サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUSのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS
 > (レビュー・クチコミ)

サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS

[サトラレ]
2001年【日】 上映時間:130分
平均点:6.38 / 10(Review 145人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-03-17)
ドラマコメディファンタジー医学もの漫画の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2021-05-10)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督本広克行
助監督羽住英一郎(監督補)
武正晴
河合勇人
キャスト安藤政信(男優)里見健一
鈴木京香(女優)小松洋子
八千草薫(女優)里見キヨ
内山理名(女優)川上めぐみ
小野武彦(男優)国光博一
寺尾聰(男優)東隆之
松重豊(男優)白木重文
小木茂光(男優)岡持勝則
深浦加奈子(女優)吉付伸江
田中要次(男優)青木順也
高松英郎(男優)田崎修
藤木悠(男優)近衛栄介
武野功雄(男優)安場史郎
森下能幸(男優)患者
黒部進(男優)竹村昭次
甲本雅裕(男優)特能保全委員会
村松克己(男優)特能保全委員会厚生省
大島蓉子(女優)町田敏枝
高杉亘(男優)ヘリのパイロット
石井愃一(男優)特能保全委員会文部省
飯田基祐(男優)自衛隊員
北山雅康(男優)
原作佐藤マコト「サトラレ」
脚本戸田山雅司
音楽渡辺俊幸
撮影藤石修
佐光朗(STEADICAM)
製作阿部秀司〔製作〕
鈴木敏夫
高井英幸
日本テレビ(『サトラレ』対策委員会)
ROBOT(『サトラレ』対策委員会)
東宝(『サトラレ』対策委員会)
森吉治予(『サトラレ』対策委員会スタッフ)
島谷能成(『サトラレ』対策委員会スタッフ)
スタジオジブリ(『サトラレ』対策委員会)(名義「スタジオカジノ」)
博報堂(『サトラレ』対策委員会)
プロデューサー奥田誠治
堀部徹
制作ROBOT(制作プロダクション)
配給東宝
特撮白組(VFXユニット)
美術部谷京子
松井祐一(特殊造形)
編集田口拓也
照明水野研一
川辺隆之(照明応援)
あらすじ
思っていることを周りの人々に思念で伝えてしまい、自分ではそれに気付かないという能力の持ち、しかも天才の<サトラレ>健一の元に国の「特脳保全委員会」の洋子が派遣されてきた。外科医を志した彼を保護するためにやってきた洋子が見たものは・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
125.うん。 まず設定が秀逸。 こういう妄想にとらわれることありますよねぇ(笑) 「俺だけが気付いてない」ってやつ。 周囲の設定、つまり「サトラレは天才」とか「全人類で保護しよう」とかの部分の見せ方をもうちょっと追い込んで、リアル感を出すかもっと笑わせるかしたら楽しかったんじゃないかと。 でも、まあ泣かせてくれましたね^^
とっすぃさん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-11-18 18:48:13)
124.「 世に嘘は 必要悪だと 知らぬバカ そんな輩に 必見の作 」 詠み人 素来夢無人・朝
スライムナイトのアーサーさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-11-03 00:06:13)
123.やっぱラストはウルッとくる。
スペクターさん [地上波(吹替)] 7点(2005-11-02 15:05:24)
122.《ネタバレ》 設定が甘いことは甘いなー、ってな感じ。
まわりの人の協力がなければ生きていけないんだから、
普通はサトラレの幸せより多数の幸せをとるだろ?みたいな。
どこまで肩入れしているんだか・・・。
仮にサトラレがいて国家プロジェクトがあっても
病院にいることはできなかったでしょうねー。普通に育てる過程で研究者にしむけるんちゃう?
その辺の甘さはわかるが、それでも泣いてしまった自分がいたので7点献上。
音楽と八千草薫の演技はよかった!ついでに鈴木京香も自分好み。
この道を行けばどうなるものかさん [DVD(字幕)] 7点(2005-09-24 23:41:24)
121.いやいや、なにげに面白かったです。”ばあちゃん、ごめんな・・・”の連呼に思わず泣いてしまいました。ちくしょう、こういうの弱いんだよなぁ。
◆◇◆◇◆ raindrops ◆◇◆◇◆さん [地上波(字幕)] 7点(2005-05-17 23:17:48)
120.《ネタバレ》 想像してたより、ずっと面白かった。国に保護してもらえる存在なんて凄い!自分の半径10mにいる人間に強制的に自分の考えてる事が聞こえるって。。ある意味、サトラレより周りの人間の方が大変かもなーと思った(笑)話的には面白いけど今一歩インパクトに欠けて、印象に残らない映画になってしまったのは残念な気がしました。「サトラレだからこそ出来る事」を何か1つ話に加えて欲しかった。主人公が彼女に怒ってるシーンで口では凄く怒っているのに、心の中で「寂しかった」と何度も繰り返すシーンが切なくて良かった。
civiさん [地上波(吹替)] 6点(2005-05-12 05:05:23)
119.壮大な話のようで中身はあまりないですね。鈴木京香にコメディというか演技に幅があるものは無理だと思います。それに旬を過ぎてるからちょっと年齢が気になりました。食い足りない感じでこれならTVドラマで十分な気がしますね。いまいちおとぎ話にはなってなかったです。
たかちゃんさん [DVD(吹替)] 4点(2005-05-06 12:55:05)
118.ドラマ(オダギリジョー主演)を見ちゃったからなぁ~。
見ないで、見れば(?)良かったんだと思う。
あずきさん [DVD(字幕)] 5点(2005-05-01 11:34:29)
117.後半はちょっとクドイけど、いい映画だった。
イニシャルKさん [ビデオ(邦画)] 6点(2005-04-23 13:11:54)
116.《ネタバレ》 とてもSF的なストーリーでしたが、果たしてこの病が実在したとして実際はこの映画のような展開になるでしょうか?オレは多分ここまで腹黒い雰囲気にはならないと思います。だって、その人の考えがわかるんでしょう?誰が本当は何を考えてるかもわからない環境(←それが普通なんですが)に比べればよっぽどすっきりと生活できると思うんですが。個人的には、サトラレって実際いてほしいなぁとも思います。相手によっては腹の探り合いみたいなコミュニケーションを取らざるを得ないようなこの社会で、はっきりと相手が何を考えてるかわかるなんて、ある意味さっぱりしてて、簡単で、そっちのほうがよっぽどいい気がします。また、自分がサトラレでもいいかなとも考えます。その場合、自分がサトラレってことは知っておきたいですね。それでも自分の近くにいてくれる人がいれば、間違いなくその人は信用できると思うし。
あるマンガで、“病気は個性だ。真面目なやつ、ひょうきんなやつ、同じように病気のやつがいるだけなんだ。”と言っていたのを思い出しました。この映画もまさにそうだと感じました。“サトラレ”っていっても結局はその人の個性の一つであって、周りがそれを理解しさえすれば、映画のラストのように、変な特別扱いを受ける事もなくなるんです。むしろ「出来る限りサトラレの意志を尊重して・・・」とか言いながらその当人を半ば無理やりに製薬研究所に異動させようとする委員会の偉いさん達がサトラレになればいいのに。てゆーか、世の中みんなサトラレになればいいのに(笑)。非現実的ですが、本音や建前が全く必要ない、そういう世界に本気で憧れます。日本って本音と建前で持ってるような国ですから。正直すっごい疲れる時あります・・・。サトラレとは言わなくても、世界から本音と建前なんてものが消え去ってくれる事を願います☆
TANTOさん 9点(2005-02-21 11:44:20)(良:1票)
115.《ネタバレ》 やはり踊ると監督が同じせいかどうしても踊るの続編でも見てるような気になってしまうw 音楽の使い方演出は踊ると思ってもらっていいのでは?

ストーリ的には感動あり、笑いありでなかなか目を取られます。
癌の免疫を開発して治すというパターンで行った方がよかったような気も・・・
映画坊主さん 8点(2004-12-21 01:06:46)
114.たしかにもう少しひねりがあっても良かったし、後半クドいですね。それでもやはり、最近の邦画の中では、設定や作り込みがしっかりしているなと私も思いました。無人島でのシーンは沖縄だったのですね。あの1号は今後どうなるのか、気になります。しかし、ラストは泣けません。。。
mhiroさん 6点(2004-10-08 23:03:10)
113.泣けたよ( p.q)  こういうの、非常に弱い…
栗頭豆蔵さん [映画館(字幕)] 10点(2004-09-12 04:01:41)
112.原作の功績とはいえ、題材がユニークで面白い。ものすごく不自然なはずなのに映画になっても自然に流す技はかなりのもの。恥ずかしいほどのストレートな心の叫びに、ありえなさを忘れて涙してしまう。コレにはちょっと泣きそうになったので、映画で泣けない私にとっては貴重な1本。
えいざっくさん [地上波(邦画)] 7点(2004-09-09 20:42:47)(良:1票)
111.《ネタバレ》 演出が臭い。いくらファンタジーとはいえこれはいただけない。泣かせる演出があざとくてもそれが気にならないほどの感動があればよいのだが、今作にはそれが無い。
クサイ話が好きな人にはたまらないだろうとは思うが、そういったものが少しでも気に掛かってしまうと次から次へと気になることだらけで感情移入できなくなる。身内が癌であることを知り、一旦は現場から離れた医者が再び舞い戻り名声を得る話なんて腐るほど作られてきているわけで、それにクサイ演出が加われば陳腐にしかなりえないことは素人にだってわかる。最初は疎まれていたサトラレが最後には街の人気者になってメデタシメデタシという強引なハッピーエンドも苦笑するしかなかった。不自然さがなくなれば、もっと共感できただろうと思うと残念である。
HARVESTさん 4点(2004-09-05 02:21:57)
110.発想だけの映画。もっと練れ!そしてもっとキャスティング考えろ!
ムートさん 3点(2004-07-11 21:30:49)
109.突っ込みどころは多いですよ。でも、けっこう感動しましたね。最後は、てっきり癌の特効薬を発見して終わると思ってた。
アルテマ温泉さん 6点(2004-06-21 16:18:51)
108.「ごめん、ばあちゃん、ごめん」が長すぎ。あと、いくら御伽噺だって、いい大人が二人きりで無人島へ旅行して、何も無しですか?
マックロウさん 5点(2004-06-09 15:30:17)
107.俺が泣きそうになったのは、最後の方より主人公が失恋した時かな。
ゲソさん 7点(2004-06-03 02:19:50)
106.政府の対応等はギャグ,人間的な部分はシリアスで泣ける,と一粒で二度美味しい作品でした。惜しむらくは,自分がサトラレであることを最後まで気付かずに終わってしまったことです。もう一波乱欲しかった。というかサトラレであることに気付いてからのドラマが無いと,サトラレという存在が只の題材として終わってしまって,そこに感動を求めることができず,終局が中途半端な感じになってしまっているのが勿体無い気がする。続編を撮って欲しいけど,続編作っちゃうとコケちゃうんだろうな~。。。
北狐さん 8点(2004-05-25 16:46:41)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 145人
平均点数 6.38点
021.38%
121.38%
200.00%
3106.90%
496.21%
5149.66%
63322.76%
73121.38%
82819.31%
9128.28%
1042.76%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review3人
2 ストーリー評価 6.83点 Review6人
3 鑑賞後の後味 8.42点 Review7人
4 音楽評価 6.33点 Review3人
5 感泣評価 8.00点 Review5人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS