Menu
 >
 >
 > ヴィレッジ

ヴィレッジ

The Village
2004年【米】 上映時間:108分
平均点: / 10(Review 204人) (点数分布表示)
ドラマホラーサスペンスミステリーロマンス
[ヴィレッジ]
新規登録(2004-07-25)【V】さん
タイトル情報更新(2013-12-10)【ESPERANZA】さん
公開開始日(2004-09-11
公開終了日(2005-04-22)
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督M・ナイト・シャマラン
助監督ジョン・ラスク
キャストブライス・ダラス・ハワード(女優)アイヴィー・ウォーカー
ホアキン・フェニックス(男優)ルシアス・ハント
エイドリアン・ブロディ(男優)ノア・パーシー
ウィリアム・ハート(男優)エドワード・ウォーカー
シガニー・ウィーバー(女優)アリス・ハント
ブレンダン・グリーソン(男優)オーガスト・ニコルソン
ジュディ・グリア(女優)キティ・ウォーカー
マイケル・ピット〔男優〕(男優)フィントン・コイン
ジェシー・アイゼンバーグ(男優)ジェイミソン
ジョン・ラスク(男優)ラジオのアナウンサー
M・ナイト・シャマラン(男優)
フラン・クランツ(男優)クリストフ・クレイン
園崎未恵アイヴィー・ウォーカー(日本語吹き替え【DVD】)
森川智之ルシアス・ハント(日本語吹き替え【DVD】)
宮本充ノア・パーシー(日本語吹き替え【DVD】)
佐々木勝彦エドワード・ウォーカー(日本語吹き替え【DVD】)
駒塚由衣アリス・ハント(日本語吹き替え【DVD】)
石住昭彦オーガスト・ニコルソン(日本語吹き替え【DVD】)
伊藤美紀〔声優〕キティ・ウォーカー(日本語吹き替え【DVD】)
小林さやか〔声優・1970年生〕アイヴィー・ウォーカー(日本語吹き替え【日本テレビ】)
加瀬康之ルシアス・ハント(日本語吹き替え【日本テレビ】)
桐本琢也ノア・パーシー(日本語吹き替え【日本テレビ】)
原康義エドワード・ウォーカー(日本語吹き替え【日本テレビ】)
土井美加アリス・ハント(日本語吹き替え【日本テレビ】)
脚本M・ナイト・シャマラン
音楽ジェームズ・ニュートン・ハワード
編曲ピート・アンソニー
ブラッド・デクター
ジェフ・アトマジアン
撮影ロジャー・ディーキンス
カイル・ルドルフ(カメラ・オペレーター)
製作スコット・ルーディン
M・ナイト・シャマラン
サム・マーサー
配給ブエナビスタ
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
スティーヴ・ジョンソンズ・エッジFX社(特殊効果)
衣装アン・ロス〔衣装〕
その他ピート・アンソニー(指揮)
あらすじ
田園風景に包まれた平和な「村」。人々は「町」と隔絶された暮しを維持していた。「町」に行くには「森」を抜けなくてはならない。でも、そこには魔物が棲んでいる。「彼ら」は何もしなければ襲っては来ない。互いに不可侵の契約を結んでいるから… しかし、そのバランスが崩れかけたとき不幸な事件が起き、純粋な愛のため盲目の若き女性が森を抜けるべく決心する。彼女を待っていたものとは… M・ナイト・シャラマン監督が放つ、恐ろしくも切ないファンタジー。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
184.《ネタバレ》 シャマランくんには、『シックスセンス』では「若いのにすげーテクニックを持ったやっちゃ!」と感嘆させられ、『アンブレイカブル』を観て「こいつは正真正銘の大バカだ!」と唖然とさせられたものですが、こわごわ観た本作は落ち着いて観れる出来でした。ただ観始めてからストーリー展開に既視感を強く感じてきまして、半ばぐらいのところで大昔にTVで観たロジャー・コーマンの『恐怖の獣人』とそっくりだと気がついたのです。まさかまさかとラストまで行くと、オチも一緒で「こりゃ翻案というかリメイクじゃん」と呆然としちゃいました。とは言え、私は決して本作をそれで否定するようなケチな料簡は持っていません、『恐怖の獣人』はアイデアはともかくとしてしょせんはC級映画ですし、そのプロットを現代に甦らせたシャマランの意欲は買いたいところです。あのロン・ハワードの娘は決して美人じゃないけど“盲目がゆえの怖いもの知らず的な勇気”を上手く演じていました、しかしやり過ぎで“ほんとに盲目かよ”と突っ込みたくなる部分がちょっと多すぎです。ネタばれしすぎるのであまり詳しく論じれませんが、そもそも「盲目のくせになんで怪物が近づいてくるのが判るんじゃ!」とだけは声を大にして言わせて下さい(笑)。シャマランくんはオリジナルなストーリーだと風呂敷を広げるだけで収拾がつかなくなる傾向が顕著なので、これからもリメイク・翻案ネタで勝負した方が賢明ですよ。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-08-03 22:24:59)
183.《ネタバレ》 ホントたまたまなんですけど、アザーズ・そして今作ヴィレッジと「シックスセンス」がらみの映画を続けて観てしまいました イヤーほんと偶然 ということで、これは「シックスセンス」を観ろということなんでしょう(!?変に前向き(笑)全く前知識ゼロだったので面白かったですよ ちと中盤が退屈かな 最後のオチには結構ビックリ え!?現代の話?お墓の日付は? もう一回観ないとわかんないなこれは  盲目役の女のコ かわいいけど目見えなくてあんなことできるかなぁ ちょっとそこらへんが気になってシマイマシタ
Kanameさん [DVD(字幕)] 6点(2010-06-23 17:43:13)
182.《ネタバレ》 心に傷を持った大人が作った「平和な村」。それを守る為に作られた「嘘」。観賞後『大人は心を閉ざし、盲目のアイバーが心の目を開いて突き進んだ、って事?』と一瞬思ったのですが、どうも、違和感を覚えました。ルシアスを傷つけたのはノアですが殺してません。そもそも、彼に「殺す」という概念があったのでしょうか?大人達はルシアスを助ける手だてを知りながら、見殺しにしようとしていた。そして、誰かを殺したのは突き進んだアイバーです(身を守る為だったけど、怪物がいないのは知っていた筈)息子を殺されても「平和な村」の為に親は黙っているのでしょう。心の傷を癒す為に作った「村」の筈なのに…一度嘘の世界を作ってしまえば、嘘に嘘を重ねて補修していくしかないのでしょうか?怪物がいない事を知っているアイバーだけれど、黙っていると思う。彼女にとってルシアスが世界の全てだから(外と接触しても、知ろうともしない)あの村は「ごまかしの村」ではないでしょうか?自分の世界だけしか見ていないのは、アイバーも含めて全員同じ気がする。でも、それってこの村じゃなくても起きている事。例えば『隣の家の子供がいつも痣だらけ。虐待かもしれない。でも、やっかいだし怖いから見て見ぬふりをしよう。その方が楽だし…』子供が虐待死したとしても「私は知らなかった。何も見ていないから」といって誤魔化し、「あの時私が話していれば…」なんて思わない。自分の心の平和を守りたいから。この映画の登場人物達にとって大切なのは「自分の世界の平和」でした。何を、誰を犠牲にしようとも…それが言い知れぬ怖さに感じました。
果月さん [DVD(字幕)] 6点(2010-05-31 17:09:00)
181.《ネタバレ》 シャマラン作品の中では一番好き。何と言ってもオチが見事。私的にはシックス・センス以上と思う。文明から逃れる為、過去に大人たちの下した決断の切なさが胸に沁みます。
ノアの存在がとても効いていました。
ピンフさん [DVD(字幕)] 7点(2010-03-05 04:50:38)
180.あーもういいかげんにして。シャマランって映画作る資質がないですよ。
そもそもこんな弱虫だらけの村なんて感情移入出来ないどころか同じ人間として怒りすら感じます。
HAMEOさん [映画館(字幕)] 3点(2010-02-02 15:56:52)
179.M・ナイト・シャラマンの映画ということでどんでん返しがあることは分かって見てたのですが、それでもこのラストは鮮やかでした。そういうことだったのか!と思わず納得してしまいました。ただ問題は話が展開しだす中盤までかなり退屈なこと。ひたすら無垢で牧歌的な村人の生活を延々見ていないといけないので辛いです。もっとも私は退屈でしたが村のああいう生活が魅力的だと思える人ならもっともっと映画に引き込まれたことでしょう。
54dayoさん [DVD(字幕)] 6点(2010-02-01 22:07:48)
178.《ネタバレ》 舞台設定は面白いです。自分たちで村を作る。そんなことを一度は考えたことがあるので、ちょっとだけこの世界に惹かれるものがあります。しかし、物語としてはやや退屈なのと、アイヴィーが盲目のように見えないのでちょっと入り込めなかったです。最後のオチは好きですけどね。
茶畑さん [DVD(字幕)] 3点(2010-01-11 11:47:24)
177.《ネタバレ》 一昔前の欧州の雰囲気を巧く結構出していたけど、それさえも伏線か。シャマラン監督ということでオチはとかを先読みとしようとなんかして逆に楽しめなくなってしまう自分がイヤ。まあそれほどのビックリ箱でもなかったし、壮大なる社会実験だったんですねということで。平均的な出来。ということでまとめるんですが、シャマラン監督ではなくて別の監督製作ということなら丁寧な創り映像謎解きということで逆に点数は上がってこの映画の評価もあがっていいかなとも思う。シックスセンスのシャマランということで彼に対する期待のハードルも上がってしまっているんだろうなあ。
タッチッチさん [地上波(吹替)] 5点(2009-12-25 16:32:35)
176.幸か不幸かシックス・センス (1999年) は未だ観ていません。幸か不幸かサイン(2002年) だってまだ観ていません。 なので全くの逆走となってしまいますが、今後、観て行く予定なんです。なぜなら〝ヴィレッジ〟が良かったから。  ・・・今さらシャラマン。かなりの時代遅れです ^^;
3737さん [DVD(字幕)] 8点(2009-11-25 23:15:51)
175.交易なしであの暮らしは無理だろ?という疑問と終始戦いながら見続けるのが苦痛。ネタばれでどっかから裏で物資をもらってたのかな?と思ったが、そんなのすぐにバレルだろう。だから設定そのものが破綻してる。あとは皆さんのシックスセンスへの思い入れに少々ビックリしています。この監督は「シックスセンス」という魔物から一生逃れる事はできないのかな。
東京50km圏道路地図さん [地上波(吹替)] 4点(2009-11-23 17:43:24)
174.シャマランの映画の中では一番好きです。全体を通しての緊迫感、大人達の真実、悪くないです。また怪物のキーに使われた赤色も映えてていい演出でした。
アフロさん [DVD(字幕)] 7点(2009-11-04 16:58:10)
173.《ネタバレ》 ブライス・ダラス・ハワードの透明な美しさが印象的。シャマラン映画としては、前作の雪辱を晴らすべく作られた会心の作。ここでもやはり衝撃の「オチ」を用意しているのだが、それが二重三重の入れ子型になっており、わりと素直に驚きました。オチを知ってから観ると、登場人物の言動の深さに感じ入り、さらに感動が増す仕掛け。最低でも二度観ることをお勧めします。知的障害者が犯罪を犯すところが正直引っかかるが、実際にそういう事件は存在するし、監督は人の純粋さが孕む危険性をも描きたかったのだろう(村の長老たちも純粋な気持ちから子供たちを騙していたのだろうし)。盲目のアイヴィーが、村の掟を破ってまで正しい道を歩もうとするその姿にただただ敬服する。
フライボーイさん [映画館(字幕)] 7点(2009-08-24 08:50:39)
172.なかなか良く出来ていると思いました。幻想的な雰囲気に呑まれそうです。そしてラストには衝撃を受けました。
色鉛筆さん [DVD(字幕)] 7点(2009-02-11 09:58:33)
171.《ネタバレ》 この監督の良い所はしっかりとしたテーマ性と判りやすい作りそして人間ドラマを上手く描いている点だと思う。今回の映画も構成が上手いのだが、少し森に執着し過ぎたせいか内容が薄っぺらかった気がした。盲目の少女に行かせなくても誰かいるだろうにとか、怪物がいないと聞いたはずなのに妙に脅えてた所、ノアが獣になった理由など、腑に落ちない所がチラホラあってシャマランのいつものパズルのような緻密さはなかった気がした。オチはまさかのタイムスリップ?ネタでニヤリとさせられました。どんでん返しの監督だとCMなどでは言われていて確かにその傾向はあるにしても初めからネタバレされたら苦労するだろうな~、初見の人ですらネタバレなんてハードル上がりすぎでは、いっそのこと一回どんでん返しから離れた映画を撮ったほうがと思うのは自分だけだろうか(才能あるのにね)。
taka-104さん [地上波(吹替)] 6点(2009-02-08 04:44:10)
170.《ネタバレ》 このオチはとても気に入ってます。
8bitさん [DVD(吹替)] 6点(2008-10-14 22:11:23)
169.またシャマランに騙されたという感じです。オチがひどい。興味をそそるCMだけは評価できます。でもふたを開ければつまらなくて騙される。
濤声さん [映画館(吹替)] 1点(2008-09-29 23:13:54)
168.お次はCMに騙されました。
悲喜こもごもさん [DVD(字幕)] 3点(2008-07-28 22:29:00)

167.ラストには驚かされた。「なるほどそういうことか」と手を叩きたくなった。
前半からきっちり伏線を張っていて、構成もしっかりしている。面白かった。
ぽやっちさん [地上波(吹替)] 8点(2008-07-23 03:12:10)
166.おもしろかったです。村の雰囲気の怪しい感じが幻想的でよい。
もう一回みたいなあ、とおもいました。
paniさん [DVD(字幕)] 6点(2008-07-16 14:08:21)
165.どーも、、シャマランの映画は苦手。静かすぎる彼の映画の雰囲気がなんか馴染めないんですよねぇ。アイデアは別にいいんですがオチの衝撃度がある映画ばかり作っていると慣れてしまうんですよね。今回もそれなりのオチがあるのに彼の映画で衝撃オチなれしてしまったのでそんなにも・・・な感じでした。ブライス・ダラス・ハワードのかわいさのなんとかもったとこです。
M・R・サイケデリコンさん [地上波(吹替)] 5点(2008-06-27 16:41:40)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 204人
平均点数 6.08点
000.00%
110.49%
220.98%
362.94%
42411.76%
52813.73%
65727.94%
75627.45%
82311.27%
973.43%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.26点 Review15人
2 ストーリー評価 6.06点 Review30人
3 鑑賞後の後味 6.23点 Review26人
4 音楽評価 6.15点 Review26人
5 感泣評価 4.22点 Review22人

【アカデミー賞 情報】

2004年 77回
作曲賞(ドラマ)ジェームズ・ニュートン・ハワード候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS