Menu
 >
 >
 > ヒックとドラゴン

ヒックとドラゴン

How to Train Your Dragon
2010年【米】 上映時間:98分
平均点: / 10(Review 97人) (点数分布表示)
アドベンチャーファンタジーシリーズものファミリー小説の映画化CGアニメ3D映画
[ヒックトドラゴン]
新規登録(2010-03-04)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2016-06-13)【DAIMETAL】さん
公開開始日(2010-08-07
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ディーン・デュボア
クリス・サンダース
ジェイ・バルチェルヒック(ヒカップ)
ジェラルド・バトラーヒックの父 ストイック
アメリカ・フェレーラアスティ(アストリッド)
ジョナ・ヒルスノット(スノットロート)
T・J・ミラータフ
クリストファー・ミンツ=プラッセフィッシュ(フィッシュレッグス)
クリステン・ウィグ双子の妹 ラフ
デヴィッド・テナントバイキング スパイトロート
田中正彦ストイック(日本語吹き替え版)
寿美菜子アスティ(日本語吹き替え版)
岩崎ひろしゲップ(日本語吹き替え版)
最所美咲(日本語吹き替え版)
脚本ディーン・デュボア
クリス・サンダース
ウィリアム・デイヴィス[脚本]
音楽ジョン・パウエル
編曲ジョン・アシュトン・トーマス
主題歌ベッキー「エメラルド」(イメージソング)
製作ボニー・アーノルド
ダグ・デイヴィソン(製作補)
製作総指揮ティム・ジョンソン(監督)
ロイ・リー
制作ドリームワークス・アニメーション
配給パラマウント・ジャパン
編集メリアン・ブランドン
その他ロジャー・ディーキンス(ヴィジュアル・コンサルタント)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
97.《ネタバレ》 素晴らしいアニメ映画でした。ドラゴンって、作品のパーツパーツには出てきても、メインで取り上げられなかったので既視感も無く、全てが新しかったです。
したがって、物語の展開を予想できるはずもなく、古代勇者風なBGMも相まってハラハラドキドキを味わえ、純粋に楽しめました。数々の賞を受賞/ノミネートするのも納得の出来です。
ここまで作品にのめり込めたのも、主人公が出会うドラゴン(ナイトフューリー)に鑑賞者自身も愛着を持つことができたためと考えます。個人的にはモンスターハンターの世界が彷彿とし、見たいと潜在的に思っていた世界が見れたという満足度も高いです。
カジノ愛さん [インターネット(字幕)] 8点(2017-11-04 15:21:16)
96.《ネタバレ》 過去に見て面白かったと記憶している作品。しかし時間が経ち記憶から消えているので
続編を見てみようと思う事もあって改めて見直しましたが改めて見ても凄い完成度ですね。
バイキング1年生だった奴らがピンチでいきなりいとも簡単にドラゴンに乗る所はまぁ致し方ないかな。
最後のペットと言うのに違和感を覚えると言う意見も多く自分も聞いた時に
少しオイオイとは思いましたが、ドラゴンからすれば人間がペット。でいいんじゃないかな。
憎まれ口や立場や考えもまた人それぞれありながらの共生だろうと思うので。
人間社会も色々な奴がいて色々な考えがあって、それでも理解しあう気持ちがないと平和はないから
言葉尻を捕まえてそれら全てを否定する気にはなれない。それだけの完成度だと思うよ。
デミトリさん [DVD(吹替)] 10点(2017-03-19 23:40:07)
95.《ネタバレ》 ヒックの事を必要以上に理解しない頑固で意地っ張りな父親が一瞬でヒックの理解者になってみたり、ライバル心を抱いてヒックにいらいらしてたヒロインのアスティが急激に理解者になってみたり、各登場人物の心の変動が、ありえないレベルで極端から極端に振れすぎて「君たちは大丈夫なのか?」と心配になるレベルですし、その他にもいろいろツッコミどころ満載なのですが、それらは短時間のアニメ映画の中でのわかりやすいデフォルメ演出という事であまり気にしなくてもいいかなと思います。

基本的には、短い時間の中でお約束をきちんとこなしたわかりやすいストーリー展開で魅せる傑作だと思います。

この映画、動物好きで実際にペットを飼ってるような人にはたまらんものがあるのではないでしょうか?
少なくとも動物好きでペットをいろいろ飼っている僕には本当に観てていたたまれないくらいたまらんものがあります。

とにかくトゥース=ナイト・フューリーがかわいくて愛しすぎて卑怯なレベル。
映画に出てくる動物は本当に卑怯です。
だがそこがいい!!
あばれて万歳さん [ブルーレイ(吹替)] 8点(2016-11-19 20:05:00)
94.《ネタバレ》 ヒックを助けにお父さんが海に飛び込んだあたりは、ウルっときました。でも、全体的に不自然さが満ち溢れていました。小説を映画化しためにカットされた部分が多いのでしょうか。「え?なんで?」って思う点が多かったです。火の海に高いところから落下した結果、片足を失うのは何故ですか。ヒック以外の若者達が、いとも簡単にドラゴンを操れるようになったのは何故ですか。なんだか、本当に不自然だらけでメチャメチャでした。
ぽぽ☆ぽんた (^-^)vさん [ブルーレイ(吹替)] 4点(2016-04-30 00:57:26)
93.前半は脚本にもう少しメリハリあると良かったかな?でも総じて良くできた、安心して観られる映画でした。
よしふみさん [DVD(吹替)] 9点(2015-11-08 14:28:04)
92.《ネタバレ》 この作品のことを知らずに偶然見たので、予想外のおもしろさにびっくりしました。子どもにつきあって見ていたのに、夫も私もぐいぐい引き込まれていきました。美しく、スピード感のある映像もすばらしいです。トゥースを捕らえたバイキングたちがドラゴンの巣の島に向かったときは、「ひどいことになっちゃったな」と思いましたが、そこからの展開が見事でした。そしてあのラスト! 大人にも子どもにもぜひ見てほしい作品です。
チョコレクターさん [CS・衛星(吹替)] 8点(2015-09-06 22:02:50)
91.《ネタバレ》 王道すぎるほどのエンターテイメント。しかし、ラストで片脚を失くしたヒックに寄り添うドラゴン。序盤に翼を作って「相棒」と呼ぶまでのシーンを思い出しニクイ演出でした(それも王道か)。ギアチェンジとかわくわくさせてもらった。子どもに見せたいと思う作品だ。
ラグさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2015-09-03 00:14:55)
90.《ネタバレ》 これぞエンターテイナー、もう感動の嵐でした。トゥースに乗るヒックの自由なスペクタクル感はいうまでもなく、二人が心を通わせるシーンのテンポの良さや、ドラゴンを次々手懐けていくヒックにびびりまくる他の仲間たちの滑稽さなど、どこを切り取っても退屈ではなく、僕なんかは、全篇、ずーっとなんか涙目でした。なんで涙が出るのかはわかりませんが。主役のヒックも良かったです。ひ弱そうに見えて、普通なら落ち込んでしまいそうなシーンでも、彼はどこか飄々としていてユーモアで表現します。そこが、危なっかしいシーンでも安心して見れるとゆーか、頼もしく感じるのです。あと、ドラゴンの種類が豊富で特徴的である点もおもしろいです。双子がダブル・ジップに乗るのもうまい伏線の回収でした。もちろん、衝撃のオチには驚かされますが、尾っぽの片羽を亡くしたトゥースと同じとゆう所が、単なる子供向けとゆう世界観を飛び越え、さらにプラスに描いていてある種、希望を感じさせます。一部に最後のペットとゆう発言問題がありますが、ここまで完璧なのになんかおかしいと思い調べたら、理解できました。あれは訳し方の問題なんですね。英語原文のニュアンスでは日本人が感じるドラゴンは単なるペットとゆう概念とは全然違うのです。簡単に言えば冒頭のセリフの害虫(ペスト)で韻を踏んだ言葉遊びであり、またペットとゆう語源が放つ概念自体も日本とアメリカの文化では大きく違います。もともと違う文化の言葉を日本語に訳すって作業自体が完全には不可能に近い話しなんですけど、ここは訳す人がそれをくみ取って直訳するのではなく、日本人に受け入れやすい表現に変えるべきでしたね。まーでも、これは違う種族とゆうより動物と人間の世界観と考える方が受けいれ易いかもしれません。それでも動物愛護団体とかは怒ってきそうですが。とにかく僕は最初から最後までテンション高めで楽しめました。このシリーズは2もあり、こちらも評価が高いみたいです。残念ながらDVDスルーとなってしまいましたが。そして彼らの活躍をもっと見たい方は1と2の間を描くテレビシリーズもDVDで出ていますので、是非ご鑑賞あれ。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 10点(2015-07-18 16:13:11)(良:1票)
89.《ネタバレ》 息子を信じたい父親の気持ちとリーダーとして取るべき行動のジレンマ。息子を信じ切れなかった無念。あえて、族長ストイックの物語としてとらえたい。
なたねさん [DVD(吹替)] 9点(2015-05-16 19:36:12)
88.《ネタバレ》 書き尽くされていると思いますが、「衝撃のラスト」に身が引き締まりました。
あれで単なる無害な作品が、深い作品になったと思います。
後半けっこう退屈というか平凡な流れだっただけに、あれがすべて。
牛若丸さん [DVD(字幕)] 7点(2015-01-12 22:58:54)
87.ドリームワークスにまったく期待していなかったから
ちょっと衝撃を受けた1本。
このクオリティを継続できるか?
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 8点(2014-08-19 01:35:26)
86.《ネタバレ》 ドラゴンが段々と主人公と打ち解けていくくだりがよかったです。ドラゴン非常にかわいらしい。空を飛んでいるシーンは非常に迫力があり、映画館で観たかったと思いました。最後主人公が片足を失うのは想定してませんでしたが、最後の片足の主人公、尾っぽ片羽のドラゴンが寄り添っているシーンはお互い支えあっているように見え、ジーンとくるものがありました。
とむさん [DVD(字幕)] 7点(2014-06-27 01:05:26)
85.すげーこんな完璧な映画ってあるんだな。
最初はヒックが生意気で腹立ったが、成長するためにはそうでなくっちゃ!
展開はだいたい読めたし、実際そのとおりになったが、やっぱり泣いてしまう。
話が読めて感動するって、すごいなあ。
kosukeさん [ブルーレイ(吹替)] 9点(2014-01-05 18:15:41)
84.ありきたりの中世のファンタジーなんだけど、見せ方が上手だった。監督さんのお手柄なのかな。
movie海馬さん [CS・衛星(吹替)] 8点(2013-09-19 14:53:14)
83.《ネタバレ》 トゥースはドラゴンというより羽の生えたネコだよね。私も最後のセリフ「ドラゴンがペット」というのに違和感を感じたました。
pokobunさん [DVD(字幕)] 7点(2013-08-17 23:09:56)
82.《ネタバレ》 私はこの映画が大嫌いです。途中まではとても面白くて、感動してウルウルしました。しかし、ラストシーンの強烈なセリフが私の堪忍袋の緒を切ったのです。「ドラゴンはペット」。なんということでしょう。つい先程まで友情を育み、共に困難に立ち向かっていたドラゴンを、ヒックはペット呼ばわりしたのです!私の感動は一瞬にして消え失せ、笑顔のヒックとドラゴンに「お前ら、それでいいのか!」と一喝したくなりました。おいおい、子供向けのファンタジー映画なんだぞー?そりゃねーだろー!ドラゴンは明らかに他者・異人種のメタファーで、彼らと協力することで凄いことを成し遂げられるかもしれないんだから、みんな仲良くしよう!人類皆兄弟!と語っている裏で、人種差別的なセリフが物語のオチに使われているなんて!私はアンチじゃありませんよ。途中までは大好きなんですから。しかし、このセリフだけはいただけない!ただし、このセリフがもし製作者が意図したもので、このセリフに隠された差別意識に気がついた子どもたちだけを「将来的にはヒックを軽蔑しなくてはいけない」状態に陥れることが目的だったとしたら?と考えると、なるほど、とても味わい深い映画だと思います。
カニばさみさん [DVD(字幕)] 1点(2013-08-09 23:18:38)
81.《ネタバレ》 自分もこの島に行ってみたいなあ~と思うくらい魅力的な映画でした。ドラゴンと殺し合うのはやっぱり勘弁ですけどね。ファンタジーではあるけれど、現実の世界でも十分教訓になる物語だったと思います。キャラクターも皆魅力的で、特にマッチョな父親が息子を突き放しておきながら、辛そうな表情をみせる瞬間はハッとさせられました。脚本もよくできていて、映画ファンが嫌う説明セリフを、違和感なく受け止められるよう工夫されています。ヒックとトゥースが友情を深めていく過程を描きながら、ドラゴンの習性を学び、訓練でも活躍。そして空を飛ぶリハビリも進めていくという、一度の展開で二つも三つも意味が込められていて、なかなかよく出来てますね。飛翔シーンも理屈抜きで爽快感たっぷり。最後の悪役については、あくあで象徴として悪役であって、都合の悪いものをすべて押し付けたようなご都合キャラではないと思っています(「ラプンツェル」に登場する母親も、個人的には同じだと思ってます)。最後のペット発言には「ギョ」っとしましたけどね。この辺は続編のテーマになったりするのかな?今から楽しみです。
ゆうろうさん [ブルーレイ(吹替)] 8点(2013-07-24 11:03:14)
80.《ネタバレ》 所属する社会に適応できない少年の成長物語としては良く出来ていて楽しめます。父親との関係なんかよく掘り下げられている。但し異種族との相互理解の物語としては甘さ、古くささが目立ちます。ドラゴン族との和解に大ドラゴンという、より上位の敵を登場させることは物語の構造としてあまりに安易ではないでしょうか。大ドラゴンは絶対悪なのでしょうか。彼とは共存を考えなくていいのでしょうか。共通の敵の存在に頼った仲良さは見かけ上のものであって、本当に相手を理解したうえでのものとは違うように思います。さらにラストシーンでドラゴンは人類のペットという位置づけでめでたしめでたし感を演出しています。相手が下手に出ることによる偽りの平和。人類がドラゴンのペットになって乗られているくらいの新しいビジョンが見とうございました
皮マンさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2013-04-03 12:51:14)
79.《ネタバレ》 ヒックは片足を無くしたけど、代わりに凄く大きなモノを得ましたね。感動しました。単純明快で子供向けな話ですが、侮れません。なぜドラゴンが村を襲うのか、その理由がしっかり描かれているので、世界観がグッと深まっています。
VNTSさん [インターネット(字幕)] 8点(2013-02-22 16:51:46)
78.展開はごくありきたりで王道の映画ですが、ラストの戦いでは興奮と感動を抑える事が出来ませんでした。恋愛、友情、親子の確執とファンタジーにありがちな要素を詰め込みながら、短い尺で見事に昇華させたスタッフ陣の手腕は素晴らしい。これから先何度でも見返したい作品です。
キリンさん [DVD(字幕)] 9点(2013-01-27 01:09:28)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 97人
平均点数 7.90点
000.00%
111.03%
200.00%
300.00%
411.03%
544.12%
61010.31%
71414.43%
83232.99%
92323.71%
101212.37%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.80点 Review10人
2 ストーリー評価 8.58点 Review12人
3 鑑賞後の後味 9.08点 Review12人
4 音楽評価 8.30点 Review10人
5 感泣評価 8.81点 Review11人

【アカデミー賞 情報】

2010年 83回
作曲賞(ドラマ)ジョン・パウエル候補(ノミネート) 
長編アニメーション賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS