Menu
 >
 >
 > アイランド(2005)

アイランド(2005)

The Island
2005年【米】 上映時間:136分
平均点: / 10(Review 171人) (点数分布表示)
アクションサスペンスSF
[アイランド]
新規登録(2005-04-01)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2012-05-07)【イニシャルK】さん
公開開始日(2005-07-23
公開終了日(2005-11-25)
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督マイケル・ベイ
助監督ジョシュ・マクラグレン
ケニー・ベイツ(第二班監督)
エリック・ブレヴィグ(追加第二班監督)
演出ケニー・ベイツ(スタント・コーディネーター)
サイモン・クレイン(スタント・コーディネーター)
キャストユアン・マクレガー(男優)リンカーン・6・エコー/トム・リンカーン
スカーレット・ヨハンソン(女優)ジョーダン・2・デルタ/サラ・ジョーダン
ジャイモン・フンスー(男優)アルバート・ローレント
スティーヴ・ブシェミ(男優)マッコード
ショーン・ビーン(男優)メリック
マイケル・クラーク・ダンカン(男優)スタークウェザー
マックス・ベイカー(男優)カーンズ
グレン・モーシャワー(男優)Medical Courier
クリス・エリス[男優・1956年生](男優)Aces & Spades Bartender
ドン・マイケル・ポール(男優)Bar Guy
平田広明リンカーン・6・エコー/トム・リンカーン(日本語吹き替え版)
甲斐田裕子ジョーダン・2・デルタ/サラ・ジョーダン(日本語吹き替え版)
楠大典アルバート・ローレント(日本語吹き替え版)
梅津秀行マッコード(日本語吹き替え版)
大塚芳忠メリック(日本語吹き替え版)
原作カスピアン・トレッドウェル=オーウェン(原案)
脚本カスピアン・トレッドウェル=オーウェン
アレックス・カーツマン〔脚本〕
ロベルト・オーチー
音楽スティーヴ・ジャブロンスキー
ラミン・ジャヴァディ(追加音楽)
ブレイク・ニーリー(追加音楽)
編曲ラミン・ジャヴァディ(音楽アレンジ)
リック・ジョヴィナッツォ
ブルース・ファウラー〔編曲〕
撮影マウロ・フィオーレ
ミッチェル・アムンドセン(第二班撮影監督)
製作マイケル・ベイ
ケニー・ベイツ(製作補)
ジョシュ・マクラグレン(製作補)
イアン・ブライス
スティーヴン・P・シータ(製作補)
ローリー・マクドナルド
ウォルター・F・パークス
ドリームワークス
ワーナー・ブラザース
配給ワーナー・ブラザース
特殊メイクハワード・バーガー
K.N.B. EFX Group Inc.
グレゴリー・ニコテロ
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
K.N.B. EFX Group Inc.(特殊効果)
アサイラムVFX(視覚効果)
エリック・ブレヴィグ(視覚効果スーパーバイザー)
美術ナイジェル・フェルプス(プロダクション・デザイン)
衣装デボラ・リン・スコット
編集ポール・ルベル
クリスチャン・ワグナー〔編集〕
ケン・ブラックウェル〔編集〕(第一編集助手)
字幕翻訳菊地浩司
スタントマット・マッコーム
ダグ・コールマン
クリストファー・レップス(ノンクレジット)
その他スティーヴン・P・シータ(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ブレイク・ニーリー(指揮)
あらすじ
リンカーン・6・エコーは毎朝同じ夢で目を覚ます。果てしない海、豪華なヨット、そして隣には美しい女の子…だが目覚めた自分は相変わらず。破滅後の地球でシェルター生活を送る、しがない一市民だ。自然が復興し始めた南海の楽園・アイランドへの移住権はまだまだもらえない。ところがある日、管理区画に忍び込んだ彼は、見てはいけないものを見てしまう。警備員に追われたリンカーンは、真実を知るためにシェルターを出ようと決意した。「真実の世界」、それは一体…? 懐かしき管理社会SFを21世紀に甦らせる、自由への大暴走。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
171.《ネタバレ》 雑なSF映画だったなぁ。金だけは無駄に掛かってるなぁ。
ご都合主義のオンパレード&心に響いてくるものが何もなかった。
気が付けばマイケルベイのいつものノリのカーアクションを延々と見せつけられていた。
1番ダメだったところは、バイオテック社の人間が本物のユアン・マグレガーと間違えてクローンを撃ったシーン。
え?なんで本物だと思ったの?手首の刻印は?ええー?確認しないんですか?そうですか、確認しないんですね・・・。
これだけで点数が3点くらい下がりました。
因果さん [地上波(字幕)] 3点(2016-11-18 21:55:53)

170.《ネタバレ》 自分のいる世界が実はクローンの臓器生産工場だった!とか、あまりによくあるSFネタじゃない?今更それやる?
まあ、そのSFネタの種明かしは作品の半分も経過しないうちに明らかになる。じゃあその後どうなるかっていうと、これがまた、カー・チェイスしたり、銃で撃ち合ったり、高いところから落ちそうになったり、と、これまたベタベタなアクション映画の展開。
そのアクションシーンもどっかで見たようなよくある映像のオンパレード。
主人公が男と女ってのもベタ。最後はチューしてセックスして結ばれるというのもベタ。
つまりは全部、ありがちでベタで新鮮味がない。
うーん・・・。退屈な映画だった。あと、主人公男の額のほくろ2つが最後まで気になって仕方なかった(笑)
ぽやっちさん [DVD(吹替)] 4点(2016-10-10 21:36:07)(良:1票)
169.《ネタバレ》 タイトルだけで見ることにしたのだが、全然島の話じゃない!『私を離さないで』を思い出した。

医療技術の進歩により、本当にコレに近いことが起きそう(起きている?)だと戦慄。
色のない同じような服、栄養重視の食事、徹底した管理生活…、そして恋愛の仕方を知らない若者たち。
下手をすると、クローンじゃなくてもこんな近未来になっちゃうかも!?とも思った。

しかし、解放された白服の人たちはどーなっちゃうの!? 主人公と彼女はどこか遠くへ行ってハッピーエンド♪って。
nina09さん [DVD(字幕)] 8点(2016-04-10 22:37:56)
168.冒頭の白い服着てウダウダやってる近未来設定がもうすっごく退屈で見るのを止めようかと思ったけどガマンして最後まで見ました。まあ、終わってみるとどうってことないありがちなストーリー。やっぱ近未来の映画って矛盾があり過ぎますね。しょせんツクリモンなんだからもうちょっと設定を単純にしてほしい。一緒に逃げたおねえちゃんのムチムチボディだけが《記憶》に残りました。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 3点(2015-06-14 17:12:22)
167.《ネタバレ》 設定はおもしろいです。カーチェイスはさすが、マイケル・ベイです迫力があります。
エイドリアン・モンクさん [地上波(吹替)] 6点(2015-05-05 09:21:29)
166.《ネタバレ》 最後の楽園「アイランド」が君を待っている。
その言葉だけを頼りにアイランドに行く抽選に当たることを夢見てきたのに、そんな楽園など存在しなかった。
代理出産、臓器移植などに利用される製品として作られたクローン人間。
『クラウドアトラス』にも似たような設定があった。
SFのテーマとしてはそれほど珍しいものではない。
スカーレット・ヨハンソンとユアン・マクレガーのラブロマンスも、よくあるパターンで新鮮味に欠ける。
あくまで都合よくテンポよく、そして迎えるハッピーエンド。
カーアクションだけはすごい迫力で、マイケル・ベイ監督らしい作品。
わかりやすいエンターテイメントもいいけど、もっとブラックテイストで内面をじっくり深く描いたほうが面白かったような。
飛鳥さん [地上波(吹替)] 4点(2015-03-28 00:16:19)
165.《ネタバレ》 アクション逃亡劇と割り切ればそれなりの面白さ。気になったのは記憶の刷り込み。そんな事したら感情が芽生えるに決まってる。臓器目当てなら家畜のように餌だけ与えて育てりゃいいのに。でもよく考えると、脳障害が起きた場合はクローンとの交換は不可能なんだな。記憶の違いによって肉体は同じでも別人になる。認知症や記憶喪失がそれに近いのだろうけど。そういう事をテーマにしたら面白かったのに。
東京50km圏道路地図さん [地上波(吹替)] 6点(2015-03-26 09:55:46)
164.《ネタバレ》 年末深夜、TV放送していたので久しぶりに鑑賞。前半30~40分、非常に面白いのになぜライブラリしていなかったのか不思議に思いましたが、後半に突入してすぐにその理由を思い出しました。後半のアクション部分が普通過ぎる。地味で飽きる(笑)
クローンを教育し、その肉体を使用する時がきたら「アイランドに当選した」と釣る、このプロットは素晴らしいものですが、途中から普通のアクション映画に成り下がってしまっており、非常に勿体無いです。

「月に囚われた男」の監督ダンカン・ジョーンズがメガホンを取っていたらもっと面白かったかも(笑) そんな無意味な想像を抱かせる惜しい作品、そんな映画です。
アラジン2014さん [地上波(字幕)] 5点(2015-01-02 16:07:21)
163.《ネタバレ》 興行的にはダメだったそうですが、けっこう楽しめました。途中までは「マッドマックス」と「トムとジェリー」を合わせたような感じ。ビルの70階から落下して無傷ってのがすごい。しだいに明らかになる壮大なスケール感は、さすが米国映画です。
しかし、何より興味深いのは「その後」。クローンたちが解放されてハッピーエンド風に終わっていますが、大変なのはこれからでしょう。世の中の事情を何一つ知らない彼らが、どうやって生計を立てていくのか。おそらく生活保護を受けるしかないでしょうが、ただでさえ貧困層に冷たい米国社会の議会が、果たしてそれを認めるでしょうか。それに、彼らが社会に散ったことが知れ渡れば、各地で「こいつはクローンか生身の人間か」という疑心暗鬼が始まります。とんでもない社会不安を巻き起こすでしょう。
しかも、発注元がセレブというのもやっかいです。おそらく彼らにとっては、迷惑な存在でしありません。そこでセレブだけに、いろいろ手を使って保身を図ろうとするはず。そのあたりから「彼らを人間として認めるべきか」という議論が沸き起こり、いっそ殺処分…。とサンデル先生ばりにいろいろ考えさせてくれたという意味で、たいへんおもしろい作品でした。ぜひ「アイランド2」に期待したいところです。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2012-07-09 15:32:58)
162.一番残念なのは、ユアンの眼の中に入っていったカメラ小僧たちが何の活躍いたさないところ。
繰り返すが、一番残念なのは、ユアンの眼の中に入っていったカメラ小僧たちが何の活躍いたさないところ。

ひねくれた見方をしちゃあれなんだけども、ユアンもスカーレットもウディ作品に出演してる時のほうが役どころを問わず華やかにみえる。好きになれる。

3737さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2012-05-26 21:23:42)
161.《ネタバレ》 近未来サスペンスとしては濃い内容だけど、この監督が撮るとエンタメが先行しすぎて馬鹿っぽく見えます。やりたい放題に暴れまわるのは面白いが、後片付けをする人たちの手間を心配してしまう映画でした。別に心配しなくてもいいんだけど。それって、世界観が完結した作品とは言えないってことですよね。嬉しいのはS.ヨハンソンの出番が多いこと。彼女の色気に気付いたのがこの作品でした。
アンドレ・タカシさん [DVD(字幕)] 5点(2012-04-21 21:56:28)
160.《ネタバレ》 マイケル・ベイなのにそこそこ面白く見られてしまったのが意外。主演2人のちょっと無機質な感じが、作品によく合っている。強引な展開の連続もご愛敬なのだが、肝心なところの演出がことごとく先例踏襲なのは、いくらなんでもなあ。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-04-16 00:42:21)
159.《ネタバレ》 結構良く出来てる。
画も綺麗だし、話もそつがない。

ただ、80年代の懐かしい管理社会ものを今やるには設定が雑過ぎるような気がする。設定を気にしなければ結構楽しめるが、それほど先の未来ではないはずなのに、飛ぶ乗り物が出てきたりネットがあるんだかないんだか解りづらかったり。

それから様々なSF的なデバイスが、雑。これがまずかった。オーパーツ過ぎる。
黒猫クックさん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2012-04-14 23:33:51)
158.クローンに記憶をすり込ませ夢のアイランドが存在するかのような設定や、近未来社会のシーンはとても良い。しかし何といっても逃走と追跡シーンが多すぎるし、アクションも派手で娯楽映画になってしまったのは残念。もっとテーマを深く掘り下げて、じっくり見せれば良い映画になったのではと思う。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 5点(2012-02-22 19:39:05)
157.《ネタバレ》 ジョージ・ルーカス『THX 1138』の世界観に後に映画化もされたカズオ・イシグロ「わたしを離さないで」の設定を加味した感じ。といってもマイケル・ベイですから設定は設定としてあってもその設定からそのアクションにはいかんだろうってところも無理矢理にアクションへと向かわせる。その荒っぽさがなんとももったいなくもあり、痛快でもある。スピード感溢れるカーアクションはもうこの人の十八番。あらゆる角度から堪能できます。残念なのがエロいボディラインを見せ付けるスカーレット・ ヨハンソンのそのエロさを活かせていないこと。せっかく意図的に押さえ込まれた性欲が芽生えようかという展開があるのだから(なかったっけ?)このエロい体を活かさない手はないのに。
R&Aさん [DVD(字幕)] 6点(2011-09-28 14:02:43)(良:1票)
156.特になにもない平凡なSF映画。
アフロさん [地上波(吹替)] 5点(2011-08-19 03:33:18)
155.《ネタバレ》 人間の家畜化という話の芯も面白いし、近未来の描写など枝葉の部分も手抜きされてなくて良かった。「俺は家畜だったのかー!」で終わっても一本の映画にはなりそうな感があるが、それで済まさず、まだまだ話が続いて、腹いっぱいになれたのも良かった。
キッドさん [DVD(字幕)] 7点(2011-06-05 14:09:46)
154.《ネタバレ》 冒頭の“近未来”の造形は無機質でなかなか素晴らしく、クローンは人間か否かというテーマや派手なアクションなど、見応え充分な作品ではあるのですが、前半部分が少々情報過多になっている気がして、“生存者の正体”や虫の発見、“アイランドの事実”と云った印象的であろう場面がどんどん過ぎ去っていく気がします。
まあアクションが売りの映画+予告で半分ネタばれしているような作品だったらしいので突っ込んでも仕方ないのでしょうが。
打って変わって中盤以降の逃走劇は少しくどいかなぁと思ったり。ただ後半になるにつれてまたスリルが増してきて巻き返し、と云った感じですが、何故彼女を捕獲した時点で身体検査をしなかったのか等、雑な部分もチラホラ。
終盤の余韻がよかっただけに、あと一歩と云ったところでしょうか。
クリムゾン・キングさん [DVD(字幕)] 6点(2011-03-22 02:24:50)
153.「問題提起してます」的なテーマを絡めたいかにもSFらしい設定も良いし、アクションシーンにおけるカークラッシュへのコダワリも嬉しい。問題は、その“SFらしさ”と“スピーディで豪快なアクション”という両者を繋ぎ合わせるために、“映画中盤で背景を全部説明してしまう”という安直な方法を取ってしまったこと。中盤でいったんネジを巻き直してしまう。テンションもいったん途切れてしまう。せっかくリキの入ったアクションシーン、謎を謎のまま引っ張っていくのにフル活用しちゃえばよかったんじゃないのかなあ、と。まあ、力を抜いて楽しめる作品、であることには間違いないけれど。
鱗歌さん [地上波(吹替)] 6点(2011-02-18 01:54:22)
152.これってブレランに似てるよね。面白かったです。
のははすひさん [DVD(吹替)] 7点(2011-01-01 22:56:37)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 171人
平均点数 5.73点
000.00%
110.58%
242.34%
3116.43%
4158.77%
53822.22%
65230.41%
72816.37%
81911.11%
931.75%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.05点 Review19人
2 ストーリー評価 5.30点 Review26人
3 鑑賞後の後味 4.84点 Review25人
4 音楽評価 5.08点 Review23人
5 感泣評価 3.05点 Review18人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS