Menu
 >
 >
 > シャイニング(1980)

シャイニング(1980)

The Shining
1980年【米・英】 上映時間:143分
平均点: / 10(Review 442人) (点数分布表示)
ホラーサスペンス小説の映画化オカルト映画
[シャイニング]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-02-23)【イニシャルK】さん
公開開始日(1980-12-13
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督スタンリー・キューブリック
助監督レオン・ヴィタリ(監督助手)
テリー・ニーダム
キャストジャック・ニコルソン(男優)ジャック・トランス
シェリー・デュヴァル(女優)ウェンディ・トランス
ダニー・ロイド(男優)ダニー・トランス
スキャットマン・クロザース(男優)ディック・ハロラン(料理長)
フィリップ・ストーン(男優)デルバート・グレイディ(バトラー)
ジョセフ・ターケル(男優)ロイド(バーテンダー)
ヴィヴィアン・キューブリック(女優)(ノンクレジット)
石田太郎ジャック・トランス(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
山田栄子ウェンディ・トランス(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
伊藤隆大ダニー・トランス(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
前田昌明ディック・ハロラン(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
阪脩スチュアート・アルマン(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
大木民夫デルバート・グレイディ(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
糸博ロイド(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
石塚運昇(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
津田英三(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
寺内よりえ(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
原作スティーヴン・キング
脚本スタンリー・キューブリック
音楽ウェンディ・カーロス
ジョルジ・リゲティ
ベラ・バルトーク
撮影ジョン・オルコット
ダグラス・ミルサム(第二班撮影&カメラマン助手)
ケルヴィン・パイク(カメラ・オペレーター)
ジェームズ・デヴィス(カメラ・オペレーター)
製作スタンリー・キューブリック
製作総指揮ヤン・ハーラン
配給ワーナー・ブラザース
美術ロイ・ウォーカー(プロダクション・デザイン)
ヴィヴィアン・キューブリック(ノン・クレジット)
衣装ミレーナ・カノネロ
編集レイ・ラヴジョイ
録音アイヴァン・シャーロック
字幕翻訳高瀬鎮夫
あらすじ
ジャックは失業中で作家志望の男である。彼はコロラド山中に建つ豪華ホテルで冬季休業中の管理人となり、妻子と共に移り住む。雪に閉ざされたホテルの中で三人だけの生活を送る内に、ジャックは次第に異常をきたす。「シャイニング」と呼ばれる超能力を持つ幼い息子ダニーは、ホテルの忌まわしい過去とやがて訪れる危機を感知する。そして同様にシャイニングを持つホテルの料理長にテレパシーで助けを求めるが…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
212223
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ

362.最初から最後まで妙な緊張が途切れないこの映画。
直接描写のシーンより、なんでもないシーンの方が怖いという不思議な作品。
中盤のトイレのシーンで間延びするがそれでも名作。
非映画人さん [DVD(字幕)] 8点(2008-08-26 18:51:17)
361.《ネタバレ》 まず、ものすごく映像が綺麗。トイレのデザインなどはおもわず「おお!」と思ってしまいました。
肝心のストーリーは…

一言。「めっちゃこええええええ…」

もう二度と観たくないですが大傑作ですね。
REDRUMのシーンや「お客様だよ!」や迷路のシーンなどトラウマを一度に3つも増やしてくれた記念すべき映画でもあります。
bolodyさん [DVD(字幕)] 7点(2008-07-26 20:36:21)
360.主人公一家ベストマッチングです。S・キングが気に入らず新たに撮りなおしたのは有名な話ですが、ある意味原作の枠を超えてしまっていると思う。それだけ演出、ロケ場所、俳優などすべてがマッチしている。内心キングは自身の作品を超えられてしまったと判断し、新たに映像化に着手し原作を守ろうとしたかどうかは定かではありませんが、原作者が驚愕するほどうまくまとまっていると個人的には思う。またDVDの特典にある当時のメイキング映像は、マスコミ嫌いの生キューブリックの姿を拝むことが出来る貴重な映像である。
キャラハンさん [DVD(字幕)] 8点(2008-05-12 12:39:19)
359.思ったより普通のホラーといった印象。映像とかは流石に凝っていたが、特別怖いとも思えず、イマイチはまれませんでした。
すべからさん [DVD(字幕)] 5点(2008-05-07 18:20:00)
358.《ネタバレ》 これはもうシュールやら不気味やらで、とにかく背筋が寒すぎますね。閉塞感と1秒ずつ追い詰められる感じが…本当に奇妙な世界。もちろんカメラワークや色彩技巧も秀逸で、さすがキューブリック!の一言です。でもオチは途中で読めてしまった点が少しだけ残念でした。もちろん今となっては、この主役はジャックニコルソン以外居ないと思うのですが、彼のキャラから想像すると、いかにも発狂しそうな雰囲気ですよね(笑)。もっと普通そうな俳優さんのほうが作品の狙い的には有っているのかもしれません。でも、やっぱニコルソンじゃなきゃ!(←ジレンマ)
ClocheRoseさん [DVD(字幕)] 9点(2008-04-12 16:09:24)
357.《ネタバレ》 大昔に何度か観て、最近になって観て感想が変わっている自分の気が付いた。オヤジさんが禿げてないんだよ。はげ上がっては来ているんだがな。見事な上がりハゲだ。うーん、私はやはりハゲマニアとかにハンドルを変えるべきかな。ママの蒼白顔面が恐いです・・・。
成田とうこさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2008-04-06 15:22:45)
356.世の中で一番怖いものは、人間だと思ってる自分にとってこれはもの凄く怖かった。
茶畑さん [DVD(字幕)] 8点(2008-02-16 22:59:33)
355.《ネタバレ》 キューブリック節炸裂。このカメラワークは反則でしょう。
終始不気味な雰囲気漂ってます。視覚で恐怖を味わう映画。 ラストの意味はよく分かりませんでした。
eurekaさん [DVD(字幕)] 9点(2008-02-10 23:26:24)
354.小さい頃に見て、おしっこちびりそうになりました。ニコルソン怖すぎ・・・・
バムセさん [DVD(字幕)] 8点(2008-01-14 01:14:52)
353.ジャック・ニコルソンこえええええええ
norainuさん [DVD(字幕)] 7点(2007-12-08 18:19:10)
352.《ネタバレ》 始まりの場面からとても強いインパクトを受けた。
広大な大自然を美しい映像で見事に捉えている。
この大自然をスピード感のあるカメラワークで大地を滑るように写しているので、
観ている側が空を飛んでいるかのように気持ちいいのだ。

家族が車の中で「ドナー隊の遭難」の話しをしているが、
それがこの家族の「これからおかれる状況」を暗示している様に思う。
父親の孤独感、疎外感が描かれている。
憔悴し、疲れ果てた父親の表情がヤバい。
ウェンディーがすごいホラーっぽい顔立ちをしている。
ウェンディーが驚くのがとても上手。
「シャイニング」という作品には家族が描かれているんだと思う。
その家族のかかわりが面白いと思った。
そして父親には父親だけの世界があるんだと思った。
家庭的では無いというか、どこか非現実的な、自分のすがりたい世界が。

ハロランさんが食料庫の食材の説明をしている時、とても楽しそう。
ハロランさんの「アイス好き?」っていう表情が一番怖い。
双子の少女はすごい存在感。ただそこにいるだけで怖い。
バーテンのロイドは、照明のあたり方がとても不気味で、どこか陰になっている。
グレーディーにも同様のことが言える。

庭に巨大迷路があるが、それもまた現実世界から非現実の世界に迷い込むきっかけになっているように思う。
床のカーペットの装飾模様もどこか気持ち悪く生きているように見えてきてしまう。
トイレはどこか今までとは違う未来的な空間になっている。
これは父親が「家族側」から「ホテルの住人側」に移るきっかけになっているように思う。
(もしかしたらそれ以前のロイドのお酒を飲んだ時点で悪に身を売っていたのかもしれない。)
食料庫の、食品の缶詰や箱が大量に山積みにされていて、その様々な食品のパッケージ模様が独特の雰囲気をつくっていて面白かった。
だから僕が一番好きな場所は「食料庫」。

やはりキューブリックの映像の魔力はスゴい。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 10点(2007-12-04 01:56:46)
351.《ネタバレ》 前半は楽しめるけど中盤から後半がぐだぐだ。特にジャック・ニコルソンが変貌し始めてからはなーんも怖くなくなってしまいました。それでもキューブリックの映像美があるからこの点数。とりあえず「双子」と「迷路」が印象に残りました。
すたーちゃいるどさん [DVD(字幕)] 6点(2007-10-30 17:49:17)
350.《ネタバレ》 いやー、もう、怖い怖い。三輪車のカメラワーク、突然登場する双子等、見ててこれだけ怖くなる演出もなかなか無いです。ジャックニコルソンも怖かったが奥さんの顔が一番怖かった。まさにホラー映画のために生まれた顔と言っても過言ではない、と思っていたら結構多くの他のレビューワーさんも奥さんの顔が怖かったと指摘していました。
丸に梅鉢さん [地上波(字幕)] 8点(2007-09-28 00:39:28)(笑:1票)
349.《ネタバレ》 スティーヴン・キングの原作を離れ、キューブリック独自のスタイルで描かれた恐怖映画の最高峰。子供が三輪車を走らせているだけで、こんなに怖い映画もないだろう。画作りが巧いと言ってしまえばそれまでだが、これほど効果的に、一秒の無駄もなく緊張感を持続させることは至難の業だろう。無論、ジャック・ニコルソンの狂気を湛えた演技も素晴らしく、この映画を観て以来、他の作品でニコルソンが出てきたら、いつ暴れ出すかとビクビクしてしまう。有名な血の海エレベーターや双子のシーンになると「うわ、出たよ!」と、何かイヤ~なものを見た気分にさせてくれる。いつの間にか自分も、オーバールックホテルの出口のない迷路に迷い込んでしまうのだ。
フライボーイさん [DVD(字幕)] 10点(2007-09-11 16:20:44)(良:1票)
348.一つ一つの画、演出が半端なく綺麗でそして怖い。2日ぐらい夜中にオ○二ー出来なかった。
みどりいろさん [DVD(字幕)] 10点(2007-08-31 15:18:31)
347.思っていたよりは怖くなかったので、ホラーとしての点数はこの点数。観て損はない。独特の演出が随所にあって、これがキューブリック作品なのね、なんて思いながら観ました。
kinouさん [DVD(字幕)] 6点(2007-08-04 11:09:47)
346.全体的には怖くなかった。ただジャック・ニコルソンの役と奥さんの絶叫した顔がとても印象残った。
Dr.Teaさん [ビデオ(字幕)] 7点(2007-07-23 10:30:21)
345.あんな広いホテルの誰もいない廊下を
三輪車で走るのはそれだけで怖いでしょ?
シャイニングというのもなんの役に立つのか
よくわからん能力。
あの黒人の人も到着するの早すぎじゃない?
意味不明な場面もあちこちにあり、
これが名作なのかとも思うけど、
やっぱりニコルソンはすごいのでそれだけで7点。
奥さんの顔がなによりも怖い。
Skycrawlerさん [DVD(字幕)] 6点(2007-06-24 00:36:32)
344.ホラー映画Best5を選ぶとしたら、これはそのうちの1本。ジャック・ニコルソンの演技だか地だか分からない狂態ぶりはもちろん見ものなのですが、恐怖感が心理的にギリギリ来る演出がイイ! のです。血の洪水とか、血まみれの双子ちゃんとかよりも、ダニーが延々三輪車でホテルの廊下をグルグル回ったり、ひたすら繰り返されるAll works and no play make Jack a dull boy.のタイプ文字の方が、ジワジワ来るわけです。しかも、タイピングされた紙を見て恐怖におののく妻の背後から「面白いか?」と低い声・・・。こぇーー。原作はもっと怖いらしいので、読んでみようかな。
すねこすりさん [DVD(字幕)] 9点(2007-06-19 15:19:45)
343.今更ながら初めて観ました。
確かに恐怖心を煽るという意味では一級品ですね。

でも、父が狂う理由も、息子が異様なものを見る理由も序盤で説明してしまっているので、物語の構造からみせる驚きが皆無。これじゃ、単なる怖がらせ映画になってしまうような気がするのですが・・・。

しかしながら、映像が美しかったので甘めに評価。
カラバ侯爵さん [DVD(字幕)] 5点(2007-05-02 01:37:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
212223
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 442人
平均点数 7.45点
010.23%
100.00%
251.13%
361.36%
4204.52%
5337.47%
65412.22%
77617.19%
812227.60%
96414.48%
106113.80%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.54点 Review24人
2 ストーリー評価 6.84点 Review39人
3 鑑賞後の後味 6.56点 Review39人
4 音楽評価 8.05点 Review37人
5 感泣評価 4.40点 Review22人

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

1980年 1回
最低監督賞スタンリー・キューブリック候補(ノミネート) 
最低主演女優賞シェリー・デュヴァル候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS