愛しのローズマリーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > 愛しのローズマリー
 > (レビュー・クチコミ)

愛しのローズマリー

[イトシノローズマリー]
Shallow Hal
2001年【米・独】 上映時間:114分
平均点:6.19 / 10(Review 181人) (点数分布表示)
公開開始日(2002-06-01)
ドラマラブストーリーコメディファンタジーロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-11-27)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ファレリー兄弟
助監督ジョシュ・クラウスナー(第2班監督)
キャストグウィネス・パルトロウ(女優)ローズマリー・シャナハン
ジャック・ブラック(男優)ハル・ラーソン
ジョー・ヴィテレッリ(男優)スティーヴ・シャナハン
ブルース・マッギル(男優)ラーソン牧師
スーザン・ウォード(1976年生)(女優)ジル
ニコール・ヒルズ(女優)ナイトクラブの客
ジェニファー・スカイ(女優)ナイトクラブの客
モリー・シャノン(女優)メアリー・ラーソン夫人(ノンクレジット)
ジェイソン・アレクサンダー〔男優〕(男優)マウリシオ
高木渉ハル・ラーソン(日本語吹替)
山崎美貴ローズマリー・シャナハン(日本語吹替)
後藤哲夫マウリシオ・ウィルソン(日本語吹替)
石塚理恵ジル(日本語吹替)
牛山茂ウォルト(日本語吹替)
藤本譲スティーヴ・シャナハン(日本語吹替)
大塚明夫アンソニー・ロビンズ(日本語吹替)
後藤敦ラルフ・オーウェン(日本語吹替)
天田益男医師(日本語吹替)
佐藤しのぶ【声優】ジェン(日本語吹替)
宮寺智子シャナハン夫人(日本語吹替)
脚本ファレリー兄弟
音楽アイヴィ
挿入曲シェリル・クロウ"Members Only"
アイヴィ"Edge Of The Ocean"他
ジェフ・ベック"Roy's Toy"
ファウンデーションズ"Baby, Now That I've Found You"
ニール・ヤング"After The Gold Rush"
撮影ラッセル・カーペンター
製作ファレリー兄弟
ブラッドリー・トーマス
チャールズ・B・ウェスラー
マーク・S・フィッシャー(共同製作)
20世紀フォックス
配給20世紀フォックス
特殊メイクトニー・ガードナー[メイク]
特撮ピクセル・マジック社(視覚効果)
アサイラムVFX(視覚効果)
衣装パメラ・ウィザーズ[衣装]
編集クリストファー・グリーンバリー
字幕翻訳松浦美奈
あらすじ
父親の遺言を受け継ぎ外見重視なハル(ジャック・ブラック:高木渉)は自らの外見を省みない為モテない毎日を過ごしていた。ところが偶然知り合った精神科医の催眠療法で性格は良いが醜い女性がハルにだけは絶世の美女に見えるようになった為ハルは急にモテだしたのだが・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
181.《ネタバレ》  ジャック・ブラックという俳優の魅力に気が付かされた、記念すべき一品。

 元々はヒロインであるローズマリーことグウィネス・パルトロウ目当てで観賞したはずなのですが、終わってみれば主人公である彼の虜になっていた気がしますね。
 それくらい衝撃的だったし、本当に良い役者さんだなと、しみじみ感じ入りました。

 失礼ながら自分は「太った男優」を恰好良いと思った事が無かったもので、そんな自分の「太ってるのに、こんなに恰好良いんだ」という驚きが、劇中の「太っていても、ローズマリーはこんなに綺麗だ」という主人公の考えとに、上手くシンクロしてくれた気がしますね。
 実際に観ている自分自身「外見に左右されない、内面の魅力」に気が付かされた訳だから、主人公の考えの変化にも自然に共感出来たし、そういう意味では非常に運が良かったというか、相性の良い映画だった気がします。
 
・主人公が受けた暗示について「以前からの知り合いは従来通りの姿で見える」という部分が分かり難い。
・ローズマリーと出会う前に色んな女性と絡む為、誰がヒロインなのかと混乱する。
・美女は次々に登場する一方で、美男子は殆ど出て来ないので女性の観客にとっては物足りなさそう。
・そもそも主人公の主観とはいえ「太ってる」「老けてる」などの特徴を「醜い」として劇中で扱ってるのは酷いんじゃない?

 等々、欠点らしき部分はあるけど、それでも自分にとっては大好きな映画なんですよね。
 音楽のセンスも好みだし、ファレリー兄弟の作にしては比較的上品な脚本なのも嬉しい。
 ローズマリーの体重でボートが傾いている場面や、脱いだ下着が「パラシュート」サイズで驚く場面なんかも面白くて、コメディ映画としても、しっかり楽しむ事が出来ました。

 そして何といっても「主人公が、火傷の女の子と再会する場面」が、本当に素晴らしい。
 それまで見た目に囚われていた主人公が、彼女の真実の姿に大きなショックを受け、それでも相手を傷つけないようにと平静を装いつつ「元気かい? 美人ちゃん」と言って、優しく抱き締めてあげる。
 その時の(俺は、どれだけ馬鹿な奴だったんだ)(こんな幼い子を見た目で判断して傷付けてしまうような、最低な奴だったのか)という「気付き」と「後悔」の演技とが実に見事で、ここが本作の白眉であったと思います。

 それと、もう一つ。
 ラストにてローズマリーに告白してみせた際の「鳩時計の真似」も、凄く素敵でしたね。
 「本当に、それで後悔しない?」と不安そうに問い掛ける彼女に対し、お道化てみせるだけで、言葉では応えず、その後の優しい笑顔で「後悔なんてするはずないだろう」「だって、君を愛しているから」などといった、色んなメッセージを伝えてみせる。
 凡百の台詞よりも遥かに雄弁な、その仕草と笑顔とを見せられた瞬間、この映画は傑作だと確信を抱く事が出来ました。

 太っている女性が別人のように痩せた際「生まれ変わった」という表現を用いる事がありますが、本作のローズマリーは生まれ変わったりしません。
 生まれ変わるのは、主人公のハルの方。
 決して悪い奴じゃないんだけど、偏見に囚われてしまっていた彼が、心優しいヒロインのローズマリーと結ばれて、とびきり魅力的で恰好良い男へと、鮮やかに変身してみせる。
 それが実に痛快で、皆が祝福してくれるハッピーエンドも心地良くて、観ているこっちまで幸せな気持ちになれるんだから、本当に良い映画だと思います。

 「最初は勘違いから始まった恋が、真実の愛に帰結する」というラブコメの王道を、分かり易く表現してみせた、鮮やかな逸品でありました。
ゆきさん [DVD(吹替)] 9点(2018-06-19 22:22:02)(良:2票)★《更新》★
180.ただのドタバタラブコメディかと思いきや障碍者称讃映画でもありました。
実際にスタッフが障碍者をどう思っているかはわかりかねるけど、少し笑ってちょっとだけ心の暖かくなる映画です。
ガブ:ポッシブルさん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2017-06-23 09:58:35)
179.《ネタバレ》 結局この話って一周回って「デブは不細工」って言っちゃってるんだけども。容姿に関わる話ゆえ、レビュワー諸氏が持論を展開、沸騰してて興味深い。「価値観を押し付けるな」から「いやいや奥が深い。哲学だ」から「ブスが心がキレイとは限らない」から「そもそもグウィネスが美人とは思わない」まで皆さん熱いなあ。あはは。
ワタクシの見解を述べますとね、年を経るにつれ、外側は若い頃ほど気にならなくなるもので。顔とか体型の造作に関係なく、気持ちよく笑う人って魅力的だなあと思っています。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-11-03 00:49:51)(良:1票)
178.《ネタバレ》 2016.08/05 鑑賞。この手のストーリーは好みではない。何か差別するなと言いながらかえって太った人、小さい障害者を笑いものにし差別している感じがする。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-09-01 13:04:19)
177.自分もポテポテ体型なので笑える映画だった。この頃のグウィネスが一番かわいいかな。
movie海馬さん [ビデオ(字幕)] 5点(2014-12-05 22:37:04)
176.気楽に見るにはもってこいの映画。
面白い。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 7点(2014-08-17 21:55:34)
175.《ネタバレ》 美醜のギャップがここまであるとある意味、心を揺さぶられる。結局、人間は外見に左右されるという事だよなあ。それは仕方ないし良い悪いの話でもない。明らかに態度を変えるのはアレだけど、嫌悪の気持ちはどうしようもない。しかも肥満は病気を除き本人の怠慢もあるから、心や精神にも関係しているし、それが外見となって現れているとも言えるし。また、ヤケド少女への対応は同情でしょう。明らかに外見で判断してるよ。美醜の判断は論理的ではない。が、感覚的に外見「だけ」で判断するのは非論理だから間違いが生じやすいし、頭で考えて行動しなきゃいけない場面はあるって事かと。古典的テーマではあるが、あらためて色々と考えさせられた。
東京50km圏道路地図さん [地上波(吹替)] 8点(2014-08-14 11:15:57)
174.《ネタバレ》 単なるコメディーだと思ってたら結構泣ける場面が多かった。自分も若い頃は見た目で女性を選んでいたのでそれは大きな間違いだったと後悔した。本当に大切で必要な女性を失ってきたのかもしれない。やけどの女の子と接する場面はなんか涙が出てきた。ストーリーは多少つじつまの合わないところもあるがそんな細かいことは抜きにして面白い。まあでもぶっちゃけ現実は太ってる女性の方があまり性格良くないことが多いし、適度にやせてる方が可愛く見える。タクシーに一緒に乗った女の子は本当の姿もそれほど悪くないと思う。自分も昔よりは内面をみることができるようになったのかも(笑)
イサオマンさん [地上波(吹替)] 8点(2014-04-29 16:20:44)
173.何度フラれても美女への突撃を繰り返す序盤はジャック・ブラックの濃いキャラクターが全開。しかし話が本題に入って以降は、ラブコメという形ではあるのですが笑えませんでした。本作のように人間の容姿をテーマにするのって本当に難しいと思う。結局はこれしか落としドコロは無いというハッピーエンドに行き着いてほっとしましたが、デートの食事中に彼が席を外したすきに彼の料理まで食ってしまうとか、ケーキのくだりとかは実際笑えないし、こういうバカにしたような描写は不要だったと思います。
とらやさん [DVD(字幕)] 4点(2014-03-20 22:41:50)
172.《ネタバレ》 見た目も大切。中身も大切。世の中バランスが大切です。
いっちぃさん [地上波(吹替)] 7点(2014-03-09 11:32:50)
171.これはなんとも切ない作品ですね。
太った姿をチラチラ見せる演出のせいで、序盤のラブラブモードの時点で既に切なくなってしまった。
作中の設定では、見た目の醜い人は心が美しくて、見た目の美しい人は心が醜いという前提になっているけど、現実には見た目も心も美しい人だって存在するわけで、そんな完璧超人にどうやったら勝てるんだろうか???
結局は何かを諦めて妥協するか、独り寂しく人生を送るしかないのかも知れない。
そういう人生の虚しさを抜きにして見るなら、よく出来たコメディとして結構笑えるシーンもあったんだけどね。
でも、やっぱり人の欠点をネタにして笑ってもいいんだろうか?と複雑な心境になる深いテーマの作品です。
もとやさん [地上波(吹替)] 6点(2014-02-15 22:39:28)
170.《ネタバレ》 全体的に、見た目と心のきれいさが反比例するかのような描き方はやややりすぎな気もするが、分かり易くかつ痛快なコメディは見ていて飽きなかった。
なこちんさん [地上波(吹替)] 6点(2014-02-14 01:35:47)
169.《ネタバレ》 本作はコメディという形式を取り、且つジャック・ブラックと言う極めてアクの強い役者を起用する事で、鑑賞する側の視点を微妙にずらす事に成功しているが、実はもの凄く嫌味な(狙った)作品なのでは無いだろうか。
鑑賞中はグゥイネス・パルトロウを殆ど見っぱなし、世の中の男性諸氏の殆どはそうなる筈。それ位に魅力的な容姿と演技なのだけれど、話のオチが見えてくるにつれてなんだか段々と嫌な気分になってくる。
「人を容姿で判断する事はいけない事」そんな事は当たり前だ・・・判ってるよ と、そう思いながら鑑賞している自分に対し「おまえだったらどうするよ、ん?」と自分の嫌な部分を上から目線で見下ろされている様な気分になった。
映画の方は主人公が改心する事で美談的な大団円を迎えるけれど、私自身は複雑な気分で鑑賞を終えた次第。

たくわんさん [DVD(字幕)] 3点(2012-10-19 16:05:57)
168.《ネタバレ》 少々品のないスタートだったけど、徐々に映画の魅力にはまってしまった。最初のうち笑ってばかりいた自分も、途中から笑えなくなってしまった。人を外見で判断してはいけないと誰もが知ってはいるが、実際となるとむずかしい。映画はあっさりとやってのけたし、ラストも良い。
やせた美しいローズマリーも太ったローズマリーも同一人物(特殊メイク)と知り、大変驚いた。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 7点(2012-04-21 22:46:24)
167.《ネタバレ》 ビジュアル的にきついものがあるけど
ストーリーはおもしろい。

外見ばかり気にする主人公のことだから
現実を見たときの反応が楽しみだったんだけど、
意外とあっさり受け入れちゃって残念。
もっとすったもんだあってもいいのに。

オカマの店員が一番笑えました。
らんまるさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-02-20 01:13:49)
166.面白くて泣けます。人間の価値は外見ではなく、内面で決まりますよね。わかっているけど、実際は…。ジャック・ブラックの演技は相変わらず切れまくってるし、グウィネス・パルトロウはとてもきれいで、いい映画です。
おやじのバイクさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-02-12 01:48:36)
165.《ネタバレ》 くだらないコメディかと思いきや、キチンと笑えて最後には感動させるところが、いつものファレリ兄弟。本作は美しさと醜さについてですね。ややローズマリーが痩せること、つまり自分の見た目を良くしようと全く思っていない点が気になりましたが、それに目をつぶれば上質なラブ・コメディだと思います。
民朗さん [DVD(字幕)] 8点(2011-10-08 23:49:53)
164.とにかく主人公がステレオタイプの軽い男で、
この映画いったいどうなっちゃうの? と心配したのだが、
ある設定の妙味が効いて、まともな流れへ。テーマも非常に判り易くて取っつき易かった。
終盤からの主人公の心境の変化は、ここらあたりは一番の見せ場なのだから
もう少しじっくりと見せて欲しいところ。なまじテンポのいいコメディということもあり、
ラストを含めて最後まで、主人公の軽さばかりが目立ってしまったのが残念。
それでも中々面白いラブコメだった。
MAHITOさん [地上波(吹替)] 5点(2011-08-08 09:11:25)
163.ラブコメの王道か、エンディングは読めても気にしない。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-03-06 12:36:23)(良:1票)
162.ジャック・ブラックは基本はずれがない。
アフロさん [DVD(字幕)] 7点(2009-06-18 17:39:33)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 181人
平均点数 6.19点
010.55%
121.10%
242.21%
363.31%
4116.08%
52614.36%
64223.20%
75329.28%
83016.57%
942.21%
1021.10%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.50点 Review6人
2 ストーリー評価 5.37点 Review8人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review7人
4 音楽評価 6.00点 Review6人
5 感泣評価 4.60点 Review5人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS