イエスマン "YES"は人生のパスワードのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > イエスマン "YES"は人生のパスワード
 > (レビュー・クチコミ)

イエスマン "YES"は人生のパスワード

[イエスマンイエスハジンセイノパスワード]
Yes Man
2008年【米・豪】 上映時間:104分
平均点:6.35 / 10(Review 72人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-03-20)
ドラマコメディロマンス
新規登録(2009-02-02)【ポール婆宝勉(わいけー)】さん
タイトル情報更新(2016-03-06)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ペイトン・リード
助監督ゲイリー・ハイムズ(第二班監督)
演出ゲイリー・ハイムズ(スタント・コーディネーター)
キャストジム・キャリー(男優)カール・アレン
ゾーイ・デシャネル(女優)アリソン
ブラッドリー・クーパー(男優)ピーター
テレンス・スタンプ(男優)テレンス・バンドリー
フィオヌラ・フラナガン(女優)ティリー
ブレント・ブリスコー(男優)ホームレスの男性
ショーン・オブライアン(男優)テッド
スペンサー・ギャレット(男優)
ルイス・ガスマン(男優)(ノンクレジット)
山寺宏一カール・アレン(日本語吹き替え版)
浅野まゆみアリソン(日本語吹き替え版)
小林清志テレンス・バンドリー(日本語吹き替え版)
竹口安芸子ティリー(日本語吹き替え版)
多田野曜平ニック(日本語吹き替え版)
脚本ニコラス・ストーラー
挿入曲ジャーニー"Separate Ways (Worlds Apart)"
ジム・キャリー"Jumper"他
ゾーイ・デシャネル"Yes Man"他
撮影ロバート・D・イェーマン
製作リチャード・D・ザナック
ワーナー・ブラザース
デヴィッド・ハイマン
製作総指揮マーティ・P・ユーイング
配給ワーナー・ブラザース
特殊メイクマシュー・W・マングル
美術アンドリュー・ロウズ(プロダクション・デザイン)
衣装マーク・ブリッジス[衣装]
スタントJ・アーミン・ガルザ二世(カメラ・カー)
その他マーティ・P・ユーイング(ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
銀行の融資担当のカールは何につけても後ろ向きなタイプ。それがために人生を謳歌することも出来ず親友にさえ失望されてしまう。そんな彼がふとしたきっかけで参加したセミナー。それは、重要な判断を迫られた時には、「イエス」と答えることで素晴らしい結果が得られるという考え方。カールは早速実践するのだが、次から次へと苦難の道が…。しかし、ある出逢いから始まって彼の人生は徐々に軌道修正されていく。ジム・キャリー主演の素敵な人生ドラマ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
72.この映画を見る前に、TEDで"Say 'Yes'"の成功譚を見ていたので、興味深く視聴しました。
単純明快なサクセス・ストーリーで、素直にほっこりと楽しめました。
しばらくは、迷ったら'Yes'と言ってしまいそう。(笑)
この映画の評価は強い個性を放つジム・キャリーに対する評価と合致しそうな気がします。
R.P.さん [インターネット(字幕)] 5点(2018-05-24 13:01:59)
71.《ネタバレ》 個人的に苦手なジムキャリーとズーイーデシャネルがメインを務めるこの映画、表面上は「なんでもイエスと言えば人生は好転する」みたいな事を言ってるわけですが、実際はとりあえずポジティブになんでもやってみて興味の幅を広げ知人を増やし…要は単なる「リア充のススメ」なわけです。
それに気づくとちょっとハナについてしまう人もおそらく多いはずで、及第点ではあるのですが、全体的にはいろいろひっかかる映画です。

たとえばヒロインのズーイーデシャネル、500日のサマーでも素っ頓狂なヒロインを演じていて、そういう役がハマるわけですが、それはつまりメンヘラ感が高いという事であり、ヒロインとしての魅力はイマイチ。(せめてもうちょい可愛ければねぇ…)

オチもかなり弱いですし、そもそもきっかけとなった最初のホームレス、当然「実は何かある」キャラでクライマックス近辺で活躍するキャラだと思いきや最後まで何もないっていう…えぇぇそれどうなの…
あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 6点(2018-01-13 12:24:51)
70.いい映画。
とても考えさせられる。
それでいて気楽に見れる映画。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 7点(2017-08-28 01:03:20)
69.《ネタバレ》 くだらねぇけど、印象に残る。最後のブラックジョークもいい。適当すぎてスカっとする。こんな映画に批評するのも野暮な気がするので、素直にいいなーと思ったくらいの点数を。
Keytusさん [ビデオ(字幕)] 6点(2017-08-15 03:02:14)
68.ダメな奴が人生を変える話かと思いきや、変化前の時点から主人公がそんなにダメな奴ではないんですよね。確かにひねくれてはいるものの、それについては離婚やら職場での冷遇やらで陰に入った時期にあるだけで、本来の彼は普通に楽しい奴だという前提が存在しているわけです。その証拠として、彼にはちゃんと友達がいるし、ご近所付合いもあり、飲みの席にしつこく誘われたりもします。本当に性根の部分からダメな奴なら友達なんていないし、周囲からも期待されていないから何かに誘われたりもしません。
上記の結果、振れ幅の小さな内容となってしまったためにドラマとしてもコメディとしても劇的な部分がほとんどなく、ハリウッドが得意とする「笑い込みのちょっといい話」というジャンルの中で埋没する仕上がりとなっています。豪華なメンバーが顔を揃えながらもこの程度の出来かと、少なからずガッカリさせられました。
とはいえ、良い部分もあります。物事に善悪をつけないニュートラルな作風が時に心地良いのです。ハリウッドではネガティブに扱われる傾向の強い自己啓発セミナーについて(『ゲーム』『マグノリア』『リトル・ミス・サンシャイン』etc…)、その功罪両面を描いているという点には特に興味を引かれました。妄信的にその方法論に頼ると失敗するものの、人生のある一局面を打開する劇薬にはなりうるという描写になっているのです。
また、恋人役のズーイー・デシャネルがこの役に完璧にハマっている点も評価できます。観客の誰もが美人と認識できる顔や雰囲気でなければラブコメとして成立しないが、かといって突出した美人だと作品に馴染まない。この点において、ズーイー・デシャネルは街で偶然出会ってもおかしくないレベルの美人さんであり(褒めてます)、かつ、このサイトのレビューにおいても顕著な通り、ほぼ満場一致で「かわいい」と認識されています。観客の側における顔の好みには結構なバラつきがある中で、ここまで全員からの支持を得ることって、実は大変なことだと思います。
そういえば、ジム・キャリーの才能のひとつとして、共演女優を魅力的に見せるという点が挙げられます。『マスク』のキャメロン・ディアスから『エターナル・サンシャイン』のケイト・ウィンスレットまで、それぞれからのキャリア史上最高の魅力を引き出している点は、もっと評価されていいと思います。
ザ・チャンバラさん [インターネット(吹替)] 6点(2017-08-05 02:06:26)(良:1票)
67.今更ながら、見ました。いつもいつも、いろんなところからの誘いに「NO」とばかりいている私。こういう人生もありだとはわかっているのですが。
木村一号さん [インターネット(字幕)] 7点(2017-07-24 18:34:51)
66.《ネタバレ》 笑いあり恋愛あり。これぞアメリカ映画の王道。
良く言えば安定、悪く言えば没個性。
こんな生き方してみたいって憧れる。但し、人生が2度あるなら(笑)
お気に入りのシーンは、旅先を決めずに空港行って空いてるチケット買って旅を始める主人公たち。いずれ、これだけは必ず実行したいなあ。
カジノ愛さん [インターネット(字幕)] 5点(2017-03-04 21:07:12)
65.ジムキャリーの顔芸に嫌悪感を持たない人にはいいかも。
ちょっと、ダウナー気味な気分の時に見たので、この程度の点数で。
ネガティブが、そんなに悪いか?
プラネットさん [インターネット(字幕)] 4点(2017-02-25 22:51:25)
64.《ネタバレ》 実際はこんなにうまくいかないんだろうな~なんて思いつつも楽しめた作品です(下ネタは嫌いですが、予想より少なかったのでマイナス点にはしませんでした)なんせコメディなので深く考えないで観た方がいいですね!「何でもイエスって言おう!」というより、それによって生まれる「人とのつながり・絆」に目を向けたいなと思いました。観終わってから何か月か経ちますが、疲れてる日は友人や親の誘いを断ってしまうのですが「そこまでしんどいわけじゃないし、会ったら元気になるかも!」と今までより少しだけ思うようになりました。結果「やっぱ行かなきゃよかったかも」と感じることも正直1~2回ありましたが「行って良かったかな」と感じる事の方が多いですし、化粧品にお金かけるより交際費にかけた方が人生有意義だし楽しいなとも感じるようになったので、その分プラス1点です。
forestcrownさん [DVD(字幕)] 8点(2016-05-30 22:19:34)
63.「自分の人生に最も影響を与えた映画って何だろう?」そういうことをふと考えていると、実はこの映画なんじゃないかという結論に辿りついた。高校生のときにこの映画を観て以降、僕は“Yes”と答えることが明らかに増えたのだ。

“Yes”と答えたその先に何があるのか。それを確かめに行くのはとてもスリリングでエキサイティング。それが結果的にあまり楽しくなかった場合でも、新しい経験をしたということが一つの価値になる。普段やらないことをやれば、今まで知らなかった自分に出会える。

人は皆、“幸せ”を手にしたくて日々を生きている。そして、大抵の人は、その“幸せ”に繋がるような道を選んで生きているのではないかと思う。僕自身も、“幸せ”とは例えるなら高い階段の一番上にあって、一段一段上っていくと到達できるものだという認識を持っていた。
しかし、この映画を観ると、“幸せ”は実はそこら辺に転がっているものなんじゃないかと思えてくる。「あれもYes、これもYes」というように、様々な機会を拾いあげていって、たまたまそこに“幸せ”が混じっている。“幸せ”とはそういうものなのかもしれない。そういうことをサラッと考えさせてくれた映画。そのサラッとした感じが良かった。
Y-300さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-05-25 13:29:08)
62.2015.12/16 鑑賞。主人公と似たネガティブな私にとって「YESマン」は結構共感を覚えるが、実行不可能。やはり絵空事で映画の世界。実際問題結構深刻な問題をコメディタッチで描かれると私にとって厭味に感じる。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-12-16 17:30:54)
61.《ネタバレ》 ○ジム・キャリーらしく程良く下品でアホらしいコメディ映画だった。○アリソンが絶妙にキュートだった。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-11-07 19:33:23)
60.初期設定の面白さはさておき、そこからほとんど予想できるような展開だったのが、何だかなあ。あと、周辺人物をいろいろ配置している割に、ほとんど上手く機能していないのが気になりました。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-10-31 00:42:40)
59.《ネタバレ》 「イエス」だけを言い続けて最後はハッピーになる、というのはありそうで無かったような設定(いや、やっぱりあったか??)。
なかなか気持ちいいし、アリソンも可愛い。最後はちょっとしたオチもあるが、分かりやすく安心して観られる作品だと思う。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-10-25 11:15:59)
58.《ネタバレ》 いかにもアメリカらしいポジティブシンキングの自己啓発臭に最後まで嫌気がさすし、コメディーとしてもジムキャリーらしい安定さはあるが、言い方を変えれば平凡な作品でもある。ラストの裸シーンでポジティブシンキングを揶揄する形で上手く収束させたようにも思えるがオチとしては弱いかな。ポジティブで失敗もあるし、ネガティブで上手くいくという事もあるわけで、各々程度モノなんでしょう。鑑賞中、この一節が頭に浮かびました。「その翌日も同じ事を繰返して、昨日に異らぬ慣例に従えばよい。即ち荒っぽい大きな歓楽を避けてさえいれば、自然また大きな悲哀もやって来ないのだ。ゆくてを塞ぐ邪鹿な石を措除は廻って通る。」
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-10-21 10:30:06)
57.いかにもジムキャリーという感じの映画でした。ちょっと嫌なことでもイエスと言えば道は開かれるという、ちょっとした教訓になる話ですね。ジムキャリーっぽい映画を見たい人にはオススメです。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 6点(2015-08-28 13:31:52)
56.《ネタバレ》 楽しいなあ。huluでyesという文字に引きつけられてみました。世の中でnoなことが多くてしんどかったから引き寄せられた。笑わせてもらったので高得点。特にジムキャリーの韓国語!!教室での音読!最高!
LOISさん [インターネット(字幕)] 7点(2015-08-23 22:31:23)
55.YESといい続けたらどうなるか?プロットも良くて中盤まではかなり面白い流れになっています。人生やはりポジティブじゃないとダメだよね!そう思わせてくれます。。

ゾーイ・デシャネルの可愛さもあって、ラスト付近まで面白さを維持しますがラストの収め方が普通過ぎます。鑑賞後の一番の感想は、、一気に並以下のB級映画に成り下がってしまったように思いました。ラストが普通過ぎる。やはりラストは大切だと痛感。(途中はまあまあでも、、終わり良ければ全て良しといった感じですかね)

4点でしたが、一番可愛い時のゾーイの映像が残ったという世界遺産的観点から1点追加の5点です。
アラジン2014さん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2014-09-25 15:14:40)
54.《ネタバレ》 人生NOと言わずYESで過ごすラブ∩コメディー作品でしたが、笑えるシーンは射撃場のみで終了です、あとはつまらないシーンが続くため鑑賞するまで3週間掛かってしまった映画でした。最後まで見なくても落ちが判る作品でした。
SATさん [地上波(字幕)] 5点(2014-09-14 23:15:10)
53.ありがちと言えなくもないコメディだけど、「NOマン」が身に覚えのある人はきっと多いはず。YESによってめちゃくちゃだけど、人生が切り開かれていく様子は、これこそ映画だといえるもの。YESによって縛られてしまう主人公や、最後のオチなど、皮肉も効いている。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-08-14 16:50:28)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 72人
平均点数 6.35点
011.39%
100.00%
200.00%
300.00%
434.17%
51115.28%
62129.17%
72534.72%
81013.89%
911.39%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review8人
2 ストーリー評価 6.60点 Review10人
3 鑑賞後の後味 7.27点 Review11人
4 音楽評価 6.50点 Review10人
5 感泣評価 5.12点 Review8人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS