Menu
 >
 >
 > ローレライ

ローレライ

LORELEI: THE WITCH OF THE PACIFIC OCEAN
2005年【日】 上映時間:128分
平均点: / 10(Review 126人) (点数分布表示)
アクションドラマサスペンスSF戦争もの特撮もの小説の映画化
[ローレライ]
新規登録(2004-09-24)【リーム555】さん
タイトル情報更新(2017-08-14)【イニシャルK】さん
公開開始日(2005-03-05
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督樋口真嗣(監督/特技監督)
佛田洋(特撮監督)
助監督尾上克郎(監督補)
キャスト役所広司(男優)絹見真一
妻夫木聡(男優)折笠征人
柳葉敏郎(男優)木崎茂房
香椎由宇(女優)パウラ・アツコ・エブナー
石黒賢(男優)高須成美
小野武彦(男優)岩村七五郎
近藤公園(男優)唐木義高
佐藤隆太(男優)清永喜久雄
ピエール瀧(男優)田口徳太郎
鶴見辰吾(男優)大湊三吉
伊武雅刀(男優)楢崎英太郎
國村隼(男優)時岡纏
橋爪功(男優)西宮貞元
大河内浩(男優)江藤浩輔
上川隆也(男優)作家
堤真一(男優)浅倉良橘
富野由悠季(男優)間宮大尉
庵野秀明(男優)伊507を降りる兵
原作福井晴敏「終戦のローレライ」
脚本鈴木智〔脚本〕
音楽佐藤直紀
撮影佐光朗(撮影/特技撮影)
相馬大輔(撮影助手)
製作亀山千広
島谷能成(製作総括)
大月俊倫(製作統括)
東宝
フジテレビ
キングレコード
関西テレビ
企画中島かずき(企画協力)
プロデューサー市川南〔製作〕
臼井裕詞
配給東宝
特殊メイク原口智生
特撮佐藤敦紀(VFXスーパーバイザー)
大屋哲男(VFXプロデューサー)
作画庵野秀明(画コンテ協力)
美術清水剛
出渕裕(水密服デザイン)
押井守(B-29マークデザイン)
ヘアメイク柘植伊佐夫(パウラ・ヘア/メイクデザイン)
録音鶴巻仁
トム・マイヤーズ(録音)(サウンドデザイン)
照明渡邊孝一
その他東京現像所(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
106.いや、単純に面白かったな。深いとこあんまり考えずに、結構映画の中の出来事に共感を覚えながら見ることができた。見終わった後も、しみじみと映画の雰囲気に浸た。
SAKURAさん [映画館(邦画)] 7点(2007-04-30 23:24:03)
105.《ネタバレ》 2005年の映画かぁ。数年前なのに、こんなにCGがちゃっちいんだね。ということは、日本の技術も進んでいるということかな。「映画役者」カテゴリの、役所と妻夫木で豪華っぽいのに、「安いTV俳優」カテゴリの、柳葉と佐藤隆太で台無しになった。元KICK THE CAN KREWのKREVAや、劇団新感線、大人計画などの役者たちが出てるのはちょっと楽しかったけど。ま、映画的には、どーかと。
あまねねさん [地上波(邦画)] 4点(2007-04-20 15:03:40)
104.チープなCG、そしてエヴァっぽい。
たろささん [地上波(邦画)] 1点(2007-03-03 23:00:15)
103.《ネタバレ》 CGがしょぼい。戦闘中に「お前ら感動しろ」シーンを長々と何回も挿入されてテンポが悪い。そんなことやってる間に爆雷落ちてきそうだし。本体から切り離さないと起動できないローレライシステムも意味不明。ラピュタの飛行艇みたいなことをやってみたかっただけなのでしょうか?潜水艦という特殊な状況の緊迫感が全くなし。そう考えるとU-ボートの緊迫感は素晴らしかった。
丸に梅鉢さん [地上波(邦画)] 4点(2007-03-03 00:53:51)

102.《ネタバレ》 ローレライ自体に殺傷能力がないこと。しかもシステムとしては貧弱で未完成。でも海戦において絶大な威力発揮する。この設定に惹かれました。香椎由宇もその完璧すぎる容姿が、役にピッタリ。もちろんコスチュームもグッド。本作が原作に忠実なのかどうかは知りませんが、小説がベストセラーになったのも頷けます。ストーリーは面白いと思いました。キャスティングも良。とくにピエール瀧の芸達者ぶりには感心しました。だのに映画としてB級テイストが漂うのは、映像と脚本が弱いから。映像は資金的な問題ゆえ仕方が無いにしても、取って付けたような展開(佐藤隆太のエピソード)でドラマチックさをアピールする手法には閉口しました。さすがに安っぽい。でも全体的にみればそんなに悪くないです。作品に深みを与える描き込みがあれば、だいぶ印象が違ったと思います。
目隠シストさん [地上波(邦画)] 6点(2007-02-27 18:24:13)
101.リアルの第2次世界大戦をモデルにしているはずなのに、うら若い乙女が混ざっている事にまず疑問が。なんか変に恋愛を噛ませられるとヒイてしまいます。あの子の周りだけやたらSFじみているのも気になりますね、やっぱり。
えむぁっ。さん [地上波(邦画)] 6点(2007-02-27 00:19:13)
100.予告を見ただけで、面白くなさそうだと確信。案の定、期待を裏切らないレベルの低い映画。
あしたかこさん [地上波(字幕)] 1点(2007-02-25 15:20:53)
99.もうすでに何人か上げてる方もいますが、予備知識無しで(SFだってのは知ってたけど)観た俺も、香椎由宇が変なエントリープラグみたいなのに乗ったり、チューブが取れて液体がドバッと飛び出したとき、これはエヴァっぽい・・そう感じた。その内香椎由宇が「私が死んでも代わりはいるもの」なんて言い出し妻夫木聡が「笑えば良いと思うよ」と言い出しそうでドキドキした・・・・のは多分俺だけ。でも流石にそんな展開になることはなくダラダラとした感じのまま終わってしまった。戦争モノじゃなくて良かったのに。香椎由宇がエロイのでプラス1点。
ケ66軍曹さん [地上波(邦画)] 5点(2007-02-25 11:50:33)
98.《ネタバレ》 率直にローレライシステムが無ければ面白かった気がする。確かにCGとかセコイ気がしますが、邦画にCG映像の魅力は期待してません。実際、邦画ならCGが全く無い方が面白い気がします。まぁもったいなかったと思うのは、パウラが出て来た時点で、リアルな戦争映画から何でもありな空想映画に化けてしまって、なんでもありありな映画なら『エンディングで実はみんな生きてるん映像とかでるんじゃ?』とか思って観てしまいました。
きままな狐さん [地上波(吹替)] 4点(2007-02-25 09:49:18)
97.人間が全く描き込めていない。あれだけコクのある役者をそろえて、なんで、こんなにどうでもいい映画にしてしまうのかわからない。あと、戦闘の緊張感なさすぎ。「殺るか、殺られるか」の中での戦闘ではなく、エポック社の潜水艦ゲーム並のすっとぼけ度。
伊達邦彦さん [映画館(邦画)] 3点(2007-02-25 02:52:46)
96.国の命運を女子供に任せるとは、さすがエヴァンゲリオン的発想。私は嫌いじゃ有りません。ただ、野球ボールのシーンなどは取って付けたようで違和感を感じました。
クロさん [地上波(邦画)] 6点(2007-02-24 23:56:16)
95.一時期流行った架空戦記モノかと思いきや……SFモノだったんだ、コレ!? そう割り切ってみれば、多少の難も気にならない。いいよ、いいよ、許す。どーせマンガみたいなもんだし。コレが普通の戦争映画だったら「ふざけんなっ!」ものだけどね。でもそれにしても原爆積んだB29を砲撃で打ち落とすなんて、なんて命知らずの強心臓者達なんだ! お話は突っ込み所満載のトンチンカンぶりだけど、まあ取り敢えず退屈はせずに観られたから5点。
TERRAさん [地上波(邦画)] 5点(2007-02-24 23:39:03)
94.《ネタバレ》 綾波レイ・イン・潜水艦って感じ(笑)、まあエヴァの関係者が作ってるのだから仕方がないのだが。 お金をかけてこの程度の出来なら実写でなくアニメで作った方が違和感がなかったかも。
眼力王さん [地上波(邦画)] 4点(2007-02-24 23:29:02)(笑:1票)
93.テレビ観賞&原作未見。戦争映画かと思ってたが、ファンタジーものだったのか。それにしても飽きる。
香椎由宇演じるあの超能力美少女はよかった。セクシーだし、きれいだし。歌声は口パクなんだけどね。

私的には某国のイージスと比べると五分五分ぐらい。点数じゃこっちが下なんだけど・・・。
ラスウェルさん [地上波(邦画)] 4点(2007-02-24 23:28:34)
92.萌えキャラ入れた戦争ゲーム映画。以上だ!
シンさん [地上波(邦画)] 3点(2007-02-24 23:27:10)
91.もっと真面目な話かと思ってたけど、オカルト物でしたか。
まあ、それはいいとして、手が抜けないとか、大きなコンセントとか、
茶番にもほどがあるでしょ。
首謀者の動機とか、顛末を見届けずに自殺したりとか、
なんかどこかで見たことあるような展開にがっかり。
どうせなら、もっとオリジナリティのあるファンタジーを作り上げて欲しかった。
もとやさん [DVD(邦画)] 4点(2007-02-23 04:30:35)
90.リアリティが、まったく無い!一応、実際にあった歴史を題材にしているんだから最低限の史実に沿って作品を作るのが鉄則なのではないでしょうか?
豪華キャストを起用した割には、そのキャストの魅力を充分に生かしきれておらず、CGにしても観ている側が恥ずかしくなるようなレベル。
アニメにして、このキャスト陣に声優として出演して頂いた方が、遥かに素晴らしい作品になったのではないでしょうか?
憲玉さん [DVD(邦画)] 5点(2007-01-16 01:09:42)
89. 福井晴敏原作っていうのが話題になってましたよね。結局「亡国~」も「戦国~」含めて3本見てしまいました。欠点については他の人が書いていますので、私はやめときます。役所広司はもちろん、ピエール瀧など幾人かいい味を出している俳優がいました。真剣に見ると腹が立ってくる人もいると思いますが、あまり目くじらたてずに娯楽としてみれば楽しめるかもしれません。
海牛大夫さん [映画館(邦画)] 5点(2007-01-07 23:43:42)
88.《ネタバレ》 潜水艦映画ということで途中までは期待してみたものの、少女が登場してくる頃から唖然となりました。おもいっきり期待はずれ。
doctor Tさん [DVD(邦画)] 1点(2006-12-24 16:28:13)
87.平成「ガメラ」の樋口監督がメガホンを取るということで、期待に胸を膨らませて劇場に行った覚えのある作品。結果は、初監督作にしては良い仕事をしたように思える。ガメラシリーズのようなリアリティを追求した作風ではなく、荒唐無稽なSFタッチで本作を完成させたことは、重厚な戦争映画を期待していた方には肩透かしだったかもしれないが、SFファンの私には大いに楽しめた。役所広司を初めとする役者陣の演技はなかなか見ごたえがあったし、CGモロバレではあるものの、迫力の音響と共にテンポ良く展開するバトルシーンは手に汗握った。そして何といっても佐藤直紀の音楽が良い。ファンファーレを多用した楽曲の数々はこれを聴くだけでも高揚感で胸躍る。
ドラりんさん [映画館(邦画)] 8点(2006-12-19 23:51:32)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 126人
平均点数 4.78点
032.38%
164.76%
2129.52%
31411.11%
42217.46%
52015.87%
62217.46%
7129.52%
8107.94%
943.17%
1010.79%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.83点 Review12人
2 ストーリー評価 4.41点 Review24人
3 鑑賞後の後味 4.34点 Review23人
4 音楽評価 4.85点 Review20人
5 感泣評価 3.66点 Review21人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS