Menu
 >
 >
 > 20世紀少年

20世紀少年

(20世紀少年 -第1章- 終わりの始まり)
Twentieth Century Boys: Chapter One
(20世紀少年 -第1章- 終わりの始まり)
2008年【日】 上映時間:142分
平均点: / 10(Review 110人) (点数分布表示)
アクションドラマサスペンスアドベンチャー戦争ものシリーズもの犯罪もの漫画の映画化
[ニジュッセイキショウネン]
新規登録(2008-02-18)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2016-05-07)【イニシャルK】さん
公開開始日(2008-08-30
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督堤幸彦
助監督木村ひさし(セカンドユニット監督)
演出佐藤敦紀(予告編ディレクター)
諸鍛冶裕太(アクション監督)
薗田賢次(タイトルバック)
キャスト唐沢寿明(男優)ケンヂ(遠藤健児)
豊川悦司(男優)オッチョ(落合長治)
常盤貴子(女優)ユキジ(瀬戸口雪路)
香川照之(男優)ヨシツネ(皆本剛)
宇梶剛士(男優)モンちゃん(子門真明)
宮迫博之(男優)ケロヨン(福田啓太郎)
生瀬勝久(男優)ドンキー(木戸三郎)
小日向文世(男優)ヤマネ(山根昭夫)
佐々木蔵之介(男優)フクベエ(服部哲也)
石橋蓮司(男優)万丈目胤舟
中村嘉葎雄(男優)神様
ARATA(男優)田村マサオ
森山未來(男優)漫画家角田
徳井優(男優)コンビニの本部教育員
遠藤憲一(男優)血まみれの男
光石研(男優)ヤマさん
佐野史郎(男優)ヤン坊/マー坊
ベンガル(男優)オリコー商会社長
竜雷太(男優)チョーさん
藤井フミヤ(男優)池上正人
竹中直人(男優)ピエール一文字
藤井隆(男優)友民党CMのタレント
石橋保(男優)ケンヂの同級生
石塚英彦(男優)マルオ(丸尾道浩)
黒木瞳(女優)キリコ(遠藤貴理子)
片瀬那奈(女優)敷島ミカ
池脇千鶴(女優)アルバイト店員エリカ
洞口依子(女優)木戸美津子
山田花子〔女優〕(女優)友民党CMのタレント
吉行和子(女優)諸星の母
デーブ・スペクター(男優)コメンテーター
及川光博(男優)ロックバンドのボーカル
津田寛治(男優)諸星
不破万作(男優)へーちゃん
研ナオコ(女優)ジジババ
三浦敏和(男優)敷島ゼミの学生
布川敏和(男優)ノブオ
ダンディ坂野(男優)通販番組タレントの片方
平愛梨(女優)遠藤カンナ
鈴木崇大(男優)敷島ゼミの学生
西山潤(男優)ケンジ(子供時代)
阿藤快(男優)
平山祐介(男優)五十嵐刑事の相棒
柳生みゆ(女優)
松元環季(女優)ユキジ(子供時代)
木下優樹菜(女優)
滝口順平(男優)
石井トミコ(女優)
藤森慎吾(男優)スクーターの若い男
藤原薫(男優)サダキヨ(幼少期)
横山あきお(男優)浜さん
竹内都子(女優)市原節子
中村正[声優]フジヤマトラベル
出演田中健ジジババのジジ(遺影)
原作浦沢直樹
脚本浦沢直樹(脚本/脚本監修)
福田靖
渡辺雄介
音楽白井良明
浦沢直樹
長谷部徹
作詞岩谷時子「恋の季節」
作曲いずみたく「恋の季節」
挿入曲ボブ・ディラン「ライク・ア・ローリング・ストーン」
撮影唐沢悟
製作亀井修
島谷能成
西垣慎一郎
島本雄二
日本テレビ(映画「20世紀少年」製作委員会)
小学館(映画「20世紀少年」製作委員会)
電通(映画「20世紀少年」製作委員会)
東宝(映画「20世紀少年」製作委員会)
読売テレビ(映画「20世紀少年」製作委員会)
プロデューサー奥田誠治(エグゼクティブプロデューサー)
配給東宝
特撮野崎宏二(VFXスーパーバイザー)
田口清隆
美術相馬直樹[美術]
編集伊藤伸行
録音北田雅也(音響効果)
照明木村明生
金子康博(セカンドユニット照明)
あらすじ
1969年、ケンヂたち仲良し小学生は、ひみつ基地の中で、人類滅亡の空想を書き記した『よげんの書』と、大きなギョロ目の中に人差し指を突き立てたマークを作る。20数年後、実家で平穏に暮らすケンヂの周りで、不可解な事件が起こる。そこには、どこか見覚えのあるマークが…。また世界各地で謎の病原体がばらまかれ、多くの人々が殺される。子供のころ思い描いてた『よげんの書』の筋書き通りに…。果たして、世界を陰で操る謎の新興宗教団体のカリスマ『ともだち』の正体とは!? 浦沢直樹の大ヒットコミックの実写映画化・第1章。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
70.《ネタバレ》 ここでの評価の低さを知っていたし、確か今回が2回目のテレビ放映だったので、意外と冷静に、この作品の問題点を分析しながら見ることができました。少なくともこの映画は、同窓会から始まって30年前の少年時代をフラッシュバックさせながら“ともだち”の謎を追って行くあたりは、結構おもしろかったし引き込まれて行くものを感じました。それぞれの人物の無邪気で楽しかった少年時代と現在の境遇の描写なんかも、最近はやりの昭和に対するノスタルジー物を彷彿とさせるほのぼの感があって良かったと思います。ただそれが話がだんだんと大きく荒唐無稽になって行くに従って、現実感を失って、仮面ライダーやゴレンジャーの世界(決してこれらをけなしているわけではありません)に突入してしまう展開には、やはり失望せざるを得ませんでした(勿論こういう展開が好きな人もいるでしょうから、あくまでも一般的な立場として)。原作は連載漫画だということですので、人気が出るに従って、作者の思惑や出版社の意向などが入り混じって、こういうお話になってしまったのでしょうか。連載小説や漫画などは、一度世に出たら、もはや一人の作者の私有物ではなくなって(勿論、出版社の単なる金儲けの手段でもない)、次の展開を期待する多くの読者がいる“公共物”であることをもっと考慮して、その期待を裏切らない最大限の配慮をしてもらいたいものです。そういう意味で非常に残念な5点。
キムリンさん [地上波(邦画)] 5点(2009-08-23 00:36:12)(良:1票)
69.原作未読。あんなマスクの「ともだち」に全くカリスマ性を感じない。教祖の顔が分かんない宗教ってどうなのかな?このシリーズって騒がれてる程(テレビ局が騒いでるだけだが)、面白くなかったです。後、いい加減に竹中直人使うのやめて欲しい。ウンザリする。
真尋さん [地上波(邦画)] 3点(2009-08-22 22:18:04)(良:1票)
68.《ネタバレ》 原作は未読です。とにかくダラダラと長い。長いうえに続編につづくって、こんなに引き伸ばすほどの内容なのか謎です。唐突に細菌兵器を振りまくロボット見せつけられても、なぜかピンとこない。タレントや俳優が複数出演しすぎているので映像が落ち着かない。続編なしで、もう少しコンパクトにまとめても良かったような気もします。
civiさん [地上波(邦画)] 4点(2009-08-22 17:40:38)

67.《ネタバレ》 わけわからん。
子どもの頃の空想が現実になると言うファンタジーの世界で、リアリティーの欠片もない。
掲示板等には「『ともだち』はS学会のことだ!」とか言う書き込みがあるが、S学会と言うよりオウムのことじゃねぇのかな。
とりあえず、次回作もみるかね。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 3点(2009-07-04 00:10:18)
66.原作は単行本にて二度読んだ程度で、はっきり言えばあまり詳しく覚えていない。なので原作との違いに憤りを感じることなく、すんなり最後まで観ることができた。三部作とのことなので、期待したい。
あるまーぬさん [映画館(邦画)] 5点(2009-05-27 03:14:51)
65.最近は,こういった「つづく」的な映画は珍しくなくなったので,何となく慣れた気もします.原作は読んでないので比較はできませんが,日本の漫画やアニメの実写化は,劣化が確実なのだとすると,これは原作をじっくり読んでみたい気に少しなりました.柔道女とか,保険調査員とか,結構好きですし・・・とりあえず次回作もDVDがでたら見ようと思います.
マー君さん [DVD(邦画)] 6点(2009-05-15 13:34:52)
64.【原作未読】2時間半も引っ張っておいて、”ともだち”の正体を明かさないのは納得いかない。何??あの勿体ぶったラスト!映画館で見に行かなくて正解だった。映画館で見せるもんじゃないだろう。何もかもが現実味がなさ過ぎて、結局よくわからないままに終わった感じ。次への微かな期待を込めてこの点数にしたけれど、正直、この第一章を見た限りでは、原作を読もうとはこれっぽっちも思えない出来でした。 最後に・・・ラーメンの湯気如きでCG使うな!他に使い所あるだろう!!!
はりねずみさん [DVD(邦画)] 4点(2009-05-14 01:12:49)
63.原作は未読。公開前から大々的に宣伝していたが、そういう作品は自分に合わないことが多いので期待はしていなかったけど、ロケ地に関係していたので遅ればせながら鑑賞。キャストは豪華だが登場人物が多く過去と現代を行ったり来たりするので理解しづらい。中盤まではそこそこ楽しめたが、後半に行くにしたがってつまらなくなってくる。原作は面白そうだから原作を読んでみたい。
茶畑さん [DVD(邦画)] 5点(2009-04-21 23:56:09)
62.パーフェクトに失敗。
宣伝にだまされて観た人も多いのではないでしょうか。

とにかく酷い。
タックスマン4さん [映画館(邦画)] 4点(2009-04-14 15:57:32)
61.《ネタバレ》  どうやら基本的な構図としては、1960年代頃の、ある個別的な集団の、および世界ニュース的な出来事が、2000年頃の恐ろしい危機的事件を発生させることになった。その間をつなぐ関連の証しが、例のマークだというわけだ。まるで非線形科学のいう「バタフライ効果」のように。このお話には、1990年代のオウム事件というカルト教団の起こした、「世界征服」への野望が、下敷きになっているとみえる。『三丁目の夕日』的なノスタルジーと、謎解きのサスペンスと、カルトがひきおこす得体の知れぬホラーとが、ないまぜになった世界。これはたしかに新機軸と思うけれども、ちょっと話が複雑すぎて、ついてゆきかねた。
goroさん [DVD(邦画)] 5点(2009-04-13 01:24:55)
60.原作未読。マンガという表現手段の持つ、遠慮を知らないストーリーの広がり方に、どこまで日本の映画界が応えてくれるか、楽しみでした。観終わって、原作を読みたくもなりましたが、映画を待ちます。結構ハラハラドキドキしました。そして、2部へのつながりも見事。でも、実写では、平凡な生活をしている人間の友達に、銃を簡単に入手できるような殺し屋(?)がいる、っていうのはちょっと違和感がある。そして9人の学校の友達同士で何とかしようというのも、なんか可笑しい。友達の友達に頼りになる人がいる、とか友達の親が政財界の大物だとか、そういう設定にすると、話が映画っぽく感じられたんですけど、原作を読んでないから、こんなコメントをしちゃうんでしょうか。自分は大友克洋が好きなので、これは浦沢直樹版「AKIRA」かな?と観てて思いました。でも浦沢さんのマンガ「モンスター」には映画の影響が強くあると思ったので、映画好きなんでしょう。きっとこの企画ができた時、浦沢さん、嬉しかったんじゃないですか?何かそう思いました。
トントさん [DVD(邦画)] 7点(2009-04-10 16:31:09)
59.《ネタバレ》 「TV特別版」の感想。唐沢寿明や常盤貴子、石塚英彦等キャスティングには問題ない。しかし、ほんと中身のない映画。というのも原作自体に問題があり、とても感情移入できるシナリオではない。漫画だけで十分です。オッチョの銃弾避け等、もはや人間業ではなく、しらける。
マーク・ハントさん [地上波(邦画)] 5点(2009-03-24 12:07:43)
58.破天荒で支離滅裂だが、娯楽作として実に豪華で面白かった。確かにツッコミどころを挙げればキリがない。なぜ“ともだち”にあれだけのカリスマ性があり、幾人もの信者が集まったのか。政府や警察などの国家権力をどうやって巻き込んだのか。米軍はおろか自衛隊が全く動かないのは何故なのかなどなど……。だがそもそもコンセプトからして「少年時代の空想が具現化される」というこの物語に、最初からリアリティを求めるのは野暮というものではないだろうか。原作を読んでいる者は原作とのそっくりさを楽しみ、未読の人間はスケールの大きい物語を楽しみ、豪華キャストに彩りを感じる。童心に返って頭を空っぽにすれば結構楽しい。羽田空港や国会議事堂の爆破、巨大ロボットの破壊、更にラストの新宿での大爆発など見どころも多く、個人的には物語世界を堪能した。要するに、こっちがどれだけ世界観を理解し、ノレるかが楽しめるかどうかのカギだと思う。
ドラりんさん [DVD(邦画)] 8点(2009-02-26 20:11:18)(良:1票)
57.映画としての評価は特に無し。漫画は未読なので、とりあえず続きが気になりました。でもこの勢いで第二章を映画館に観に行っても当然、第三章を待たなくてはいけないし・・・やっぱり三作出揃ってから観るべきだったのか・・・?
よりさん [DVD(邦画)] 6点(2009-02-22 00:36:56)
56.作りはかなり幼稚だけど、そこが良かったです。分かりやすいし引き込まれる。続編も観てみたいです。
映画さん [DVD(邦画)] 7点(2009-02-17 23:54:58)
55.原作は読んでないが、原作を読んでない人は読んでみたくなりますね。
まず目玉としてキャストが全員知ってる人でした(良くも悪くも)。

この監督は、宗教がらみの狂気みたいなものが好きなのでしょうか?自分はこういうの嫌いではないですがね。
とりあえず第1章のつかみとしてはOK。次回作に期待。

甘口おすぎさん [DVD(邦画)] 5点(2009-02-17 22:06:59)
54.原作未読ですので、新鮮に観れました。世界各国からも配給希望のオファーが殺到したとかで、駄菓子屋とか、タイムカプセルとか、日本人しか子供のころにやったことがないことを世界に発信しようという点は良かったと思う。何よりも子供のころ考えた空想を本当に実現している狂人が、身近にいるというサスペンスは、漫画が原作とはいえ、発想のすきまを突いていて面白かった。こういう映画も必要だと思う。「よげんの書」が出てくるのが遅くて、サンフランシスコやロンドンの件が出てきても驚きが弱かったので、6点ぐらいで。
どんぶり侍・剣道5級さん [DVD(邦画)] 6点(2009-02-15 23:29:04)
53.タダ券をもらったので映画館へ見に行きました。お金かかってるんだろうなとは思いましたが、かみさんが「な、な、何これ・・・」って口を開けていました。名作として語り継がれるものでもなく、大宣伝で荒稼ぎするしかないですが、後続作はがんばってほしいです。
きのう来た人さん [映画館(邦画)] 1点(2009-02-15 06:34:40)
52.《ネタバレ》 意外と原作を壊さず描かれている。3部作の1作目としてはまあまあだと思う。今後は映像化ならではの解りやすさを期待しています。
ラグさん [DVD(邦画)] 6点(2009-02-12 19:48:18)
51.う~ん..マンガを読んだ後、これを観ると..ツライ..しょぼい脚本に、しょぼい演出..この監督、まったく才能無し!..素人の学芸会もどきと大して変わらない..最悪の出来!! 原作者の浦沢直樹が泣いてるぞー!って、脚本にからんでるし..こんなんで、いいのか?..悲しいぞー!
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 2点(2009-02-10 12:39:32)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 110人
平均点数 5.05点
000.00%
121.82%
265.45%
32018.18%
41110.00%
52421.82%
62220.00%
71614.55%
887.27%
910.91%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.22点 Review9人
2 ストーリー評価 5.12点 Review16人
3 鑑賞後の後味 4.18点 Review16人
4 音楽評価 3.25点 Review16人
5 感泣評価 1.53点 Review13人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS