるかもしれません。
ウォッチメンのメンバーの中でもドクター・マンハッタンの存在は興味深かった。
他のメンバーが普通の人よりやや優れた程度の存在なのに対して、
ずば抜けた力の持ち主で、その力を使えば恒久的な平和も作れてしまうのではと思えるほど。
しかし人間離れした存在となったゆえに、人類に対しての興味が薄れているようであり、
まさに神に近い存在として書かれているのがおもしろかった。
そしてもう一人、ロールシャッハの揺るがない正義感は格好良かった。
彼は神の存在を否定することで、自らの心の中で善悪を判断することになるが、
マンハッタンとは別の意味で神(正義)の心を手に入れたように思える。
ヒーローらしからぬ風貌がまた心憎いキャラクターだった。
しかしまあ、おもしろい作品だと思うが素直に楽しめたかというと微妙。
ヒーローが現実に存在したらという仲間内の妄想話のレベルのものを、
映像作品化されたものを見せられて、そこまで乗っかれないかなという感じもしました。
原作を含むアメコミを読み込んでいれば、また違った感想を抱いたかもしれませんが…
(こちらのレビューを見るまで原作の存在を知りませんでした。
一応ファン向けの映画ということでしょうね)。

映かったーさん [DVD(字幕)] 6点(2011-01-18 13:15:45)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 88人
平均点数 6.09点
033.41%
122.27%
222.27%
355.68%
4910.23%
589.09%
61517.05%
71415.91%
82225.00%
955.68%
1033.41%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review8人
2 ストーリー評価 7.78点 Review14人
3 鑑賞後の後味 8.16点 Review12人
4 音楽評価 7.91点 Review12人
5 感泣評価 4.75点 Review8人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS