Menu
 >
 >
 > 愛のむきだし

愛のむきだし

LOVE EXPOSURE
2008年【日】 上映時間:237分
平均点: / 10(Review 81人) (点数分布表示)
ドラマラブストーリー青春もの実話もの
[アイノムキダシ]
新規登録(2009-03-13)【8bit】さん
タイトル情報更新(2015-11-05)【8bit】さん
公開開始日(2009-01-31
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督園子温
演出坂口拓(アクションデザイン)
キャスト西島隆弘(男優)角田ユウ
満島ひかり(女優)ヨーコ
渡部篤郎(男優)角田テツ
安藤サクラ(女優)コイケ
渡辺真起子(女優)サオリ
清水優(男優)
尾上寛之(男優)
板尾創路(男優)
中村麻美(女優)
岩松了(男優)
深水元基(男優)
吹越満(男優)
堀部圭亮(男優)
松岡茉優(女優)
綾野剛(男優)
広澤草(女優)
宮林大輔(男優)
山中アラタ(男優)
山内菜々(女優)
永岡佑(男優)
須田邦裕(男優)
落合モトキ(男優)
裵ジョンミョン(男優)
古屋兎丸(男優)
原作園子温(原案)
脚本園子温
撮影谷川創平
プロデューサー横濱豊行(エグゼクティブ・プロデューサー)
配給ファントム・フィルム
特殊メイク西村喜廣
美術西村喜廣(特殊造型)
編集伊藤潤一
照明金子康博
あらすじ
父親に懺悔するために盗撮を始めたっていうのにときめくパンチラに出会わない、と思っていたら、パンチラで喧嘩するヨーコ!おおこれぞ僕のマリア。ところが彼女は男嫌いの上に僕が女装した姉御サソリに惚れちまった!あろうことか父親の再婚で僕の妹になっちまった!無茶苦茶だ!おいコイケ!『サソリはあたしの変装よ』ってお前何を言う!お前いったい何者だ!こらヨーコ!そんな奴に惚れるんじゃないっ!あああああ・・!!!■ベルリン国際映画祭カリガリ賞&国際批評家連盟賞/フィルメックス観客賞/映画芸術,映画秘宝誌09年邦画1位
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
81.《ネタバレ》 長いよ、疲れた。学生映画の延長って感じ。ほとばしる青春の情熱といいますか、むちゃくちゃなんだけどストレートでいいんじゃないかな。でも2時間くらいでまとめるべきでしょ。それにしてもあの女は何で自分で死んだんだ?
Keytusさん [ビデオ(邦画)] 6点(2017-09-01 22:35:48)
80.やっぱり長いですね。
テンポも良く、それなりに面白いので引き込まれていきますが、やっぱり長い。短く感じると言っても4時間の映画が、3時間の映画くらいの感覚。
結構無駄なシーンも多く、せめて2時間半くらいまで編集でうまくできたのではないでしょうか。
なんと言っても一番の見所は満島ひかりのパンチラでしょうね。飽きてきたあたりであれが出てきて、また持ち直すという感じでした。
もしも、深夜のロードショーなどでうまく短く編集されていれば見るかもしれませんが、
もう一度4時間見るかとなるとちょっと無理ですね。
シネマファン55号さん [インターネット(邦画)] 5点(2017-04-19 16:28:11)
79.満島ひかりが演技に開眼した作品というので見たけど、B級映画にしては長すぎる。満島ひかりが、演技の幅を広げたのは間違いないが、安野さくらはちょっとひどすぎる。どこで開花したんだろう。今は素晴らしいのに。
小原一馬さん [DVD(邦画)] 3点(2017-03-17 10:23:36)
78.満島ひかりさんと安藤サクラさんが出演していることや、こちらでの高評価を期待して鑑賞したのですが、全く面白くありませんでした。
満島ひかりさんが、ものすごくかわいかったので、プラス1点のおまけの3点です。
まっかさん [DVD(邦画)] 3点(2016-11-27 09:05:15)
77.《ネタバレ》 よーやく、この映画が観れました。だって4時間近くあるんやもん。観るのにそれなりの覚悟がいるやん。でも、体感時間はそんなに長く感じませんでした。つまり、それなりに楽しめました。ざっくり言えば、主役が愛のために、ヒロインを悪の組織から救い出すって映画。パンチラ盗撮と愛と勃起がつまった王道エンターテイナー作品。まずメインで登場するキャラが面白い。神父の父に愛されたくて、罪をわざと犯して、父のもとで懺悔を繰り返し、たどりついたのが、パンチラ盗撮とゆう主役のユウ。しかも、ただの盗撮じゃなくて、アクションパンチラ盗撮。そして、父に性的虐待を受けて、男に暴力をふりまくる女性となってしまったヒロイン、ヨーコ。で、同様に父に性的虐待を受けて、悪魔のような女性になってしまったラスボス、コイケ。この3人、演じる役者がはまり役で、前半はぐいぐい映画の世界に引き込まれていきます。だって、カンフーアクションで華麗に舞って、パンチラ撮って、みんなですごく真剣。バカとしか言いようがないけど、なんか面白い。満島ひかりが若くて、なんかめちゃ魅力的に見えるヨーコ登場で、いよいよ本格的にストーリーが動き出す。後半は、やっぱ長いんで、ちょこっとしんどくなったんだけど、クライマックスでまたまた盛り返し、最後はちょっとグッときてしまいました。
なにわ君さん [DVD(邦画)] 7点(2016-11-15 23:34:04)
76.ちょっと私には難しかった。
でも友人をはじめ映画関係者の評価は高いんだよなあ…。
真剣に変態と愛と、映画でやる、映画をやるっ!っていうか、なんだろ、映画って娯楽じゃん?っていう監督の切れた思考が見えるような見えないようなそんな映画でした。キャスティングは文句なし。倉本美津留も見切れで出てます。安藤サクラ、この人はうーん、個人的には先に百円の恋を見ていて良かったと思いました。役が強いので。こっちの役よりあっちの方が好きだし。そんで、アレですよ、血ノリ。このしぶきの飛び方がねー、なんとも園子温の好みが出てて、微笑ましいんだけど、頭をひねりつつ、いや、でもパンチラとか言ってるし勃起のアレもカリカチュアだしまぁ、いいか、って感じなんですが、えーと、30分ドラマ8本で見たかったかなあ…でもこういう趣味的な映画もいいかも…。
あ、そうそう、空洞ですを映画館で流すその心意気や良しです。
よこやまゆうきさん [インターネット(字幕)] 6点(2016-09-12 01:33:05)
75.《ネタバレ》 前半はスタイリッシュパンチラ盗撮には笑いました。
これほどパンチラが出る映画は観たことないです。
悪仲間もみんな良い奴らでホッコリします。

引き込まれるストーリーでしたが、長いのでダレる感じがあり、
主人公がイイようにハメられて観ていてやきもきしたので
最後のゼロ教会への突撃では刀、爆弾ときたのだから
ユウが「キルビル」並に暴れるだのの爽快感が欲しかったです。
またユウをモノにできずコイケが自殺しちゃうと消化不良な感じでした。
とむさん [DVD(邦画)] 4点(2016-04-27 00:13:07)
74.宗教にこだわりが無い者にとっては退屈極まりない。パンチラ以外見るべきところは皆無。
Robbieさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2016-04-11 16:16:56)
73.《ネタバレ》 前半3人が出会うまでのデンジャラス・ラン展開はテンポよく観れて面白かった。特に盗撮の技術を学ぶところが、面白く爆笑。後半、主人公が新興宗教にハマったヒロインを助けようとするもうまくいかず、やがて自己崩壊していく様を描くが、これが長すぎて辛い。最後の1時間は早く終わってくれって、そればかり思っていた。全体的に荒唐無稽なようで芯が通っており、いい映画だと思う。それにしても長過ぎ、せめて3時間以内にまとめてくれ。
ぽじっこさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2015-11-18 18:06:19)
72.《ネタバレ》 園子温による最高傑作だと言われる作品。または最も平和でエロもほとんどない「気球クラブ、その後」、あるいわヤりたい放題やった「冷たい熱帯魚」か。
性欲をむきだしにしたという意味では「冷たい熱帯魚」は風呂場で乳繰り合いとかぶっ飛ばしていた。
それに比べると、この映画がむきだす“愛”とは言葉を叫んで叫んで叫びまくるというもの。
屹立する男の勲章も、女の蕾も布で徹底的に隠されている。乳首すら映らない。パンツ見ただけで勃起する人間なんてこの時代、滅多にいないだろう。主人公だって中々ビルドアップしなかった事だし。

前半1時間46分は3人の男女が出会うまで、後半2時間11分は出会った3人が破滅していく様を描いていく。

まず「ユウ」の章。
ユウの青春は祈る毎日だった。マリア像の前で祈る母、食前の、死にゆく者への祈り。
マリア像に見る母の面影、父親を狂わせる女への嫌悪。10分を過ぎた辺りからこの映画は、ユウたちは狂いはじめる。父親は愛する女性を失う恐怖から逃れるために仕事に打ち込む。打ち込みすぎて少年は罪探しから罪作りな子供になっていく。父親に愛して欲しかったから。
同級生の消しゴムを引きちぎり、ボールをあらぬ方向に蹴飛ばし、蟻を踏み潰し、不良たちと自販機をブッ倒して破壊したり。いつしか父親の愛は遠のき、不良たちが本物の友達になっていた。
神父の洗礼、不良たちの洗礼。戦闘訓練、喧嘩。父を狂わせたあの女と同じような言葉を吐くようになってしまう。

ここまでの39分は大いに“真面目”だった。だがこれ以降はシリアスな笑いに嬲られるような展開が待ち受ける。

「すべて股間につまっている」という無駄に洗練された無駄のない無駄な動き。すげえ(馬鹿だ)!

これでハードな殺し屋家業を歩むとか、そういうのなら解るんだけどさ。運命の出会いとか、今まで犯してきた大罪を暴かれて絶望に暮れるシーンとかさ。
でも全部コレ盗撮だからっ!どうあがいてもっ!どんな音楽流そうと!どうしてこうなった。
「四十二番街」を思わせる脚のアーチ!この映画は最高に頭がおかしいぞ(褒め言葉)。

奇跡へのカウントダウン、集まる男たちと女たち、運命の“罰ゲーム”!
女番長(池玲子)とサソリ(梶芽衣子)が合体した黒衣の存在、それと対照的な白いカラーで固めた女たち。
戦いに生きるサソリという仮面、エロに生きるユウという真実。奴らが彼女に白い布を被せたのは意味図的か無意識か。観客のたまった鬱憤を爆発させるような殴り合い、ステゴロ、長い得物でブチのめす。段ボールの山はヤクザのダメージを吸収するため。

やっと「コイケ」の章が語られる。ここから親の愛に飢えた子どもたちの話になってくる。どいつもこいつもろくでもない親ばかり。
家庭内暴力、殺すことよりも恐ろしい“へし折り”。鳥公の仇だ!こんなん見て勃つどころかますます萎縮するわっ。こんな女のアレを見せられてもだから何だよと。そもそもあれだけ見せられたら誰だって飽きるわ。

続く「ヨーコ」の章。
彼女が見る飛び交う弾丸は、ユウのハートを撃ち抜いてしまったようだ。トラックには中指で返事、ノートには男たちへの呪詛、路上の男たちには八つ当たり。
恋は盲目・難聴のようでサソリの“声”も聞き分けられないほどらしい。
ヨーコが慕う女性の正体にもビックリ。愛の暴走が車を海の中にブチ落とす。この暴走はユウにも伝染してしまったらしい。

残る「サソリ」の章はでっちあげられた偶像をめぐって男女たちの争いが繰り広げられる。
偽りの家族、偽りのヒーロー、本音をむきだせない葛藤。そこに割り込む悪魔、NTR、倒される十字架、崩壊する人生。悲しい音楽でごまかそうとしてもダメだ。俺の腹筋は逝っちまった。

すべてを失った者を包み込む不良たちの優しさ、洗脳を解くための根競べ、拉致、精神的な“去勢”。監視が緩くなるまで耐えて耐えて耐えまくり本音をビルの中でぶちまけるクライマックス!すべてはもう一度家族に愛されたかったから。
像が砕かれる瞬間に膨張する狂気、叫び叫び叫ぶ。直接斬ったのは数人だけだが、精神的にブッた斬られた人間はかなりいるだろう・・・という解釈が出来た方には最高のエンターテインメントなんだと思う。でもこれだけ時間かけてあれだけしか殺らないなんて物足りないにもほどがあるわ。別の映画みたいに無双できないというのがユウという人間の限界だったのだろう。何百人も盗撮するのとワケが違うからね。

ところでコイツは何で死刑にならねえんだ?精神障害で精神病院送り程度になるわけ?おお恐ろしい世の中だ。
胸元にしまわれるナイフ、叫び、鏡に映る屹立する男の勲章、走り去る愛のごりおし野郎、手・・・。

何 だ コ レ
すかあふえいすさん [DVD(邦画)] 8点(2015-06-18 12:11:14)
71.『抜けないAVのよう』
 うーん、何がいいのかさっぱり分からない。観るのが相当苦痛でした。凄く高評価が多いのが本当に不思議で、ステマ?と感じたけど、好みの違いだけなのだろうか。表面上過激に見える事項をたくさん詰め込めば(とても安易に感じた)、先鋭的に見えるってものではないと思う。序盤から最後迄そんなのばかりでうんざりした。
 変な企画を詰め込み過ぎて全く抜けないAVを長々と見せられた感じ。
団スバーンさん [CS・衛星(邦画)] 1点(2014-11-19 20:10:14)
70.《ネタバレ》 コメディから始まってサスペンスそしてオカルトっぽくなって最後どうなるかと思いましたが、蛇足の無いすばらしいラストでした。この映画は、キャスティングが良くて、特に主役の2人はこの2人以外考えられません。BGMや主題歌もすごく好きです。DVDを買おうと思います。
たぬき野郎さん [レーザーディスク(邦画)] 10点(2014-08-22 22:59:17)
69.《ネタバレ》 出だしの満島ひかりの、パンチラサービスショットが繰り返しで、ごっちゃんでした。実話をもとにしたシナリオというふれこみでしたが、新興宗教の闇については、リアリズムというよりは、ちょっとステロタイプでした。4時間という長さを感じさせないというだけの作品だと思います。ヤマがなくて、最後のエピソードも、唐突でした。日本人特異の、やおいムービーといったら、怒られますか… 渡部篤郎のぶれない演技には、感服しました。

追加です。
森田芳光監督の、『ときめきに死す』も新興宗教を扱っていましたが、つらつら考えると共通する弱点が浮かびます。創造の域をでない映像で、リアリズムが十分ないということでしょうか。映像表現に妥協せずに、心理的リアリズムを意識して描いてほしいです。監督の興味の限界で、題材や、スターシステムに依存している映画界の難治性の欠陥だと思います。邦画は特に、日本人が鑑賞するので、映像は題材に頼らずにい、心理的なリアリズムまでこだわってほしいです。貴重な時間を無駄にしているように思えます。宗教とは、人間とは、父とは、家庭とは、エロスとは、ヒトに頼らず、一こま、一こまの映像にこだわって、流されないでもらいたいものです。
クゥイックさん [インターネット(字幕)] 8点(2014-08-08 20:29:15)
68.下品だな~。でも面白いからいいや。過激だな~。でも面白いからいいや。強引だな~。でも面白いからいいや。と思ってるうちにあれよあれよと時間が過ぎていく。何回かトイレに行ったから「ぶっ通し」とは言えないかもしれないが、面白ければ4時間でも一気に観てしまえることを「愛のむきだし」は証明した。30分見ただけでグッタリしてしまうような映画もある中で4時間が苦にならないっていうんだからいかに凄い映画なのかと…。園子温監督のエネルギーが爆発したような作品で、熱をバンバン感じる。またそれを表現する役者もよく健闘。特に満島ひかりは何なんだろう…。日本にも稀にこういう女優が出てくるからな~ 邦画もやめられない。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 9点(2014-08-05 19:38:10)
67.4時間、最後まで飽きさせないで見せる。再見するかはわからないが、とにかく初回のインパクトは凄かった。満島ひかりの演技も素晴らしく、ゆら帝の歌も完璧。
Junkerさん [DVD(邦画)] 10点(2014-06-25 16:50:34)
66.むきだしの愛を延々4時間見せる訳のわからないパワーには感心するが、人に勧められる映画ではない。深夜に暗い部屋の中で一人で見るのが良いだろうなぁ・・・
無神論、無宗教の私からすれば、宗教にハマる人の感覚がわからない。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 7点(2014-01-05 13:27:07)
65.《ネタバレ》 4時間がとれなかったので、2日かかって視聴しました。園監督と、主役二人のエネルギッッシュな画には圧倒。しかし、宗教、信仰、エロ、盗撮、DV、詰め込みすぎと言うくらい詰まっていますね、愛という言葉も隠語や馬頭の言葉と同じぐらい聞きましたが、愛がまだむき出されていない。最後、一本に終息したように見えたが、まだ、消化不良。詰め込みすぎが自分には今ひとつだった。
minさん [DVD(邦画)] 5点(2013-11-07 22:47:18)
64.かなり期待して観たのですが久しぶりに心底がっかりしました。作品の内容云々以前に、各役者の演技力のレベルが余りに酷すぎるのがどうしても気になったんです。どれぐらい酷いかというと、もしこの映画の監督が溝口健二さんだったとしたら未だに撮影が続行中になってるんじゃないかと思うぐらいに酷かったんです。観ている側が「ああ、きっとこの人は今こんな感じの表情をしているつもりなんだろうな」と脳内補完をしてあげながら観なければいけない作品というのはプロフェッショナル作品としてはちょっとどうなのかなと…。すいません、4点です。
バーグマンの瞳さん [DVD(邦画)] 4点(2013-10-18 23:21:10)
63.《ネタバレ》 とにかく密度の濃い4時間。冒頭の1時間半は何がしたいのかわからず、ひたすらボレロでもうやめようかとも思ったけど、満島ひかりと安藤サクラの登場で俄然盛り上がり、主人公一家の崩壊あたりですっかりハマってました。確信犯的にチープな映像の合間に魂を持っていかれるシーンがちりばめられていて、とにかく気が抜けない。ちょっとエミール・クストリッツァの映画みたいだとか思ってしまったりもした。あと、ユウがヨーコを新興宗教から救うだけで終わらず、最後はヨーコがユウを精神病棟から救うというところには、人の心を何かの枠にはめようとする「施設」vs「むきだし」状態の愛という構図が見えて、この映画のシンプルなメッセージみたいなものを感じることができた。そして、西島、満島、安藤の3人は本当にすばらしかった。監督の才気と若い俳優のエネルギーが見事に結晶化した快作であり怪作。
ころりさんさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2013-10-01 09:36:20)
62.この監督の、どうにもおさえきれないエネルギーみたいなものがガンガン伝わってきますが、人には勧めません。
la_spagnaさん [DVD(邦画)] 6点(2013-09-23 14:12:08)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 81人
平均点数 7.16点
000.00%
111.23%
211.23%
322.47%
489.88%
544.94%
61113.58%
71417.28%
81720.99%
91113.58%
101214.81%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review5人
2 ストーリー評価 6.12点 Review8人
3 鑑賞後の後味 6.71点 Review7人
4 音楽評価 6.50点 Review6人
5 感泣評価 5.75点 Review4人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS