Menu
 >
 >
 > ブラック・レイン

ブラック・レイン

Black Rain
1989年【米】 上映時間:125分
平均点: / 10(Review 213人) (点数分布表示)
アクションドラマ犯罪もの刑事ものヤクザ・マフィア
[ブラックレイン]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-08-26)【イニシャルK】さん
公開開始日(1989-10-07
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督リドリー・スコット
助監督ボビー・バス(第二班監督)
演出ボビー・バス(スタント・コーディネーター)
キャストマイケル・ダグラス(男優)ニック・コンクリン刑事
高倉健(男優)松本正博警部補
アンディ・ガルシア(男優)チャーリー・ヴィンセント刑事
松田優作(男優)佐藤
ケイト・キャプショー(女優)ジョイス
若山富三郎(男優)菅井親分
内田裕也(男優)偽警官A
安岡力也(男優)菅井のボディガード
神山繁(男優)大橋署長
小野みゆき(女優)ミユキ(佐藤の情婦)
島木譲二(男優)菅井のボディガード
ガッツ石松(男優)偽警官B
ジョン・スペンサー〔1946年生〕(男優)オリバー
ヴォンディ・カーティス=ホール(男優)探偵
國村隼(男優)吉本
ルイス・ガスマン(男優)フランキー
スティーヴン・ルート[男優](男優)バーグ
ティム・ケルハー(男優)ボビー
ジム・イシダ(男優)護衛の警官
長原成樹(男優)刑事
内田直哉ニック・コンクリン刑事(日本語吹き替え版【DVD】)
立木文彦松本正博警部補(日本語吹き替え版【DVD】)
森川智之チャーリー・ヴィンセント刑事/佐藤(日本語吹き替え版【DVD】)
藤本譲オリバー/菅井親分(日本語吹き替え版【DVD】)
深見梨加ジョイス(日本語吹き替え版【DVD】)
後藤敦偽警官A(日本語吹き替え版【DVD】)
後藤哲夫偽警官B(日本語吹き替え版【DVD】)
神山繁大橋署長(日本語吹き替え版【DVD/フジテレビ】)
小川真司〔声優・男優〕ニック・コンクリン刑事(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大塚明夫松本正博警部補(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
江原正士チャーリー・ヴィンセント刑事(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
一城みゆ希ジョイス(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小林勝彦オリバー/菅井親分(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
ガッツ石松偽警官B(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
上田敏也(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小島敏彦(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
亀井三郎(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
緒方賢一(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
筈見純(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
松本大(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
茶風林(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大川透(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
脚本クレイグ・ボロティン
音楽ハンス・ジマー
作詞坂本龍一"The Laser Man"
作曲坂本龍一"The Laser Man"
編曲シャーリー・ウォーカー
撮影ヤン・デ・ボン
ハワード・アサートン(追加撮影)
アレクサンダー・ウィット(カメラ・オペレーター)
製作スタンリー・R・ジャッフェ
パラマウント・ピクチャーズ
シェリー・ランシング
製作総指揮クレイグ・ボロティン
配給UIP
美術リチャード・C・ゴダード(セット装飾)
ジョン・M・ドワイヤー(セット装飾)
レスリー・ブルーム(セット装飾)
衣装エレン・マイロニック
編集トム・ロルフ
録音ドナルド・O・ミッチェル
ケヴィン・オコンネル[録音]
グレッグ・P・ラッセル
字幕翻訳戸田奈津子
スタントアル・レオン
その他シャーリー・ウォーカー(指揮)
マイケル・タドロス[製作](ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
ニューヨーク市警の刑事ニック(マイケル・ダグラス)はレストランで同僚のチャーリー(アンディ・ガルシア)と食事をとっていた。すると、目の前で殺人事件が起こる。ニックは逃走しようとする犯人の一人を直後に逮捕する。その男は日本のやくざで、佐藤(松田優作)といった。ニックとチャーリーは、佐藤を日本へ護送する任務に就いた。しかし大阪空港で、巧妙な手口に引っかかり、佐藤に逃走されてしまう。二人は大阪府警の警部補・松本(高倉健)の助けを借り、異国の地で佐藤を追うことになる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
213. 大阪ってこういう雰囲気?「ブレード・ランナー」のような退廃的・煙っぽい空気感が合うか疑問。
 「黒い雨」は菅井のセリフに出てくるが、原爆とヤクザの存在を無理やり結びつけたような印象で、映画全体にテーマ性は感じない。物語の展開としてはチャーリーの殺されるシークエンスが弱い。ラストの原版のやり取りも意味深だが心に響かず。指詰めは「ザ・ヤクザ」と変わらぬハリウッドの日本観が滲み出てるね。「芸者遊び」とか「完」も同様でステレオタイプの感。どちらかと言えば「ザ・ヤクザ」の方がいい。
 主要キャスト3人の適演に加え神山繁がいい味出してる。あの人誰?と思ったら、ああーあ、プロフェッサー田中かい。 
 最後にひとつ、ニックが吐く皮肉交じりのセリフ「Fuck you very much」はうまく心情を表して面白い。
風小僧さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-07-16 17:12:33)
212.《ネタバレ》 佐藤が強烈な印象だなあと思って観ていたら、これが松田優作だったのね。全く予備知識無しで観たけども、松田優作の凄さを改めて知った思いでした。
ただ物語的には、カッコイイと思わせたいんだろうシーンがカッコ良く見えない。例えば、友人が殺された後にアジトを捜索するシーンでは、感情に任せて乱暴に部屋を散らかすけど、そこは感情を抑えて冷静に仕事しようよと思ってしまう。それが有能な刑事でしょ。感情任せな行動が上手くいっちゃうってそれはどうなのよと。ラストシーンで原版を渡すシーンも、あんなプレゼントしないで普通に仕事として渡せばいいじゃん。無駄に相手に手間をかけさせてるだけじゃん。粋な計らいのつもりかもしれないが、全然粋じゃないよ。
もんでんどんさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-12-21 14:03:55)
211.大阪育ちの私には古臭さを感じて、自分が年を取ったことを思い知らされた。
作品は雰囲気は好きですが、物足りない感じがしました。
さわきさん [地上波(邦画)] 5点(2016-12-06 18:50:49)
210.日米合作映画として、豪華キャストだが、それだけですね。2回目の視聴ですが、すぐ忘れてしまいそうな映画です。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 5点(2016-08-29 08:16:23)
209.タイトルは有名だけど
中身が追いついていない映画。
退屈だった。
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 4点(2016-01-25 22:33:38)
208.冒頭の主人公の埠頭でのチキンレース、家庭環境、不正の尋問などの説明シーン、大阪でのクラブでの飲み会のシーンをカットすれば、エンターティーメントなアクション映画になったと思う。
ガブ:ポッシブルさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2015-11-16 18:23:10)
207.外国から写した日本は文化の違和感が多いため好きじゃないけど、これはまあまあ楽しめた。
高倉健、松田優作、ダグラスにガルシア。ストーリーというより夢の競演作としての一本。
UFC196.さん [DVD(字幕)] 6点(2015-11-13 12:50:09)
206.今回観たのはずいぶん久しぶりで、あれ、こんなに面白かったんだな、と。多分、昔観た時には、作品との距離感が、今観るのとだいぶ違ったんでしょう。当時はお馴染みだった、都会系の刑事アクション映画、そしてこれまた自分にとってお馴染みの大阪の街、その2つの融合とくれば、何だか距離感が近すぎて。どうしても先に立ってしまうのは、違和感と、「あ~あ、やっぱり、やっちゃったね」という(期待通りの)失望感。しかしそれも、今となってみると、80年代アクションを観る機会も減ったし、この映画に出てくる大阪の光景も、今では見られなくなってしまったものが多くなってきて。で、今回、素直に観て、素直に楽しめちゃった。幾分は「変なニッポン」も出てくるけど、基本的には日本らしい日本が登場する、要するにその点では決してキワモノではなく、むしろ刑事アクションとしてやや変則的である点の方が、特徴的と言えるかも知れません(無論、日本を舞台にしている事がそこに一役買っているのですが)。
まず、マイケル・ダグラス演じる刑事ニック、例によってダメダメな感じで、妻子とも別居している。では映画を通じて妻子とヨリを戻すのがテーマかと思いきや、全くそうではなくって、子供のひとりをバイクの後ろに乗せ走り出した次のシーンでは、もう子供は乗っておらず、今度はアンディ・ガルシア演じるチャーリーと出会って彼をバイクの後ろに乗せるシーンとなる。要するに、チャーリーはニックにとって自分の子供と同じ可愛い存在、なんですね。で、実際、このチャーリーという男、実に実に「いいヤツ」として描かれてます。健さんとニックの関係がどうもギクシャクしている時、いつもチャーリーが間に入って、いい味出しつつ何となく間を取り持っている。だもんで、チャーリーの死のインパクトは非常に大きく、かつこれを契機に健さんとニックの間も近づいていく。一方、松田優作演じる敵役の佐藤、(広島の黒い雨になぞらえて語られるのがピンとくるかどうかはともかく)戦後に現れた得体の知れない新しい存在、しかしそれは間違いなく戦後の日本とアメリカが生み出した存在、つまり彼もまた一種の「息子」というべき存在。チャーリーと佐藤は、陽と陰を代表する「息子」たち、だからこそ、2種類の結末が撮影された本作において、最終的に採用されたこの結末、これでよかったんではないか、と思えてきます。---
それにしても、ガッツにホタテ、パチパチパンチ、みんないい顔してるじゃないですか。USJがまだ無かった頃、「ハリウッドが大阪にやってきた!」という、やっぱりお祭り映画でもある訳で。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2015-10-15 23:00:16)
205.久しぶりの観賞。日本が舞台だけにそのデフォルメされた描写にたまらなく違和感を抱いた記憶が蘇る。ところが意外にもこれが面白かった。年を重ねて寛容になったのか感性が鈍ったのか、環境によって評価が変わるのを実感した作品のひとつ。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-10-01 16:42:47)
204.《ネタバレ》 勝手に「刑事である高倉健と松田優作がアメリカで事件に巻き込まれる」話だと思っていましたが、まるで違うんですね。そういうのって、我が同胞もがんばっているな、なんて生暖かい眼で見たりしちゃうじゃないですか。うれしい誤算。不思議な国ニッポンだったのですね。たぶんアメリカでは、有名監督リドリー・スコットの撮ったB級映画として、好事家にもてはやされているのではないでしょうか。とはいえ日本のワタシとしては、男が惚れる2大俳優のコラボを実現してくれた、とてもありがたい作品だと思っています。邦画で2人をブッキングすると、いろいろと過剰になってしまいそう。マイケル・ダグラスがいい毒消しになっています。
なたねさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2015-09-27 15:16:40)(良:1票)
203.序盤は明らかに洋画だったけど、舞台を大阪に移してからは、洋画でもない、邦画でもない、何とも言えない独特の雰囲気が興味深かった。
配役のバランスも良くて、それぞれの役者の良さが引き出されてたと思う。
内容的にはよくあるパターンの刑事物だけど、迫力ある演技の激突に見入ってしまいました。
あと、どうでもいいことだけど、原版は1枚ずつ分け合うのかなと思ってました。
揃ってしまうと、その後どうするのか気になってしまう。
もとやさん [DVD(字幕)] 7点(2015-09-03 10:08:52)
202.《ネタバレ》 追悼ではありません。当時から何十回も観ています。「ブレードランナー」の世界観で「エイリアン」をやった感じでしょうか。「エイリアン」は日本人からみたアメリカ人(異国の人)でしょうか。しかし戦後間もない頃は「エイリアン」だったかもしれませんが、この映画では友好・友情を描いています。ということは「ET」?。「ブラックレイン」という暗い歴史を感じさせるタイトルを使いながら友好関係を描くといういい意味の裏切りがニヤッとさせられます。リドリースコット(イギリス人)って日本が好きなんですね。イギリスの目線で日本とアメリカを描いているので、どちらに対しても偏見がなく好印象な映画です。
金田一耕助さん [DVD(字幕)] 10点(2014-12-23 17:56:06)
201.《ネタバレ》 追悼、高倉健。この映画は日本人出演者の中では健さんよりも松田優作の方が今まで圧倒的に注目されてきてましたが、改めて観てみると随所にそれまでの高倉健のイメージを変える様な人物造形が見られます。上司に忠実な窓際族だったり、なんせあの健さんがヘンなサングラスをかけてレイ・チャールズのモノマネさせられるんですから、リドリー・スコットも怖いもの知らずです。対照的にマイケル・ダグラスはいつも通りで、『氷の微笑』の荒っぽい刑事と同一キャラを再登場させたのかと思いましたよ。 お話自体は前年に製作された『レッド・ブル』の設定を真逆にした様な感じがします。『レッド・ブル』と違って主人公の方が敵の母国に乗り込むわけですから、それだけ敵国たる日本の描写をどれだけ丁寧に撮れるかが映画の出来を左右するわけです。でもそこはリドリー・スコットはご覧のとおり自分のやりたい通りに大阪を撮っちゃってますが、センスが良いから様になってます。毎日自分が通勤で通っていた阪急梅田駅のコンコースが、あんな幻想的な映像になるなんて思いもよりませんでした。難波・十三・京橋・神戸とロケしていますが地元の人間が見ると確かに空間的にはおかしなところも有りますが、これはリドリー・スコット世界なんだから良いんです。でもクライマックスの田舎家の対決だけは風景からしてアメリカで撮影したことがミエミエだったのは残念でした。 ラスト、松田優作を殺さずに逮捕して府警本部に連行するところも普通のハリウッド・ポリスアクションとは一味違っていて良かったんじゃないでしょうか。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-11-22 20:55:12)(良:1票)
200.ストーリーは少し無理が有る様なふむふむな感じだが、印象的なのはやっぱり松田優作さん。若干やり過ぎ感も否めないが、お亡くなりにならなければハリウッドでもしかしたらがあったかもと思わせるほど印象強いキャラクターに思える。健さんはさすがの安定感。でも個人的に一番カッコイイのはアンディ・ガルシア。←顔かよ!
movie海馬さん [映画館(字幕)] 6点(2014-11-22 19:05:21)
199.《ネタバレ》 リドリー・スコットが高倉健、松田優作らを起用し、大阪を舞台に撮る、とのニュースにときめいたものです。
封切り当時に映画館で観ました。もう25年も前なんですね。
以下は、Blu-rayで再見しての評価です。
話はベタベタの、暑苦しい80年代アウトロー刑事アクション。
日本の描写も(これでも当時としては頑張ったらしいが)いい加減な誇張が多過ぎ、特に警察内部の描写など観ていて嫌悪感、屈辱すら感じるほど酷い。
自分の映像美学にしか興味がないリドリー・スコットに、他文化の描写を期待するのがそもそも無理だったのでしょう。
作品自体の評価は、2点がいいところ。

しかし、この映画は何といっても「松田優作」です。
冒頭の登場シーン(立ち姿、動作一つ一つまで、とにかく美しい!)を始め、特別な、異様な存在感は全く色褪せていません。
「彼の遺作になった」というバイアスを取り払って観ても、この鬼気迫る演技は、他のどんな傑作映画でも観られない特別なものです。
この一点だけでも、記憶されるべき作品でしょう。

それにしても日本側の主役と言える高倉健は、さすが健さんらしい味を出しているものの、役回りが悪く、
華がないマイケル・ダグラスの引き立て役に徹しているのが残念です。

松田優作の特別さに+3点。あの渾身の演技を観ると、これで作品が迷わず10点を付けられる出来だったら…と悔やまれます。
i-loopさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2013-10-14 07:38:34)
198.キャストだけだね。
すたーちゃいるどさん [DVD(字幕)] 4点(2013-04-26 03:53:14)
197.《ネタバレ》 マイケル・ダグラスとアンディ・ガルシア、高倉健と遺作となった松田優作が大阪の地に揃い踏み。日米をつなぐ夢のような伝説的作品です。日本人の描かれ方に違和感があったけど、関西人なら特に観ておきたいですね。親友との死別を乗り越えて新たに芽生えた友情は日米友好の証でしょうか。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 7点(2012-10-16 23:16:13)
196.《ネタバレ》 この映画が遺作となった松田優作を贔屓目で観てしまう部分も確かにあるのですが、
それを差し引いても彼の登場シーンは神懸かっていると思う・・・カッコいい。

思えばリドリー・スコットって、ブレードランナーのルトガー・ハウアーといい、主役を食う悪役を演出するのが上手い監督のような気がする。

まぁ~内容はハリウッド版Vシネマって感じで、そう深みがある訳でもないんだけど好きな作品です。
ぐうたらパパさん [DVD(字幕)] 8点(2012-10-01 16:07:19)
195.ブレードランナーを思わせる映像、日米の刑事のやり取りなど見どころはまずまず。松田優作の演技はちょっとやり過ぎか(笑)
nojiさん [DVD(字幕)] 6点(2012-05-15 08:54:39)
194.《ネタバレ》 (2010年映画メモをもとに作成)
カッコ良かったです。
ハリウッドのアクション映画とヤクザ映画との融合は面白かった。

見たことのありそうな日本の街の風景の中で昔のハリウッド映画風なアクションとストーリーが展開されるのだから面白いです。
しかしリドリースコットが撮るとありふれた日本の街も独特の怪しいアジアの雰囲気になります。ネオンはまるで中国や韓国のよう。
誰もいない夜の通りは東洋の独特な妖しさに包まれます。

橋の下をバイクでたむろしている場面も好きです。

松田優作の演技は素人の僕でも凄いと思った。
優作が口をあけて睨みつける表情は狂気みたいな物凄い迫力が伝わって、彼の天才さを少しみました。
ずいぶん前にブレードランナーを見たとき、リドリースコット監督は日本という国が好きなんだなーと思った。ゲイシャさんとか大好きなんでしょか?

高倉健さんも渋いっす。
健さんも優作さんも、サングラスをかけると井上陽水にも見えてきます。
ガッツ石松の真面目にカッコいいところは初めて見ました。
でもなんで「OK牧場」いわないんですか?それって逃げだと思います。
せっかく世界に通用するギャグなのに残念です。
最後の「完」ていう文字もキマっていました。
男らしいッス。ハリウッド映画なのにオス!オス!な映画でした。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 7点(2012-03-19 00:37:33)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 213人
平均点数 6.78点
000.00%
100.00%
210.47%
362.82%
4136.10%
53114.55%
64420.66%
74219.72%
83918.31%
92310.80%
10146.57%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.33点 Review12人
2 ストーリー評価 5.61点 Review18人
3 鑑賞後の後味 6.73点 Review19人
4 音楽評価 7.40点 Review15人
5 感泣評価 5.25点 Review8人

【アカデミー賞 情報】

1989年 62回
音響効果賞 候補(ノミネート) 
音響賞ドナルド・O・ミッチェル候補(ノミネート) 
音響賞ケヴィン・オコンネル[録音]候補(ノミネート) 
音響賞グレッグ・P・ラッセル候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS