ゲット・リッチ・オア・ダイ・トラインのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ケ行
 > ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン
 > (レビュー・クチコミ)

ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン

[ゲットリッチオアダイトライン]
Get Rich or Die Tryin'
2005年【米】 上映時間:116分
平均点:6.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-06-17)
ドラマ犯罪もの音楽もの伝記もの
新規登録(2006-06-15)【ogawa3594】さん
タイトル情報更新(2018-04-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジム・シェリダン
キャスト50セント(男優)マーカス
アドウェール・アキノエ=アグバエ(男優)マジェスティック
ジョイ・ブライアント(女優)シャーリーン
オマー・ベンソン・ミラー(男優)カール
テレンス・ハワード(男優)バマ
ビル・デューク(男優)リーバー
ヴィオラ・デイヴィス(女優)祖母
レオン(男優)スリム
ブルース・マクフィー(男優)
伊藤健太郎マーカス(日本語吹き替え版)
山野井仁マジェスティック(日本語吹き替え版)
林真里花シャーリーン(日本語吹き替え版)
朝倉栄介カール(日本語吹き替え版)
高木渉バマ(日本語吹き替え版)
廣田行生リーバー(日本語吹き替え版)
小宮和枝祖母(日本語吹き替え版)
音楽クインシー・ジョーンズ
50セント(サウンドドラック制作総指揮)
編曲ブルース・ファウラー〔編曲〕
撮影デクラン・クイン
製作ジム・シェリダン
パラマウント・ピクチャーズ
製作総指揮ダニエル・ルピ
デヴィッド・ゲイル[製作]
ジーン・カークウッド
ヴァン・トフラー
配給UIP
特殊メイクゴードン・J・スミス
特撮ジェイミー・ディクソン〔特撮〕(視覚効果スーパーバイザー)
美術デニス・ダヴェンポ-ト
編集コンラッド・バフ
その他ブルース・ファウラー〔編曲〕(指揮)
クインシー・ジョーンズ(追加音楽の指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 同様のラッパーの自伝的な映画エミネムの「8マイル」よりは面白かったけど、どうもギャングスタを必要以上にかっこよく描きすぎてるので現実味が薄く感じます。50セントが高校時代から現在までの自分を演じていますが、高校生の役は高校生らしくやろうとしているのはわかるのですが、さすがに違和感があって笑ってしまいます。テレンス・ハワードも下品に頑張ってますが、品の良さが感じられてしまい頑張って演技をしているなあと思ってしまいました。
omutさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2008-02-03 02:10:07)
1.《ネタバレ》 見せ場が無い。
ラッパーのサクセスストーリーの映画だが、同ジャンルの映画に、eminem主演の8mileがある。
8mileには「ラップバトル」の場面という盛り上がる、見せ場があった。
しかしこの映画に見せ場は無い。最初に銃で撃たれてから終始同じようなテンションが続く。
メイキングを見たところ、これはヒューマンドラマらしい。主題は「父親探し」。監督の意向だそうで・・・。
それにしてもラップも父親探しも中途半端だった。
元「ハスラー」の50centなのだからもう少し50自身が暴れる場面がほしかった。もっとラップのシーンが欲しかった。
ただ50centの演技は予想外に良かった。素の、ハスラーとしての自分そのままを出していてだけかもしれないが・・笑。
映画としてはイマイチだったが50centが好きなので7点。
ogawa3594さん [DVD(字幕)] 7点(2006-10-23 21:07:45)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5150.00%
600.00%
7150.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS