インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
 > (レビュー・クチコミ)

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

[インディジョーンズクリスタルスカルノオウコク]
Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull
2008年【米】 上映時間:124分
平均点:5.88 / 10(Review 211人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-06-21)
アクションサスペンスSFアドベンチャーシリーズもの
新規登録(2008-01-07)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2018-09-25)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・スピルバーグ
助監督ダン・ブラッドリー(第二班監督)
キャストハリソン・フォード〔1942年生〕(男優)インディアナ・ジョーンズ
シャイア・ラブーフ(男優)マット・ウィリアムズ
レイ・ウィンストン(男優)"マック"・ジョージ・マクヘイル
カレン・アレン(女優)マリオン・レイヴンウッド
ケイト・ブランシェット(女優)イリーナ・スパルコ
ジョン・ハート(男優)オックスリー教授
ジム・ブロードベント(男優)ディーン・チャールズ・スタンフォース
アンドリュー・ディヴォフ(男優)ロシア人兵士
イリア・ヴォロック(男優)スーツを着たロシア人
アーニー・レイズ・Jr(男優)墓地の戦士
内田直哉インディアナ・ジョーンズ(日本語吹き替え版)
細谷佳正マット・ウィリアムズ(日本語吹き替え版)
土井美加マリオン・レイヴンウッド(日本語吹き替え版)
本田貴子イリーナ・スパルコ(日本語吹き替え版)
中博史オックスリー教授(日本語吹き替え版)
坂口芳貞ディーン・チャールズ・スタンフォース(日本語吹き替え版)
小川真司〔声優・男優〕ロス将軍(日本語吹き替え版)
乃村健次テイラー(日本語吹き替え版)
野島健児図書館の学生(日本語吹き替え版)
桐本琢也アントニン・ドフチェンコ(日本語吹き替え版)
小形満(日本語吹き替え版)
根本泰彦(日本語吹き替え版)
石住昭彦(日本語吹き替え版)
東條加那子(日本語吹き替え版)
小松史法(日本語吹き替え版)
出演ショーン・コネリーヘンリー・ジョーンズ(写真)
デンホルム・エリオットマーカス・ブロディ(写真)
原作ジョージ・ルーカス(原案&キャラクター創造)
フィリップ・カウフマン(キャラクター創造)
ジェフ・ナサンソン(原案)
脚本デヴィッド・コープ
音楽ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]
編曲コンラッド・ポープ
挿入曲エルヴィス・プレスリー"Hound Dog"
撮影ヤヌス・カミンスキー
製作フランク・マーシャル
パラマウント・ピクチャーズ
製作総指揮ジョージ・ルーカス
キャスリーン・ケネディ
配給パラマウント・ジャパン
特殊メイクジェイク・ガーバー
ジョエル・ハーロウ
マシュー・W・マングル
リチャード・レドルフセン
グレゴリー・ニコテロ(特殊効果メーキャップ〔ノンクレジット〕)
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
スタン・ウィンストン・スタジオ(特殊効果)
美術ガイ・ヘンドリックス・ディアス(プロダクション・デザイン)
ローレンス・A・ハッブス(美術監督)
衣装メアリー・ゾフレス
バーニー・ポラック
編集マイケル・カーン
字幕翻訳戸田奈津子
スタントケイシー・オニール
その他ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生](指揮)
あらすじ
舞台は1957年の冷戦時代。インディが新たに探し求める秘宝とは、宇宙の神秘を紐解く力を持つという クリスタル・スカル。言い伝えによれば、黄金に輝き死者たちに守られていた消え去ったアマゾンの 伝説の都市から盗まれたクリスタル・スカルを神殿に戻した者は神秘のパワーを手にすることができるという。その伝説を信じるソ連軍の指揮官スパルコはインディを捕らえ、スカルの捜索を強要する。 果たしてインディは敵から逃れ、クリスタル・スカルを手に入れることが出来るのか? そしてスカルに秘められた衝撃の謎とは?シリーズ第4作
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
91.期待以上、というわけではないけれど、「これぞスピルバーグ」っていうワクワク感を楽しめた。おそらくシリーズのイメージを変えないためなんだろう、素直なストーリーとCGを抑えたナチュラルな映像は、逆に新しい感じがした。たぶんこの映画自体には2008年に作られた意味はないけれど、「映画の面白さって、何なのか」を問うという意味では、この映画が2008年という時代に作られた意味は大きいと思った。
ぽん太さん [映画館(字幕)] 6点(2008-08-17 13:54:45)
90.《ネタバレ》 インディもマリオンも歳をとった。スピード感が無いのはそのせいだろうな。ハラハラドキドキ感も薄く、ギャグは笑えない。なんだか物足りないし、宇宙人まで登場してしまったよ。そのせい?なのか違和感もあり、なんとなくのれない。そんな中、イリーナ姉さんにはハマりました。彼女のスピンオフが観たい。待ってます。
リニアさん [映画館(字幕)] 6点(2008-08-16 12:31:00)
89.《ネタバレ》 同窓会的な映画です。いつものインディ・ジョーンズでそれ以上でも以下でもありません。それをマンネリととるか定番ととるかはその人の思い入れ次第でしょう。私は特に思い入れがないので特に良くも悪くもない普通の映画としか見ませんでした。そんな私でもこの音楽だけは別格です。テーマ曲が聞こえてくるとそれだけでなんだか楽しくなってくるので+1点
kirieさん [映画館(字幕)] 4点(2008-08-15 11:16:26)
88.《ネタバレ》 ノリは良かった。ハリソン・フォードが年を取ったというのは否めないけど、
アクションはちゃんとしてたと思う。
登場人物がお約束な行動をとるのもインディっぽくて良い。
が、やっぱりオチが違う意味での未知との遭遇だったので、もうちょっと
何とかならんかったのかなと思った。
音楽でプラス1点。
r.a.アスカさん [映画館(字幕)] 7点(2008-08-14 12:39:18)
87.《ネタバレ》 お約束の冒険活劇で、コメディの要素もあり、難しいこと考えずに楽しめる。てゆっか、話の流れはよくわかりませんでした・・・。  後半は大げさな冗談のような展開になりますが、全然アリでしょう。
エンボさん [映画館(吹替)] 8点(2008-08-13 19:51:32)
86.《ネタバレ》 実は。なんと「インディ・ジョーンズ」初めて観ました!若者じゃあるまいし、こんな有名な作品を何故一度も観てなかったのか。謎です。でも某テーマパークでは自分の中でダントツNO.1アトラクションだったりして、縁があるんだかないんだかよくわかりません。あれ、ほんと気持ちいいんですよ。爽快でね~スケールが大きくて!!なので、アトラクションに乗り込む気分で映画館に入り、そんなノリで画面を観て、そのままの気分で映画館を出ました。つまり....楽しかったです!あの宇宙人のくだりには、さすがにちょっとクエスチョンマークが出たけれど、ま、細かいことはいいか♪と思わせる爽快アトラクションでした(ん?!)
タマクロさん [映画館(吹替)] 6点(2008-08-10 16:31:29)
85.《ネタバレ》 「時代は変わった」と嘆く老インディに、若きジュニアの登場。これまでのシリーズとは違うよ、ということを端々に見せつつも、テーマ曲が流れるとこちらの胸はいやでも高まるのだ。知識を求める余り自滅したケイト・ブランシェットの姿は、序盤の核実験のシーンと被る。もはや自分でコントロールすらできない巨大な力を手に入れてしまった人類。冷蔵庫に隠れるという馬鹿馬鹿しい方法で生き残るインディの「前向き」な諦めの悪さ。時代は変わって年も取ったけど、まだまだ冒険は終わらない。
フライボーイさん [映画館(字幕)] 7点(2008-08-08 01:13:55)
84.わかりやすい伏線、お約束な展開、大げさなCG、まあ安心して乗れるジェットコースターっていう感じで、裏切られることもない代わりに期待した以上のものは得られなかったなぁというのが正直な感想。
同窓会的な楽しみはあるので見ても時間の損はしないけど。
修某さん [映画館(字幕)] 6点(2008-08-03 02:12:51)
83.《ネタバレ》 やはり、前作から時間が経ち過ぎてしまった感が。10年くらい前に作成されていれば、また印象もだいぶ変わったのかも。しかし、ストーリー展開はいつもの「インディ・ジョーンズ」。あれやこれやピンチが訪れ、ギリギリでさばいていくのは変わりません。途中から、「あれ?宇宙人?」という疑問が出てきて、ラストで「うーん。そこまでやるのはどうなのか?」という、やや残念な感想です。
ひよこたさん [映画館(吹替)] 7点(2008-08-02 19:17:58)
82.自分も含め、観る側が高いハードルを勝手に設定してしまうシリーズ。ハリソン・フォードがいて、あの音楽がかかればそれだけで十分にクリアされてしまう。そんな映画があってもいい。
monteprinceさん [映画館(字幕)] 8点(2008-08-02 16:51:04)
81.《ネタバレ》 頭の先から尻尾まで極上のアドベンチャームービー。始終ワクワクしっ放しでした。流石スピルバーグ、やっぱりインディ・ジョーンズ。サービス精神と遊び心が満載でした。青年のバイクネタがイイ。序盤大活躍の単車をわざわざ空輸。にもかかわらずその後は一切出番なし。この「すかし」にニヤリです。迫力満点のアクションにクラクラしました。劇場の大スクリーンで観なきゃ損です。賛否あるXファイル風のオチですが、個人的にはアリだと思いました。アークにしても聖杯にしても人智の及ばぬ領域。“未知なる物に対する興味と畏敬”という点では、前3部作と変わらないと思います。またジョーンズ博士の年齢についても全く気になりませんでした。ロートル?とんでもない。現役バリバリですよ。ラストがいいじゃないですか。若者に活躍の場を譲るのではなく、「まだまだ俺の時代は終わらない」とばかりにカウボーイハットを奪い取るオヤジ。この先、続編があろうとなかろうと、インディ・ジョーンズの冒険は観客の心の中で続いていくのだと思います。
目隠シストさん [映画館(字幕)] 8点(2008-07-30 19:24:07)
80.《ネタバレ》 前三作と今作の決定的な違いとは、今作がお祭り的な作品であるという点だと勝手に思ってます。もっと言うと、この四作目は三部作のボーナスと考えていいと思います。そういう意味で今回の怒涛の展開は許容範囲内でした。これが三作目から五年後くらいならブーイングものだけど、これだけ経ってるんだからこのくらいは待たせた分のサービスと考えます。
そういうハチャメチャな展開の中にも「やっぱりインディはこうでなくちゃ!」っていうポイントは押さえてあると思うし、パンチの音に合ったBGM(?)なんかもワクワクしました。最初はインディの背中が丸くなっていてブルーな気持ちでしたが、中盤からどんどんセクシーさを取り戻していったように思えます。ラストシーンからメインテーマの流れも最高でした。ケイト・ブランシェットもエロかったし、久々に全てを任せて純粋にワクワクできる作品を映画館で観ました。
核実験のシーンはいらないと思うのでこの点数。
HIRABAYASHIさん [映画館(字幕)] 7点(2008-07-30 16:59:58)
79.《ネタバレ》 インディ・ジョーンズシリーズ第四作。シリーズ三作目から19年もの時を経て復活。シリーズ一作目のヒロインとの共演、そして息子の登場。写真だけの出演となってしまったが親父であるショーン・コネリーが出てきたときはなぜか嬉しかった。爽快冒険アドベンチャー、このシリーズはこの一言に尽きる。
あるまーぬさん [映画館(字幕)] 7点(2008-07-29 04:05:44)
78.《ネタバレ》 いろいろ厳しい評価も多いんですが、ハリソン・フォードも老体に鞭打ってそれなりにインディしてたのではないでしょうか。驚愕のラストも含めて見て損はないと思いますよ。強いて言えば2作目(一番好き)のテイストにちょっと近い?
NEWかるびさん [映画館(字幕)] 6点(2008-07-28 22:56:43)
77.《ネタバレ》 前三作と比較しては駄目と思い、本作についてだけ書こうと思います。
ジョーンズ博士は歳にも負けず、結構頑張ってアクションシーンを演じていたと思います。
彼が登場早々に軍隊相手に倉庫で大暴れ、バックではレイダース・マーチが流れるとなれば興奮せずにはいられません。
上記の様にアクションシーンには全体的に良かったのですが、問題はやっぱり脇を固めるキャラ達かなぁと。
ジョーンズの血統を追うのは楽しいですが、どーも三世はいらなかったと感じてしまいました。ただの助手でも充分だったのでは?あと三世のターザンごっこは流石にギャグに走りすぎと思います。
極めつけは最後のオチ。グレイみたいな宇宙人が唐突に出てくる展開には最早呆れてしまった。時空の狭間ってなんだい。
民朗さん [映画館(字幕)] 5点(2008-07-28 11:25:13)
76.子供と一緒だったので吹き替え版で観ました。
もはやオッサン以外の何者でもないインディー。でも、十分面白かったです。
観ているときのワクワク感はやはり格別です。
Feld Hern Halleさん [映画館(吹替)] 7点(2008-07-28 00:16:38)
75.《ネタバレ》 展開は楽しい。オチが・・・。っという感じ。
製作に何度も脚本に駄目出ししまくったとのことですが何故これに?何故今にUFOアンド宇宙人?
と思ったら宇宙戦争の脚本家なのですか?うーむ。。。
年齢を感じさせる動きからダイハード的な不死を思わせますが、
まぁ元々飛行機から救命ボートで落下したりしてたので、これはこれでこんなものかなぁと。
間もずいぶん空いたしね。今と昔だと求められるアドベンチャーやアクションも違ってくると思われ。
マリオンとのかけあいとか、謎解き展開、ありえない生き物や自然の恐怖はインディっぽくて好きなんですが、
微妙に超能力チックなもんとか近代的な要素が入ってるのは、なんというか、そこは骸骨の呪いでいって欲しかった。
やっぱり敵はナチでないと駄目なのか!?
ちなみにブロディ役の名優故デンホルム・エリオットはハナ肇ばりの銅像出演。
銅像の首すっ飛んで来たとき心の中でブロディの名前を叫んでしまった。
前作の彼のすっとぼけた表情と絶妙な間合いが大好きで、亡き今でもこんな形でも出演してもらって非常にうれしいです。
ラストもインディがブロディの後を引き継ぐように副学部長になる辺りがまたオツかなと。
パパのほうは残念。頑張って出て親子3代の掛け合いを観て見たかった。
ところで、初めの方に出てたコンテナってレイダースの最後のあれかなって勝手に思ってるんですが、
木箱破壊しまくって脱出した時に、一瞬壊れた木箱からちらリズムしてた黄金っぽいのが何だったのか非常に気になる。
ひで太郎さん [映画館(字幕)] 7点(2008-07-22 18:31:38)
74.《ネタバレ》 鑑賞中「あれ?インディ・ジョーンズってこんなトンデモ系な感じだったっけ?」と何か違和感を感じていました。「ジェダイの復讐」でイウォークがそれまでの全てを破壊した時のようなハチャメチャ感も漂います。アクションシーンは凄いしCGも違和感なくとても良かっですが、宇宙人ネタというのが根本的に「あれ???」と思う違和感なんだと思います。個人個人の「これがインディジョーンズだ」という想いを捨て去って観れば、それなりに良くできた作品だとは思います。
zaburoさん [映画館(字幕)] 6点(2008-07-21 18:09:41)
73.《ネタバレ》 永遠の安全牌シリーズ。序盤は昔ながらの冒険活劇的風味を「あえて」踏まえつつ、クライマックスではハイテクCGてんこ盛りを見せつけてくれるあたりに王者の貫禄すら覚えます。
Keicyさん [映画館(吹替)] 7点(2008-07-21 02:24:30)
72.事前にがっかり警報を受けていたけれども、それほど悪い映画とは思わない。しかし、展開が早く演出が淡白で、どのシーンも強く印象に残らない。インディと一緒にこちらも年をとったということか。
センブリーヌさん [映画館(字幕)] 6点(2008-07-21 01:08:27)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 211人
平均点数 5.88点
000.00%
110.47%
231.42%
3167.58%
42210.43%
53516.59%
66329.86%
73516.59%
82712.80%
973.32%
1020.95%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.87点 Review31人
2 ストーリー評価 5.28点 Review38人
3 鑑賞後の後味 6.19点 Review36人
4 音楽評価 8.38点 Review44人
5 感泣評価 3.85点 Review28人
chart

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

2008年 29回
最低続編・リメイク賞 受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS