病院坂の首縊りの家のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > 病院坂の首縊りの家
 > (レビュー・クチコミ)

病院坂の首縊りの家

[ビョウインザカノクビククリノイエ]
1979年【日】 上映時間:139分
平均点:6.62 / 10(Review 60人) (点数分布表示)
公開開始日(1979-05-26)
サスペンスシリーズもの犯罪ものミステリー小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-11-14)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督市川崑
助監督橋本幸治(監督助手)
米田興弘
キャスト石坂浩二(男優)金田一耕助
佐久間良子(女優)法眼弥生
桜田淳子(女優)法眼由香利・山内小雪
草刈正雄(男優)日夏黙太郎
小沢栄太郎(男優)本條徳兵衛
加藤武(男優)等々力警部
岡本信人(男優)加納巡査
大滝秀治(男優)阪東刑事
三條美紀(女優)田辺光枝
あおい輝彦(男優)山内敏男
萩尾みどり(女優)山内冬子
中井貴恵(女優)妙ちゃん
小林昭二(男優)三之介
三木のり平(男優)野呂十次
草笛光子(女優)雨宮じゅん
ピーター(男優)吉沢平次
常田富士男(男優)管理人権堂
三谷昇(男優)石切鑑識課員
菊地勇一(男優)法眼琢也
清水紘治(男優)本條直吉
林一夫(男優)花園海軍大尉
白石加代子(女優)宮坂すみ
河原さぶ(男優)五十嵐滋(クレジット「河原裕昌」)
林ゆたか(男優)佐川哲
入江たか子(女優)五十嵐千鶴
横溝正史(男優)老推理作家
久富惟晴(男優)五十嵐猛蔵
原作横溝正史「病院坂の首縊りの家」
脚本日高真也
久里子亭
音楽田辺信一
大橋鉄矢(音楽プロデューサー)
撮影長谷川清
製作市川崑
馬場和夫
企画角川春樹事務所
配給東宝
美術阿久根巌
鈴木儀雄(美術助手)
編集小川信夫
長田千鶴子
録音東宝録音センター
矢野口文雄
斉藤禎一(録音助手)
照明佐藤幸次郎
その他IMAGICA(現像)
土屋テル子(記録)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
40.タイトルも含め、全編に散りばめられた“ギャグ”がいい。「女王蜂」の汚点はこの一作で完全に払拭できた感じです。それにしても、桜田淳子の高い演技力にはピックリ。ヘンな宗教にさえハマらなければ、今ごろ少なくとも森昌子以上には活躍していたんじゃないでしょうか。
眉山さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2007-05-15 12:27:29)
39.《ネタバレ》 いやーーーー佐久間良子さん、キレイですね。なんていうか・・・・良いです。
草刈正雄・・・・ステキです。今もステキですが、若い頃も良いです。
物語は、多少ややこしいとこもありますが、意外とすんなり受け入れました。
ややこしいのは、獄門島の方が上。
今回は「いらないんじゃないかい?この役」って人がいなかった。
桜田淳子、当時21歳だったんですね。いやー大人っぽい。
演技もなかなかどうして、上手いじゃないですか。
下で書いてる人もいますが、草刈正雄の金田一も見たいと思いました。
あずきさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-05-03 22:50:55)
38.市川崑・石坂浩二のコンビの金田一シリーズのうち、内容は一番おもしろくないが、この作品の音楽、特にメインテーマは最高である。もの悲しいあの旋律はいつ聞いても心にしみる。物語は5点、音楽は10点で映画としては7点。
MASSさん [ビデオ(邦画)] 7点(2007-01-04 16:59:38)
37.《ネタバレ》 ハメ撮り写真・飛鳥時代さながら(言い過ぎか)の近親相姦まがい・
軽快なジャズに乗せて展開するアート風連続殺人‥

退廃的な雰囲気を思いっきり堪能できる、
金田一シリーズの集大成ともいえる出来です。
ラストシーンの悲哀に満ちた美しさは、この世のものと思えない。
彬彬さん [DVD(邦画)] 9点(2006-12-26 11:08:13)
36.あおい輝彦のあのモミアゲは卑怯だ。

石坂金田一シリーズ中、一番好きな作品。
さん [DVD(邦画)] 8点(2006-08-18 12:04:41)
35.これまで一途に守ってきたシリーズの約束事を破棄したオープニングシーンに開放的な臭いを感じた。シリーズ特有の閉塞感がない。若い人が中心となる新しい時代に過去の閉鎖された環境下での悲劇が蘇るということで意図されたオープニングだったと思うが、あの閉塞感こそにシリーズの旨みがあったと思う私にとっては、シリーズとしてのお楽しみを排除されてしまったと感じてしまう。排除するならするで、よほど斬新なことをしてくれなければ面白みが無い。これまでの坂口良子の好奇心旺盛なキャラを草刈正雄に託し金田一以上の活躍を見せてくれるが、どうせなら今までやりたそうでやらせてもらえなかった探偵まがいを坂口良子にやってほしかった。お話は一番ややこしくて面白そうでもあるが、家計図をわざわざ書いて見せるシーンにこの映画の限界を見てしまった。
R&Aさん [DVD(邦画)] 4点(2006-07-14 15:20:39)
34.《ネタバレ》 石坂浩二の金田一耕助シリーズ第5作。このシリーズは人間関係がややこしいからいつも家系図書きながら見てたけど、それでも今回はややこしすぎてわけわかんなかったりする。でもストーリーはシリーズ中でも犬神と並ぶくらい好きです。「奥さんが見えませんね」とか言ってるあたり今までもわざとだったのね。良くも悪くも金田一らしいなと。桜田淳子の2役熱演も印象的。
バカ王子さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2006-03-22 00:01:18)
33.《ネタバレ》 思ったより良かったです。最後の方の佐久間良子さんと小林昭二さんのシーンには不覚にも涙がでてしまいました。
yu-miさん [映画館(字幕)] 7点(2005-10-06 13:17:49)
32.オープニングはいつもの黒バックにデカイ字体のクレジットだと思っていたら、ジャズバンドをバックに普通の字体だったので意表を突かれた。いままでのシリーズに出演してた俳優たちが大量に出演してて、シリーズ完結篇である本作を盛り上げる。中でも佐久間良子に仕える車引きの男を演じた小林昭二の演技は素晴らしかった。ラスト、横溝正史と談笑する草刈正雄を見て、草刈金田一も見てみたいと思ったが、実現しなかったのが残念。
イニシャルKさん [ビデオ(邦画)] 7点(2005-05-02 15:08:20)
31.人物関係が複雑な原作を扱うのであれば、映像的にそれなりの状況設定で観客にわからせようとするのが筋ってモンでしょう。それを家系図なんか持ち出して安易に台詞で説明しようとしたってダメ!せっかくの佐久間良子の名演技も少しだけ肩から力が抜け初めた頃の桜田淳子の美しさも宝の持ち腐れ。「犬神家」や「手毬唄」はその点うまく原作を消化してたと思います。
放浪紳士チャーリーさん [DVD(吹替)] 5点(2005-04-17 11:23:52)
30.事件の謎解きとかトリックとか犯人は誰だとか物語自体にはあまり引き込まれなかった。それよりも登場人物の台詞の掛け合いの巧妙さに感服しました。昔の役者は本当に芝居が上手かったなあ。特に草刈正雄は◎。昔は二枚目役者もしっかりした演技力を持っていたんですねえ。。。
目白沈寝さん 6点(2005-03-15 00:07:28)
29.《ネタバレ》 古き良き時代の探偵推理もの。

とは言え、この大時代的なシチュエーションやドロドロとした人間関係、当時の垢抜けない世界観などは、さすがに今見るにはちょっと辛いものがある。

単に人間関係が複雑なだけで、本格推理としての謎解き要素がほとんど無いのも物足りない。「そっくりな人間が二人いる」というのも、ミステリーのギミックとしては反則気味だし、エレガントじゃないね。

桜田淳子の演技も気合が入ってるのは分かるけど、あまりにもオーバーアクション過ぎて、見ていて引く。
FSSさん [映画館(字幕)] 3点(2005-01-25 04:04:50)
28.《ネタバレ》 確かに、中井貴恵ちょっとずれとります。これを見る前に「復活の日」の草刈正雄を見たのだが、かっこよさは一級品だなあ。インパクとあるよねえ。ストーリー的には金田一が謎を解くために様々な場所に行っているのだが、回想の中でしか語られないのであっという間に謎を解き明かしたように見て取れる。だが、それは良いのだと思う。なぜなら金田一は、すっと部屋に入っていく彼女を見た時から「そうに違いない」とおもっていたから。。。。で、いいんですかねえ。うーん、なんか物足りない。理詰めしていくにしても(コロンボのように)、そのシーンや伏線があった方が面白いと思うんだけどなあ。ま、そんな映画ではないんでしょう。このシリーズあまり詳しくないので感じたままにこの点数です。
蝉丸さん 7点(2004-10-24 00:22:30)
27.いや~、びっくり。市川金田一ものは大好きで本作品以外は全て見ていたのですが、今回DVDが出たのをきっかけに5作品続けて見ました。それでびっくり、自分にとって一番の傑作でした。佐清(すけきよ)のような強烈な登場人物もなく、手毬唄や俳句の見立てもなく、映画としての見せ場が全然ない物語で、横溝氏得意の因縁話のみでぐいぐい話を引っ張ります。そして忘れ得ぬ人力車のラストシーン。音楽も泣かせます。また、桜田淳子さんの妖しく哀しい演技も素晴らしい! 序盤の登場シーンの美しさと妖しさには心からどきっとしました。初期3作が傑作なのに女王蜂の評価が随分落ちたので本作も今まで見ずにいたのですが、今日後悔しました。
秋山さん 10点(2004-07-25 21:58:03)
26.人物相関が激しすぎて半分ぐらいしか理解できなかった・・・。
真尋さん 7点(2004-07-22 10:27:18)
25.《ネタバレ》 人間関係が複雑ですねぇ~。訳わかんないや..
のっけのジャズバンドシーンには、ちょっと面食らったけど、全体的にはワルくはない。
桜田淳子のややオーバー演技も振り返ると映画にマッチしていたし、草刈正雄もいい味出している。
横溝正史本人の演技がヘタなのは、素人だしファンサービスとして許せるが、問題ありが中井貴恵。
プロとは思えないよ..で、及第から減点1です。
fragileさん 6点(2004-04-15 01:29:56)
24.市川監督&石坂・金田一コンビ最後の映画ですが名残り惜しくも相変わらずの面白さです。雰囲気も演出もキャストも良いですね。あおい輝彦と桜田淳子が怖くてイイ感じで好きです。ただ原作も難解なので映画でも分かりづらいかなと思います(まとめ方は上手いです)。市川監督のラストの物悲しい魅せ方は流石としか言えませんね…心に染みます。
ゆうしゃさん 8点(2004-03-24 16:10:25)
23.数々の金田一モノの中で一番好きな作品です。このシリーズは犯人捜しよりも、時代背景からにじみ出る悲しみや、おどろおどろしい情景に魅力があると私は思います。少し暗い映像で、一人の女の悲しい運命を美しく表現していました。佐久間良子はもう言うことありませんが、桜田淳子も好演だったと思います。そして特筆すべきは草刈正雄。爽やかハンサム君の壁を壊しての演技が成功の基ですね。ホラーは苦手だけど、この手の感じの映画は好きなんです。最近の邦画には無い、底なしの妖しさ…。
のはらさん 9点(2004-02-29 19:13:50)(良:1票)
22.《ネタバレ》 この作品、最初に観たのは小学校の時で、あまりの恐怖にトイレに行けなくなったことがトラウマとなり、2回目を観るのにとても勇気が必要でした。
長い時間が過ぎて、DVDを購入する余裕もできたので、ようやく2回目にチャレンジしましたが、風鈴に括りつけられた生首、撲殺される写真屋の親父、ギターから頭を出すピーター、いっちゃった桜田淳子の目、猛蔵の顔、血がやたら飛び散ったりで、やっぱり怖かった…。
さて、シリーズ中で一番都会的な雰囲気が漂う作品ですが、横溝正史お得意の、家系図必須の複雑な血縁関係、積年の恨みが動機となっている等、押さえる所はきっちりと押さえていて安心して観ることができます。
あの大ボリュームの原作を2時間半に圧縮したにしては、良くできていると思います。
ただ残念なのは、シリーズ最後の作品なのに、坂口良子が出ていなかったことです。
その分、草刈正雄と桜田順子が頑張ってはいましたが…。
なおてぃーさん [DVD(字幕)] 8点(2004-02-10 18:49:27)
21.あのややこしい原作を映像化して果たして面白いのだろうか…と思ってたけど意外と楽しめました。病院坂の風景が叙情があって綺麗。草刈正雄の演技には拍手です。
番茶さん 7点(2004-01-18 21:39:25)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 60人
平均点数 6.62点
000.00%
100.00%
211.67%
311.67%
423.33%
5915.00%
61220.00%
71931.67%
81118.33%
946.67%
1011.67%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.66点 Review3人
2 ストーリー評価 5.60点 Review5人
3 鑑賞後の後味 5.20点 Review5人
4 音楽評価 5.80点 Review5人
5 感泣評価 3.50点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS