Menu
 >
 >
 > イキガミ

イキガミ

2008年【日】 上映時間:133分
平均点: / 10(Review 41人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスSF漫画の映画化
[イキガミ]
新規登録(2008-09-24)【西川家】さん
タイトル情報更新(2016-09-18)【イニシャルK】さん
公開開始日(2008-09-27
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督瀧本智行
キャスト松田翔太(男優)藤本賢吾
塚本高史(男優)森尾秀和
山田孝之(男優)飯塚さとし
成海璃子(女優)飯塚さくら
劇団ひとり(男優)島田
金井勇太(男優)田辺翼
佐野和真(男優)滝沢直樹
井川遥(女優)近藤医師
笹野高史(男優)石井課長
ヒロシ(男優)滝沢信利
塩見三省(男優)滝沢信利
柄本明(男優)参事官
風吹ジュン(女優)滝沢和子
山田明郷(男優)
諏訪太朗(男優)
徳井優(男優)神波
北見敏之(男優)
山崎裕太(男優)達彦
緒方明(男優)
でんでん(男優)
りりィ(女優)田辺美奈子
角替和枝(女優)
江口のりこ(女優)
飯田基祐(男優)
松尾諭(男優)
脚本瀧本智行
八津弘幸
撮影柴主高秀
製作東宝
小学館
TBS
プロデューサー濱名一哉(エグゼクティヴ・プロデューサー)
配給東宝
美術矢内京子
編集高橋信之〔編集〕
あらすじ
小学校にあがった子供たちは全員、ある注射を打たれる。そしてその注射の1000本に1本には、特殊なナノカプセルが仕込まれている。国家繁栄維持法という法律にもとづいて行われている行事なのだが・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
41.話の内容は悪くないと思う。お涙頂戴ものは嫌いではなく
普通なら号泣物なのでしょうけど・・・。自分の頭が固いのでしょうか。
そもそも、この物語の土台となる国家繁栄維持法と言う設定がありえないので。
どうしてもストーリーに集中出来なかった。
国家の繁栄の為と言う前提とイキガミは赤紙とかけているのだろうと思いますが
戦争ならば、命をかけて国を守ると言う前提に敵や脅威があり
やりたくなくともやらなければ、自分の大切な人を守れないという前提がありますが
この物語の国家繁栄維持法には、そういった必要性を担保する前提が無いので
どうしても全てが無意味に感じてしまう。そう思わせた時点で
その上にどんなに良いストーリーを載せようが、どこか陳腐に思えてしまいます。
デミトリさん [DVD(邦画)] 4点(2016-12-02 09:55:18)
40.《ネタバレ》 無作為に選ばれた1000人に1人がある年齢になると国家によって殺される。この設定を聞いて、サスペンスかなと思い見始めたが、びっくらこいた。こりゃ荒唐無稽なSFの設定を借りた、人間賛歌のヒューマンドラマでした。確かに、ここで描かれる3つのエピソードはありふれたお涙ちょうだいのお話である。だが、僕にとって泣いちゃうお話の本質はみな同じなので、別にそれでもかまわないと感じた。だって実際に泣いちゃって、感動しちゃったから。そして、一生懸命、生きなきゃねと映画を観終わって一瞬思えちゃったから。最後の命を燃やして歌う「みちしるべ」の迫力、母にピストルを向けて初めて母の本心を思い出す青年、そしてそれを受け継ぎ決意する両親、兄の角膜を通して満開の桜を見て「ありがとう」とつぶやく妹、そりゃ泣きますよ。ええ、単純ですから。それぞれの役者の演技も良かった。
なにわ君さん [DVD(邦画)] 10点(2015-06-05 04:17:16)
39.映画より1話完結の連続ドラマにするほうが向いているような気がしました。
3つのドラマに何か関連性があってうまくつながるくらいの工夫があれば面白いかもしれませんが、原作漫画ありきなだけに仕方ないといえば仕方ありません。
松田翔太のキャラクターが良かっただけにこれで消えるのは惜しいのですが…
牛若丸さん [DVD(邦画)] 5点(2014-03-05 23:03:46)
38.国の命令で死ぬという意味では イキガミ≒赤紙 なのであり、70年前にわが国で行われていた事である。それが現代に蘇ったらどうなるか?国のために死ぬというよりは、残される家族のために死ぬというのは案外変わらないのかもしれない。
現代は自由で平和だが、自殺も多い。一人当たりGDPと自殺率は相関関係があるらしいが。作中では国家繁栄維持法により自殺が減ってGDPが増えたという説明があったが、これはキリスト教的論理というか倫理であり、「(神を信じて)一生懸命働いて生きてればイキガミは届かない」的な価値観が蔓延しているのかもしれない。
死があるからこそ生きようとする側面はたしかにあるだろうし、逆に病苦で家族に迷惑かけたくないから自死というケースもある。それらの心理を国家が利用しだしたら、中々怖いものはあるね。
東京50km圏道路地図さん [DVD(邦画)] 8点(2014-02-07 13:10:47)
37.《ネタバレ》 バトルロワイヤルか、デスノートからインスパイアされたのでしょうか。お涙頂戴版に仕立てましたと。設定だけちょっと凝って作って、あとはありきたりで使い古されたいい話持ってきて…もはや安易だと思う。こんな感じで全く入り込めなかった私には、劇団ひとりの件はコントにみえてちょっと面白かった。
なこちんさん [地上波(邦画)] 3点(2012-07-08 02:11:39)
36.《ネタバレ》 1/1000の確率で選ばれた若者の命を強制的に奪う“国家繁栄維持法”が施行された世界を舞台に、死亡予告証“イキガミ”を受け取った3人の若者を巡る最期の24時間を描く。面白かったです。見終わった後、原作の方も見たくなりました。人の生死を扱っているので、映画全体は暗く重苦しい感じです。そんな中、あと一日で死ぬと知ったさとしが、目の手術を控えた妹のさくらに自分の死を知らせない為、病院の人々と一緒に協力してだますシーンはちょっと和みました。松田翔太や山田孝之といった旬の役者がいい味を出しています。「ミチシルベ」も良かったです。
nyarameroさん [DVD(字幕)] 8点(2012-04-27 18:07:11)
35.《ネタバレ》 この作品の良いところは、オムニバスなのに纏まっているし、説明もなく突拍子な設定なのに、違和感なく入り込めるところです。山田孝之と成海璃子の話が一番、しんみりきました。成海璃子の存在感が大いにでています。ただ、オムニバス形式のストーリーはどれもベタな展開であり、映画住人からは厳しい評価を受けそうですね。私は逆にそのシンプルさが見やすくて、いかにも漫画の原作ものらしさが強くて楽しめた。淡々と進んでいくストーリーですが、飽きる事無く、終焉を迎えました。気になるのは成海璃子演じる手紙を読む部分。あの手紙って読めるのだろうか・・・その上に漢字まで使用してますし。それがなければ9点。
マーク・ハントさん [地上波(邦画)] 7点(2012-04-01 01:07:18)
34.泣ける場面も有り、少しは楽しめた。でも、コマツナの歌が非常に残念。
クロさん [地上波(邦画)] 5点(2012-01-25 15:14:26)
33.《ネタバレ》 原作は未読です。国家繁栄維持法に関しては強引なこじつけすぎて疑問しか残らなかった。映画の中で千葉都市モノレールや千葉中央公園(選挙演説をしていた噴水のある広場)など、わりとみじかな風景が沢山出てきてオッ!と思った。しかし、松田翔太さんはこうゆう雰囲気のある役柄が似合いますね。
civiさん [地上波(邦画)] 5点(2012-01-09 11:28:53)
32.《ネタバレ》 これは、すごく面白かったです。深いテーマと、丁寧な人物描写、泣ける展開などなど、どの角度から見ても出来がいいです。しかも、いろいろな要素を詰め込んでいる割に、よくまとまっていました。一番感心したのは、説明的にならずに肝心なところを見事に表現していくところ。たとえば、風吹ジュン演じる女性議員がなぜそこまでして議員で居続けたいのか、その理由を、ラスト近くで、本人の言動ではなく、夫の決意表明によって感じさせるシーン。こういうセンスの良い演出が全編にわたって随所にちりばめられていて、映画を観付けていない人やハリウッド大作が好きな人にはわからないだろうなー、という、玄人向けの映画に仕上がっています。
コウモリさん [地上波(邦画)] 8点(2012-01-07 11:51:02)
31.《ネタバレ》  劇場で見た時には、おいおい泣きました。そりゃあ、泣きますよ。余命を宣告されて、精一杯に生きようとする若者や、妹に角膜を提供する兄の物語など、見せられたら。しかし、よくよく考えてみると、不治の病によって余命あと何ヶ月、とかいうよくある感じの物語とそんなには差はないような気がして、ずっと気になっていた。
 この映画は、この異常な法律とその考え方について、ごく控えめに将来において法律をなくすと、語るだけで、そのほとんどの時間を使って、余命宣告された人たちの感涙物語を一所懸命に語る。その物語に涙して「感動した。泣いた。命の素晴らしさを見た。」という私のような観客は、実は物語中の女議員候補者の言う、国繁法支持者の視点と同じである。観客を巻き込んだこういう構造を、観客自身に突き付けているとしたら、そこにこそ映画のメッセージがあるとしたら、これは実に毒のあるすごい映画だと思う。が、多分違うんだろうなあ。
Tolbieさん [地上波(邦画)] 4点(2012-01-02 14:05:42)
30.国家繁栄維持法とかいう存在意義のよくわからない法律が映画の題材となっているが、それについての深堀がないのがよかった。物語がイキガミを通知された人間を描くことに終始していて、また大変ベタなため観やすかった。
しっぽりさん [DVD(邦画)] 6点(2012-01-01 18:21:12)
29.演技・演出ともちょっと残念な感じ。エピソードをもっと絞った方がいいのかも。
nojiさん [地上波(邦画)] 4点(2011-02-22 20:16:50)
28.《ネタバレ》 これはヒドイ。久々に立腹した。もともと、人が死んでお涙頂戴の映画は嫌いだが、そんな映画でも病気であったり事故であったり死ぬ理由にある程度現実性をもたせる努力をしているが、この映画はその部分も天下り的に死ぬ設定で、努力を放棄している。死んでお涙頂戴のダイジェスト版のオムニバス映画。星新一のショートショートの盗作かとも噂されたが、盗作と騒がれるに値しない映画でした。
ダルコダヒルコさん [ビデオ(邦画)] 1点(2011-02-04 00:31:35)
27.マンガが原作とのことですが未読です。映画だからこんな設定もありかな?って思いと、こんな設定はマンガだけでやってればいいでしょ?って思いが入り交じった感じで鑑賞しました。決して面白くない訳じゃないけど、あまりローカルルールを用いて普遍的な命の話をシリアスにされてもねぇ。
同じようなことなら、いっそ映画『バトルロワイアル』ぐらいブッ飛んだほうが好みです。
ろにまささん [地上波(邦画)] 5点(2011-01-30 19:50:19)
26.原作のファンなので見たかったイキガミ。

人の死を扱っているので全編を通して暗いが、原作ファンとしては原作に忠実に映画化してくれたな、と満足できた。

やはり原作がオムニバス形式なので、映画もオムニバス形式で進んでいたが、上手く作っていたと思う。

漫画とは違い、平行させて別々のストーリーが進んでいたり、逆に別の話に影響を与えていたり…
漫画の"完全オムニバス"という作りより、適度に話を絡めたこの作りの方が自然に感じられた。

和子の過去や、課長の意味深な発言など原作には無い部分も取り入れていたが、決して原作を壊してはいなかったと思う。

役者も笹野高史さんや山田孝之ら、上手い人たちが出ていてよかった。
一応?主役だった松田翔太は、上手だとは思えなかったが…

原作で涙した人なら、きっと泣ける、そんな原作に忠実な映画だった。
Sugarbetterさん [映画館(邦画)] 6点(2011-01-27 16:09:46)
25.これがハリウッド映画なら、良いか悪いかは別にしてドラマチックな展開でテンポ良く進むんでしょう。デスノートを彷彿とさせるけど、坦々とし過ぎていて物足りなさを感じてしまった。山田孝之と成海璃子が良かった。松田翔太の独特な雰囲気が笑ゥせぇるすまんのキャラを思い起こさせたが、役にハマっていたと思う。
LORETTOさん [地上波(邦画)] 5点(2011-01-15 13:55:24)
24.イキガミという要素が無ければ、一つ一つのエピソードに目新しくは無い。死を宣告されて24時間…短すぎる。自分なら身辺整理に3日の猶予は欲しいね。感動には遠かったが、俳優陣が良かったので点数は甘めにしときます。
真尋さん [地上波(邦画)] 7点(2011-01-12 04:21:22)
23. 映画にする必要はない感じでしたが、田辺翼の歌はちょっと切なかった。エピソードをしぼって再構成すればもっといい内容になるんじゃないでしょうか。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2011-01-06 20:04:38)
22.《ネタバレ》 いっけん荒唐無稽、あり得ない話と思えますが、70年前、この日本で実際にこれと同じような事が起きていたことを思えば、今後あり得ない話ではないかもしれません。70年前は国家存亡の名の下に、アカガミ(召集令状)によって若者を戦地に送りこんでいました。アカガミはいわば死刑宣告等しいものでしたが、その令状に従い戦地に赴くことはとっても名誉ある事と言われていました。映画でもイキガミを受け取り死ぬことは名誉あること描かれていますが、国の社会情勢が変われば、こんな馬鹿げた事が当たり前の事となってしまうわけで、こんな恐ろしい事はありません。最近、不穏な動きの近隣諸国を考えると、近い将来、現在の若者たちに、イキガミのような通知が送られてくるかもしれません。そんな時はこの映画のような感動な話はではなく、もっとドロドロした人間ドラマが演じられるのかもしれませんが、そうならない為にも、国家について真剣に考えていく必要があるのではと、改めて考えされた映画でした。
sumaさん [DVD(邦画)] 8点(2010-10-25 21:57:07)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 41人
平均点数 5.83点
000.00%
112.44%
200.00%
312.44%
4717.07%
5819.51%
6921.95%
7921.95%
8512.20%
900.00%
1012.44%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 6.50点 Review2人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS