Menu
 >
 >
 > ウォーク・ザ・ライン/君につづく道

ウォーク・ザ・ライン/君につづく道

Walk the Line
2005年【米・独】 上映時間:135分
平均点: / 10(Review 40人) (点数分布表示)
ドラマラブストーリー音楽もの伝記ものロマンス
[ウォークザラインキミニツヅクミチ]
新規登録(2005-10-22)【V】さん
タイトル情報更新(2013-06-24)【S&S】さん
公開開始日(2006-02-18
公開終了日(2006-05-12)
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェームズ・マンゴールド
助監督スティーヴン・P・ダン第1助監督
ニコラス・マスタンドレア第1助監督(補助)
演出リック・エイヴリースタント・コーディネーター
キャストホアキン・フェニックス(男優)ジョニー・キャッシュ
リース・ウィザースプーン(女優)ジューン・カーター
ジニファー・グッドウィン(女優)ジョニーの妻 ヴィヴィアン・キャッシュ
ロバート・パトリック(男優)ジョニーの父 レイ・キャッシュ
ジェームズ・キーチ(男優)ウォーデン
ダラス・ロバーツ(男優)サム・フィリップス
ルーカス・ティル(男優)ジャック・キャッシュ
小山力也ジョニー・キャッシュ(日本語吹替)
宮島依里ジューン・カーター(日本語吹替)
内田直哉レイ・キャッシュ(日本語吹替)
園崎未恵ヴィヴィアン・キャッシュ(日本語吹替)
原作ジョニー・キャッシュ
脚本ギル・デニス
ジェームズ・マンゴールド
音楽T=ボーン・バーネット 
作詞ジョニー・キャッシュ挿入歌"I Walk the Line"他
ボブ・ディラン挿入歌"It Ain't Me Babe"他
作曲ジョニー・キャッシュ挿入歌"I Walk the Line"他
ボブ・ディラン挿入歌"It Ain't Me Babe"他
主題歌ホアキン・フェニックス"I Walk The Line"
挿入曲ホアキン・フェニックス"Get Rhythm","Ring Of Fire ","Cry Cry Cry"他多数
リース・ウィザースプーン"Wildwood Flower","Jukebox Blues"他多数
撮影フェドン・パパマイケル
製作アラン・C・ブロンクィスト(ライン・プロデューサー)
ジェームズ・キーチ
キャシー・コンラッド
製作総指揮アラン・C・ブロンクィスト
配給20世紀フォックス
衣装アリアンヌ・フィリップス
編集マイケル・マッカスカー
録音ポール・マッシー[録音]
ダグ・ヘンフィル
字幕翻訳戸田奈津子
その他アラン・C・ブロンクィスト(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
20.「Ray」との構造的類似も気になるが、実在したC&W歌手の伝記、男女間の長年にわたる関係の描写となると、やはりどうしても「歌え!ロレッタ愛のために」という傑作の先例がちらついてしまう(本作のリースの唱法も、「ロレッタ」のシシー・スペイセクにそっくり)。で、初レコーディング時の感動、ヒット曲が出た喜び、絶頂期の観衆の熱狂度などの表現は、先例には遠く及んでいないわけです。家族関係の描写がしつこい割に、内容的にさして目新しくもないのも難点。ただし、ホアキンとリースのステージパフォーマンスの頑張りには+1点。
Oliasさん [DVD(字幕)] 6点(2006-11-13 03:40:59)
19.《ネタバレ》 父親不振、成り上がり、ドラッグ、家庭不和、不倫成就てな感じですかね。見終わった後爽やかな気分なのは何故?ホアキン君がいい味出してるからかなぉ。お気に入りの場面は、ステージ上でプロポーズする直前に歌っている彼女をじっと見つめる所。ホアキン君がかっこよく見えちゃうんだなぁ。私までドキッとしました、危ない危ないっ。
hinasakusuさん [DVD(字幕)] 8点(2006-10-22 23:00:01)
18. チープなホームシアターセットを購入し久しいのですが、刑務所でジョニーが登場する前のシーンでサブウーハーから発する低音が窓を震わせ臨場感バッチリでした。もっとも近所迷惑だから速攻でボリューム落としました。話は逸れるのですがホームシアターを考えている方は家や部屋の遮音を考えた方が気兼ねなく楽しめると思います。いや、マジで新築2年の家を新規設計で作り直そうかと考えるくらいで…。さて、なんの予備知識も無く、ジョニー・キャッシュって誰?ホアキン&リースの主演だったの?と見ながら気がつく体たらく。そんな訳で暗いシーンがダラダラ続く印象を受けますが、間に入る演奏シーンとのメリハリの利いた演出を感じました。まあ、伝記モノはチョット苦手なんでこの程度の点数しか楽しめなかったのですけど。
クルイベルさん [映画館(字幕)] 5点(2006-09-21 08:56:42)
17.全部同じような曲に聞こえました・・・・。ホアキンって結構好きな俳優なんだけど、↓鼻が全然気にならなかった初めての映画です。
さらさん [DVD(字幕)] 6点(2006-08-31 10:14:43)
16.ここ最近の伝記映画の中では1番面白かった。演技も良かったですけど歌が1番良かったです。まぁ歌手の伝記映画なので当然ですけど。今までジョニー・キャッシュなんて人物の事なんて知らなかったし歌なんて聴いた事が全くなかったのですが自分の好みの歌ばっかりだったので観ていて楽しかった。しかも調べたらついこの前2003年まで生きてたんですね。エルヴィス・プレスリーが出てきてたのでもっと前の人かと思ってました。それとエルヴィス・プレスリー役の人結構似てて驚きました。リース・ウィザースプーンが出ている映画の中でもこの映画のリース・ウィザースプーンが1番綺麗で可愛かった。今までそんなに好きではなかったのですがファンになりました。劇中でホアキン・フェニックスやリース・ウィザースプーンが本当に歌ってるみたいでしたが最後のエンドロールで流れてきたのは多分本人だと思いますが本人の声もなかなか良いですね。それにレンタルで観たんですがあまりにも良かったのでDVD買いました。いつも思うんですが何でアメリカの歌手っていつもドラッグが絡むんでしょうかね?歌手とドラッグは永遠のテーマなのかな。
TRUST NO ONEさん [DVD(字幕)] 8点(2006-08-25 04:57:53)(良:2票)
15.うんうん、これは至極まっとうな仕上がりの伝記映画だと思いますね。好きなシーン、結構有りました。特に刑務所ライブの後、深夜の移動バスの中で寝惚けたジューンにしつっこいくらいに迫りまくるプロポーズシーンが良かったです。ホアキンのトボけた味がうまく生かされてました。多分脚本上の問題だと思うけど、ソリが合わない父親はともかく、主人公が成長してから母親が時たま画面に現れるだけの「ただいるだけのひと」になってしまって、何の性格も与えられていない人物なのが観ていて自分には不可解でした。これは彼のバンドのメンバーについても同じ事が言えるんですが・・・。一番身近にいた人物だけに、もう少し描きこんでもらいたかったかなあ。特に友情なんかも育まれないままただ時が流れていった風にも見えるし。ジョニーみたいな人物と組むなら大なり小なりの軋轢はあったはずだと思うんですけどね。
放浪紳士チャーリーさん [DVD(字幕)] 6点(2006-07-14 13:21:52)(良:2票)
14.シンプルな人間関係で、味付けも薄いかもしれないが、正攻法で勝負して、素材の良さを活かしきっている。
シンプルな演出によりホアキンの演技のよさを最大限引き出した。
ホフマンのカポーティの演技を観ていないが、ジェイミーフォックスが前年に主演男優賞
を受賞していなかったらと、悔やまれる巡り合わせ。まだまだチャンスはあるでしょう。
六本木ソルジャーさん [DVD(字幕)] 6点(2006-07-09 17:24:43)
13.《ネタバレ》 ステージ上でプロポーズ「君と結婚したい。今返事してくれないとこれ以上歌えない。」なんだか凄くかっこいい!あんなプロポーズされたらチョット断り難いですよ~ある意味反則ワザじゃないですか?でも、とても感動した。
みんてんさん [DVD(字幕)] 8点(2006-07-05 11:18:24)(良:1票)
12.《ネタバレ》 人生を失敗しかけた奴にしか歌えない歌で人生に失敗した奴ら(囚人)がノリノリで合唱する場面はちょっとホロリ。音楽映画の良さって、「音楽が人に与える不思議な力」が描けてるかどうかがカギだと思う。奔放なようでいて、音楽以外はどこまでも自堕落で駄目な男キャッシュを支え続けるウィザースプーンの母性あふれる姿に少し癒される。最後はずっとうまく行かなかったお父さんとの仲直り。垂れ下がった糸でなかなか声が届かない糸電話は息子との関係を表しているのかな。ぶっきらぼうに糸電話で孫と話し続けるお父さんの姿が何だか優しい。悪役ターミネーターも渋いいい脇役になったなあ、などと思いました。
しまうまさん [映画館(字幕)] 8点(2006-04-16 00:15:11)(良:2票) (笑:1票)
11.非常に良い映画だった。ていうかジョニー・キャッシュという人もジューン・カーターという人も全く知らず、さらにボブ・ディランにもエルヴィスにもあまり縁がないのだが、全然問題なかった。だって映画自体が素晴らしい。ウェルメイドという枠では収まらない音響の臨場感だったりライブの光景だったり両主演の存在感だったりが心に響く。監獄コンサートのシーンは音だけで泣けてしまうし、ホアキン・フェニックスが会場入りする前のリーズ・ウィザースプーンとの距離感もすごく良い。釣りのシーンも印象深く、この映画のキーポイントとしてうまく機能している。ていうか、単にあの静かな時間の流れがとても好き。そしてなんといってもこの映画はアメリカの物語で、非常に映画映えするのである。
Qfwfqさん [映画館(字幕)] 8点(2006-04-07 19:24:34)(良:1票)
10.《ネタバレ》 わりあいにカッチリ作ってある伝記モノなので、多少間延びして、退屈ではあった。けれど「成功→挫折→立ち直り」というストーリーが丁寧に描かれていて、だからこそジョニーの弱さと心意気がじわじわと伝わってきたとも感じた。「Because you're mine, I walk the line」って、すごくいい歌詞だなぁ・・・。
ぽん太さん [映画館(字幕)] 6点(2006-04-01 18:16:59)
9.《ネタバレ》 ジョニー・キャッシュ自体知らんかったから、いまいち映画に入りきれやんかった↓ケド、主演の2人の歌は素晴らしかった。あれ地声。。。やんな??特にヒロインのリースの歌声は、そらオスカーですわ。おめでとう。ただっ!ジョニーの妻目線で見てしまうと、せつなすぎますね。んで、もう1コ。急にプロポーズO.Kした理由もちょっと・・・。「えぇぇ~っっ?!なんでやねん!!」って、おもいました。
小星さん [映画館(字幕)] 5点(2006-03-25 22:37:12)(良:1票)

8.《ネタバレ》 ホアキンが濃いです。アップの連続は日本人には少々キツいかもしれない。しかし主役二人の演技には圧倒される。何せホアキンは、幼くして最愛の兄を亡くし、自らドラッグに溺れるという役である。彼以上の適役はいないだろう。兄のことを話すシーンは迫真の演技である。演奏シーンは吹き替えなし。リーズのアカデミーも納得である。ホアキンも賞を取るかと思ったが残念だ。私はオールドロックが結構好きなので、ロイ・オービソン、エルビス、ジェリー・リー・ルイスの登場をかなり楽しみにしていたのだが、それほど出番がなく、この点は少々微妙である。それでもステージの袖で「良かったぜ」とか言い合っているのを見ると思わずニヤける。映画館だとさすがに音質は最高で、ベースのボンボンいう音が重たい。キャッシュの曲自体も、声も歌詞もビートもかなりヘビーである。ゴスペルとカントリーを独自のダークネスで消化したキャッシュのロックンロールは、冒頭の綿花畑のように、アメリカ人にとっては原風景の一つなのであろう。「グレートボールズ・オブ・ファイア」ジェリー・リー・ルイスのハイテンションもいいが(彼もよくキャッシュの曲をカバーしている)、本作でのキャッシュのずしりと胸に響くような重みも悪くない。ラブストーリーとしてはかなり辛口である。本当は魅かれながらも、ホアキンの求愛を拒み続けるリーズと、愛のためにドラッグに溺れるホアキンの姿が痛々しい。作品全体に南部の保守的な宗教観や価値観が通奏低音のように響いているが、結局二人が結ばれるためには、時代から見ても、ジューンにとってもある程度の時間の経過が必要だったのかもしれない。
わいえすさん [映画館(字幕)] 10点(2006-03-09 01:06:15)(良:3票)
7.《ネタバレ》 クサい映画です、最近のハリウッドに蔓延してるミュージシャンやソングライターの伝記映画、その悪いところを凝縮してるって感じで。たぶん、アメリカ人に三波春夫物語を見せるようなものだもの。ジョニー・キャッシュの刑務所ライブ盤のことは70年代初頭から知ってました。でも率直な気持ち「それ何?」だったわけです。カーター・ファミリー・ピッキングでおなじみのジューン・カーターと結婚したのも知ってました。で、ロザンヌ・キャッシュが娘だってのも。ボブ・ディランという存在がなければ関心持つこともなかったでしょうね。シナリオとホアキン“良純”フェニックスは死ぬほどクサいけど、腑に落ちるところだらけで、観てよかったなと思ってます。ジョニー・キャッシュって存在、日本ではカントリーの人と解釈されてますけど、ロックンロール擡頭期に低音ボーカルで出てきた(カントリーはヨーデルを基とする高音ですから)っていう出自と、グルーブ感がフィルムで再現されたことが蒙を啓いてくれれば上映のかいがあったと言えるんじゃないでしょうか。T-Bone Barnettの音楽、最高です。It ain't me, babeをデュエットシーンで使ったのは白眉でしたね。Highway 61 revisitedのフィルインもゾクゾクした。
shintaxさん [映画館(字幕)] 5点(2006-03-07 18:58:43)
6.いろんな賞を獲って、アメリカでの評判はいいみたいです。でも、そこまで面白いかなぁ。時代の流れがつかみにくく、登場人物の気持ちがどう移り変わっていくのか、私にはあまり理解できませんでした。ジョニー・キャッシュという人物を良く知らないせいかもしれません。
shoukanさん [映画館(字幕)] 4点(2006-03-04 23:45:35)
5.教科書通りの伝記映画。つーか、幼少時に兄弟を亡くしたトラウマを抱え、麻薬中毒を克服したミュージシャンって、ほとんど「Ray」と代わり映えしない題材。これは別にジョニー・キャッシュが悪い訳ではもちろんなく、こうも続けざまに同じ様な脚本に仕上げたハリウッドが悪い。邦題に付けられた副題が、本作のあるべきテーマを示してます。これは絶対にジョニーとジューン・カーターを同等に描くべきでした。「君につづく道」の「君」は、ジューンであると同時にジョニーでもあるのです。二人の長い長いラヴ・ストーリーとして構成すれば、ラストはずっと感動的になったでしょう。ところで、二人揃ってアカデミー賞にノミネートされましたけど、本作のリース・ウィザースプーンの演技と歌は圧倒的。この点は彼女に捧げます、6点献上。
sayzinさん [映画館(字幕)] 6点(2006-03-03 00:03:59)
4.主役二人の演技が光ってました。リースがとっても魅力的でした。いい女優です。
ギニューさん [映画館(字幕)] 7点(2006-02-27 23:42:24)
3.《ネタバレ》 主演二人が歌に演奏にと、体当たりの演技を見せてくれただけでも大満足。実際の演奏ではなく、彼らが本当に“歌い上げた”新録の歌の数々は聴き応え十分です。「Ray」がそうであったように、クスリと女という呪縛を感じさせるストーリーになっています。美化するわけではなく淡々と描かれていくからこそ、彼らの生き様が静かに心に染み入ってきます。舞台以外の日常の姿と、周囲の人の掘り下げがもう少しあればさらなる良い作品になったと思えます。子どものころからラジオのなかで親しんできたジューンに、コンサート中の舞台で行う40回目のプロポーズ。彼らにとって一生の晴れ舞台となったことでしょうし、映画でも最大の盛場になっています。    それにしても液体金属T-1000はさすがに老けましたね…。
トトさん [映画館(字幕)] 7点(2006-02-27 20:48:52)(笑:1票)
2.《ネタバレ》 最初に書いときます。多分、日本ではうけないでしょう!! ジョニー・キャッシュ?ジューン・カーター?誰だそれ?こんなところだと思います。1950~60年代のアメリカポピュラーミュージックシーンを飾ったちょっとアウトロー的な歌手でした。私も少しカントリーミュージックをかじったことがあるので知っていました。驚いたのは、刑務所でのコンサートアルバムを出したことでした。まさしく、そのコンサートのシーンからこの映画は始まりそして、終わります。けして素晴らしい不世出の大歌手の人生を美化して謳いあげたものでは有りません。彼の本当のどろどろした生き様を、ホアキンフェニクスが実に良くとらへ見事に演じています。50.60年代のアメリカの名だたるミュージックスター達がどのような生活をしていたのか?良くあらわせられています。エルビス、ジェリー・リー・ルイスがこんなチンピラみたいなことをしてたんだなー!!
この作品でもう一人忘れてはならないのがジューン・カーター役を演じたリースウイザースプーン。お馬鹿なエルがはまり役と思っていたら、なかなか!この演技には光るものが有りましたね。歌もこんなにうまいなんて、天国のジューンが苦笑していますよ!知ってる人も知らない人も是非見て欲しい映画だと思います。私の感想ではリースが主演女優賞?とるかな・・・ン リース!!主演女優賞!オメデトー!!
としべいさん [映画館(字幕)] 9点(2006-02-20 07:45:39)
1.リースの歌がうまいのにはビックリ。
たまさん [映画館(字幕)] 6点(2006-02-20 00:37:41)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 40人
平均点数 6.00点
012.50%
112.50%
200.00%
325.00%
437.50%
5615.00%
61230.00%
7615.00%
8615.00%
912.50%
1025.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.50点 Review4人
2 ストーリー評価 5.75点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review4人
4 音楽評価 7.33点 Review6人
5 感泣評価 6.25点 Review4人

【アカデミー賞 情報】

2005年 78回
主演男優賞ホアキン・フェニックス候補(ノミネート) 
主演女優賞リース・ウィザースプーン受賞 
音響賞ポール・マッシー[録音]候補(ノミネート) 
音響賞ダグ・ヘンフィル候補(ノミネート) 
衣装デザイン賞アリアンヌ・フィリップス候補(ノミネート) 
編集賞マイケル・マッカスカー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS