クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦
 > (レビュー・クチコミ)

クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦

[クレヨンシンチャンデンゲキブタノヒヅメダイサクセン]
1998年【日】 上映時間:99分
平均点:7.28 / 10(Review 69人) (点数分布表示)
公開開始日(1998-04-18)
アクションドラマSFコメディアドベンチャーアニメシリーズもの犯罪ものスパイものTVの映画化漫画の映画化ネットもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-12-30)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督原恵一
演出水島努
矢島晶子しんのすけ
ならはしみきみさえ
藤原啓治ひろし
こおろぎさとみひまわり
真柴摩利風間くん/シロ
林玉緒ネネちゃん
佐藤智恵ボーちゃん
鈴木みえマサオくん
三石琴乃お色気
玄田哲章筋肉
石田太郎マウス
山寺宏一バレル
松島みのりママ
速水奨ブレード
塩沢兼人ぶりぶりざえもん
滝口順平大袋博士
増岡弘アンジェラ青梅
佐藤ゆうこセーギ
高田由美よしなが先生
富沢美智恵まつざか先生
納谷六朗園長先生
IZAMIZAM
臼井儀人マンガ家
中嶋聡彦士官
原作臼井儀人
脚本原恵一
音楽荒川敏行
宮崎慎二
齋藤裕二(音楽協力)
作詞IZAM「PURENES」
中島みゆき「ひとり上手」
作曲SHAZNA「PURENES」
中島みゆき「ひとり上手」
編曲SHAZNA「PURENES」
荒川敏行「ひとり上手」/「大都会」
主題歌SHAZNA「PURENES」
矢島晶子「とべとべおねいさん」(名義「のはらしんのすけ&アクション仮面」)
玄田哲章「とべとべおねいさん」(名義「のはらしんのすけ&アクション仮面」)
挿入曲富沢美智恵「ひとり上手」(ノンクレジット)
臼井儀人「大都会」(ノンクレジット)
撮影旭プロダクション
梅田俊之(撮影監督)
東京アニメーションフィルム(撮影協力)
プロデューサー茂木仁史
太田賢司
制作シンエイ動画
テレビ朝日
アサツー ディ・ケイ
高橋渉(監督)(制作進行)
配給東宝
特撮堤規至(CGI)
作画原恵一(絵コンテ)
湯浅政明(原画)
末吉裕一郎(原画)
金子志津枝(動画)
マッドハウス(動画)
堤規至(作画監督/原画)
高倉佳彦(原画)
原勝徳(キャラクターデザイン/作画監督/原画)
安藤真裕(原画)
大塚正実(原画)
京都アニメーション(動画)
林静香(原画)
美術Production I.G(仕上)
京都アニメーション(仕上)
野中幸子(色彩設定)
石田卓也〔クレイアニメ〕(ねんどアニメ)
野村可南子(美術補)
松谷早苗(仕上検査)
編集岡安肇
小島俊彦
録音大熊昭(録音監督)
田中章喜(ミキサー)
その他東京現像所(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
49.《ネタバレ》 たまたまビデオ屋においてあって新作だったから借りようと思ってみました。特にその頃は別にクレしん好きではなかったから特になんの思いもなく観た。面白かったし感動した。まじでウルッときました。ブリブリざえもんは皮肉たっぷりで僕は好きじゃないキャラでした。相変わらずの行動がたんたんとつづいていってそしてクライマックス!夕陽に消えていったブリブリざえもんは本当のヒーローです!人が人を救う理由に大きな意味はないんですね。ただ笑顔だけで。いや、笑顔だからこそかも知れません。そして最後に言わせてください!ブリブリざえもんは本当のヒーローです!
ランニングハイさん [DVD(字幕)] 10点(2006-05-04 22:58:49)(良:1票)
48.この作品に高得点を付けていらっしゃる多くの方と同じように、自分もぶりぶりざえもんの大ファンです。救いのヒーローなのに強きを助け弱きをくじき、腕っぷしは無いけど結構器用で、法外な報酬を要求するけど結局は金ぬきで人助けをしてしまうぶりぶりざえもん。とても人間くさい愛すべきぶたです。正直、ぶりぶりざえもんが活躍してくれるだけで自分は満足なのですが、全編を通じて描いている「親子の愛」や下手な実写より数段上のアクションシーンなど一作品としても非常に素晴らしい出来だと思います。クレヨンしんちゃんは「食わず嫌い」な方が沢山いると思いますが、映画のクレしんを観ないのは本当にもったいないです。最後に、ぶりぶりざえもんの魅力を余すとこなく表現された声優の塩沢兼人さんのご冥福を心よりお祈りいたします。
目隠シストさん [DVD(邦画)] 9点(2006-04-15 10:26:00)(良:2票)
47.劇場版クレヨンしんちゃんの3大傑作と言えば「大人帝国の逆襲」(2001),「戦国大合戦(2002)」,そして,本作「ブタのヒヅメ大作戦」(1998)である.野原しんのすけのおバカっぷりは期待に違わぬ愛くるしさがあるが,本作ではそれ以上に,筋肉の玄田哲章さん,お色気の三石琴乃さん,ぶりぶりざえもんの故・塩沢兼人さんが良い仕事をしている.特に,ぶりぶりざえもんは配役の妙が素晴らしく,塩沢さんにあの台詞を喋らせたことが本作の醍醐味であるとも言える.むろん,根底には家族愛と,人間(ブタ?)の成長という,劇場版クレしんの傑作において,常に語られているテーマが張り巡らされているのも見逃せない.ただ,難点を挙げれば,本作のIZAMのようなゲスト声優の起用がやや興ざめをもたらすことか.こうした無駄な話題作りをせずとも,劇場版クレしんは十分に愉しい.最後に,ぶりぶりざえもんよ,永久に.塩沢さんのご冥福をお祈りします.
ゴスさん [DVD(邦画)] 9点(2006-03-28 12:29:31)(良:2票)
46.劇場版クレヨンしんちゃんは,この辺りから“泣き”の要素が濃くなってきますね。「ぶりぶりざえもんの冒険」のくだりは,自分でも意外なほど涙腺が緩くなってしまった。「オトナ帝国」も「戦国大合戦」もぐっときたが,この2作はがぶり寄りたい対象を大人にスイッチしている。そういう観点でいくと,本作は大人も子供もつかんでしまうバランスの取れた良作と言えるだろう。ぶりぶりざえもんのキャラが凄まじいほど面白いが,個人的にはオカマの助手がツボにはまった。7点。
Roxyさん [ビデオ(字幕)] 7点(2005-12-21 10:08:39)
45.「ぶりぶりざえもん、助けて~」にうるうる・・で+3点。うーん「しんちゃん」に感動するとは思わなかった。
かまるひさん [ビデオ(字幕)] 5点(2005-11-03 12:14:50)
44.《ネタバレ》 これ、好き過ぎて何度も見てしまう。何故ならしんちゃん映画の中で一番大好きなぶりぶりざえもんがある意味、主役であるしんちゃんを食ってしまうぐらいの輝きを放っているからである。しんちゃんの為に、またしんちゃんの仲間達の為に自ら姿を消してしまう場面はもう涙無くして見れません。この映画に好きな理由、理屈なんかないのだ。ただただぶりぶりざえもんが大好きなだけ。愛しのぶりぶりざえもん!フォーエバー!こんな素晴らしい愛すべきキャラクターを考え出して生み出してくれたしんちゃんと全ての関係者にただただありがとうございます!という気持ちでいっぱいです。
青観さん [DVD(字幕)] 10点(2005-08-05 23:39:03)
43.《ネタバレ》 微妙にスパイ大作戦チックで、スペクタクル。なかなか良かったんじゃないでしょうか。エンディングで、お色気のお尻レプリカを本当に作っちゃってたのはすごい。ほしい。
よしふみさん [DVD(字幕)] 6点(2005-07-09 00:45:48)
42.ぶりぶりざえもんに泣かされました。なんかクレヨンしんちゃんって泣いちゃうんだよなぁ。
bokugatobuさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2005-05-04 02:24:57)
41.《ネタバレ》 ギャグにアクション、家族愛などがバランス良く配分されている、幕の内弁当的な作品。どの年代でも置き去りにされることなく楽しめそうです。特にぶりぶりざえもんが出てきてからは面白さヒートアップ。人工知能のぶりぶりざえもんがしんのすけの出会いを通じて成長して、ラストシーンにつながる辺りはもう感動でした。
ライヒマンさん [DVD(字幕)] 7点(2005-04-30 23:40:02)
40.サイバーテロを子供向けにイメージで解説しているって感じでしょうか?それよりもブリブリ左右衛門のお話が良かったです.
マー君さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-04-29 09:50:12)
39.《ネタバレ》 007を意識したような活劇と、家族愛を描いたヒューマンドラマがきちんと両立できている名作。設定にちょっとキャメロンの「トゥルー・ライズ」を思い出したが、完成度はこちらのほうが上だと思う。そして「クレヨンしんちゃん」ファンとしてはやっぱりぶりぶりざえもんにつきる映画で、いつも自己中心的な彼が他人のためにがんばり、本当の宝に気づき、人助けのために消えていくシーンは泣かざるを得ない。また演じる塩沢兼人がこの数年後に他界していることを考えると、思わずキャラクターとそれを演じる役者がダブってしまい、何とも言えない気持ちになる。本作はシリーズにおけるぶりぶりざえもんの代表作であるが、演じる塩沢兼人にとってもやはり最後の代表作と言っていいと思う。迷わず10点。
イニシャルKさん [映画館(邦画)] 10点(2005-04-26 19:02:19)
38.スケールの大きさに笑いと感動、声優陣も素晴らしい。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-03-30 13:17:40)
37.おもしろい!!やっぱり賞を取っただけのことはあります。評価は7点にしましたが、それ以上の価値を感じる人もいると思う。ブリブリざえもんをネタとするこの映画は感動もあった。おもしろかったな~!
Pepeさん [映画館(字幕)] 7点(2004-11-29 19:04:53)
36.《ネタバレ》 クレヨンしんちゃんの映画は4本見ました。やはり最初はSF大賞も受賞したと言う事で大人帝国から入り、戦国大合戦を見て、焼肉ロードを見たのですが…。点数も見た順番どおりだったのですが…。点数も見直します。大人帝国と近い位面白かったです。あざとくなく、テレビ版との今まで見た映画で感じた違和感も少なく(テレビ版はあんまり見ていないのですが)変なキャラなのに、なんかかっこよくさえ見えてしまうしんちゃんの分身のようなぶりぶりざえもん。変な豚なのに、消えていくところや、助けを求めたしんちゃんの声に飛行船を助けるためだけに出てきて又消えて行ったところなど、まさかこの映画で泣くとは思ってなかったのに!って感じでした。今ではお約束のような劇画調になるところもやっぱり面白かったし、楽しめました。なんかちょっと元気になれたかも。ありがとう、ぶりぶりざえもん。
あかりん☆さん 8点(2004-11-18 06:53:06)(良:1票)
35.どうもかすかべ防衛隊が出てくると内容がクサくなってあまり好きではない。アクションや爆発シーンも、やっぱり実写のそれには敵わない。トイレのシーンは笑ったけど。ぶりぶりざえもんの美声だけでお腹一杯です。
C-14219さん 6点(2004-10-22 20:55:02)
34.正義の味方きどりで人を殺しまくるジョンウェイの映画などよりずっと良かった。
子を思う親の愛の強さと豚の物語が特に強く印象に残った。
死亀隆信さん 8点(2004-09-07 03:07:38)
33.ぶりぶりざえもん(くぅ、まじめに書くと恥ずかしい)泣ける~。声もなんともいえない。ラストは素直に感動します。ただ、アクションをおもしろく感じられなかったのはちょっと私の体質が変わってるのかな‥。小ネタはこれからもっと冴えてくる予感がいっぱい。
ムーンナイトロンリーさん 7点(2004-08-25 14:04:21)
32.笑いのツボがずれている気がした。序盤のトイレ攻防のシーンなどでは苦笑いしか出なかった。
クロさん 4点(2004-08-22 22:27:46)
31.かなり昔見たけど面白かった。
A.O.Dさん 5点(2004-08-21 15:00:57)
30.TVで何気なく観たのですが、いや良かったです!!感動しました!ぶりぶりざえもんの物語がもう…最高です。最後泣いてしまいました…。「何も持ってないのに困ってんじゃねえ!」っていうぶりぶりざえもんの台詞が好きですvあと私もトイレ攻防戦のシーンは笑い転げました。あの劇画タッチはたまらん…!
Ronnyさん 8点(2004-08-17 02:21:29)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 69人
平均点数 7.28点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
445.80%
5913.04%
61115.94%
71014.49%
81927.54%
9710.14%
10913.04%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review5人
2 ストーリー評価 7.33点 Review6人
3 鑑賞後の後味 8.14点 Review7人
4 音楽評価 7.66点 Review6人
5 感泣評価 7.66点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS