Menu
 >
 >
 > オープン・ウォーター

オープン・ウォーター

Open Water
2003年【米】 上映時間:79分
平均点: / 10(Review 104人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスシリーズものパニックもの実話もの
[オープン・ウォーター]
新規登録(2005-01-11)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2007-06-12)【.】さん
公開開始日(2005-06-25
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督クリス・ケンティス
キャストブランチャード・ライアン(女優)スーザン
ダニエル・トラヴィス(男優)ダニエル
エステル・ラウ(女優)エステル
スティーヴ・レミー(男優)ダイバーの男(ノンクレジット)
脚本クリス・ケンティス
音楽グレーム・レヴェル
ネイサン・バー(追加音楽)
撮影クリス・ケンティス
ローラ・ラウ
製作ローラ・ラウ
エステル・ラウ(製作補)
配給ムービーアイ・エンタテインメント
編集クリス・ケンティス
あらすじ
忙しい仕事の合間を縫って、やっと念願の休暇にやってきた若夫婦、ダニエルとスーザン。オフの間は常夏のカリブでマリンスポーツ三昧のつもり。さっそく現地のダイビングツアーを申し込んで、遠洋のダイブスポットへ。ちょっとKYな客も船に乗ってるけど、海に潜ってしまえば自由を満喫、他人なんて関係ないさ! …と思ったら、二人を回収しないで船が帰ってしまっていた…。果てしない海と空、そして二人の男女だけという究極のシンプル構成で贈る、漂流・オブ・カリビアン。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
64.5分ぐらい観て嫌な予感がしたが、まさに的中した!学芸会以下の作品。海の怖さなんか微塵も感じなかった。むしろふざけて作ったのではないかと疑うぐらいのヤル気のなさがヒシヒシと伝わってきた。(役者にしても、音楽にしても、映像にしても)。
はりねずみさん [DVD(字幕)] 0点(2007-01-21 21:59:19)
63. オチも感動もないし、何にもない。せめて美しい映像なら良かったと思いますが、素人が撮ったような非常に雑な映像でした。映画館で見るような作品ではありませんでした。
海牛大夫さん [映画館(字幕)] 1点(2007-01-03 10:36:44)
62.《ネタバレ》 観終わった後はとにかく後味が悪く、寒気すら感じました。人間が実際に広大な海のど真ん中に取り残されたらどうなるか。そこには果てしない孤独感と何が起こるかわからない恐怖感、そして幾度のミスや偶然が重なってこのような事態に陥った2人の姿に運命の恐ろしさをも感じ取れた気がします。サメは勿論、小魚やクラゲと言ったものまで脅威に思え、船やボートが見えても向こうからは全く気づかれない。いくら人間でもこんな海の上ではちっぽけで無力な存在であるという事実を改めて思い直しました。内容や演出では途中で一向に助けが見えず極限状態になって言い争いになり夫婦仲に大きな亀裂が生じる描写や長時間の漂流で体力が無くなっていく登場人物の表情は良かったと思いますが、脱水症状や体温低下をもう少し掘り下げて描写したほうがよりリアリティーが出ていたと思いますね。音楽の出し方も中途半端に感じましたが作品全体で見ると点数は6点です。
エージェント スミスさん [DVD(吹替)] 6点(2006-12-08 18:44:30)
61.《ネタバレ》 ジョーズを始めとしてサメ映画はゴマンとあるので、やはりインパクト少。最初に噛み付いてから十時間も何もせずウロウロしてるのも何だかリアリティが無い。アイデアはいいのに他に怖がらせる材料は無かったのか…という感じ。オープニング等映像は綺麗。
番茶さん [DVD(字幕)] 5点(2006-12-05 23:29:20)
60.《ネタバレ》 泳ぎの不得意な私としては相当怖い映画でした。サメが襲ってくる、クラゲに刺されるという直接的な恐怖以前に、だだっぴろい海のど真ん中に丸腰で放置されるというあの恐怖。ありそうでなかった題材をきっちり映像化したということでアイデアの勝利と言えるでしょう。映画的な演出をしてないように見せかけつつも、底意地の悪いラストをビシっとやってくる当たりの計算もうまかったと思います。とまぁ私は本作を十分に評価しているのですが、悪名高きブレア・ウィッチと同じミスを犯しているのはある意味致命的。海に置き去りにされる絶望感を観客の想像力で補ってもらうことを前提に映画を作ってしまっているのです。なので、私のように海底に足がつかなくなっただけで恐怖を感じる人間にとってはこの上ない恐怖映画であっても、そうでない人には退屈に感じられる仕上がりとなっています。ドキュメンタリータッチの中にもそれとなくひと工夫加えることを完全に怠っているのです。だだっ広い海に取り残されてることがわかる俯瞰ショットをひとつ入れただけで絶望感の描写は違っていただろうし、潮に流されている、体温が下がっている、海水は飲めないから脱水症状になるなど、おいしい材料はいくつも提示されているのに、その場限りのセリフで終わっているのが残念。サメだけでなくこれらの要素もラストに向けてじわじわと主人公達を襲ってくれれば、多くの人が怖がる映画になったはずです。また、ふたりの葛藤も薄味なような気がしました。この映画は特殊な状況に置かれた人の恐怖を描くという意味で心理スリラーに分類されると思うのですが、神経をすり減らす主人公達の描写が今一歩弱く感じました。生身の人間があの状況に放り出されればあんなに静かなことはないはずです。例えば海に置き去りにされたことに気付いてすぐの時点で、スーザンは遠くへ見えるボートへ泳いで行こうと言いますが、一方ダニエルは無理に動かずにこの場に留まろうと言い、その結果ボートに救われるチャンスを逃してしまいます。こうした二者択一の失敗は後の葛藤につながるのが映画の常套手段なのに、こんなおいしいエピソードが話に絡んでこないのはもったいない限りです。「サメに襲われる恐怖」もいいのですが、海に取り残されたということ自体を人間はどう感じ、どうリアクションするのかを丁寧に描いていれば、より多くの人が怖いと感じる映画になったはずです。
ザ・チャンバラさん [DVD(字幕)] 7点(2006-11-05 13:36:37)(良:1票)
59.実話モノは好きだが、これはどうだろう?映画にするからには、単なる「ニュース」であってはいけないと思う。起こった出来事をありのまま描写した上での結果であればわかるが、このサイトのレビューにより、実際の2人は行方不明のままということを知り、この映画への評価は下がるばかりである。ただ題材的にスリリングではあるし、飽きずに最後まで見れる(上映時間も短いが…)という点で5点で。
Andrejさん [DVD(字幕)] 5点(2006-10-23 23:43:49)
58.作品としては、結構楽しめましたが、最後の落ちが・・・
SATさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-10-22 22:56:58)
57.《ネタバレ》 倦怠期の夫婦が息抜きのバカンスで訪れた土地でスキューバツアーに出かけて、ガイドのカウントミスから大海に置き去りにされ、サメの群れに囲まれてしまうという映画です。最初に「これは実話です」というテロップが流れるので、少なくとも、どちらかひとりが生き残るのだろうと思っていました。夫がサメに食べられて、残った妻も海に沈んでいくラスト・・・ということは二人とも死んでしまっているってこと?映画を見たあとにサイトで検索してしまいました。二人とも行方不明のままということでした。ということは実話というより、海で漂流してたふたりの気持ちを想像して、サメに襲われたんだろうという仮定の下の創作だということです。メリハリのないだらけたストーリーと言えなくもないけれど、それでも、この映画全体にただよう気怠さと(しらけた夫婦の会話と何もない海の映像)、生きているような波の映像は嫌いじゃなかったです。サメも同じ生き物なんだから好きにならないと思いながら見ていましたが、やはり怖かったです。
omutさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-10-20 12:23:36)
56.《ネタバレ》 上映時間は80分程度だけど、飽きる。1998年、グレートバリアリーフで実際に起こった、ロナガン夫婦の失踪事件がベースになっている。最初に出てくる『実話を基にした』とは、ヒジョーに微妙な言い回しだと思う。人によっては、『実話そのもの』として解釈するだろうし、またある人は『実話がベースになってるんだな』とも思うだろう。まぁどちらにしても、ある程度の脚色は認められる。ただ本編前にそういうテロップが流れると、観客としては、前者(実話そのもの)として、捉えてしまいますね。だってこれ、実話風の作りになってますけど、『(実話の事件をヒントにした)、ドキュメンタリー風フィクション』ですもん。この演出は酷過ぎる。だだっ広いだけの大海原と、2人だけの出演者。役者の演技力と、プロットに緩急がなければ、これはちょっとキビシーっす。あまりに起伏のない展開に、絶望感や焦燥感、また恐怖も感じられなかった。360度の海。海水は冷たく、助けもない。連絡もできない。足が地についていない。自分の首から下さえも見えない。そういう状況に陥った時の怖さっていうのは、ちょっと伝わる。ただですね、フィクションならフィクションとして、そのへんをもっと煽ってもらいたかった。自分としては、後半にかけて盛り上がりのあった『ブレアウィッチ』の方がまだ良かった。(まぁあれも、偽ドキュメンタリーだから)どっちにしろ、これはかなり不服。ラストはそれなりに衝撃的。でもがっかり。10点満点中、頑張っても2点留まりっす。
C・C・バクスターさん [DVD(字幕)] 2点(2006-10-08 13:42:08)

55.《ネタバレ》 驚愕のラストが待っていました。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2006-09-16 18:23:19)
54.《ネタバレ》 セリフも音楽も少なくて、「大海原」の生態系に放り出された主人公が、ネットリ死んでいく様をビデオレター風に撮影した「映画」。『低コストながらに・・・』という売り文句を酌量すると、6点です。とりあえず、ダイビングはもう止めとこう。
ロウルさん [DVD(字幕)] 6点(2006-08-25 17:49:24)
53.《ネタバレ》 泳ぎがあまり得意ではない自分にはかなりの恐怖を感じました。ただ後半少しだけ希望を見出すシーンがあったんですが、かなり蛇足な感じ。どうせああいう終わり方にするんだから徹底的に絶望的でもよかったんじゃないでしょうか?
尤紀ёさん [DVD(字幕)] 6点(2006-08-23 14:39:48)
52.ダイバーの端くれとして、これほど怖いシチュエーションはあらへん! 映画としてどうこう言うよか、怖ぇ~怖ぇ~と思いながら見てました。あぁ、生きながら食われるのと、焼かれるのだけは嫌や。。。
海の雫さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-08-14 23:06:11)
51.《ネタバレ》 なんと言っても最後の結末がなんとも後味悪いというか救いようがないというかオチもくそもないというか・・・。まぁありきたりなベタな結末よりはよかった気もしなくはないが、いい意味で裏切られたって感じ。心理的な怖さって部分ではかなりレベル高いと思う。しかし短い映画なんだけど場面が固定されているだけにものすご~く長く感じてしまった
rainbowさん [DVD(吹替)] 6点(2006-08-09 16:58:31)
50.《ネタバレ》 実話を売りにしながら、実際の漂流シーンからラストに至るまで、ほとんどが創作。どちらも生き残っていないのだから、途中の漂流シーンも、サメの襲撃も、終わり方も、全部スタッフの創作になるわけで、どうせ想像で補うなら、もう少し演出面で工夫をして欲しい。

主役のふたりからは必死に生き延びようという意思が感じられないし、かと言って、それほどパニックにもなっていないしで、どうにも中途半端。それに加え、画面の撮り方にも問題がある。ふたりを至近距離から撮影しているシーンばかりなので、大海の茫洋とした広がりや、そんな茫漠とした世界に取り残されたという孤独感や絶望感が伝わってこない。

だいたい諦めて自殺するくらいなら力尽きるまで泳げ!どうせじっとしてても潮に流されるかサメに食われるだけなんだから、とりあえずダメもとでボートが見えた方向に泳いでみれば良いのにと思う。

そりゃ、こんな事が現実に自分の身に起これば怖いに決まってるけど、映画として撮る以上、見せ方と言うものがあるでしょ。「リアリティ」とか「実話ベース」という言葉を免罪符にして、まともな恐怖演出や心理描写を取らず、見る側の想像力に丸投げしている怠惰さがある。

ちょっと批判的な物言いになってしまうけど、こういう作品を見て始めて、「こんな事が自分の身に起こったらと思うと怖かった」いう人がいたとしたら、逆に普段からニュースとして日常的に報じられる事件や事故を見て、それが「いつでも自分の身に起こり得る身近な恐怖である」という事をリアルに想像してみた事がないのかなと思ってしまう。

こうした「恐怖」は何も海の事故のみならず、現実世界に身近にあるものであり、わざわざ中途半端なドキュメンタリーを売りにした映画を見なければ教訓とされないものではないはず。

この作品からは「スキューバダイビングをする時は、ちゃんとしたインストラクターを選びなさい」、という教訓しか見出せないw。
FSSさん [DVD(字幕)] 0点(2006-08-05 15:14:52)(良:1票)
49.《ネタバレ》 これは実話です。。。。って言われたら誰か生き残ると思うはず。途中で片方が死んだ時点でコイツが生き残るのかぁ~と思ってみてたらえっ!!!!んで最後のサメの腹を掻っ捌いた兄ちゃんがコイツラ何でも食べるなHAHAHAHA、、、、、、こわっ。マジでこわっlて思いました最後だけ。酷い話ですが怖かった。ん?でもよく考えると結局ほとんどフィクションか?って思うとビミョーになり五点
マキーナさん [DVD(字幕)] 5点(2006-07-25 22:18:25)
48.《ネタバレ》 サメの証言を基に製作いたしました。
永遠さん [CS・衛星(字幕)] 2点(2006-07-09 20:07:37)(笑:3票)
47.《ネタバレ》 実話を基に~と言ってるのに、事故を体験している主人公達が死んじゃってるトンデモ映画でした。こっちは当然助かると思っていたので、逆を突かれました。どんでん返しは好きですが、これはダメでした。鮫も全然恐怖を感じませんでした。そこが売りなのに・・・
プロシュートさん [DVD(字幕)] 3点(2006-07-07 19:28:13)
46.《ネタバレ》 この映画は完全実話ではなく「実話に基づいて描かれた半フィクション」なんですよね。それでも冒頭で「これは実話に基づいて・・・」と表示されると、恐怖感が増すし、登場人物2人に感情移入しやすくなります。そして余計な先入観「実話に基づいてるならどちらかは助かったんだろう」と思わせる所までは上手いです。但し、海面に置き去りにされた2人の様子を中心に79分も見せるには、あまりにダラダラしてしまいました。序盤の2人の仲の良さを植え付ける為のベッドでのサービスショットまであまり意味を持たなくなってしまいます。それに仕方ないけど、海のシーンは観てる方が画面の揺れに酔います。海に置いてけぼりをくらう恐怖、励ましあう恋人が、気が付いたら傍にいない恐怖や孤独感を、もう少し上手く演出できなかったかなと思います。クラゲに手を刺されたとか、サメに足をもがれたとかって苦しみは、海に放置され、いつ助けがくるか分からない絶望感に比べたらこの映画ではあまり意味を持たないんじゃないかな?と思いました。そして皆さんが仰るラスト。彼は結局夜明けには息を引取り、サメの餌に・・・。彼女も絶望から自ら背負っていたボンベ等を投げ捨て海に沈む・・・。元来の奇跡的に助かる映画が素晴らしいって意味じゃないけど、いくらリアルとはいえこんなやり切れない映画をわざわざ作った意味ってあったのかな?って首を傾げたくなりますね。結局2人とも死んで終わりなら、期待を持たせるような救助のヘリのシーンとかも全く不要です。
まさかずきゅーぶりっくさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2006-07-05 10:53:26)
45.《ネタバレ》 実話なのでどちらかは生き残ると思い込んでいた、というか正直、両方生き残るのだと思い込んでたので、その前提でどのように怖がらせてくれるのか期待していました。それが鮫の襲撃に関する部分は完全にフィクションだそうで、それを考えるとドキュメンタリータッチにしたのはちょっとあざといですね。ところで鮫ってのは最初に味見してから本格的に食うまでそんなに時間はかけないと聞いたけど、そこのところどうなんでしょう?でも結局のところ怖かったのと最初に出てきた○○○○に免じて6点。
Robbieさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-07-03 23:27:12)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 104人
平均点数 4.74点
043.85%
132.88%
2109.62%
3109.62%
41918.27%
51918.27%
61817.31%
71211.54%
843.85%
954.81%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review8人
2 ストーリー評価 2.62点 Review16人
3 鑑賞後の後味 2.46点 Review15人
4 音楽評価 3.10点 Review10人
5 感泣評価 2.87点 Review8人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS