劇場版 仮面ライダーW ビギンズ・ナイトのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ケ行
 > 劇場版 仮面ライダーW ビギンズ・ナイト
 > (レビュー・クチコミ)

劇場版 仮面ライダーW ビギンズ・ナイト

[ゲキジョウバンカメンライダーダブル ビギンズナイト]
2009年【日】 上映時間:90分
平均点:6.33 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-12-12)
アクションSFシリーズもの特撮ものTVの映画化
新規登録(2009-09-15)【まるにゃ~ん】さん
タイトル情報更新(2020-09-06)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督田崎竜太
佛田洋(特撮監督)
キャスト桐山漣(男優)左翔太郎 仮面ライダーW
菅田将暉(男優)フィリップ 仮面ライダーW
山本ひかる(女優)鳴海亜樹子
なすび(男優)ウォッチャマン
飛鳥凛(女優)園咲若菜
手塚とおる(男優)ロベルト志島 ダミー・ドーパント
渋谷飛鳥(女優)睦月安紗美
沢井美優(女優)睦月恵理香
吉川晃司(男優)鳴海荘吉 仮面ライダースカル
寺田農(男優)園咲琉兵衛 テラー・ドーパント
板野友美(女優)クイーン
河西智美(女優)エリザベス
中川真吾(男優)真倉俊
原作石ノ森章太郎
脚本三条陸
音楽中川幸太郎
鳴瀬シュウヘイ
作詞藤林聖子「Stay the Decade Alive」
主題歌GACKT「Stay the Decade Alive」
製作平城隆司
鈴木武幸
東映(劇場版「W&ディケイド」製作委員会)
テレビ朝日(劇場版「W&ディケイド」製作委員会)
アサツー ディ・ケイ(劇場版「W&ディケイド」製作委員会)
木下グループ(劇場版「W&ディケイド」製作委員会)
東映ビデオ(劇場版「W&ディケイド」製作委員会)
プロデューサー白倉伸一郎
武部直美
杉山登(エグゼクティブプロデューサー)
配給東映
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 事情がよくわからないが、もともと「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010」という一本の映画だったものが、ここでは「仮面ライダーディケイド 完結篇」と「劇場版 仮面ライダーW ビギンズ・ナイト」の2つに分けて登録されているらしい。そうすると最後の「MOVIE大戦2010」はどう扱えばいいのかわからなくなるが、とりあえず両方に属するものとして考えておく(そうしないと話がつながらない)。
「仮面ライダーW」に関しては、TV版を見たことはないが雰囲気はだいたいわかっている。本来は園咲若菜という人物に関心があったのだがこの映画ではほとんど出ておらず、代わりにヒロインが面白カワイイので満足である。また今回の依頼者は「デビルマン」(2004)で強い印象を残す少女役(渋谷飛鳥)だったが、まあしばらく見ない間にすっかりきれいになって、という感じで大変結構だった。
そのほか主人公の男2人も意外に好人物であり、ストーリーもまともなお話ができていて面白い。「ビギンズナイト」で主人公(年長)は悔恨の思いをまっすぐに受け止める決心をしたのだったが、「MOVIE大戦2010」ではそのご褒美のように再会の場面が設定されており、ここでの帽子のエピソードは泣かせるものがある。この出会いはディケイド側から並行世界の観念が導入されたことで可能になったのだろうから、少なくともW側にとっては、このわけのわからない第3部の存在意義は大きいものと思われる(勘違いならすいません)。
劇場版としてのグレードアップがどの程度あったのかはわからないが、これならTV版もけっこう面白かっただろうと思わせる映画だった。
くるきまきさん [DVD(邦画)] 6点(2014-07-24 20:24:54)
2.《ネタバレ》 『ディケイド』のスーパー死神博士でマリアナ海溝の奥底まで叩き落とされた身としては、意外に面白くて楽しめました。スカルをメインにしたエピソードを、東映セントラルで松田優作と一緒に育ったスタッフに造らせたら…なんて妄想してしまいました。
伊達邦彦さん [DVD(邦画)] 6点(2011-02-27 02:15:40)
1.《ネタバレ》 ディケイド完結編が『ああいう終わり方』をして動揺する人は思いっきり動揺しながら突入する映画ですw ライダーアクションてんこ盛りなディケイドと比較してテンションは落ちるものの、しっかりと作ってあった感がありますね。吉川演じるおやっさんがカッコいいです。シンバルキックも出ます。ウヒョー!細かいところでは敵のドーパント、変身時メモリ音声がない、というのもある理由によりなので納得というか芸が細かいです。まあこちらは映画だからどうこう、って言うものは特に無く、いつものWという感じですね(DCDでも同じ事書いたような…w) でもディケイドと異なり本編もしっかりしているので、平成ライダー映画の中でもほとんど破綻が無く(第三部のディケイドとの競演は除く)、ディケイドでがっかりした分は取り返せるんじゃないでしょうか?
まるにゃ~んさん [映画館(邦画)] 7点(2009-12-12 20:27:37)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 6.33点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6266.67%
7133.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS