Menu
 >
 >
 > モダン・タイムス

モダン・タイムス

Modern Times
1936年【米】 上映時間:87分
平均点: / 10(Review 161人) (点数分布表示)
ドラマコメディアドベンチャーサイレントモノクロ映画
[モダン・タイムス]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2013-02-26)【イニシャルK】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督チャールズ・チャップリン
キャストチャールズ・チャップリン(男優)工員
ポーレット・ゴダード(女優)お転婆娘
ヘンリー・バーグマン(男優)カフェの主人
チェスター・コンクリン(男優)工場の親方
アラン・ガルシア(男優)社長
原作チャールズ・チャップリン
脚本チャールズ・チャップリン
音楽チャールズ・チャップリン
作曲チャールズ・チャップリン『スマイル』
挿入曲チャールズ・チャップリン『ティティナ』
撮影ローランド・トザロー
製作チャールズ・チャップリン
美術チャールズ・D・ホール
あらすじ
大恐慌時代のアメリカ。“彼”は工場でナットを閉めるだけの単調な仕事をしている内に錯乱してしまい、大暴走、病院送りになる。退院後、道を歩いていると、なぜか共産党のリーダーに間違えられ、拘置所送りになるが、偶然囚人の脱獄を防ぎ、独房で優雅な生活を送る。しかし、呆気なく釈放され、造船の仕事に就くが、大失態を演じてしまい、いっそ監獄に戻ろうと無銭飲食をする。しかし、護送車の中でパンを盗んだホームレスの少女に促され、一緒に逃げ出す。話をするうちに彼は、少女のために家を持とうと働く決心をする。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
121.《ネタバレ》 とても面白かった。印象に残っているのは歯車の中に閉じ込められた親玉のランチ場面。それと「ティティーナ」。残された妹たちがどうなったのか気がかりだが・・・。
PINGUさん [DVD(字幕)] 9点(2008-02-29 21:05:30)
120.やっぱりラストシーンがすばらしい。不条理な世の中でも笑いながらしたたかに生きていこう、というチャップリンのエールがひしひしと伝わってきました。
すたーちゃいるどさん [DVD(字幕)] 7点(2008-02-15 22:41:22)
119.《ネタバレ》 アイデアに困っていたと言うチャップリンだが、この映画でもその才能は遺憾なく発揮されている。特に機械が食事を与えてくれるシーン。当時は色んな機械が発明されるための挑戦が幾多もなされていたこともあろうが、こういうアイデアを映画に取り込む辺りが凄い。そして、今作はチャップリンとヒロインが地平線へ向かっていくと言うエンディングを迎える。今までこんなシーンはなかったのではないか。どんな時代でも力強く生きていこうと言うチャップリンの意思の表れだろう。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 10点(2008-02-04 23:25:02)
118.《ネタバレ》 チャップリンの映画を観るのは3本目なのですが、観るたびにニヤニヤさせられ、爆笑させられ、そしてあの動きに感心させられます。しかも歌まで上手いとは知らなかったので驚きでした。自動食事機のシーンなんて面白いの一言!ヒロインの浮浪少女も可愛く、観る人をとことん楽しませてくれる映画だと思いました。
Trunkさん [ビデオ(字幕)] 7点(2008-01-20 02:17:01)
117.トウモロコシは笑いました。でも後はどれもドリフのコントを観ているようでした。ドリフの方が全然モダンで面白いですけど。
マー君さん [DVD(字幕)] 6点(2007-11-05 15:53:30)
116.チャップリンはこの映画を撮る前にガンジーと会っていたと記憶しています。この映画はガンジーの思想も少し入っているような気がします。もしかするとガンジーと話をしたことにより浮かんできたテーマかもしれません(勝手な想像ですが)。それにしてもチャップリンの長編映画はどれも素晴らしいですね。この作品も面白いだけじゃない本当に考えさせられる映画です。
たけよしさん [DVD(字幕)] 10点(2007-10-09 21:47:09)
115.《ネタバレ》 この映画、面白いだけではなく、マニュアル化・画一化されていく社会への皮肉を表現しているのかなと感じました。人間が機械に振り回されるシーンはまさにそうですし、逆に、チャップリンが即興で歌うところやラストで二人が笑顔で歩いていくシーンは、心の通ったものの重要性を訴えているように思えました。
まいったさん [DVD(字幕)] 7点(2007-09-30 22:55:00)(良:1票)
114.《ネタバレ》 腹を抱えて笑った、というほどではありませんが、食事のシーンなど思わず声を出して笑ってしまいます。
この映画は人に一番大切なものを示唆しているのだと感じました。
そういえばこれを観るまで「Smile」はコステロの曲だと思っていましたが、チャップリン自身の作曲だったのですね。歌も上手いし、制作から監督、主演、演出、音楽まで全てやってしまう彼の才能に脱帽です。
「Back Up! Never say die.We'll get along」というセリフと、何も無い長い一本道を歩いていくラストの二人の希望に満ち溢れている表情が、機械化への一番の風刺なのだと思いました。
Balrogさん [DVD(字幕)] 10点(2007-09-17 18:30:23)(良:1票)
113.チャップリンと彼女の絶妙なカップルっぷりに、人生でもっとも大切なものが何であるのかを確認させてくれた作品。
Keicyさん [DVD(字幕)] 6点(2007-09-05 00:04:47)
112.文句なしに面白かった。ここまで笑い、感動し、考えさせられた映画もそうそうないのではないかと思う。間違いなくお奨め出来る作品であると思います。
kinouさん [DVD(字幕)] 9点(2007-04-10 22:14:42)
111.チャップリンで一番笑えたのがこれ。
Michael.Kさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2007-02-25 17:28:07)
110.《ネタバレ》 最後のシーンが素晴らしいですね。結局チャップリンは無職のまま…それでもハッピーエンドって言っていいのかな?

スマイル!笑って生きよう!チャップリンから学びました。
兵頭信者さん [映画館(字幕)] 10点(2007-01-24 22:34:18)(良:1票)
109.とにかく洪水のようなギャグシーンの連続に笑い転げていると、最後にやってくるのがあの感動的なラスト。ここに込められたメッセージはとてもシンプルですが力強く、長く胸に残っています。
KYPAさん [映画館(字幕)] 10点(2007-01-12 03:17:27)
108.あまり笑えなかった。経験した人の話を聞かないと、昔の実情が分からない。
なますてさん [DVD(字幕)] 4点(2006-12-28 15:53:14)
107.この映画の意義は作業の単純化、経営の合理化のしわ寄せを受ける労働者を擁護する視点から描かれた点にあると思う。今でこそ何でもないことだが、当時は「独裁者」と共に制作に相当の勇気がいるテーマだったのではないか。
こまごまさん [ビデオ(字幕)] 6点(2006-12-25 17:07:04)(良:1票)

106.チャップリンの動きは相変わらずキレがあります。また、本作のテーマにあたる“機械化する社会への警鐘”部分も、うなずけます。特に作品紹介の際などで象徴的に引用される“歯車に巻き込まれる人間”は映画史に残る名シーンだと思います。ただ作品全体としてみた場合はどうでしょうか。チャップリン作品の特色である、切なさや憂いといった人情部分の描写は弱かったように思います。自分はチャップリンに対し、単純に笑えてホロリとさせられる、そんな娯楽性を求めてしまいます。その観点からすると、物足りなさがありました。自分には少々高尚すぎたのかもしれません。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-12-21 18:50:34)
105.工場での自動食事機のシーンは何度見ても腹抱えて笑ってしまう。このとき、一瞬チャップリンの右手が映るシーンがあるんだけど、その手がプルプル震えてんのね(笑)。こんな細かい所でもちゃんと演技してるなんて、ホント喜劇王は伊達じゃないですね。ティティナもそうだけど至高の芸の連続です。
monoさん [DVD(字幕)] 10点(2006-12-20 00:40:26)(良:1票)
104.チャップリンが作った、半トーキー的なサイレントですが、ラストについに封印を破る、その瞬間のチャップリンっていうのは物凄く悩んだろうな。曲がパントマイムを大いに使った「ティティナ」を選んだのもよかったのかもしれませんが、サイレンと時代のチャップリンと比べるとやっぱり、、、。。。ポーレット・ゴダードが異常に可愛いのと前半・中盤・後半と見事に舞台転換を出来ているのはほんとスゴイ。笑顔=スマイルの常識の基礎を作ったチャップリンっていうのはいつ見てもほんと、すごいです。
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 9点(2006-11-20 22:12:42)
103.いやぁ笑った。最後の踊りながら歌うシーン…印象に残る。チャップリンは歌も上手なんだね。
Syuheiさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2006-11-17 14:43:39)
102.《ネタバレ》 初めて観たチャップリンの作品が本作。声を発しなかったのでまだトーキー以前の作品かと思って観ていたら最後に突然歌い出したので驚いた驚いた。今までずっとダンマリ決め込んで満を持してここぞと言う時に肉声を発し〝あっ〟と言わせてしまうなんて憎い。しかも字幕が出なかったので何故?と思い耳をそばだててみたが英語ではく仏語や独語でもない。スペイン語のようではあるが言語不明なのだ。これは一本とられた。先に歌の概要を説明してしまい音声を取り入れつつもサイレントと同じ効力にしてしまうとは天才的なチャップリンに脱帽だ。後に知ったことだが本作で初めて肉声を披露したとのこと。これはマイムへの愛であり意地であり、トーキーへの抵抗であり受容なのだと思う。鋭い社会風刺は斬新でラストのどんな苦境でも優しいチャップリンの笑顔に心温まるが、何と言ってもチャップリンが肉声で歌いだすシーンに感銘を受けた。
ミスター・グレイさん [ビデオ(字幕)] 8点(2006-09-19 18:24:59)(良:2票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 161人
平均点数 8.12点
000.00%
110.62%
200.00%
300.00%
431.86%
563.73%
6169.94%
72817.39%
83421.12%
93018.63%
104326.71%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review9人
2 ストーリー評価 8.50点 Review12人
3 鑑賞後の後味 9.20点 Review15人
4 音楽評価 8.64点 Review14人
5 感泣評価 8.00点 Review9人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS