インスタント沼のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > インスタント沼
 > (レビュー・クチコミ)

インスタント沼

[インスタントヌマ]
2009年【日】 上映時間:120分
平均点:6.38 / 10(Review 55人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-05-23)
コメディ
新規登録(2009-05-11)【尻軽娘♪】さん
タイトル情報更新(2010-10-03)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督三木聡
キャスト麻生久美子(女優)沈丁花ハナメ
加瀬亮(男優)ガス
風間杜夫(男優)沈丁花ノブロウ
笹野高史(男優)西大立目部長
松岡俊介(男優)雨夜風太
温水洋一(男優)サラリーマン
宮藤官九郎(男優)刑事・椹木
渡辺哲(男優)刑事・隈部
村松利史(男優)リサイクル業者・東
松重豊(男優)リサイクル業者・川端
森下能幸(男優)リサイクル業者・大谷
岩松了(男優)泰安貿易・亀坂社長
相田翔子(女優)飯山和歌子
ふせえり(女優)市ノ瀬千
白石美帆(女優)立花まどか
松坂慶子(女優)沈丁花翠
石井聰亙(男優)釘を買う客
伊吹吾郎(男優)神主
堀部圭亮(男優)カメラマン・氏家
不破万作(男優)農場・草刈正
松浦祐也(男優)編集部・尾形
佐々木すみ江(女優)宿のおばちゃん
江口のりこ(女優)スタイリスト・浦田
原作三木聡
脚本三木聡
音楽坂口修
作詞YUKI「ミス・イエスタデイ」
編曲YUKI「ミス・イエスタデイ」
主題歌YUKI「ミス・イエスタデイ」
撮影木村信也
製作ポニーキャニオン
角川映画
配給角川映画
美術磯見俊裕
編集高橋信之〔編集〕
照明金子康博
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
55.《ネタバレ》 初めて気付いたが、感想じゃなくて「一口コメント」と書いてある。知らなかった。

さてこの映画、いつもの三木聰監督の映画だった。主人公は雑誌の編集長。部下がいて、なんだかすごく偉そうな我侭な女(関わりたくない)。母親と暮らしてきたが、その母が死に(死んでない、笑)、雑誌は休刊して、なんだか退社。一人ぼっちになったので、顔も知らない父親に会いに行く。父親はまるで詐欺師の愉快な古物商の男。ガラクタばかりの店だが、そこに美人の未亡人が現れて……。

主人公の女性は、急に人生が下降した。何で? そう思って、なんか知らないが努力する話。雑貨屋を開店したり。で、相棒は大人しめで技術系のパンクロッカー。でもとっても親切な男。つまりこれ、バディムービー。

ラストは、明るく楽しく「テーマ」を演説して終わる。反則だ! でも三木聰の映画だから全てオッケー! とても面白かったけど、面白いだけだったので「★10点」は差し上げない。
麦ホップさん [DVD(邦画)] 8点(2018-05-20 22:18:50)
54.《ネタバレ》 三木聡監督はこの前の「転々」という作品がよかったので、観てみました。なかなかコネタが多くて面白かったです。
同じ監督の「時効警察」というテレビが評判がよかったみたいですが、それは未見。
主役の麻生久美子の両親?役は風間杜夫と松坂慶子で、「蒲田行進曲」のコンビですが、よかったです。松坂さん、だいぶふっくらしてますが素敵でした。
クリプトポネさん [映画館(邦画)] 5点(2017-08-11 10:36:15)
53.物語に起伏はないし、ギャグは面白くないし、主人公に共感もできませんでした。
Donatelloさん [インターネット(邦画)] 2点(2017-07-18 21:10:17)
52. 評価の難しい作品です・・
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2015-12-18 22:14:30)
51.いろんな小ネタ(シュール系)を混ぜ込むこういうタイプの演出が楽しいという人もいるのだろうが・・・私にとってこの監督のギャグセンスは何もかも空回りのダダ滑り。
作り手が面白い(と思ってる)ネタを詰め込んだスクラップ帳をそのまま語り手の好き勝手なノリで見せ続けられていく。

それらのネタ1つ1つを見る側にしっかり咀嚼させて感想を持たせる暇すらも観ている側に与えず、自己満足なギャグ演出をただただ披露していくだけ。
お笑い芸で言うなら、とにかく自分のとっておき【自信の持ちネタ】を全部見せたいがために、口からツバを飛ばしながら聴き取れもしないくらいの早口で捲くし立てて
【シュール芸】などという名のもとにオチも不可解なまま「続きましてぇ~」と客をガン無視して独演会し続けている
つまらない芸人として最も忌み嫌われる芸風。

劇中のくだらないギャグの数々(セリフや風景などの細かい小ネタ演出)の速射砲のごとき連発はその1つ1つを受け手に味わってもらおうとする事すらハナから放棄している。
面白い(と思ってる)ネタをひたすら自己満足なペースでただ披露して「自慰行為」してるだけのこの監督には映画「キングオブコメディ」の主人公を思い出す。
声を張り上げて終始イライラ怒っているだけのヒロイン麻生にも魅力も愛嬌も感じられずミスキャスト。
Lagerfeldさん [DVD(邦画)] 2点(2014-11-09 11:28:52)★《更新》★
50.ここでの評価が高かったので鑑賞。正直、ワールドがある映画のようで、私はイマイチそのワールドに入れませんで、普通に鑑賞した感想は、正直どうなんでしょう。麻生久美子は可愛かったのですが、それだけです。ストーリー展開も、ハチャメチャ感も、独特なのですが、それが面白いとは感じませんでした。評価が高い方は三木監督作品にはまっている方達なでしょう。という気がしました。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 4点(2014-10-16 14:41:04)
49.《ネタバレ》 三木監督印の脱力系コメディ映画。期待を裏切ることなく「亀は意外と速く泳ぐ」の路線を継承、ゆる~い笑いと小ネタを織り交ぜながら、平凡な日常をちょっとだけ楽しくする"コツ"を教えてくれる映画です。河童や龍が実在する実在しないは別として、いないと決めつけてかかるよりは、本当にいると考えるくらいの想像力をもった方が人生は楽しいですよ、ということでしょう。麻生久美子さんはもちろん、キャスト全員ノリノリ演技がとても印象的でしたが、やっぱり三木監督作品では岩松さんとふせえりさん、このお二方のヘンテコ感が一番面白い。
タケノコさん [DVD(邦画)] 6点(2014-06-18 20:49:27)
48.麻生久美子とふせえりが自転車に乗って並び走る。
ふせの一言一言に麻生のペースは落ちたり上がったりと、刻々変化する。
画面比として大きくなったり小さくなったりというその表象的リアクションを、
カメラは後退移動のロングテイクで延々と捉えている。

やがて画面右手には線路が見えてくるロケーションだ。
ならば間違い無くやってくれるだろうと思いつつ見ていると、
果たしてその長廻しの中盤とカット尻、狙いすましたかのように
通過する山手線の車両の緑を二度画面端に入れ込んでいる。
そのタイミングが絶妙だ。
線路を写したならそこにぬかりなく列車を走らせる、
映画の作り手としてのその律儀さ。そして色使いに対する拘りの徹底ぶりが嬉しい。

単に衣装や小物や美術での配色ならさほどの難度はないように見えるが、
本作で麻生が纏う衣装のバリエーションは半端ではない。
緑のダンプカーの配車も大掛かりだ。

その上でさらに、自転車のシーンのような手の込んだ芸当を
軽やかにやってのけるあたり、侮れない。
そうして拘り抜いた眼に優しい緑の配色が心地いい。

映画前半は、しゃがむ、病床で横たわる、沼に沈む、埋もれるというモチーフから
後半は快晴の中、飛翔する、上昇するというモチーフへ。
いろいろとよく考えてもいる。


ユーカラさん [DVD(邦画)] 7点(2014-01-20 12:25:35)
47.《ネタバレ》 ぱっとしない日常に、ささやかな刺激と笑いを与えてくれ、観終わった後元気になれる楽しい作品でした。三木聡監督の奇想天外な発想がこれでもかというように映し出され、麻生久美子の魅力も相まって2時間の上映時間があっという間に過ぎていきました。

 まあ、終盤の展開がややベタというか期待以上のものでは無かったのがちょっと残念でしたが、それでもクスリとさせられる小ネタの数々に彩られた「三木ワールド」に十分浸れて満足でした。

 しおしおミロは試してみたいですね。
TMさん [DVD(邦画)] 8点(2014-01-18 14:09:02)(良:1票)
46.BSで放送されるというこてで退屈しのぎに観てみましたが、なかなか楽しかったです。登場人物がみんなイキイキしてて、落ち込んでる時観ると元気が出そうです。人生は適当に不真面目な方が楽しい、そんなメッセージを感じます。結構掘り出しものでした。
ぽじっこさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2013-09-23 17:32:14)
45.《ネタバレ》 見通すのに2年もかかったエスねこ的超大作でした。
で、のっけからネタバレ行きますけど、
 (詳細はブログにて)
エスねこさん [DVD(邦画)] 10点(2013-07-08 02:59:13)(良:1票)
44.この手の映画は、あまり見ないがレビューが面白そうに書かれていたので借りてみた。
面白かったと言えば、面白かったが強い印象を残すものではないのは、こういう映画では当然か。麻生久美子も加瀬も好演。2時間を楽しむという意味ではグッドでした。
竜ヶ沢中段さん [DVD(邦画)] 5点(2013-05-06 22:54:01)
43.面白かった! 『亀は意外と速く泳ぐ』で嵌り、見はじめた三木作品だけど、他の作品はイマイチ・・・『亀速』はまぐれだったのか? と思って諦めていたが、本作はgood!! あっさり味で楽しい。
『時効警察』にキャスティングされた時は「自分にコメディは無理」と思ったという麻生久美子だけど、まさに本格派コメディエンヌと呼びたい素敵な女優。
もちろん脇を固めるのは三木作品常連メンバー。安心して楽しめます。
フラミンゴさん [インターネット(字幕)] 6点(2012-04-02 13:20:30)
42.《ネタバレ》 なんらもなぁ~。

それより何より、かつて愛の水中花をセクシーなレオタード姿で唄っていた松坂慶子さん・・・

久々に拝見して、時の移り変わりを感じてしまいました。

是非とも、今年中に観ることをオススメします。
きっと良いことある・・・筈。

ぐうたらパパさん [DVD(邦画)] 5点(2012-01-18 18:05:19)
41.《ネタバレ》 ○モテキの麻生久美子に惹かれて鑑賞。○それほど期待していなかったのもあってか非常に面白かった。テンポも良く、小ネタも小気味良く効いており、そして最後にあの破壊的展開。この映画だから許されるカタルシス。最後のハナメのセリフも嫌味がなく、見てすっきりした。○キャストも麻生久美子は主演のイメージがなかったが、一気に見方が変わった。他の作品も見てみたい。他キャストも白石美帆を除いて適役であった。○三木監督作品、麻生久美子出演作品をいろいろ見てみたい。
TOSHIさん [DVD(邦画)] 7点(2012-01-07 22:58:03)
40.《ネタバレ》 麻生久美子のハイテンションぶりは一見の価値あり。ストーリーはあってないようなものです。竜の出現は全く予想外だったので、お茶を吹き出しました。
次郎丸三郎さん [DVD(邦画)] 6点(2011-12-15 19:28:24)
39.《ネタバレ》 面白かった! どうなることかと思ってましたが クスッと笑えるね ◎麻生久美子(役名ハナメ!ww) 見た感じ特になんてないんだけど(スミマセン)独特の雰囲気を持った俳優さんですね この人の出演作 観たくなっちゃったヨ  終始バカバカしいノリが続くけど 蛇口をひねるとテンション上がる のところはオカシ---  風間杜夫はじめ皆さんいい仕事してました さりげなくオススメかもしれまセンネ
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2011-12-15 08:22:48)
38.《ネタバレ》 小ネタ満載で意味のないようなエピソードの積み重ね。。。
もはや2時間とか、集中力のモタナイ観客を見透かしての内容なんでしょうか。
これ映画?って思っちゃいそうなところですが、ヘタな創り手や演者が真似したらトンデモナイ作品になっちゃいそうなところ、非常に小気味よく仕上がっています。
まったりニヤニヤ観るにはうってつけの内容で、世相を反映してるのかもしれませんね。風間さん、よかったです。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 7点(2011-12-04 10:14:02)
37.ぶっ飛んだ、までは行かない映画。麻生久美子の魅力爆発ですな。あと、キャストがみんな素敵でした。お父さんとお母さん特によかった。
kanekoさん [インターネット(字幕)] 6点(2011-11-15 18:19:48)(良:1票)
36.《ネタバレ》 ものすごくくだらないのに、引き込まれ、笑ってしまいました。途中で飽きることもなく、最後まであのテンションで引っ張ってくれましたね。麻生久美子って、この作品や「純喫茶磯辺」のモッコ役など、常識からちょっとハズれた感じのキャラクターやらせるとかなり良いですね。不思議な魅力を持った女優さんだと思います。
ramoさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2011-11-12 22:01:10)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 55人
平均点数 6.38点
000.00%
100.00%
223.64%
311.82%
447.27%
5814.55%
61221.82%
71527.27%
8814.55%
935.45%
1023.64%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.50点 Review4人
2 ストーリー評価 8.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 8.83点 Review6人
4 音楽評価 7.50点 Review4人
5 感泣評価 7.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS